転職エージェントからの応募で落ちた…。企業に直接応募できるの?

転職に強いとされている転職エージェント。転職エージェントから気になっていた企業に応募しても、落ちてしまう可能性は十分にあります。複数の企業に同じぐらいの期待をもっているならば、他の企業に希望を持つことが可能ですが、本命の企業だった場合は諦められない方も少なくありません。

落ちてしまった企業が諦めきれない場合は、企業に直接応募してもよいでしょうか?直接応募することで、内定をもらうことができるのでしょうか?転職エージェントからの応募で落ちてしまったときの対処法を解説していきます。

おすすめの就職サービス

転職エージェントから応募して落ちた企業にも直接応募ができる

転職エージェントからの応募で落ちてしまった企業に対しては、個人的に直接応募することは【可能】です。もちろん、直接応募することで内定をもらう可能性もありますし、すでに落としているという情報があるのでもう一度不採用になってしまう可能性もあります。

エージェントでお見送りになっている場合は可能性がある!

個人的に企業に直接応募して、合格する唯一の可能性があります。それは【転職エージェント内での書類選考で落ちてしまっている方】が、応募した時です。大手企業や人気が集まっている企業は、書類選考にそのまま書類を提出していません。

応募する人数が多い企業への書類は、転職エージェント側で一度書類選考を行います。その時点で、書類選考を通過できなかったものは企業からの不採用ではなく、その手前で不採用になっているため、2回目の応募と見なされず、直接応募することで書類に目を通してもらう可能性を高めることができます。

転職エージェント内で選考する理由は?応募の前に落ちてしまう方は直接応募する前に確認しよう!

なぜ、あなたが希望した求人なのに、転職エージェントは企業に提出する前に書類選考を行うのでしょうか?フィードバックのように、なぜ書類選考を通過しなかったのか転職エージェント側から意見を聞いてみましょう。直接応募するために、必要なアドバイスになります。

応募する人数が多いから

転職エージェント内で書類選考を行う1番の理由は、応募する人数が多いからです。応募する人数が多すぎるまま、企業側に渡してしまうと、企業の負担が大きくなりすぎてしまいます。転職エージェントは、自社1社からの応募だけではないため、莫大な数の応募が殺到します。各転職エージェント内で、少しずつ応募数を制限することで転職エージェントと企業の間の連携ともなっています。

また、転職エージェント内で【絶対にこの企業に受かる方】【あまり企業には向いていない方】がいます。【絶対にこの企業に受かる方】のエントリーシートが企業の目に留まりやすくするためにも、転職エージェント内での書類選考は効果的です。

スキル不足が見えるから

転職エージェント内の書類選考で落ちてしまう方は、応募している企業が求めているスキルに達していない方も含まれます。最初から、スキルが足りておらず、内定がもらえる可能性が限りなく低い方は、その企業の選考結果を待つよりも早く結果を知らせることで、次の求人を紹介し、スピーディーに転職サポートを行ってくれます。

企業に合っていないから

全体のスキル・職歴・性格・資格・志望動機・勤務形態などを考慮して、あなたが希望の企業と合っていないのではないかと思われる場合も、書類選考で落とされる可能性があります。スキルや資格に関しては、必要なものを保有していない時点で企業側から見てもらえない可能性もあるので、その前に落としているケースが多いです。

転職エージェントからの応募で既に落ちた企業に直接応募する時に覚悟すること

転職エージェントで落ちても、諦められないようであれば直接応募は可能です。直接応募を行うときに、相手企業に失礼がないようにあなたが覚悟しなければならないポイントを解説していきます。

サポートなしで受けなければならない

転職エージェントを利用した応募の場合は、入社までのサポートを受けることができますが、個人で直接応募をすると、サポートは受けられません。書類の作成や確認、面接の対策も1人で行う必要があります。1番気をつけなくてはならないのは、企業との連絡です。失礼のないように、メール・電話対応のマナーを身に付けておきましょう。

書類選考で落とされる可能性が高い

実は、個人的に直接応募したものは、書類選考で落とされる可能性が高いです。理由は、1度不採用という結果を出しているものだから。再度同じような書類が送られてきても、目を通してもらうことも難しい企業も存在します。

転職エージェント内の書類選考で落ちていた場合には、可能性はありますが、企業の書類選考で落ちていた場合には、大体の方は落ちてしまっているのが現状です。

転職エージェントで落ちたなら、始めから直接応募した方がいいの?

転職エージェント内の書類選考で落ちてしまう可能性があるならば、始めから直接応募した方がよいのでしょうか?結論は、【自分自身の意思】ではありますが、基本的には【転職エージェントを利用した方がメリットが大きい】です。

自分1人の場合は、転職エージェントからサポートを受けることも不可能ですし、転職エージェントからの応募ではなく、個人的な応募であれば目を通してもらえる可能性も少なくなることは完全に否定できません。ましてや、企業と信頼関係のある転職エージェントとの応募時期が重なってしまった場合は、推薦書を持っている方が応募しているかもしれません。

個人で転職エージェントに立ち向かっても、勝てる見込みがないので、できれば転職エージェントから応募して、企業と距離を少しでも縮めた方がよいのではないでしょうか?

【落ちた方も忘れないで!】直接応募ではなく、転職エージェントを利用するメリット

落ちた方にも、希望企業が落ちたから転職エージェントは使わなきゃよかった!と思ってほしくありません。今一度、転職エージェントを利用するメリットを整理していきましょう。本命の企業に落ちてしまった場合は、諦められない気持ちが大きいと思います。しかし、転職エージェントも企業とも【ご縁】で出会っています。【ご縁がなかった】と思い、次に進むことも転職では非常に大切な考え方ではないでしょうか。

就活のサポート力が高い

やはり、転職のプロが在籍している転職エージェントは、サポートの手厚さやサポート力の高さが大きな特徴です。アドバイザーは、あなたの意思を汲み取ったり話を聞いたりして、真剣に転職に向き合ってくれます。相談に乗ってくれ、書類作成や添削、面接対策に給与の交渉、企業の連絡やスケジューリングまで引き受けてくれるのならば、利用しない理由はありません。

就活の関する情報を知ることができる

専門職や各業種に応じて、転職エージェント内には業界に精通しているアドバイザーが多数在籍しています。未経験の業種や転職の情報などに詳しいアドバイザーから多くの情報を得ることが可能です。

相談にも乗ってくれる

転職エージェントによっては、不安なことや転職で困ってることを本当に親身に相談に乗ってくれます。エージェントによっては、入社したあとまで相談に乗ってくれるところもあり、入社後の状態までサポートを続けてくれます。1人での転職は、焦り・緊張・圧迫・スケジュールによって、大きなストレスがかかってしまいます。近くに少しでも不安や不満を吐き出せる方がいると転職にプラスに働くでしょう。

あなたを客観的に見ることができる

身近で転職のサポートを行ってくれるアドバイザーは、あなたを常に客観視してくれる貴重な存在です。あなたが気づいていなかった性格や特徴・強みに気づいて、あなたに合った求人を紹介してくれます。

書類作成においても、客観的に見てくれている方がいると、文章にも客観的な見方が加わり、評価される書類を書くことができるでしょう。

入社までサポートしてくれ、交渉も行ってくれる

転職エージェントは、あなたが入社するまで絶対にサポートを打ち切りません。入社するまでに、あなたの希望している年収などの給与交渉や、勤務に関する要望などを企業に交渉してくれます。

自分からは言いにくいことや聞きにくいこともすべて転職エージェント経由で聞くことができ、あなたの希望に近い状態での入社を現実化してくれるのが転職エージェントの力です。

落ちた企業が諦めきれないなら直接応募してみよう!転職エージェントで他の企業を探す方法も!

結果的には、書類選考が落ちる可能性もありますが、転職エージェントを利用することがおすすめです。しかし、どうしても落ちてしまった企業が諦められない場合には、ダメ元で直接応募もよいのではないでしょうか?

落ちても諦められないという気持ちや企業に対する気持ちを考慮して、書類選考で落ちた方が内定をもらったケースも実際に存在します。直接応募が難しい場合は、他の転職エージェントで探してみる方法もあります。多方面からの可能性を考えて、転職エージェントを自分のために有効活用しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。