リクルートエージェントの面談の服装は? 失礼のない身だしなみを整えましょう

リクルートエージェントを利用すると、多くの人に面談の機会があります。中には、直接対面して面談をする方もいるでしょう。その時に悩んでしまうのが、面談に赴く際の服装です。
面接ならばスーツで行けばいいのですが、「面談」の場合は私服とスーツのどちらでも行くことができます。そこで以下では、リクルートエージェントの面談に行くときのポイントついてまとめていきましょう。

おすすめの就職サービス

リクルートエージェントに面談をするときに服装は整えていくべき?

リクルートエージェントに面談の約束を取り付けたとき、当日に悩む人も多いのではないでしょうか。特に悩むのが、服装の指定をされていないときです。
そんなときに取れる選択肢は、大きくわけて2つでしょう。それが、スーツと私服です。

基本的には私服でOK

原則の話として、リクルートエージェントとの面談は私服で構いません。実際、現役のリクルートエージェントの話を聞いても、ほとんどのリクルートエージェントは服装は私服でも構わないとしています。
その理由は、リクルートエージェントのほとんどが、服装で人を見ているわけではないからです。リクルートエージェントはいわば人を観るプロなので、服装が悪いからといって偏見で人を観ることはありません。
むしろ、スーツを着ることで就活生が緊張してしまい、素の自分を出せなくなってしまうほうが、正しい就職活動の妨げになってしまいます。そのため、あえて私服を推奨するエージェントもいるようです。

ただし、本番形式で練習をしたい場合はスーツを着ても大丈夫

ただ、スーツで行くことが完全に禁止されているわけでははありません。なぜなら、スーツはいわば本番のためのユニフォームなので、本番の練習としては適切だといえるからです。
自分のスーツ姿にいまいち自信が持てないという方や、スーツの着こなしに問題があると感じている場合は、スーツを着ていってアドバイスをもらってみましょう。
実際には問題がなくとも、就活のプロに大丈夫だというお墨付きを貰えれば大きな自信になりますし、引いては今後の就活にとって大きなプラスになります。
よって、特別服装を指定されていないのであれば、あえてスーツで行くのも手段のひとつです。

センスを見るために私服必須の場合も

リクルートエージェントの面談に行く前に、インターネットを介して服飾系、あるいはデザイナーといった職業を目指したいと伝えていた場合は、私服が必須要件になる場合があります。
それは就活生のセンスを見るためです。「センスの良さ」というのは数字には表れないものであり、リクルートエージェント側が目を通さなければならないものでもあります。そのため、就活生のセンスを確かめるために、面談の服装に私服を指定する場合があるようです。
もちろん、私服が指定されている場合は、それに従って、私服で行くようにしましょう。他にも何らかの条件が設けられる場合があるので、話はよく聞いておいてください。

迷ったときの面談時の服装例! リクルートエージェントも納得の格好とは

面談の時に私服で来てくださいと言われても、悩んでしまう方も多いかもしれません。特に、これまでがスーツを着る職場にいた場合は、どんな私服で行くべきなのか悩んでしまうでしょう。
特に、「自由です」と言われれば言われるほど、服装に悩んでしまう方も多いと思います。そこでここでは、男性と女性別に、それぞれおすすめの定番服装についてまとめていきましょう。
基本的に、特に指定されていない私服は「オフィスカジュアル」を目指してください。オフィスカジュアルとは、スーツを着ずに会社へ出社するときの服装です。
転職を考えている場合は、「今現在の会社に私服で行くときにどんな服装で行くのか」ということを考えて服装を選びましょう。

男性編

男性の私服は、襟付きのシャツとズボンというスタイルが普通です。シャツとパンツであれば、よほど派手なデザインでなければどんなものでも構いません。スラックスのボトムなどであれば、より好印象です。靴はスニーカー等でも構いませんが、気になるのなら革靴やそれに類するものを選ぶといいでしょう。もちろん、サンダルはいけません。
色は目立たない色を選んでください。赤・黄・青といった原色系のカラーシャツは、オフィスカジュアルとはいえないのであまり良い印象を与えません。あくまで地味な色と柄に留めましょう。また、デザイン以前に、あまりにも古ぼけていたり、壊れていたりするシャツは避けてください。あくまでも清潔感のある服装を目指しましょう。
また、服装以外にも頭髪や装飾品にも気を配ってください。ピアスなどといった装飾品はなるべく身につけないようにして、見た目に派手だと思われないようにしてください。派手だと思われてしまうと、あまり良い印象を残さなくなってしまうので気を付けましょう。

女性編

女性の服装は、男性よりも広範的なものが認められます。なぜなら女性は世間的に化粧と装飾品をすることが許されており、むしろそれがマナーだといわれているからです。よって、男性と違って髪の色が茶色などでも問題なく「オフィスカジュアル」になります。
リクルートエージェントに良い印象を持たれたいのなら、服装の色合いは暗すぎず、明るいものを選ぶといいでしょう。ピンク、白といった、女性的な雰囲気のある色合いは相手に良い印象を与えられます。服装のデザインは、スラックスとシャツが最適です。短すぎなければ、スカートでも構いません。
あまり装飾品の多い服を着ると、「何をしに来たのか」と転職エージェントに疑問に思われてしまうので、装飾品はあまりないものでいいでしょう。なお、靴に関してはバンプスがいいでしょう。スニーカーでも構いませんが、オフィス用のものですとコーディネートに違和感を残してしまうので気を付けて下さい。
また、女性にとってはメイクも含めての「服装」です。社会人にとってメイクはマナーであり、欠かすことのできないものといても過言ではありません。よって、メイクや香水にも気を配りましょう。ただし、あまり派手すぎるメイク、濃すぎるメイクはあまり良い印象を与えません。そのため、メイクはナチュラル風味にしておきましょう。もちろん香水も、それに伴った臭いのきつすぎないものにしてください。

リクルートエージェントの面談で失敗しない! 事前に用意すべきものとは【服装以外に】

リクルートエージェントの面談に行くときは、「何のために面談をするのか」ということを自分の中で明白にしましょう。そうでなければ、面談に行く意味がないからです。そのため、面談に行く際は事前に用意すべきものを自分の中で設定し、それを事前に用意しておきましょう。
以下では、実際に面談へ行く前に用意しておくべきことと、意識しておくべきことをまとめます。リクルートエージェントにこれから登録するという方はもちろん、すでに面談の約束を取り付けたという方まで、ぜひ参考にしてみてください。

質問する内容を決めておく

まずは質問する内容をあらかじめ決めておきましょう。何を聞くべきなのか、何を知りたいのか、自分の中で整理しておいてください。リクルートエージェントはいわば就職をさせるプロですが、決して機械的に1人ずつの人間を就職させていくわけではありません。1人の人間として付き合い、就活生の特徴と雰囲気をつかみ取り、それぞれに対して適切な就活の道を示します。
しかし、面談の際にやる気のある態度を見せなければ、エージェント側もやる気がなくなってしまうのです。「面談に来てやってる」という態度ではなく、「来ていただいている」という気持ちで面接に望み、この機会だからこそ聞ける質問を持っていきましょう。
例えば、就活の流れ、服装といった就活に関する基本的なことから、自分が志望している業界の雰囲気や就職率、離職率といった突っ込んだ質問まで、気になることは何でも質問しておきましょう。それが熱意とみなされ、エージェントのサポートにも力が入ります。「絶対に就職したい」という熱意を見せられれば、エージェントも優先的に就職口を紹介してくれるでしょう。

ウソをつかない

人間の「見栄」という感情は、ひどく厄介なものです。実はできないことを「できる」と言ってしまったり、やっていないことを「やっている」と言ってしまったり、人は見栄で失敗をしてしまいます。
リクルートエージェントの時の面談でも、自分を実情以上に優秀に見せたくなって、ちょっとした噓をついてしまうことがあるかもしれません。特に人間的に好感の持てるエージェントと面談に行くと、自然と見栄からの噓が口をついて出てしまう、ということもあるでしょう。
しかし、リクルートエージェントに噓をついても、良い方向に物事が転がることは絶対にありません。なぜなら、リクルートエージェントは面談でのヒアリングとデータを基に仕事を紹介するからです。
見栄からの噓でリクルートエージェントに話を通してしまうと、自分の許容量を超えた努力を要求されてしまい、後で苦労することになります。よって、面談では絶対に噓をつかないようにしましょう。

ビジネスマナーは要チェック

リクルートエージェントは、仕事の一環として就活生の面接を行います。そのため、多少無礼なことをしても、仕事と割り切って叱ってきたりすることはないでしょう。しかし、仕事を紹介するときには、どうしても私情が挟まります。
よって、良い仕事を紹介してもらうために、相手に失礼のないように心がけましょう。面接の練習だと思って、一人前の社会人としてビジネスマナーを守った面談を心掛けてください。もちろん、必要以上にへりくだる必要はありませんが、お互いに失礼のないよう、気持ちのよい面談にしましょう。

まとめ

リクルートエージェントに面談をしてもらうときの服装は、基本的に私服で問題ありません。特に指定がない場合も、極端に派手だったりラフだったりしなければ私服でいいでしょう。服がわからないという人は、「オフィスカジュアル」を目指してください。
リクルートエージェントに面談をするのなら、むしろ心構えのほうが大切です。面談に言われたから行くのではなく、時間を取ってもらっているという意識を忘れないように心がけ、有意義な面談の時間を過ごしましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。