障害者雇用のエージェントとは? 利用すべきなの? おすすめのものも紹介

就活エージェント、あるいは転職エージェントは、企業の得意分野ごとに様々なサービスが提供されています。その中のひとつが、「障害者雇用」を専門としたエージェントです。国の法律によって障害者雇用が促進され、それによって、障害者の人材を探す企業が増えたのが障害者雇用を専門としたエージェントが立ち上がった理由です。
ここでは、そんな障害者雇用専門のエージェントについて詳しくまとめていきましょう。

おすすめの就職サービス

障害者雇用エージェントと通常のものとの違い

転職エージェントでは、個々の資質やスキルに応じて雇用の調整をしてくれます。障害者雇用専用エージェントでも、それは変わりません。つまり、両者には本質的な違いは特にないといえるでしょう。ただ、障害者の方が障害者雇用専門のエージェントを使うことで、通常のエージェントよりも転職や就職が有利になります。
ここでは、両者を比較した上で、何が違っているのか、詳しくまとめていきましょう。

障害の内容を考慮してもらえる

障害者雇用専門のエージェントが応募できるのは、当然ながら何らかの障害がある方です。専門のエージェントは、応募者が持つ障害の内容を確認し、それに応じた求人を紹介してくれます。一方、通常の転職エージェントでは、障害の内容はあまり考慮されないこともあります。
特に外見に変化のない障害はいまいちその内容を理解していないことも多く、障害者の方が活躍しづらい職場を紹介されることも多いようです。例えば、パニック障害を持っている方に警備員や介護士といった仕事を紹介したりします。しかし、障害者雇用専門のエージェントであれば、そんなことは決してありません。
精神障害のある方が発作を起こしてしまったのならそれをサポートできる職場を紹介しますし、手足に何らかの障害があるのなら、それでも無理なく仕事のできる職場を紹介します。また、障害者雇用を専門にしているので障害への理解度も高く、いざ働いてみたら障害者に全く優しくない環境だった、ということもありません。この点は、通常の転職エージェントにはないメリットといえるでしょう。

親切なサポートを貰える

転職エージェントの多くは、「企業に採用される可能性の高い人材」を選んでサポートします。なぜなら、そうでなければ転職エージェントにお金が入らないからです。そのため、障害者であることを伝えると、「企業へ就職できる可能性の低い人材」と判断され、ほとんどサポートが受けられない、という事例もあります。
その点、障害者雇用専用のエージェントであれば最初から障害者の方を対象にしてサポートしているため、親切かつ丁寧なサポートが期待できるでしょう。

障害者雇用を推進している企業に応募してもらえる

障害者雇用を推進するという法律は出来ているものの、実際に障害者雇用を積極的にしている企業なのかどうかは、外からはほとんど見れません。しかし、障害者雇用を専門にしているエージェントであれば、どの企業がどの程度障害者雇用に積極的なのか、手持ちのデータから判断できます。
また、データを詳細に分析しているエージェントであれば、どの企業がどんな障害持ちの方を積極的に採用しているのかもわかるはずです。そのため、自分の障害に合った企業へ求職ができます。もちろん、企業にはあらかじめどんな障害を持っているのか知らせてくれるので、就職の際のミスマッチも起きづらいというメリットがあります。

障害者を取り巻く雇用事情とは? エージェントに頼るべき?

前述したように、障害者雇用を専門としたエージェントを利用することには、非常に大きなメリットが存在しています。しかし、障害者が就職する道は何もエージェントだけではありません。ハローワークや「就労移行支援事業者」など、様々な選択肢があります。それほど多くの選択肢の中でも、特に転職エージェントを使う理由はあるのでしょうか。
結論から述べると、出来るのならエージェントを使うべきです。その理由は2つあります。
ひとつめの理由は、「普通に就職した障害者の方の定着率が低い」からです。厚生労働省の調査によると、障害者の方は「1年以内に離職した割合」が非常に高いことがわかっています。障害者以外の1年以内の平均離職率がおおよそ15%前後であるのに比べ、障害者の方の離職率は50%以上で推移している状態です。
特に身体障害者や知的障害者の方の離職率が非常に高く、なんと60%以上の方が1年以内に離職しています。その原因は様々ですが、「職場自体が障害者と一緒に働く準備が出来ていなかった」というのが実情のようです。
例えば、健常者と同程度のパフォーマンスを求められたり、逆に必要以上に配慮を重ねられたりすると、障害者の方がそこに居づらくなってしまい、退職してしまいます。そうしたなんとなくの「居づらさ」は言語化が難しく、企業側に直してもらうのも難しいのが実情です。
その点、転職エージェントであれば障害者への配慮が出来ている企業を探し、お互いにお互いを理解した上で就職ができます。つまり、「居やすい」企業への就職が期待できるのです。
障害者の方が転職エージェントを利用するべき第2の理由は、働きがいのある仕事を探すことができるという点です。政府の出した障害者雇用促進の法律は、端的に述べれば「障害者を雇用すると補助金が貰える」というものでした。
各企業はその基準を満たすため、様々な工夫を凝らしましたが、中には「障害者に意味のない仕事をさせ、補助金だけを貰う」という形の企業が出てきました。このため、障害者の方は例え就職してもやりがいの持てない仕事を任せられてしまうことも少なくないようです。
しかし、転職エージェントであれば障害者の特性を理解し、やりがいの持てる仕事を探してくれます。この点は大きなメリットといえるでしょう。
以上の2つの理由から、障害者は可能であれば転職エージェントを利用すべきです。

おすすめの障害者雇用を推進しているエージェント

障害者雇用を推進しているエージェントだけに限っても、その数は非常に多くあります。ここでは、そんな数ある障害者雇用を推進するエージェントの内、おすすめのエージェントについてまとめていきましょう。

dodaチャレンジ

dodaチャレンジは、言わずと知れた有名転職エージェントの「doda」から派生した転職エージェントです。障害者雇用を専門として扱うこの転職エージェントは、日本全体から得たネットワークで多くの質が高い求人を紹介しています。
実際にどのような企業が障害者の人材を募集しているのかは、問題のデリケートさから非公開求人としているものの、転職実績の中に名を連ねるのは、テレビなどでもよく聞く有名企業ばかりです。もちろん大手企業以外にも、積極的に障害者雇用を考えている中小企業の求人も紹介しています。
その有名さも手伝って、なるべく登録しておくべきエージェントのひとつといえるでしょう。

ソーシャル・パートナーズ

ソーシャルパートナーズは、海外にも展開している「アデコグループ」が展開している転職エージェントです。規模という面では、アデコグループは世界最大となっており、その巨大さを活かした求人の幅が魅力的なエージェントといえます。
非常に多くの人材を斡旋してきた実績から、丁寧なサポートと幅広い求人が期待できます。とにかく広い選択肢から選びたいという方にはおすすめのエージェントです。

アットジーピー

アットジーピーは、障害者雇用を目標とする転職エージェントの中では、かなり多くの数の求人を紹介しているサービスです。常に多くの求人を掲載しているため、自分に合った求人を探したいという方にもおすすめです。
しかも、いわゆるハイクラス求人や、障害者アスリートに向けた求人なども別枠で検索できます。このように、幅広い求人を見たいという方にはおすすめの転職エージェントです。

アビリティスタッフィング

アビリティスタッフィングは、特に定着率の低い精神障害者向けの転職エージェントです。精神障害者の方特有の、職場の居づらさ、心への負担を把握した上で、寄り添ったサポートをしながら転職先の企業を探してくれます。
実際に面談しながら転職先を検索できますが、利用者は首都圏の就職者のみに限られています。もし首都圏以外の方が利用したい場合は、別の転職エージェントも利用しましょう。

障害者の方に向けた他の雇用サービスも紹介

障害者の方に転職先を紹介するサービスは、決して転職エージェントだけに限りません。前述したように、障害者の方が転職するときは可能ならば転職エージェントを利用すべきです。しかし、他の選択肢も持っておくのに越したことはありません。なぜなら、居住している場所の関係で転職エージェントが利用できないこともあるからです。
特におすすめなのが、「就労移行支援事業所」です。ここでは、転職エージェントと同様に転職、就職活動のサポートをしてくれます。しかしそれだけではなく、もし障害者の方が就労するに足りるスキルを持っていなかった場合、スキルアップを図るためにカリキュラムを組んでサポートをしてくれます。
そのためにお金は多少かかることもありますが、ほとんどの場合は無料です。もし自分にスキルがないと落ち込んでいる障害者の方がいるのなら、ぜひこの雇用サービスを利用してみてください。

まとめ

障害者向けの雇用支援サービスとしては、転職エージェントや就労移行支援事業所などが挙げられます。これらのサービスは、障害者の方のハンディを理解した上で活躍できる企業を探してくれるもので、就職先に迷っているのならぜひ登録すべきです。
ただ、そうしたサービスをもってしても、障害者の方は企業に居づらさを覚えることも多いようです。そんなときは、自分がどんな仕事をしたいのか、どんなことができるのかを考え、転職エージェントにそれを伝えてみましょう。「居やすい」職場へと導いてくれるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。