就職の大きなサポート「転職エージェント」!選考や面接は《辞退》できる?

転職エージェントから紹介してもらった求人。なんらかの理由で求人を受けることを辞退したり、すでに書類選考を通過している求人の面接を辞退することは可能なのでしょうか?

辞退することは、失礼に当たってしまうのではないかという意見もあり、なかなか辞退の意思を伝えることができない方が多いです。自分が今の転職や求人に納得していない方は、参考にしてみてください。

おすすめの就職サービス

転職エージェントで求人を辞退することは可能?

転職エージェントを利用して転職を進めている方のなかには、紹介してもらった求人に魅力を感じないことはよくあります。紹介してもらった求人を辞退して、新しい求人を紹介してもらうことは可能です。基本的に、この「辞退」は誰でも気軽に行っているのではないでしょうか?

では、就活自体を辞退することは可能なのでしょうか?結論は、「可能」です。すでに転職エージェントに相談して、求人を紹介してもらっているタイミングでも、就活を辞退することはできます。

選考や面接が既にセッティングされている場合の辞退?

求人を受けることを伝えた後や面接の日にちがセッティングされている求人も、辞退することは可能です。しかし、あまり転職エージェントや企業側の印象では、よくない印象を受けてしまいます。

できるだけ辞退をしたい場合は、すぐに伝えることが大事ですが、タイミングによっては転職エージェントと企業との間の信頼性を傷つけてしまう可能性もあります。両方の企業に迷惑がかかってしまうことを踏まえて、どうしても納得がいかない場合は「アドバイザーに相談」をしてみることが大切でしょう。

受けている求人を辞退したいケースや、すでに他の企業に内定が決まってしまった場合、今の企業に残ることにした場合など、個人個人で理由は様々なですが、その状況に合わせた断り方も大切です。

転職エージェントで獲得した内定は辞退できる?

転職エージェントで複数の内定をもらっている方は、アドバイザーがクロージングしてくれ、入社する以外の企業は、内定を辞退します。このケースと違うのが、自分の意思で内定を辞退したい時。結論、内定を辞退することは可能です。

企業が内定をだし、あなたが内定承諾を行うことで、入社に進むことができます。転職エージェントによっては、内定を断ることができないなどと辞退をさせないようにする場合もありますが、基本的には辞退は可能です。

しかし、ここまでサポートしてくれた転職エージェントには、しっかりと誠心誠意を伝えるために必ず電話で報告するようにしましょう。

転職エージェントで自分から「辞退」を申し出る時の注意点

転職エージェントに対して、自分から辞退を申し出るときの注意点をご紹介していきます。辞退を伝えることは気まずいことではありますが、あなたが失礼な態度や発言をしてしまってはいけません。正しい伝え方で、転職エージェントや企業側が不快にならないように注意しましょう。

辞退のタイミングを注意する

辞退を申し出るタイミングは、間違ってしまうと信用に繋がる大事なポイントです。できれば、求人を受けると報告してしまったとは様々な予定や物事が動く前にすぐ連絡すること。1番避けた方がよい辞退のタイミングは書類選考を通過した面接の直前です。

予定が決められているため、企業側にも迷惑がかかってしまうので注意しましょう。申告するタイミングも大切ですが、辞退することに関して絶対に行ってはいけないことは「連絡をしないこと」「無視をすること」です。

本来、辞退を伝えるべきタイミングはない状況でも、無視や連絡をしないことを選択するよりは、電話で謝罪をしながら辞退を申告した方が印象ではよいでしょう。

既に断るのが失礼なタイミングの場合は?

断ることが失礼になってしまう可能性があるタイミングは、すでに求人を掲載している企業に受けることを転職エージェント側が連絡したあとからです。その中でも面接直前や直後は失礼だと感じる方が多い傾向があります。一次面接前が、特に断りにくいという傾向もあります。

できるだけ、転職エージェントとあなたのなかで辞退ができるようなタイミングで申告することが望ましいでしょう。

断りのメールや電話は営業時間内に

転職エージェントにも営業時間があります。社会に出て、企業に連絡をするときも同じですが、基本的にはメールや電話は営業時間内に行うことがマナーとされています。辞退の連絡を行う場合は、電話が望ましいですが朝早い時間や夜遅い時間は繋がる可能性は低いです。

しっかりと相手の勤務時間内に収まるような時間にあなたが調整して予定を合わせましょう。メールに関しても、朝早い時間や夜の時間帯は避けた方がよいとされています。

《状況別》転職エージェントに辞退を申し出るメールの書き方

転職エージェントに辞退の申告をするときのメールの書き方を解説していきます。例文として紹介していくので、どのタイミングあなたが参考にするべきなのかを的確に選べるように、参考にしてみてください。

【相談後にサービスを辞退したい場合】

件名:サービスの中止のお願い

株式会社○○○エージェント キャリアアドバイザー○○様

お世話になっております。(自分の氏名)です。先日の面談では、大変お世話になり感謝しております。
今回、お願いがありメールいたしました。

この度、知人の紹介で転職先を見つけることができました。恐縮ではございますが、貴社のサービスの利用中止を考えております。

今後、転職をする時には、お力を再度お借りしたいと考えておりますので、よろしくお願い致します。

【紹介された求人を断って辞退したい場合】

件名:求人の辞退とサービス利用中止のお願い
株式会社○○○エージェント キャリアアドバイザー○○様

お世話になっております。(自分の氏名)です。先日は、求人をご紹介いただき、ありがとうございました。
いただいた求人を拝見した結果、求人を辞退したいと考えております。転職をする前に今一度、在籍している職場での異動を視野にいれて、別の分野でスキルアップしていきたいと考えています。

お手数をおかけして大変申し訳ないのですが、転職サービスの中止を検討しています。次回、転職を視野に入れた際には、またご相談させていただきます。今後ともよろしくお願い致します。

【書類選考が通り、面接前の場合】

件名:○○社の面接辞退のお願い

株式会社○○○エージェント キャリアアドバイザー○○様

お世話になっております。(自分の氏名)です。貴社よりご紹介いただいた○○○社の面接を辞退させていただきたく、連絡をいたしました。

書類選考までのサポートを行っていただき、面接の日程を決めていただいていたのにこのような身勝手な決断をしてしまい、誠に申し訳ございません。

仕事内容、条件を考慮し、非常に申し訳ないのですがこのような決断をさせていただきました。

○○様には、○○○社との交渉やスケジュールの調整、書類作成のサポートまで行っていただき、万全な環境を準備してもらっていたのに、お手数をおかけしてしまい申し訳ありません。

大変申し訳ありませんが、何卒よろしくお願い致します。

【面接後の場合】

件名:○○○社の二次面接辞退のお願い

株式会社○○○エージェント キャリアアドバイザー○○様

お世話になっております。(自分の氏名)です。貴社よりご紹介いただいた○○○社の二次面接を辞退させていただきたく、メールいたしました。

辞退の理由は、○○○社に抱いていたイメージと、実際に面接で感じた雰囲気のギャップに大きな差を感じてしまったからです。

二次面接の日程も決まっており、選考が進んでいる状況で、このような身勝手な結論をしてしまい、大変申し訳ありません。

○○様には、多くのサポートを行ってくれたにも関わらず、お手数をおかけしてしまい深くお詫び申し上げます。○○○社の専用ご担当者様にも、申し訳なく感じている旨をお伝えいただけると幸いです。

大変申し訳ないのですが、よろしくお願い致します。

【内定を辞退する場合】

件名:○○○社の内定辞退のお願い

株式会社○○○エージェント キャリアアドバイザー○○様

お世話になっております。(自分の氏名)です。貴社よりご紹介いただいた○○○社の内定を辞退させていただきたく、メールいたしました。

個人で応募している企業から内定をいただくことができ、入社を決意いたしました。○○○社の社員の方は、面接会場でも温かく接してくれ、企業全体の雰囲気がとてもよいと感じましたが、これからの将来を考えて両社を比較し、個人で応募した企業への入社を決めました。

この度は、○○様にお手数をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません。○○○社の採用ご担当者の方にも迷惑をかけてしまったことを、深くお詫び申し上げます。お詫びの気持ちをお伝えいただけますと幸いです。

またの機会に、転職を考えた時に相談をしたいと考えております。何卒、よろしくお願い致します。

転職エージェントを使用した就活も「辞退」は可能。絶対に嘘はつかないようにしましょう!

転職エージェントを利用した場合でも、「辞退」をすることは可能です。自分だけで転職している状況とは違い、サポートを行ってくれる方に辞退を報告するのは気まずい部分もあるかと思います。しかし、ここで納得していない企業に無理矢理入社しても、あなたはなんのために働いているのか、頑張っているのか分からなくなってしまいます。

辞退の理由なども、誠心誠意伝えるために嘘は絶対につかないでください。正直に、あなたの気持ちや状況を話すことで理解してもらうことができます。なかには、「辞退をすることはできない!」と一方的に申告を拒否されるケースもあります。

辞退をすることは可能なので、転職エージェント側が取り持ってくれない場合は、企業側に直接連絡して、状況と辞退の旨を伝えましょう。企業側に連絡する場合は、転職エージェントよりもより一層、話し方や言葉遣い、言い回しに注意して失礼のないようにしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。