転職エージェントに断られることはある! そんなときの対処法と考えるポイント

転職エージェントは、基本的になるべく多くの転職希望者を受け付けます。しかし、転職希望者の中には、転職エージェントに断られるという経験をした方もいるようです。
実際に断られると、ショックで自信がなくなってしまう方もいるかもしれません。そこでここでは、転職エージェントで断られるということはどんなことなのか、まとめていきたいと思います。

おすすめの就職サービス

【前提】転職エージェントに断られることは普通にあります

前提として知っておきたいのが、転職エージェントに紹介を断られることは「普通だ」ということです。断られてしまうと、あたかも自分の人格や資質を完全否定された気分になってしまうかもしれませんが、落ち込む必要はありません。なぜなら、断られることは普通にあるからです。
実際に転職エージェントを利用したという方に話を聞いてみても、断られたという話はたくさん聞けます。当然、その中には大手エージェントや、地方特化型のエージェントも含まれているでしょう。

そのため、転職エージェントに断られたからといって、自分を責めてしまったり、心が折れてしまったりしないようにしましょう。

転職エージェントが転職者を断るというのは、決して悪意や切り捨ての意味があるわけではありません。あくまでも、「今回は縁がなかった」というだけです。その点を忘れないようにしましょう。

転職エージェントに断られる理由は?

最初に述べたように、転職エージェントは基本的に転職者を迎え入れたいと思っています。なぜなら、転職者は転職エージェントにとって、貴重な収入源になるからです。
転職者を断るということは、転職エージェントが自ら収入を減らしていることに他なりません。つまり、転職エージェントが断るのには、それ相応の理由があるのです。

以下では、転職エージェントに断られる理由の内、代表的なものを取り上げて解説していきましょう。

 

希望する職種が特殊

転職エージェントは出来る限り転職者の希望に沿おうとしていますが、その力の及ばない職種もあります。特に、一般企業が運営していないような職種を希望している場合は、転職エージェントにできることは一切ありません。

例えば、教師や警察官といった公務員、歌手やタレントといった芸能系の職業などは、転職エージェントには手の出せない領域にあります。そのため、そうした職種を希望している転職者はあらかじめ断ることが多いようです。

なぜなら、そうした職種を希望している人を受け入れても、紹介できる企業がなく、お互いに時間の無駄になってしまうからです。もしそうした職種を希望している場合は、転職エージェントよりも別の場所に頼ったほうがいいでしょう。

転職回数が多すぎる(長続きしていない)

転職エージェントは、第一に「ここで転職をし、長く転職先で働いてくれるか」ということを重視しています。なぜなら、長く働いてくれなければ取引先の企業への信頼を勝ち取ることができないからです。
また、あまり長く働かずに転職してしまうと、転職エージェント側に渡された報酬を返却しなければならない可能性があります。
転職回数が多い人材は、新たな転職先でも長続きしない可能性が高く、転職エージェントの利益にならないことも多いと考えられてしまうのです。
また、転職を繰り返している人は、企業側が「どうしてこんなに転職回数が多いのか」と突っ込んでくることも考えられるので、普通の人材よりも就職の斡旋が難しい傾向にあります。
そうした点を嫌い、転職エージェントは転職の回数が多い人材の応募を断ることが多いのです。

転職する気がないように見える

転職エージェントにとって、転職希望者に求める第一の資質は「転職する意志があるかどうか」という点です。転職する意志がなければ、転職エージェントの収入にはなりませんし、サポートもできません。
つまり、転職エージェントに申し込むときの書類や文章が、「転職へのやる気を感じさせない」ものだった場合、それが原因で転職エージェントを断られてしまうことがあります。
もし、複数社応募するのが面倒で、最初に応募するときの文章をおざなりに書いていた場合は、よく考えて書くようにしましょう。

転職エージェントのサポート範囲外

転職エージェントには、それぞれ得意とする就職先があります。そのため、サポートする対象を絞っている企業も少なくありません。
最も多いのが、年齢を絞ってサポートしている転職エージェントです。二十代の方に対象を絞っているエージェントから、逆に三十代以上に対象を絞っているエージェントもあります。
他にも、在住している地域で絞っていたり、目指している職種で絞っていたりします。対象を絞っている場合はサイトに明記されているはずなので、必ず確認してください。

転職エージェントに断られる!そんなときの対処法

転職エージェントに断られた場合は、いくつか対処法が考えられます。
ひとつめの対処法は、条件を変えて応募してみることです。希望条件が狭すぎた場合は、少し条件を広めて応募してみると、断られなくなります。
ふたつめの対処法は、別の転職エージェントに応募してみる方法です。転職エージェントは得意としている領域が異なるため、自分が理想とする領域を管轄している転職エージェントに応募してみましょう。
みっつめの対処法は、公的サービスを利用する方法です。公的サービスであれば断られる心配はありませんし、好きなだけ自分の理想の求人を探せます。
それぞれについて、詳しくまとめていきましょう。

条件を変えて応募してみる

一度断られてしまったエージェントに再度応募するのは気が引けるかもしれませんが、条件を変えて応募してみると、意外と断られなかったりします。
他にも、応募する文章を変えてみるとやる気のある応募者と見られ、断られない可能性もあります。同じ条件で応募してみても、同じ理由で断られるだけなので、何かしら文章を変えてみましょう。
なお、条件を変えて登録し、断られなくなるのは、断られた理由が「希望する業界や職種が狭すぎた」というもののみです。他の理由で断られた場合は、もう一度同じ場所に申し込んでも望みは薄いでしょう。
よって、他の理由で断られた場合は、別の対処法を試してください。

別の転職エージェントに登録する

別の転職エージェントに登録するのは、最も合理的な手段です。転職エージェントは今や非常に多くの数があるので、自分の条件に合致したエージェントを見つけるのはそう難しくないでしょう。
中にはエージェントの情報を統合したサイトもあるので、そういったサイトから自分に合ったものを探してみてもいいでしょう。
一般的に、自分に合ったサイトを探したい場合は「自分の年齢+転職エージェント」あるいは「自分の業種+転職エージェント」というワードで検索してみてください。するといくつかの候補が出るので、その中から自分に合ったものを探せるはずです。
自分の条件に合っているはずなのに断られる場合は、希望する業種や、やる気の方に問題がある可能性があります。一度自分の現状を客観的に見つめなおしてみるといいでしょう。

公的サービスを利用する

公的サービスとは、ハローワークや若者支援センターといった、政府が運営しているサービスです。このサービスはある程度自分で調べる必要はあるものの、参加資格は誰にでも与えられますし、平等に求人が紹介されます。
また、キャリア支援センター等であれば相談しながら転職先を探すことも可能です。転職エージェントと比べると能動的な動きが必要になるので、転職への具体的な道筋がいまいち見えていないという人は、出来る限り別の転職エージェントに依頼しましょう。
一方、転職のための道筋がしっかりと見えていたり、すでに転職を経験していたりする方は、ハローワークなどを使って、個人での転職を考えてみてもいいでしょう。

転職エージェントに断られる場合でも問題なし! 転職の道はたくさんあります

転職エージェントに断られても、絶望することはありません。転職エージェントを利用しなくとも、転職の道はたくさん存在しているからです。
前述したハローワークやキャリアセンターもその方法のひとつですし、その他にも「ジョブカフェ」「サポステ」といったサービスもあります。
ジョブカフェとは、厚生労働省と経済産業省が設立したサービスで、求職者に対してスキルアップのための講座を開いていたり、実際に職業を紹介していたりします。
サポステとは、「若者自立支援中央センター」が運営している機関です。仕事に必要なスキルを身に着ける講座や、仕事を続ける上で必要な知識を教えてもらえる期間です。もちろん、ここでも求人を探せます。
こうした公的機関以外にも、「パソナキャリア」や「ワークポート」「DYM就職」といった転職サイトは、フリーターや未経験の方でも転職の手助けをしてくれる優良なサイトです。
転職をするのならなるべくハイクラス求人を探したいと考える方も多いと思いますが、そうした求人に応募するためにはやはり相応のキャリアが必要になります。よって、まずは転職サイトのランクを落としてみるのも手段のひとつでしょう。

まとめ

転職エージェントに断られるのは、相応の理由があるからです。その理由の多くは自分の中にあるので、転職エージェントに断られたら、まずは自分の現状を見直してみましょう。
ただし、転職エージェントに断られたからといって、自分の価値が貶められるわけではありません。たまたま転職エージェントのサポートの枠に入っていなかっただけです。
転職エージェントに断られたときは自分の価値がないわけではないということを理解して、自分にあった転職方法を取りましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。