リクルートエージェントの営業担当におすすめされた求人は良い求人? 実態をまとめ

リクルートエージェントは、日本最大級の転職エージェントです。エージェントサービスとして運営しているため、利用者はリクルートエージェントでは定期的に求人をおすすめされることがあります。この時おすすめされた求人は、一体どのような扱いになっているのででしょうか。
ここでは、リクルートエージェントの営業担当におすすめされた求人の扱いと実態についてまとめていきましょう。

おすすめの就職サービス

リクルートエージェントの営業担当おすすめ求人は特別扱いになる?

リクルートエージェントを利用する前に、希望する職種や年収など、働くにあたっての条件を記載するはずです。営業担当はその情報を見て、「こんな求人はどうなのか」と、利用者に対して求人をおすすめします。これが、リクルートエージェントの基本的な方式です。
では、このときおすすめされた求人は、リクルートエージェントの間でどのような扱いになっているのでしょうか。

扱い上は自分で志願したものと同じ

大前提として、リクルートエージェントがおすすめした求人と、自分が志願した求人に差はありません。どちらの求人に応募するにしても扱いはシンプルです。どちらも「就活生が応募した」ということに変わり有りません。つまり、どちらの経路で応募するにしても、扱い上は変わりありません。
つまり、問題なく採用されることもあれば、企業側の考える採用要件に満たなければ、採用されないこともあります。書類面接の段階で不採用になることさえもあります。逆に、様々な面接を飛び越えて採用されることもあるでしょう。要するに、リクルートエージェントからおすすめされた求人だからといって特別な扱いになることはないのです。
ただし、リクルートエージェントを経由しておすすめされた求人の一部は、企業側に就活生の情報が回っていることがあります。その点では、少しだけ有利になるといっても噓ではありません。お互いに歩み寄った上で面接がはじまるので、少し親密感のある状態で面接ができます。とはいえ、極端に有利になるということはないので注意しましょう。

合格率が変わるわけではない

前述したようにリクルートエージェントのおすすめだからといって合格率は変わりません。リラックスした状態で面接をはじめられる効果はあるかもしれませんが、合格率は一切変わらないので気を付けて下さい。
ただ、転職エージェント全てが合格率に影響しないわけではありません。例えば、地域特化型のエージェントなど、特定の企業との太いパイプを持っている場合は、合格率に影響が出てくることもあります。
とはいえ、リクルートエージェントの交渉が全く意味のないものというわけではありません。リクルートエージェントの交渉によって、2度目の面接で採用を言い渡されたり、給料面の待遇をよくしてもらったりしたこともあるようです。よって、リクルートエージェントに、希望する待遇面などがあるのなら、必ず伝えておきましょう。

おすすめ求人はあくまで担当者の判断

おすすめされる求人は、あくまでもリクルートエージェントの側が「良い」と思ったものです。言い換えれば、全てはあくまでも独断です。つまり、おすすめされた求人が必ずしもベストな選択肢とは限りません。
リクルートエージェントは多くの経験を積み、たくさんの知識を有しています。しかし、就職者へのおすすめする求人は、あくまでも面談や書類から読み取れた情報からもたらされた判断です。つまり、そのおすすめ求人が、必ずしも自分にとって心から望むものとはいえません。むしろ、的外れなものをおすすめされることもあるのです。
権威のあるリクルートエージェントからおすすめされた求人は、あたかもそれが最善の選択肢であるように見えるかもしれません。しかし、リクルートエージェントの判断は、あくまでもその担当者の独断にすぎません。何の考えもなしに受け入れてしまわないよう、気を付けましょう。

リクルートエージェントの営業担当が求人をおすすめする基準

リクルートエージェントの営業担当は、自らの独断で求人をおすすめしている、というのは前述した通りです。では、彼らは一体、どのような基準でもって求人をおすすめしているのでしょうか。以下では、リクルートエージェントの営業担当が求人をおすすめするときの理由とポイントをまとめていきましょう。

その人が「できる」と思ったことを紹介する

多くの営業担当者は、就活生ができると思ったことしか紹介しません。なぜなら、リクルートエージェントを含むエージェントサービスは、就活生が実際に内定を貰わなければ利益にならないからです。そのため、その人ができることを分析し、それをおすすめの求人として紹介します。
つまり、紹介される求人の多くは、就職しやすい、あるいは選考を突破しやすいものといえるでしょう。ただ、就活生が「できる」ことと「したい」ことは必ずしも一致しません。そのため、おすすめされた求人が、自分のやりたいこととはかけ離れていることもあります。

経歴的には少し厳しいが、希望基準にあっていたからおすすめする

「できる」ことを前提として求人を紹介するリクルートエージェントの営業担当者は、ある種現実主義者といえます。しかし、リクルートエージェントに属する担当者全員が、必ずしも現実主義者とは限りません。その逆の考え方を持っている人もいます。
それが、「できる」ことはでなく「やりたい」ことを意識して求人をおすすめする担当者です。就職者の「やりたい」ことが、例え経歴やスキル的に厳しいことであっても、少しでも可能性のある求人を探してきておすすめする担当者もいます。
エージェントの中にお金が発生する仕組み上、こうした形で求人を紹介する担当者はそう多くありません。しかし、自分の熱意が伝われば伝わるほど、こうした形で求人を紹介する担当者が出てくるようです。

なるべく早く就職してもらいたいから

なるべく早く就職してもらいたいから、簡単に就職できる、求人倍率の高い求人をおすすめする担当者もいます。それはリクルートエージェント側の利益を考えての行動です。ただ、20代が終わろうとしている方など、職歴のないまま時間が過ぎると、就職が厳しくなる方に向けて、「簡単な」求人を紹介する担当者もいます。
もし職歴なしのまま長い時間を過ごしている場合は、おすすめに乗って就職したほうがよいかもしれません。特に、焦りを感じているのなら、自分の理想の職場でなくとも、エージェントのおすすめに乗ったほうが人並みの生活をしやすいはずです。

リクルートエージェントの営業担当に求人をおすすめされたときの対応

リクルートエージェントの営業担当者に求人をおすすめされた場合、承諾する場合と断る場合があるはずです。ここでは、それぞれの場合について紹介します。

受けてみる場合

おすすめされた求人を承諾する場合は、その求人に向けて全力であたりましょう。企業研究や面接対策はもちろん、働いたあとの想像まで、採用されるために全力を尽くしてください。それが、おすすめを受け入れる以上最低限のマナーと礼儀です。
なお、前述したように「おすすめ」はあくまでもエージェントが間に入ってくれるというだけで、合格率はほとんど変わりません。ごく一部の企業のみ、心象が変わって合格率に影響を及ぼすこともあるかもしれませんが、基本は一般の手段で応募するのと同等の条件です。
おすすめされたという心の余裕を持つことは大切ですが、それが行き過ぎて尊大な態度になってしまわないように気を付けましょう。あくまでも自分は普通の就活生と対等な状況であることを意識してください。

断る場合

断る場合、お世話になったリクルートエージェントからの提案なので少し心苦しく感じるかもしれません。しかし、どうせ入社する予定のない求人だと思ったのなら、必ずその場で断りましょう。なぜなら、入社する予定がない状態で選考に乗るのは相手方の企業にとっても、自分にとっても無駄な時間になってしまうからです。
ただ、断る際にもマナーがあります。担当者の側も、就活生のことを考えて提案してくれているのですから、ただ跳ねのけるのではなく、断る理由を示して断りましょう。しっかりとした理由を述べれば、今後紹介する求人にも反映されるからです。

リクルートエージェントの営業担当におすすめされた求人だからといって特別なものではない!

リクルートエージェントの営業担当からおすすめされた求人は、決して特別なものではありません。通常の求人と何の変わりのないものです。特にリクルートエージェントは全国展開型のエージェントなので、特定の会社と密接な繋がりを持っているわけではありません。よって、おすすめされたからといって勿体ないと感じたり、恐縮して承諾する必要はないのです。
結局のところ、営業担当者におすすめされた求人も、自分で調べた上で応募した求人も、本質的な問題は同じといえます。それは、「その求人に応募するかどうか」という根本的な二択です。
よって、営業担当者におすすめされた求人だからといって特別扱いをして考えないよう、シンプルに物事を考えましょう。

まとめ

リクルートエージェントの営業担当がおすすめする求人の多くは、その人の能力に合ったものです。言い方を変えれば、背丈にあった仕事を選んでおすすめします。そのため、営業担当がおすすめする求人の多くは、就活をするにあたって、採用の可能性が高いともいえるでしょう。
とはいえ、結局のところ、身丈に合った仕事で就職をするのか、それとも自分のやりたいことをひたすら追い求めるのかは、自分に選択権があります。転職にせよ、就職にせよ、リクルートエージェントを利用するときは人生でそう何度も訪れることのない転機です。この転機を他人の「おすすめ」で安易に決めてしまわないよう、じっかりとその提案を検討し、熟考した上で決めましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。