転職エージェントになるためには?エージェントの仕事を徹底解説!

就活生や転職を希望する方が、より良い企業に転職・就活するために活用する「エージェント」。就職エージェントと転職エージェントが存在し、転職する場合は「転職エージェント」を活用することで、サポートをしてくれるものです。

自分がサポートされる側ではなく、転職を考えている方のサポートをしたい!と考えている方も少なくありません。今回は、転職エージェントのエージェントになるためには、どんなことをするべきかを解説していきます。転職エージェントへの就職もあなたにとっては、今の職業からの転職です。もっとも転職エージェントになりやすい方法を理解して実践してみましょう!

おすすめの就職サービス

転職エージェントになるためにはエージェントとは何かを理解しよう!

転職エージェントに就職するためには、まず「エージェントとはなにか」を理解することが大切です。他の職種同様、あなたが希望する職業の仕事内容や職業の細かい知識や働いている方の話などを、調べたり直接聞いて理想ではなく、現実を知ることが大切です。

転職エージェントになるために、仕事内容を徹底解説!

転職エージェントのアドバイザーが行っている大まかな業務内容をご紹介していきます。企業ごとに仕事内容の違いがあるかもしれませんが、多くの企業で転職希望者に行っているサポート内容をご紹介していきます。

求人紹介

転職エージェントでは、必ず相談者の方に「求人紹介」を行います。求人を紹介することが、転職希望者の将来を左右する行為でもあるため、希望者の要望やスキルすべてを組み込んで、1人1人と真剣に向き合うことが大切です。適当な職業を紹介し、内定されてもすぐに連絡なしでやめてしまうようでは、おすすめしたあなたの責任が問われる可能性もあります。転職希望者に寄り添うことが大切です。

面談や相談を受ける

転職希望者が、ネットで転職エージェントに登録すると、実際に面談・相談をして希望や現状を確認します。親身に相談に乗ってくれるエージェントに転職のサポートをお願いしたいですよね。そして、小さな発言からも相手の気持ちや考えていること、要望を汲み取ってより良い転職ができるようにサポートする力も求められます。

面談や相談で、転職エージェントを利用するか辞めるか決める方も多いです。求人を紹介するためにも、しっかりと相談を聞くことが大切です。「適正判断」が必要で、希望者が満足する転職のために、細かい部分まで質問をして、利用者の細部まで分析します。

内定までのサポート

転職エージェントでは、内定までしっかりとサポートすることが仕事内容です。話を聞き、求人を紹介する。内定までに不明な点や悩みがあれば、連絡をしてもらい、話を聞きながら解決まで促す。など、内定までに利用者が求めることを徹底的にサポートする力が求められます。

求人紹介後に、利用者が受けてみると決めれば、企業と直接連絡を取って面接の日にちなどを決めるのは、「転職エージェント」の仕事です。また、変更や事態があった場合も転職エージェント側が企業側と連絡を取り合います。

エントリーシートや履歴書

転職エージェントから、就活をしている場合は、エントリーシートや履歴書の確認やアドバイス・添削は、転職エージェントのアドバイザーが行います。時には、エントリーシートの書き方を1から指導したり、何度も相談を受ける場合があります。

面接やGD

エントリーシートや履歴書同様、面接やGDの対策も、本番の日にちまでに転職エージェントと対策を練ります。なかなか、練習できない面接やGDの練習をしたり、対策法を伝えて希望者が内定をもらえるように、しっかりとサポートします。

交渉

「交渉」は、自分1人の力で転職を行っている場合には、なかなかできないことなので、転職エージェントの強いともされている部分です。入社した後の給与や待遇、勤務時間など利用者の希望と企業の希望を刷り寄せるために、「交渉」を行ってくれます。

給与や待遇は、自分から口にするのはおこがましいという価値観が日本人には多く感じられています。内定後でも、入社までに双方が納得のいく形で交渉することがアドバイザーの仕事です。

クロージング

「クロージング」は、利用者が内定を2社以上からもらっている時に、どちらの企業に入社するべきか、最善の方向に促すことです。利用者は、より多くの可能性を確かめるために、何社も同時進行で求人を紹介し、エントリーする場合が多いです。

1社のみの内定の方は、そのまま内定をもらった企業に就職しますが、今現在の状や利用者が求める仕事内容や勤務時間、考慮などをより良くなるように企業を比較して、待遇の良い企業に就職できるように促します。

転職エージェントになるために《キャリアコンサルタント》の資格を取得しよう!

転職エージェントになるために、少し有利に自分をアピールするためには「キャリアコンサルタント」の資格を取得することです。この資格を、転職エージェントに転職する前に有しておけば、経験がなくても採用してくれる企業が多いです。

転職エージェントの情報をみても、多くのアドバイザーは「キャリアコンサルタント」の資格を保有しているので、エージェントに入社してから必ず必要になる資格です。国家資格でもあるため、保有していて損は絶対にありません。転職エージェントからも入社後も信頼される材料になるため、取得してみましょう。

転職エージェントになるための順序とは?なり方をご紹介していきます

転職エージェントになるためには、どんな方法を行うことで企業を受けることができるのでしょうか?なかなか、一般企業とは入社方法が異なったり、特別な資格が必要なのかなと思ってしまいがちですが、「転職エージェント」の入社方法の実態を理解して、早めに行動することが大切です。

転職エージェントに登録

転職エージェントに入社するためには、普通の転職と同じで転職エージェントを利用して就活する方法があります。実は、就職を助ける転職エージェントも一般企業と同じで転職エージェントで紹介してもらうことができる場合があります。

転職エージェントを利用するメリットとしては、転職エージェント自体の客観的に利用した感覚やイメージ、実際にサポートしてもらえた内容を体験することが可能なこと。体験することによって、転職エージェントの職業により理解を深めることができます。

さらに、多くの転職エージェントには「非公開求人」という、一般の求人雑誌や広告には掲載されていない求人情報を得ることができます。転職エージェントの求人は非公開求人にされていることも多く、転職エージェントを利用しての転職がおすすめです。

求人情報で転職エージェントの求人を探す

求人雑誌やハローワークなどでは、求人されていることが少ない傾向のある転職エージェントの求人ですが、100%掲載されていない訳ではありません。タイミングや時期によっては、一般の無料で見ることができる求人雑誌に掲載されている可能性もあります。

求人雑誌で転職エージェントの求人を発見した場合は、すぐに連絡をして早めに行動してみましょう!一般企業と同じように、先に他の方が内定をもらっていては受けることすらできないこともあります。こまめに求人雑誌を確認すると、すぐに発見できるでしょう。

転職エージェントになるために、このポイントを重視してエージェントを見極めよう!

「転職エージェントになるために、転職エージェントを利用した方がおすすめ」とお話ししましたが、実際に転職エージェントに転職するために使用した方がいいエージェントの特徴を抑えていきましょう。より確実に内定をもらうために、特徴に注目して職業に強いエージェント選びをしましょう。

求人の取り扱う数

利用するエージェントは、できるだけ求人数が多いエージェントの方が内定率をあげることができます。自分が選択する職業の幅や企業の幅を広げることができるだけでなく、あなたに合った企業を提案しやすくなるでしょう。

求人数が多いと、内定を複数の企業から得ることもでき、自分がよりよい待遇や給与で転職をすることにも繋がります。

専門的な職業の求人を取り扱っているか

専門的な職業の求人を取り扱っている企業は、様々な知識を持ったアドバイザーが在籍しており、多数の企業の情報を持っています。資格の情報や企業の情報にも信頼性が高く、専門的な職業を希望している方は、絶対に専門的な求人を取り扱っているエージェントを利用してください。

「転職エージェント」という職業は、実は「営業職」と言われています。ですが、「キャリアコンサルタント」の資格を持っている方が信頼が高く、専門的な知識を必要なケースもあります。転職エージェントの求人を取り扱っていたり、キャリアコンサルタントの資格に通ずるエージェントを利用しましょう。

雇用人数の数

雇用人数の数は、「アドバイザーの数」とも言えます。雇用人数が少ないエージェントは、1人のアドバイザーが多くの転職希望者を担当しているケースもあります。多忙になってしまい、どうしても1人に向き合う時間が少なくなってしまう可能性もあるでしょう。

できれば、アドバイザの数が多い転職エージェントを選ぶことがおすすめです。手厚いサポートや親身に相談できる環境を求めている方には、1人1人がしっかりと向き合ってくれる転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントになるためには、自分が転職エージェントを使用してみることが大切。

転職エージェントになるためには、様々な方法ややったほうがいいことがあります。しかし、最も自分にとって効果的なことは「実際に利用してみること。」転職エージェントという職業を理解し、実際に利用して転職することで求人を紹介する側と転職を希望する側、両方の気持ちを理解して、素晴らしい提案とサポートができるのではないでしょうか?

実際に、どんな形であれ転職エージェントに転職できれば成功です。しかし、転職がゴールではありません。自分のレベルを上げ、信頼してもらえるようなアドバイザーになれるように努力しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。