転職エージェントに頼るよりも直接応募した方がいいの!? 実際のところを紹介

転職を考えたとき、その人に示される道は2つあります。ひとつめの道は転職エージェントに依頼する方法で、ふたつめの方法は転職エージェントに頼らず、企業のホームページなどから直接応募する方法です。
一般的に、直接応募の方が企業のコストがかからないことから、採用されやすいといわれることがあります。それは果たして本当なのでしょうか。
ここでは、直接応募と転職エージェントをそれぞれ比較し、メリットをまとめていきましょう。

おすすめの就職サービス

転職エージェントと直接応募は有利不利はありません【前提として】

前提として、転職エージェントを介して志望する場合と、直接応募する場合で、有利不利は基本的にはありません。その理由は2つあります。
ひとつめの理由として、企業は人材の採用にかかるコストは必要経費だと考えているからです。一般的に、転職エージェントを介する人材採用は数十万円分のコストがかかり、直接応募であれば一切お金がかからないので、直接応募の方が有利だと考えられています。

しかし、良質な人材を採用するメリットと、転職エージェントに数十万円を支払うデメリットを天秤にかけても、それなりの規模がある企業では前者のメリットのほうをあげます。もちろん、直接応募で優秀な人材が入ってくればそれに越したことはありませんが、直接応募と転職エージェントで同じレベルの人材が応募してきたとしても、同じ目線でものを見るのです。

転職エージェントと直接採用の中に有利不利がない2つ目の理由は、企業の多くは転職エージェントの目を信頼していることが多いからです。
直接応募してくる人は、スキルや人格などに保証の無い人材といえます。つまり面接から、全ての情報を引き出す必要があるのです。そのため、企業は転職エージェントが連れてくる、ある程度スキルの保証された人材にお金を出すことをためらいません。

このように、企業側から見ると、転職エージェントに支払う金額は転職者が考えているほど大きいものではありません。よって、直接応募と転職エージェント、好きな方を利用しましょう。

 

直接応募のメリット【転職エージェントと比較して】

直接応募をすることで、就活が有利になることはありません。しかし、直接応募をすることにはいくつかのメリットが存在します。
以下では、転職エージェントと比較したときの直接応募のメリットを解説していきましょう。

チャレンジの回数に制限がない

チャレンジの回数に制限が一切ないのは、直接応募が持つ大きなメリットのひとつです。一度不採用通知を渡されたとしても、少し間を置いてスキルを磨いたり、実践経験を積んだりして、もう一度応募ができます。
転職エージェントは特定の企業に不採用通知を受け渡されると、効率の問題から同じ企業にチャレンジさせるということは基本的にしません。しかし、直接応募であれば何度チャレンジしても、誰かにとがめられることはないのです。
特に昔から憧れていて、どうしても入社したい企業があるという方や、その企業でなければ転職する意味がないという方にとっては非常に大きなメリットといえるでしょう。

企業側に色眼鏡なしの状態で判断してもらえる

転職エージェントは、事前にその人材の特徴や雰囲気、学歴や職歴を伝えます。これは大抵転職者側に有利になりますが、一種の色眼鏡にもなってしまうのです。その点、直接応募は色眼鏡なしの状態で判断してもらえます。
また、応募する転職エージェントによっては、企業に「〇〇な人材」というレッテルを貼られる可能性もあります。
その点、直接応募は何の偏見もない、フラットな状態で判断してもらえるのがメリットです。自分のスキルや人柄に自信があるのなら、転職エージェントに余計な尾ひれをつけてもらうよりは、フラットな状態で見てもらった方がいいかもしれません。
よって、この点は人によってはメリットとなりうるでしょう。

自分のありのままの意見を伝えられる

転職エージェントでは、面接対策や履歴書の添削などを行います。これらは、もちろん転職の成功率をあげるためのものです。
しかしこうした面接対策や履歴書の添削などは、その人物が持つ「生の意識」を抑え込み、耳当たりのよい正論に置き換えてしまうという一面もあります。
そのため、本当は自分で伝えたいことがあるのにも関わらず、ある種その主張を歪めてしまうこともありえるのです。しかし、直接応募であれば第三者の意見を取り入れずに応募できるので、自分の意見や主張が歪められることはありません。
絶対に企業に対して伝えたいことがある場合は、ぜひ直接応募を活用してみましょう。

直接応募のデメリット【転職エージェントと比較して】

直接応募に先述したように多くのメリットがありますが、メリットだけがあるわけではありません。その裏面には、当然ながら何らかのデメリットが存在します。
メリットだけを見て直接応募をすると後悔することになるので、直接応募のデメリット部分も知っておき、納得のいく転職活動をしましょう。

求人の内容を自分で噛み砕かなければならない

転職活動において大切なのは、企業のほしい人材と、自分のやりたいことが合致しているということです。これを、いわゆる「マッチングしている」といいます。
この「マッチング」は、転職エージェントに頼れば、どんな人材が求められているのか、端的にわかりやすく伝えてもらえます。しかし、直接応募する場合は、その求人内容を自分の中でかみ砕き、判断しなければなりません。
また、転職エージェントでは過去に就職した方の面接の内容を知らせてもらえたり、実際に働いてみてどうだったのかを解説してもらえます。自分の理想とする職場が実際に働いてみるとどんな職場なのか、データから見れるのが魅力です。しかしながら、直接応募ですと、求人の内容を自分で検索し、自分で判断しなければなりません。
つまり、結果的に「入ってみてイメージと違った」ということがあって退職することになった、という事態に陥る可能性が高いのです。よって、直接応募をするときは、転職エージェントを使うとき以上に企業のことを調べなければなりません。

応募に時間が取られる

直接応募をすると、どうしても時間がかかります。履歴書の作成、面接対策、実際に面接へ行くときのスケジュール管理など基本的なものはもちろん、退職の際の調整、転職活動の時間を取る方法など、全て自己責任の上で応募をしなければなりません。
何かと時間が取られてしまう上に、企業側とのメッセージのやり取りをするときも自分でやらなければなりません。自分が転職したい応募先の企業とのやり取りはもちろん、古巣となる企業とのやり取りも含めて、その調整はかなり難しくなるでしょう。
その点、転職エージェントであれば面倒な調整を全て請け負ってくれる上に、無理のないスケジュールを組み立ててくれます。そう考えると、直接応募はそれなりに大きなデメリットを抱えているといえるでしょう。

トラブルが起きた場合は自分で責任を取らなければならない

直接応募では、あらゆるトラブルに自分で責任を取らなければなりません。万が一スケジュール調整がうまくいかなかった場合や、面接会場までの道で何かがあった場合、面接後や内定の後に辞退する場合など、あらゆる事態で対処することを求められます。
失敗しない人間がありえないように、絶対にトラブルが起きないという保証はどこにもありません。転職エージェントは、万が一のトラブルの時や交渉の時に起きた予想外の事態にも柔軟に対応してくれます。エージェントはいわばプロなので、万に一つの状況であっても、転職者に不利益のないよう融通してくれるでしょう。
しかし、自分で応募する場合はトラブルが丸く収まるとは限りません。直接応募をするのなら、そのリスクも把握しておく必要があります。メリットデメリットの両方を把握し、自分に合った応募方法を選びましょう。

転職エージェントと直接応募、自分に合った方を選びましょう

転職エージェントも直接応募も、それぞれ異なるメリットがあります。そのため、どちらがよいということはありません。具体的に、どんな人がどんな方法で応募すべきなのかを解説します。
まず、「絶対に行きたい会社」がある人は、直接応募すべきです。なぜなら、転職エージェントは出来る限り早く転職してもらいたいので、なるべく多くの選択肢を提示するからです。絶対に行きたい会社がある場合は、その選択肢を断るのが煩わしくなります。よって、直接応募したほうがいいでしょう。
ただ、転職エージェントの中には自分が行きたい会社とのパイプを持っていることもあります。その場合は、転職エージェントの話を聞くのが煩わしくとも、転職エージェントに交渉を依頼すべきです。もし、特定の会社との交渉を依頼したいのなら、事前にその旨をメールで伝えておきましょう。
「自分のやりたいことがわからない」「転職活動の道筋が全くたてられていない」という人は、逆に転職エージェントに頼るべきです。なぜなら、何もわからない状態で自己流転職をしてしまうと、相手に失礼なセッティングをしてしまったり、勤め先にも問題を起こしてしまうことがあるからです。
よって、転職活動がわからないという方はプロフェッショナルの力を持つ転職エージェントに頼ったほうがいいでしょう。

まとめ

転職エージェントと直接応募は、それぞれにメリット・デメリットがあります。そのため、どちらが一概に良いともいえません。よほど古い価値観にとらわれているのでなければ、転職エージェントと直接応募のどちらも採用率が変わるということはないのです。
よって、転職エージェントか直接応募か選ぶときは、自分が置かれた現状を分析し、自分に合った形の応募方法を選択しましょう。どちらの方法を選ぶにしても、重要なのは転職全体で大きな目標を定め、その目標へ向かってひた進むことです。楽だから、簡単そうだからという理由で、目標を歪めてしまわないように気を付けて下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。