【転職エージェント経由】内定を辞退する方法は?

転職エージェントを経由して応募した求人での内定。あなたにとっては嬉しい出来事ですが、他の企業でも内定をいただいていたり、知人から企業を紹介されて他の企業への入社を決めたら、転職エージェントを経由した内定は辞退することができるのでしょうか?

実際に、何社か応募して内定が複数ある場合は、転職エージェント側でも【クロージング】といって、どの企業があなたの希望に1番近いのか調整して、1番合っていると思われる企業への入社を進めてサポートしてくれます。自分からの考えや都合で、内定を辞退することは失礼ではないのでしょうか?

 

おすすめの就職サービス

転職エージェント経由での内定。辞退することは可能?

転職エージェントを経由してもらった内定は、辞退することは可能です。内定をもらえたからといって、必ず入社しなさい!というわけではなく、内定は【正式な雇用契約を結ぶ前の内々の決定】です。あなたが希望して応募した企業ではありますが、企業から内定をもらったらあなたが承諾をしない以上、入社することや入社の強制はできません。

 

ただし、内定を辞退することはマナー違反ともなるので、簡単に辞退はしないようにしよう!

ただし、簡単に内定を取り消せばよいという簡単な話ではありません。真剣に悩んで決める必要があります。企業のなかには、内定を辞退することを失礼だと考えている企業も存在します。その場合は、できるだけ誠心誠意、お詫びを伝えましょう。辞退の旨を連絡する際も失礼のないように注意しましょう。

 

簡単には辞退はおすすめできませんが、他の企業の方が気になっているのに妥協して入社することはもっとおすすめしません。妥協して転職しても、絶対に短い期間で働くことに対するモチベーションが下がってきます。再度転職したい気持ちが高くなってしまう可能性も高いので、真剣にどの企業ならば納得して入社できるのかを考えましょう。

 

転職エージェントを経由している内定の場合、辞退連絡はどこにする?

転職エージェントを経由している内定を辞退するときは、企業に直接連絡するのではなく【転職エージェント側】に連絡をします。企業へ直接連絡してしまうと、転職エージェントの信頼性に疑問を持たれてしまったり、あなたをサポートしてくれている転職エージェントにも失礼があるので注意しましょう。

連絡手段は、メール・電話

転職エージェントへの辞退の連絡は、メールか電話で行います。基本的には、メールで問題ありませんが、緊急性を要する場合は電話の方がおすすめです。メールの書き方や電話の方法も社会人として、マナーを守った正しい方法で行いましょう。

メール・電話は社会人の基本でもあるように、営業時間内に行うことが常識です。タイミングや時間帯にも注意が必要です。

内定の辞退を転職エージェント側に伝えるタイミングは?

内定の辞退を企業に伝える場合は、【できるだけ早めに!】伝えましょう。基本的には、気になっている本命の企業から早く内定をいただけた場合は、選考の途中であっても辞退を申し出た方がいいです。

内定をすでにいただいている場合は、入社日に近づけば近づくほど、企業に大きな迷惑がかかってしまうことを覚えておきましょう。

絶対にNG!最終面接前日と入社直前!

絶対に、この期間には内定を伝えない方がいいというタイミングがあります。それは、【最終面接前日】【入社直前】の2つです。最終面接前日の場合は、すでに日程がスケジューリングされており、転職エージェントと企業に大きな迷惑をかけてしまいます。あなたのために時間を作って、面接を行っていることを忘れないでください。

入社直前の場合は、すでにあなたが内定を承諾した状態であるケースが多いです。新入社員の研修日程や内容、指導する人材確保などに大きな時間と人手がかかってます。入社を承諾した後に辞退すると、選考中の辞退よりもさらに大きな迷惑がかかります。

辞退を避けた方がよいタイミングで、辞退を申告してしまうと、企業と転職エージェントの間にも不穏に空気が流れてしまう可能性が高く、あなたの行動が転職エージェント評価を下げる行動になってしまう可能性が高いです。

内定辞退の時は、転職エージェントになにを伝える?

内定辞退の時は、転職エージェントに対して、なにを伝えたらよいのでしょうか。ただ辞退を希望しますだけでは、転職エージェント側も納得ができません。社会人のマナーも守れていないので、相手をできるだけ深いにせずに辞退を伝えられるようにしましょう。メールでも電話でも伝えた方がよい内容は同じなので、参考にしてみてください。

理由

辞退の理由を伝えましょう。辞退の理由は、個人によって違いがありますが、【事実】を伝えることが大切です。

・他の登録している転職エージェントで応募した企業から内定をもらうことができた。
・知人から企業を紹介してもらい、その企業で働くことにした。
・今現在勤めている企業の退職をやめ、続ける道を選んだ。
・転職活動を自分の体調不良で休止することにした。

など、転職エージェントには事実の理由を伝えるようにしましょう。自分だけでなく、現在利用している方々や将来の利用者のための参考になるようです。

お詫びと感謝

必ず、転職エージェントにはここまでサポートしてくれた感謝の気持ちと、内定を断ってしまうお詫びの気持ちを伝えるようにしましょう。この2つは、社会人として企業で働くことになっても、転職して新しい企業で働いてても【人として】大切な気持ちです。

今まで無償でサポートしてくれた転職エージェントに、絶対に感謝とお詫びの気持ちを伝えることを忘れないでください。転職エージェント側にとっても、サポートしてよかったと思われる人間でいられるようにしましょう。

内定辞退の場合に、転職エージェントに送るメールの例

内定の辞退を伝えたいときに、転職エージェントに送るメールの例文を紹介していきます。冒頭には必ず、企業とあなたの署名。メールの最後には、あなたの個人情報。件名の記入を忘れないようにすることを守りましょう。

件名:○○○企業の内定辞退のお詫び

○○○転職エージェント ○○○様

お世話になっております。(自分の氏名)です。この度、ご紹介いただいた○○○企業の内定を辞退したく、ご連絡を差し上げました。

自分勝手な判断で大変申し訳ありません。理由は、正社員の雇用を希望しておりましたが、契約社員での内定で、雇用条件が希望を合わなかったからです。また、他に登録していた転職エージェントで正社員での内定が決まりました。検討の結果、内定をいただいた企業への入社を決めましたので、サポートの終了も考えています。

○○○様には、雇用条件に合う企業を多く紹介していただき、書類作成でも手厚いサポート行っていただき、誠に感謝しております。○○○様にいただいたアドバイスを、正社員として雇用してもらえる企業で精一杯活かしていきたいと考えております。

お手数お掛けしますが、○○○企業様にもお詫びのお伝えいただけると幸いです。また、サポート終了のお手続きも何卒よろしくお願いいたします。

————————————————–
(自分の氏名)
(郵便番号)
(住所)
(電話番号)
(メールアドレス)
————————————————–

内定辞退に至らないように、転職エージェントで気をつけること

内定の辞退にならないために、あなたが転職エージェントの利用で気を付けることを解説していきます。ケースによってはしょうがない場合もありますが、自分の不注意などで内定を辞退しなければならない状態にならないように注意しましょう。

焦って複数を手当たり次第に応募しない

多い数を応募すれば、必然的に内定をもらえる数も多くなります。しかし、手当たり次第に数を応募する転職方法はあまりおすすめできません。あなたの真剣さや、本当に働きたい企業への気持ちを伝えるためには、条件に合った企業を応募するように心がけましょう。

結果、内定は辞退することができるので、希望と一致しなかった等の理由をつけて辞退することはできますが、企業にも転職エージェントにも迷惑がかかってしまいます。

本当に入社したい企業か、事前に調べる

あなたが応募する企業を事前に深く知ることも大切です。深く知らずに、内定までの間にイメージと違ったり、雰囲気が悪かったと感じてしまった場合、内定をもらったとしても入社したいという気持ちはなくなっているかもしれません。

応募する企業は、入社して長く働ける企業を応募するのが一般的。ならば、細かい部分まで調査して、企業を知ることが大切です。

転職エージェント側が内定を辞退させてくれない?!そんな時の対処法は?

転職エージェントによっては、内定辞退の連絡をしても無視をされてしまったり、引き留められて入社を促される場合もあります。企業にも転職エージェントにも迷惑がかかってしまう可能性があるので、それはどうしようもないことです。しかし、辞退させてくれない状態が長く続いたり、連絡がとれなくなった場合、困るのは連絡をもらっていない企業とあなたです。

しっかりとどんな状況にも対処できるように、対処法を覚えておきましょう。

直接転職エージェントと話し合う

転職エージェントに連絡をしますが、基本的にあなたが辞退の連絡を最初にするのは、あなたがサポートしてもらっていたアドバイザーのケースが多いです。その方に、無視されていたり、辞退を引き留められてしまったどうしようもない場合は、転職エージェントの他のアドバイザーやより上の位置で働いているスタッフに連絡しましょう。

メールでは、送信した形跡は残りますが、上司が見る前に削除されてしまってはなかったことにされてしまう可能性もあります。転職エージェントに直接電話して、話ができる方に辞退の相談をして、無視されていることや入社を強制されていることも報告しましょう。

企業に直接連絡する

転職エージェントに報告してもだめだった場合は、あなたが応募した企業に直接電話で辞退の希望を伝えましょう。この方法は、少し失礼ではあるものの確実に内定辞退をすることが可能です。電話のマナーに気を付けて、直接企業の人事担当部に電話をしてみましょう。

【強行手段】転職エージェントを無視する

これは、強行手段なので基本的には使用しないでください。転職エージェントと連絡がつかなくなってしまう。または、一方的に連絡が入り続ける場合は無視が最終手段です。しかし、連絡をしている状態で無視することは社会人として、1番よくない行為です。

企業にもこの状態が伝わっていない場合は、入社をばっくれたとして、あなたの評価が下げられる可能性もあります。できるだけ転職エージェントに必ず辞退の承認がもらえるようにしましょう。

すぐに内定辞退ではなく、転職エージェントに内定保留という選択もある

内定を辞退する場合は、急いで報告した方がよいということを伝えてきましたが、転職エージェントには【内定保留】という選択も存在します。内定か辞退かをすぐに決めるのではなく、保留という選択をして本当にあなたが進むべき道を考えてみるのもおすすめです。

簡単に報告をしてしまえば、辞退をすることはできますが、後悔しても内定を復活させることはできません。慎重に入社について考えるために、【内定保留】という選択肢も覚えておきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。