リクルートエージェントで貰った内定を受諾後に辞退したい。どうすればいい?

内定を受諾するということは、非常に重い選択です。法律的にも、企業が内定のオファーを出し、受諾したその瞬間に契約が成立します。
では、リクルートエージェントを介して貰った内定を、受諾後に辞退するとどうなるのでしょうか。そして、辞退するためにはどうすればいいのでしょうか。
ここでは、内定を受諾後に辞退する方法についてまとめていきましょう。

おすすめの就職サービス

リクルートエージェントで貰った内定を受託後に辞退してもいい?

原則の話をすれば、内定を辞退することは可能です。それが受諾後でも、受諾前でも、基本的には問題ありません。そもそも、「御社で働きたくない」という人材を企業が雇う理由はどこにもありませんし、内定辞退を拒否されても、就職者側が困ってしまうでしょう。
法律的に考えても、「内定承諾書」や内定を受諾するという口約束には法的拘束力はない、とされています。また、日本国のすべての労働者は自分で就職先を選ぶ権利が保障されていますので、内定を承諾したからといって、その企業に就職しなければならないというわけではありません。
しかしながら、これはあくまでも原則の話です。実際に辞退するとなると、いくつか注意しておかなければならない点があります。

「内定承諾」は簡単に撤回していいものではありません

内定受諾に法的拘束力がないというのは、前述した通りです。例え書面で内定に承諾したとしても、そこには何の強制力もありません。
ただし、ここで注意したいのが、「内定を受諾する」という行為には「契約を交わす」ことになる、ということです。要するに、内定を受諾するということは、「御社と労働契約を結びます」という意志表示とみなされます。
労働契約を結んだ時点で、企業は特別な理由なしに内定の取り消しができなくなります。同時に、就職する側も、特別な理由なしに内定辞退ができなくなるのです。
つまり、内定を受諾後に辞退するということは、契約の破棄と同義であり、会社を辞めるときと同じです。そのため、内定受諾後に辞退するということは、軽々しくするべきものではない、といういことを理解しておきましょう。

相手の企業に大きな迷惑がかかるということを理解しましょう

加えて、内定を受諾したのにも関わらず辞退することは、それだけでも相手の企業に大きな迷惑をかけます。なぜなら、企業側も内定を受諾された時点で就活生を受け入れる人物を進めているからです。
また、内定を辞退するということは企業がこれまで続けてきた採用活動を全て振り出しに戻すということでもあります。場合によっては、自分が受諾したことにより、「キープ」していた就活生に不採用通知を送ってしまった可能性もあるでしょう。
さらに、リクルートエージェントはより直接的な被害を被ります。リクルートエージェントは、企業に人材を紹介したことによる報酬で企業の生計を立てています。
しかし、直前で内定を辞退されてしまうということは、目の前でお金が逃げていくようなものです。エージェント個人としても悔しい思いをするでしょうし、企業としても大きな損失になってしまうでしょう。
このように、内定を受諾後に辞退することは、各方面に大きな迷惑を及ぼしてしまいます。しかし、それでも辞退したい理由があるのならするべきです。
なぜなら、転職は自分の人生を大きく変える転機だからです。他人に迷惑がかかることを承知の上でも辞退したい理由があるのなら、辞退して自分の人生を歩みましょう。

リクルートエージェントを介して受諾した後の内定を辞退する方法

「申し訳ない」という気持ちを持ってさえいるのなら、内定を受諾した後でも辞退できます。しかしながら、内定を辞退するのにもマナーがあります。
具体的には、以下のように辞退をしましょう。

謝罪メールを送る

まずは謝罪のメールを送りましょう。誠意ある謝罪は、相手の怒りを和らげてくれます。挨拶の後の一文目は誠意ある謝罪からはじめましょう。「大変申し訳ございませんが」からはじめてください。
ちなみに、送る対象はリクルートエージェントにしましょう。なぜなら、企業に直接メールを送ると、リクルートエージェントの顔を潰すことになってしまうからです。企業と直接やりとりをしてしまうと、無用なトラブルを招いてしまうのでエージェントの方に謝罪メールを送ってください。
メールの文面は、「挨拶」「謝罪」「辞退する理由」「重ねて謝罪」の流れで書きましょう。とにかく誠意のある文章を書くようにしましょう。

できるのなら電話で謝罪をする

誠意を伝えるという意味では、メールよりも電話の方が自分の申し訳ないと思っている気持ちが伝わりやすいと思います。よって、エージェントと電話でやり取りをしているのなら、電話で謝罪の意志を伝えましょう。
電話で謝罪をするときは、なるべく申し訳なさそうに、それでいて丁寧に謝罪の意志を伝えてください。リクルートエージェントも人間なので、多少言葉を荒げることがあったとしても、余程度を越えていなければ平謝りしましょう。
なぜなら、相手にも立場があるからです。内定受諾後に契約を破棄するということは、企業の信頼にも泥を塗ることになります。ひいては、そのエージェントの方の信頼にも悪い印象を与えてしまい、収入にも影響を及ぼしてしまうでしょう。
なので、多少相手が怒りを感じているように見えても、その点で売り言葉に買い言葉になってしまわないように気を付けましょう。
特にその後も就職エージェントを利用するつもりであれば、エージェントとの関係はなるべく穏便に済ませてください。なぜなら、エージェントとの関係が悪くなると、他のエージェントや企業に、悪い噂が共有されてしまうからです。

エージェントが受託してくれない場合は企業に直接電話やメールをする

中小企業のエージェントなどでは、不利益を出すことを嫌って、辞任を受け入れてくれないことがあります。その場合は、エージェントを統括する企業に直接連絡を入れてください。
時にはその企業さえも内定の辞退を受け入れてくれないことがあります。もし、内定の融通をつけてくれないという場合は、やむを得ないので内定をもらった企業に辞退を申し出ましょう。
「辞退はできない」などと言われることがあるかもしれませんが、内定の辞退は就活生の当然の権利です。よって、気にせず企業の側に問い合わせましょう。

リクルートエージェントに受諾後に内定辞退の意志を送るとき。例文はこれ

リクルートエージェントに内定辞退の意志を伝えるときは、出来る限り丁寧にすべきだというのは、前述した通りです。しかし、謝罪メールをあまり送ったことがないという人にとっては、しっかりとしたイメージがつけづらいのではないでしょうか。
そこで以下では、マナーよく辞退の意志を伝えるためのポイントを詳しくまとめていきましょう。
お世話になっております。普段からサポートして頂いている××(氏名)です。
先日受諾させて頂いた〇〇社の内定についてお話があり、メールさせて頂きました。一度オファーを受けた身として、誠に勝手ではございますが、辞退させて頂きたいです。
××(相手の氏名)様のご厚意のおかげで内定を頂いたいのにも関わらず、辞退という形になってしまい、大変申し訳ございません。理由としては、△△(自分が辞退するに至った理由をあげる)。
詳細は改めてお電話等でご連絡させて頂きたいと存じますが、取り急ぎ辞退のご連絡を差し上げた次第です。この度は大変申し訳ありませんでした。

受諾後に内定辞退をするときの注意点! リクルートエージェントも人間です

内定を一旦受諾したのにも関わらず辞退するときは、最低限の礼節と共に、注意すべき点があります。特に、直接電話をして応対する場合は、相手の立場も考えた上で辞退しなければなりません。
具体的な注意点を紹介しましょう。

「非はこちらにある」という態度を心掛ける

内定を受諾前に辞退したのならば何の負い目も感じる必要はありませんが、受諾後に辞退した場合は、「全面的に自分が悪い」という気持ちで謝罪に臨みましょう。
リクルートエージェントの方も人間なので、多少感情的な議論に発展することもあるかもしれませんが、それも仕方がないこととして受け入れましょう。

相手の言葉に動じないようにする

相手の言葉に動じないようにするのは大切なことです。なぜなら、エージェント側はなるべく辞任させないよう、心に揺さぶりをかけてくるからです。
例えば、「この機を逃したら就職の可能性がない」「もう紹介できる仕事がない」「一度やってみるのも大切だ」など、色々な言葉で辞退を妨げようとするでしょう。
こうした言葉にいちいち動じてしまうと、辞退をするという強い意志が持てなくなります。しかし、自分の人生を決めるのは自分、どんなエージェントでもしょせんは他人という気持ちを持って辞退に臨んでください。それくらいの覚悟がないのなら、むしろ受諾後に辞退はするべきではありません。
相手の言葉に応じなければ、エージェントとの間に決定的な亀裂が入るかもしれません。しかし、考えても見れば、エージェントとの仲は就職しさえすれば何の意味もなさないことです。
どうしても踏ん切りがつかない場合は合理的な考え方を持ち、時にはエージェントの信用も切り捨てるつもりで辞退の意志を伝えましょう。

最悪の場合、損害賠償の可能性も考える

ごくまれなケースですが、内定を受諾後に辞退したことで、企業から損害賠償を請求される可能性があります。例えば、企業が内定を受諾した就活生のために研修先のホテルを抑えていた、あるいは特別な部屋を作っていた、装置をすでに購入していた、といった場合です。
この場合は、新入社員のための設備投資などの弁償代を払わなければならない、という点に注意しましょう。

まとめ

リクルートエージェントの内定を受諾後に辞退したいという場合は、原則では可能です。しかしながら、その行為は決して常識的なことではありません。
受諾後に気が変わって辞退したいという場合は、それなりの礼節を持って当たる必要があります。もし、入社の時期がずらさなければならないなど、企業側の協力があれば内定もできるという場合は、一度相談してみるのも手です。辞退するよりは、協力的な態度を取ってくれるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。