転職エージェントは掛け持ちOK?掛け持ちのメリットでメリットをご紹介していきます!

転職をするときに、利用した方がよいとされている「転職エージェント」。皆さんは、転職エージェントを何社掛け持ちしていますか?転職エージェントは、何社も掛け持ちして利用してもよいのか。掛け持ちすることでなにか変化はあるのか?

初めての方にはわからないことだらけですよね。今回は、転職エージェントについて解説しながら、掛け持ちして登録することやそのメリットについてご紹介していきます。早くよい企業に転職できるように、初めての転職のも参考にしてみてください。

おすすめの就職サービス

《掛け持ちより先に!》転職エージェントとは?

転職エージェントとは、転職を希望する方向けにあるサイトです。希望者が求人を紹介してもらうことができ、エントリーシートや履歴書の作成のサポートや添削も行ってくれます。面接や自分1人では難しいGD対策も行ってくれ、入社するまでサポートし続けてくれるものです。

自分の現状や転職に対する希望を相談し、親身になってアドバイスを聞いてくれるアドバイザーが多く、キャリアコンサルタントから直接サポートをうけることができるのも、転職エージェントの特徴です。

転職エージェントとは、無料で利用できるものなので、転職を希望してる方は求人を閲覧するためでけでも登録がおすすめです。登録することで一般的には公開されていない「非公開求人」も閲覧が可能になります。

転職エージェントは掛け持ちしてもいいの?

転職エージェントは、掛け持ちで登録はしても問題ありません。転職エージェントだけでなく、エージェントに就活エージェントといって大学在籍中の学生が利用するエージェントも存在します。

転職希望者も就活生も、基本的には掛け持ちで登録している方が多いです。多くの学生は、2社は必ず登録しており、多い方では5社以上を掛け持ちしている場合もあります。自分の目的や希望する業種に合わせて利用することが効果的です。

転職エージェントを掛け持ちするメリット

転職エージェントを掛け持ちするメリットを解説していきます。ただ手当たり次第に転職エージェントを掛け持ちするのではなく、メリットや効果的な部分を目一杯活用できるように、メリットを理解してから登録しましょう。

求人情報を幅広く知ることができる

2社以上の登録エージェントを掛け持ちすることで、単純計算では閲覧できる求人数は2倍になります。同じ企業から求人がある場合もありますが、そのエージェントにしか依頼されてない求人に出会えるかもしれません。

多くの求人を閲覧したい方は、多くの情報を得ることが大切です。転職エージェントを多く登録することで、1社だけの転職エージェントでは見ることのできなかった求人を見つけられます。

本当にあなたに合っているアドバイザーに出会える

転職エージェントによっては、経営理念が異なるため、在籍しているアドバイザーの雰囲気や仕事のやり方が大きく異なる場合があります。転職エージェント内でも個人差は大きいですが、相性のよいアドバイザーに転職をサポートしてもらう方が転職は成功しやすいです。

掛け持ちをすることでより多くのアドバイザーと知り合うことができ、あなたと相性がよい方を見つけやすいです。もし、転職エージェント自体が気に入っていてアドバイザーと相性が悪い場合は、直接伝えたり転職エージェントに伝えることで他のアドバイザーを紹介してもらえるので覚えておきましょう。

内定をもらえる可能性が高まる

転職エージェントを掛け持ちするということは、さらに多くの求人を同時に受けることができるということです。多くの求人に挑戦することができるため、掛け持ちすれば同時に内定をもらうことができる可能性も高まります。

2社以上に内定をもらった場合は、最終的には1社に絞らなければならないため、選択の難しさがありますが、いくつかの企業から内定をもらうことは自分の自信にも繋がるでしょう。

転職エージェントを掛け持ちするデメリット

転職エージェントを掛け持ちするデメリットを見ていきましょう。メリットは、自分にプラスになるのでどんなことでも理解できますが、実はデメリットを理解することがもっとも重要です。デメリットを考慮しながら、自分に負担がかからないように登録をしましょう。

情報が多く、整理が大変

転職エージェントを掛け持ちすると、自分に入ってくる情報は2倍になります。また、掛け持ちいているエージェントごとに面接や履歴書の作成を行っていると、日にちや重要な情報がごちゃまぜになってしまう可能性も少なくありません。

情報を転職エージェントごとに分けたファイルやノートにまとめたり、自分なりに分かりやすい方法で分類して、エージェントごとの情報が混ざらないように注意しましょう。

スケジュール管理が大変

面接の日にちや受験日などは、企業によって異なるものの、多くのエージェントから受験を行っているとスケジュールの管理が大変になってしまいます。また、転職エージェントに直接行き、面接の練習を行う場合も忘れないように工夫しなければなりません。

2社の掛け持ちならば、自分の記憶でスケジュール張を見ればすぐにわかるかもしれません。要注意は、3・4社~の登録を行っている方です。スケジュール張に必ずエージェント名を記入したり、色を変えるなどの工夫をして、スケジュール管理は完璧にこなしましょう。

面接の日にちや履歴書のエントリーシートの提出日を間違えてしまうと、不採用になってしまうので、注意が重要です。

中途半端になってしまう可能性もある

転職エージェントを掛け持ちすることで、大半の方が陥れやすいのが「中途半端」に各エージェントを扱ってしまうことです。1社のみならば100%で集中できることが、登録している転職エージェントの数が多ければ、集中力が分散してしまう可能性が高くなります。

現実には、転職エージェント側には掛け持ちして登録していることは関係ありません。もちろん、面接を受けようと考えている企業にも無関係です。全ての求人に100%で挑むことができるように常に意識して、環境を整えていくことが大切です。

転職エージェントを掛け持ちするとしたら何社がおすすめ?

転職エージェントを掛け持ちするときに、1番おすすめだとされているのが3社とされています。3社以上では、スケジューリングが大変になる傾向が高く、中途半端になってしまう可能性も高まってしまいます。

2社では、閲覧できる情報や求人の量に不安を感じる方も多く、3社がベストだとされている方が多いようでした。しかし、個人差があるのでスケジューリングが得意で集中を切らさないようにできる方は4社以上登録している方もいます。

逆に、スケジューリングが苦手だけど集中力に自信がある方は、少ない転職エージェントに絞って、短期間で集中して転職を決める方法がおすすめです。

転職エージェントにも種類がある!掛け持ちにも選び方が重要!

「転職エージェント」と一言で表しても、実は取り扱っている求人の職業の違いがあったり、ターゲットにしている年齢にも違いがあります。大きく転職エージェントは2つに分けられており「総合型」「専門型・特化型」の2つのタイプを解説していきます。

自分のスキルやタイプ、転職を希望する企業のタイプに合わせて転職エージェントを選ぶことも、転職の成功に大切なことです。

総合型

「総合型」とは、基本的には全般の求人を満遍なく取り扱っている転職エージェントのタイプです。働く企業や業種だけでなく、地域に関しても幅広い求人を取り扱っています。総合型の大きな特徴は、「求人数の圧倒的な多さ」。全ての職業を満遍なく取り扱っているので、専門型・特化型よりも多くの求人をみることができます。

大手企業も中小企業も取り扱っており、総合型の転職エージェントの強みは、大手企業との信頼も高く、十分な業績をもっていることです。初めての転職の方もまずは総合型の転職エージェントを1社は登録しておくと、強い大手の情報を得ることも可能かもしれません。

ターゲットにしている年代は、転職エージェントごとに違いはあるものの、若い世代が転職しやすいものが多く、基本的にはどんな年代の方も利用することが可能です。

専門型・特化型

「専門型・特化型」とは、ITや医療、外資などの特殊な職業の求人を取り扱っている転職エージェントです。「地域特化型」というタイプの転職エージェントでは、その特化している地域の求人を取り扱っているなど、特化したものを紹介しているエージェントの総称です。

大手の転職エージェントでは、専門型は少ない傾向があります。専門型・特化型は、職業の特化した求人を取り扱うために、アドバイザーは特殊な職業の知識や情報を常に詳しいことが特徴です。総合型のアドバイザーよりも専門的な職業を取り扱っており、その企業にも多く連絡を取ったり情報を聞く必要があるため、あなたが希望している職種の深い情報を聞くこともできるかもしれません。

あなたが希望する企業が上記のような特別な資格や免許を必要とする職業の場合は、総合型と一緒に専門型・特化型を登録することで横にも縦にも深い情報を得ることができるのではないでしょうか。

自分にあった転職エージェントを複数登録して内定獲得率をアップさせよう!

転職エージェントを掛け持ちすることで、多くの情報を見ることができるだけでなく、内定をもらうことができる可能性も高くなります。しかし、ただ闇雲に検索して出てきた転職エージェントをいくつも登録しても、上手に転職を進めることは不可能でしょう。

転職エージェントを登録する前に自分を客観視して分析することが大切です。自分の年齢・希望する職業・必要なスキルや免許・今の現状そして、あなた個人の性格。全てを考慮して、どんな転職エージェントなら効果的に利用することができるのかを分析してから、複数の転職エージェントを登録するようにしましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。