金融業界に転職したい! そんなときにおすすめなエージェントを紹介

金融業界は、安定志向の転職者に好まれがちな業界です。しかし、外部から見ると何をしているのかわかりづらいため、エージェントの力を借りたいと考えている方も少なくありません。
そこでここでは、金融業界に就職したいという方のために、おすすめの金融業界に転職するためのエージェントについてまとめていきましょう。金融業界への転職を考えているという方や、利用すべきエージェントに悩んでいるという場合は、ぜひ参考にしてください。

おすすめの就職サービス

金融業界に転職するときに使えるエージェントの特徴

金融業界は、外部から見ると安定しているように見えます。しかし、実際のところ、「金融業界」全体で見ると安定度が高いとは言い難く、中には就職の際には一考しなければならないものがあります。
そのため、通常の転職エージェントではなかなか金融業界に案内してもらうことができません。よって、金融業界に入りたいという場合は、金融業界に強い転職エージェントを探さなければなりません。しかし、外面からですと、何をもってして「金融業界に強い」のかわからないと思います。
そこで以下では、金融業界に強い転職エージェントのポイントを紹介しましょう。

金融業界のことがわかる

まず、金融業界のことがわかるという点は、非常に重要です。金融業界は特異性が強く、その特異性について理解していないと、的外れな転職になってしまいます。よって、金融業界について理解している転職エージェントを紹介しましょう。
転職エージェントが金融業界についてわかっているかどうかは、転職エージェントのサイトを見ればわかります。エージェントのサイトには大抵の場合転職先が書いていますが、そこに金融業界への転職例が書いている場合は、金融業界のことがわかっているエージェントだといえるでしょう。

外資系企業へのパイプも持っている

金融業界には、外資系企業と日系企業の2つがあります。外資系企業へのパイプを持っているということは海外業界への「つぶし」が利くということであり、金融業界への広い選択肢を取れるのが大きなメリットです。
金融業界における外資系企業は、日経の企業よりも高給で待遇もよいことが多いので、よりよい職場への転職を考えているという方は、外資系企業へのパイプを持っている転職エージェントを利用しましょう。
外資系へのパイプを持っているかどうかは、実際にエージェントを利用してみればわかります。そして、エージェントに対して外資系は転職対象に入っているかどうか、尋ねてみましょう。
とはいえ、外資系の企業のほとんどは学歴主義、もしくは即戦力主義です。そのため、高給を狙う方以外は、わざわざ外資系の企業を目指す必要はありません。逆に、質の高い求人を求めているという方は、ぜひ外資系へのパイプを持っているかどうかを確認しましょう。

金融業界に特化したおすすめ転職エージェント

ここでは、金融業界に「特化」した転職エージェントを紹介します。特化しているということは、それだけ金融業界に深い造詣を持っているということであり、金融業界への就職の可能性がより上昇します。
しかし、それは逆にいえば金融業界に「しか」就職できないということであり、自分の可能性を自分で潰す可能性もあるという点には注意しましょう。とはいえ、金融業界が自分の天職だと考えている方や、金融業界をすでに経験し、そのスキルを活かしたいと思っている方はこうした転職エージェントを活用するといいでしょう。

ウィルハーツ

ウィルハーツは、金融業界、そしてその周辺業界への太いパイプを持った転職エージェントです。ウィルハーツの強みは、なんといっても代表となる方が、長年外資系金融機関での勤務経験があるという点です。この勤務経験は金融機関への理解に繋がると共に、金融業界へのコネクションの強さ、そして金融業界への高い理解度をもたらしているようです。
金融業界「特化」という言葉にはウソ偽りなく、ウィルハーツで転職をする以上は、金融業界と関わりを持って生きていくことになります。
ウィルハーツの魅力は、なんといっても非公開求人の数の多さです。ウィルハーツは金融業界に太いパイプを持っているため、企業からの信頼が厚く、その証拠がウィルハーツにのみ後悔されている非公開求人です。
通常の転職サイトではいまいち自分に合った求人が見当たらなかったという方も、ウィルハーツの非公開求人であれば、自分にとって理想となる金融業界への就職先が見つかるでしょう。

アンテロープ

アンテロープは、「挑戦する人生」を応援する転職エージェントです。アンテロープでは就職エージェントひとりひとりに対して高い専門性を持たせることを意識しています。そのため、金融業界には金融業界の知識を持ち、そのノウハウを把握しているエージェントが担当しているのが特徴です。
そのおかげで、求人企業に対する情報を多く網羅できているだけではなく、企業との信頼関係を築き、企業に対する詳細な情報を提供してくれます。金融業界は高給で非常に夢のある業界ではありますが、その分、ブラック企業や待遇の悪い企業も数多く混在しています。実際にハローワークなどで金融業界の求人を探してみると、とても通常の求人とは思えないようなものが見つかることもあるでしょう。
その点、アンテロープは求人の上面だけではなく、企業の評判やデータも提示してくれるので、安心して転職できます。その証拠に、もし本人が望むのなら、過去その企業に勤務していた人、あるいは勤務している人とミーティングを設けることも可能です。
これだけ深く企業を吟味できる転職エージェントはそう多くありません。金融業界には行きたいけれど、ブラック企業は避けたいという方におすすめの転職エージェントです。

マイナビ金融エージェント

マイナビ金融エージェントは、転職エージェント業界において最大手といってもよい「マイナビ」が舵を切っている金融業界を意識した転職エージェントです。業界最大手だけあり、その案件数は他の転職エージェントと比べても非常に数が多いという点が魅力的です。
よって、高収入かつ待遇の良いような企業から、一般的な企業まで、非常に広い金融業界の求人が揃っています。つまり、マイナビ金融エージェントを利用、自分がどの程度の企業に応募できるのか、客観的に知れるのです。
そのため、メインとなる転職エージェントは別の場所を活用するにしても、まずはこの転職エージェントに協力を仰いでみて、自分がどの程度の企業に向いているのか把握してみるといいでしょう。

金融業界以外も狙えるおすすめ転職エージェント

転職エージェントのほとんどは、特化しているのではなく、むしろその人に会う適正を見極めながら、最適な企業を絞り込んでくれます。よって、よほど金融業界に行きたいのでなければ、他の選択肢も見渡せる総合的な転職エージェントを利用するのがおすすすめです。
そこでここでは、金融業界への就職を、それ以外の業界への転職も視野に入れて紹介してくれる転職エージェントを紹介します。

JAC Recruitment

こちらのサイトは、「収入の高い企業」に視野を置いて転職をサポートしてくれる企業です。日本を含めて複数の国々に拠点を持っており、そのため、該当する言語のスキルがあれば、グローバルな転職活動が期待できます。
さらに転職のサポートが非常に親身で分かりやすいと評判なのもメリットです。面接対策からエントリシートの添削まで、手取り足取り、転職をサポートしてくれます。ただし、ここで紹介している企業はいわゆる「ハイキャリア」のものが多いため、そういった企業を目指していない方には場違いな求人ばかりが目に入ってくるかもしれません。
すでにある程度高いスキルを身に着けている方におすすめの転職エージェントといえるでしょう。

キャリアカーバー

キャリアカーバーは、「年収800万円以上」とボーダーをひいて、あらゆる業界のあらゆる求人を紹介しているサイトです。この転職エージェントの魅力は、なんといっても企業のヘッドハンターが自ら登録しているという点でしょう。
特に年収の高い企業は即戦力となる人材を求めているため、スキルを持っている人はかなり優良な転職が期待できます。自分のスキルに自信があるという方には、ぜひおすすめしたい転職エージェントです。

金融業界に転職したいときはエージェントの協力が大切!その理由は?

金融業界を夢見る方は多いようですが、実際に夢見たような金融業界で働ける人は多くありません。ほとんどの人は、自分が想像していた金融業界とは少し違った仕事をしていることが多いようです。
そうならないために、金融業界に転職をするときは、転職エージェントを利用することをおすすめします。ここでは、その理由を2つ、まとめましょう。

コネクションが必要だから

まず、優良な企業に入社するためには、高いスキルかコネクションが必要です。その点、転職エージェントは様々な企業に独自のコネクションを持っており、そのパイプの太さ次第では、一次面接や書類面接をパスしてくれることもあるほどです。そのため、出来るだけ金融業界に転職できる可能性を高めたいのなら、コネクションのある転職エージェントを利用するべきだといえるでしょう。

即戦力を募集していることが多いから

金融業界は、非常に忙しい業界です。また、人の入れ替わりや技術の入れ替わりが激しく、柔軟に対応できる人材を募集しています。そうした人材は得てして即戦力になりやすく、就業に関する必要最低限の能力はすでに身に着けている前提であることがほとんどです。
しかし、金融業界に関するスキルを客観的に証明する手段は少ないのが現状です。そこで、転職エージェントを介することで自分のスキルを相手に伝え、転職成功の確率を増やすことができます。

まとめ

金融業界の転職エージェントは、「特化型」と「総合型」の2つがあります。特化型一本でいくと、転職の視野が非常に狭くなってしまう上に、失敗したときの問題が付きまとうので、可能ならば総合型の転職エージェントにも登録しておくことをおすすめします。
特に、前職を辞める時期が決まっているという方は、なるべく早く転職を決めたいはずです。よって、確率を上昇させるためにも、特化型の転職エージェント以外にも、色々な選択肢を熟慮してくれる総合的型の転職エージェントを利用するべきなのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。