【就活生必見!】転職エージェントを登録して書類選考を通過する方法!

就職や転職に「書類選考」がありますが、書類選考を通過するのが難しい企業が多く存在します。個人で転職活動を行っている方は、書類通過率もとても低い傾向があります。書類選考に合格しなければ、面接はできずに企業からの内定はもらうことは不可能です。

書類選考の通過率をあげるために、転職希望の方は「転職エージェント」を利用してみましょう。初めての転職で「転職エージェント」を知らない方のために、転職エージェントに触れながら、なぜ転職エージェントを利用すると書類選考の通過率がアップするのかを解説していきます。

おすすめの就職サービス

《書類選考にも効果的?》転職エージェントとは?

転職エージェントでは、無料で利用できる転職サポートサービスです。転職エージェントを登録することで、一般的な求人を掲載しているネットや冊子では見ることのできない「非公開求人」をみることも可能です。

在籍しているキャリアコンサルタントやアドバイザーに、入社までをサポートしてもらうことができ、書類の作成や添削、面接対策なども行ってくれます。内定後でも給与の交渉や企業への要望を伝えてくれ、自分では言いにくいことも自然に相談してくれます。

転職エージェントからエントリーする求人については、スケジュール管理や変更も転職エージェント側と企業の間で行ってくれるので、自分で連絡や作業が苦手な方にもおすすめです。

転職エージェントを使用したときの「書類選考通過率」は?

転職エージェントを利用したときの、書類選考通過率は平均【30%】でした。こんなに低い確率なの?と感じる方も多いですが、どの転職エージェントを利用しても大まかな通過率は30%前後でした。

そのなかでも、採用に至る確率は【6%】!初めての転職から見ると、かなり少ない確率になってしまいます。1社目ですんなりと内定までたどり着ける方もいれば、なかなか内定をもらうことができない方もいるでしょう。

この確率から計算すると、少なくとも17社の求人をエントリーすれば、内定を1社はもらうことができる計算になります。しかし、確率や計算もあくまで数字上の話です。あなたの人柄やスキル、経歴などはまったく反映されていないので、数字にこだわりすぎずに転職活動を行いましょう。

実は、エージェントの中でも書類選考が行われてる?!

なぜ、転職エージェントを利用していても高い書類選考率にならないのでしょうか?理由は、「転職エージェント内でも各企業にエントリーする書類選考を行っているから」です。なぜ、書類を企業に直接送らずに、一度転職エージェント内でエントリーが行われるのでしょうか?

それは、企業に多くのエントリーシートが届き、本当に受かる可能性が高い方の可能性を潰さないため。企業側にとっても、ある程度選考されている書類を目を通すことで手間が省けるという理由が挙げられてます。

それならば、転職エージェント内で落とされた方が可哀想!そう思う方もいるかもしれませんが、その企業に費やす時間をできるだけ少なくし、他にあなたに最適な企業に対して時間を割くことが可能になります。ポジティブにプラスになるように、状況を理解して有効活用していきましょう!

転職エージェントを使用するメリットとは?書類選考がない方も登録するべき?

転職エージェントを転職でおすすめされることは多いですが、転職エージェントを利用するメリットはどんなものがあるのでしょうか?書類先行の通過率をアップさせるために利用する方も多いですが、書類選考がない求人に応募したい方は利用しなくてもよいのでしょうか?答えは、【書類選考がなくても登録するべき!】です。転職エージェントについて理解していきましょう!

たくさんの情報を収集できる

転職エージェントは、求人情報だけでなく、専門的な職種・業界・資格についての情報なども知ることができます。あなたの希望している業種が専門的な職業の場合は、特化型の転職エージェントを利用することで、その業種や業界に精通したキャリアコンサルトから、プラスになる情報を得ることができます。

アドバイザーに相談にのってもらうことができる

あなたが転職エージェントに登録したら、まずはキャリアアドバイザーに【キャリア相談】を行います。転職についての相談や職業の相談など、あなたが転職について悩んでいることに真剣に答えてくれるでしょう。

エントリーシートの添削・面接対策ができる

エントリーシートや履歴書は、企業に提出する前に【添削】してもらうことが大切だとされています。一般的にも、添削がされていないエントリーシートは書類選考で通らないケースが多いです。

転職エージェントでは、書き方がわからない場合は丁寧に書き方を教えてくれます。さらに、添削も行ってくれるので、よりよいエントリーシートを企業に提出することが可能です。

1人での転職活動では、添削も難しいですが【面接練習・対策】がもっとも難しいとされています。企業に精通しているアドバイザーから面接対策を教えてもらうことで、書類選考だけでなく面接の通過率をあげることにも繋がります。

内定後の入社までバックアップしてくれる

転職エージェントを利用した際には、【交渉】といってアドバイザーが入社までの間に給与の相談や企業に対する要望を交渉してくれます。自分では言いにくい給与の話も転職エージェントと企業の間で話をしてくれ、自分の希望に少しでも近づけることが可能です。

実際に、転職エージェントを利用していない方よりも、利用している方の方が転職後に年収がアップした方が多いと報告されています。

書類選考を突破するためには、転職エージェントに頼るばかりでなく、自分の努力も必要

転職エージェントを利用すれば、1人での転職活動よりも書類選考を通過することはできるかもしれません。しかし、転職エージェントの利用で100%、書類選考通過や内定の保証がされている訳ではありません。

転職エージェントを利用しても、自分の転職を任せきりにしていたり、メールなどの連絡を無視していると、転職に対する意欲が低いと見なされます。やる気がなく、エントリーシートもおざなりになってしまっている態度は、企業に直接提出してもしっかりと伝わってしまうので、転職エージェントにすべて任せっきりになって責任を逃れることは絶対にやめましょう。

書類選考を突破するために注目してほしい転職エージェントのポイント

書類選考を通過するために、登録する転職エージェントの注目するポイントを解説していきます。少しでも通過率をあげるために、以下のポイントを意識して転職エージェントを選びましょ。

自分と合っている職種を取り扱っている転職エージェント

転職エージェントを適当に登録する前に、あなたが希望している職業を思い浮かべてください。一般職などでネットにも求人が多く掲載されている職業だった場合は、比較的大手の【総合型転職エージェント】を利用することがおすすめです。

注意してほしい職業は、特別な資格を必要としている職業や、専門職と呼ばれる職業です。専門職の場合は、総合型転職エージェントでは取り扱っている求人が少なく、情報も少ない傾向があります。

必ず業界に詳しい転職エージェントや【特化型転職エージェント】を登録するようにしましょう。

大手企業では、書類の数が多くエージェント内で落ちやすい

単純に、企業に対してエントリーシートを提出する人数が少なければ、その企業の書類選考を通過する確率はアップします。倍率が高いと言われているのは、人気が高い企業や大手企業が多いです。大手企業に就職を目指している場合は、様々な大手企業にエントリーシートを提出し、数を受けることが大切です。

しかし、大手企業にこだわりがない場合は、中小企業や人気が集中していない企業ならば、倍率が低く書類が通りやすいでしょう。注意点として、自分の仕事に対する考え方や勤務形態の希望、年収などの希望は妥協しないようにしてください。

いくら、書類選考が通って内定をもらいやすい求人だといっても、あなたの希望に合っていない条件の企業は応募しないようにしましょう。

就職内定率をアップさせるために複数の転職エージェントを登録して書類選考通過を狙おう!

書類選考だけでなく、内定をより多く勝ち取るためには【転職エージェントの掛け持ち】がおすすめです。転職エージェントは1つの転職エージェントのみを使わなければならないという決まりはありません。

転職では、平均して2社~4社の転職エージェントを掛け持ちしている方が多いです。情報を多く得ることができ、各転職エージェントにしかない求人を見ることもできます。複数の転職エージェントでよりよい企業に応募して、内定の数を増やして自分の働く選択肢を広げていけるように準備しましょう。

掛け持ちの数は、自分が無理をしなくても【スケジュールの管理】【情報の整理】ができる数を登録しましょう。おすすめとされている転職エージェントの登録数は【3社】です。

【書類選考】がゴールじゃない!転職エージェントを有効活用して内定をゲットしよう!

書類選考に通過することは、内定のために必ず必要なことです。しかし、書類選考は内定までの道のりではスタートに過ぎません。【内定】もゴールと感じるかもしれませんが、先の話をすると、入社して働くことがスタートです。

書類選考のためだけではなく、素晴らしい企業に出会えるために転職エージェントの利用がおすすめです。自分にプラスになるように自分に合った転職エージェントを登録しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。