外資系に強い!おすすめ転職エージェント5選!

ハイクラスや専門職として取り扱われることの多い「外資系」の職業ですが、転職に関しても外資系を希望するならば、利用した方がよい転職エージェントに違いがあります。転職えージェンとを選ぶ際に、どんなエージェントが外資系に向いているのかを理解してから登録してみましょう。

外資系から外資系への転職では、雰囲気も現実もわかっているかと思いますが、外資系以外の職業から外資系の企業への転職を行いたいと考えている方も少なくありません。まずは、転職エージェントに登録する前に、「外資系企業」の特徴を抑えておきましょう。

外資系企業とはどんな特徴があるのか。外資系企業への転職におすすめの転職エージェントをご紹介していきます。

おすすめの就職サービス

外資系転職には転職エージェントが必項?!

外資系の転職は、ネットで調べると確かに少なからず求人を見つけることは可能です。ならば、転職エージェントの利用は必項なのでしょうか?なぜ、外資系企業への転職に転職エージェントの利用を進めるのか、解説していきます。

非公開求人を紹介してもらうことができるから

転職エージェントには、「非公開求人」という求人があります。全ての転職エージェントは、基本的には一般的に公開されている求人を登録しなくても閲覧することが可能ですが、非公開求人は登録なしでは見ることはできません。

非公開求人は、公開されている求人と比較すると、より細かく企業から求められている人材の要望やスキルなどが記載されており、中にはハイクラスな求人を掲載している求人もあります。非公開求人を見ることができると、さらに選択肢を広げることができるかもしれませんし、より多くの外資系企業の求人を見ることができます。

サポートの方法も外資系の企業に沿ったものだから

転職エージェントは、求人紹介・エントリーシートの添削・面接対策と、内定に関わる全てのことを徹底的にサポートしてくれます。一般的な企業と外資系企業でも行われる試験や行程は同じです。

しかし、「英語」が必要になるのが外資系企業。より高い英語力を持っているアドバイザーに添削や面接の練習をお願いしたい場合は、総合型のエージェントよりも専門的なスキルや資格を持っている「特化型エージェント」のアドバイザーの方がおすすめです。

対策なども、外資系企業に合った対策方法を伝授してくれます。自分1人で転職活動を行っている場合は、対策をもらうこともできませんし、エントリーシートの添削も頼むことができないので内定には不利になる可能性が高いです。

内定後の交渉を行ってもらえる

転職エージェントを利用すると、内定をもらった後でも、自分の年収や企業に要望したいことを「交渉」といって、アドバイザーが企業に話をしてくれます。意見が通る場合もありますし、却下される場合もありますが、自分では言いにくいことも伝えてくれるため、転職エージェントを利用している方の方が年収が高い傾向があります。

転職エージェントは、「無料」で「入社」までのサポートを行ってくれるので、より自分にメリットがあるように転職を進めてくれます。

外資系企業の特徴は?【エージェントを登録する前に外資系企業の実態を知ろう!】

外資系企業ではない企業から外資系企業に転職を希望している方は、実態を知っていますか?どんな仕事をしていて、どんな方々が働いているのか。また、どんな方が求められる業種なのかを理解してから、転職エージェントを登録してみましょう。

英語の使用頻度が多い

外資系企業は、やはり外国を相手にしている仕事のため「英語」を使用する頻度が多いです。英語を全く使用しない方もいるかもしれませんが、基本的には英語ができないと厳しい企業が多いです。

求められる英語の能力は《TOEIC700~800》

英語の能力を確かめるために「TOEIC」という試験を受験する方が多いです。TOEICは、資格のように自分の英語力を発信したいときに、分かりやすく世界共通のため、外資系企業を希望するならば受けておいた方がよいでしょう。

一般的に、外資系企業を受けるのに必要とされているTOEICの点数は「700~800」とされています。しかし、企業によってはこの数字に届かなくても日常会話ができれば内定をもらうことができる企業もあるかもしれないので、数字にとらわれすぎないようにしましょう。外資系企業では、通常の会話も全て英語で話している企業もいます。その場合には、英語ができないと話に入っていけないので、ある程度に英語力は必要と言えるでしょう。

評価されるのは実績

日本の企業の多くは「行程」を評価してくれることが多いですが、外資系企業は評価の仕方も外資系です。評価されるのは日本と大きく異なり、「実績」。結果が全てなので、頑張りや行程はあまり評価されない傾向があります。

よい結果を出せば昇進させてもらえる可能性もありますし、そのままなにも結果を出せずに勤続年数が増えていっても、管理職にはなることができない可能性があります。外国同様、「年功序列」がない企業も存在します。

スピードがある

外国の企業は、全ての仕事がスピーディーです。なので、日本にある外資系企業も仕事をスピーディーにこなす方々が多いと言われています。そして、労働時間にも厳しいのが外資系企業の大きな特徴です。

スピーディーに仕事を進めているという理由もありますが、多くの外資系企業では「残業は少ない」です。効率よく仕事することが求められ、効率が悪い方は仕事ができない方と見なされてしまう可能性もあります。残業の少なさは、日系企業では考えられないという方も多くギャップに悩む方もいらっしゃいますが、外資系では効率よく残業の必要がないように努力しましょう。

日系企業よりも給与が高い

外資系に憧れる方の多くが「給与の高さ」ではないでしょうか?確かに、日系企業と比較しても外資系企業の方が給与が高い企業が多いです。しかし、仕事のやりがいについては少し不満がある方も多いです。

給与が高く、残業が少ないならばプライベートを充実させることも可能ですが、日系と違い入社後からずっと同じ業務を任される可能性もあります。働き方が日本と海外では全く概念が違うので、日本人には仕事にやりがいを見いだせないという方もいらっしゃいます。

女性でも働きやすい傾向が

外資系企業の多くは、日系企業と比較しても多くの企業で、管理職に女性が就任している企業が多いです。日系企業では、出産・結婚がある女性は昇進がしにくく、管理職は圧倒体に男性が多いです。

しかし、外国では「男女」は関係なく、仕事の「実績」で全てが決められめます。外資系企業では、産休や育休制度も男性が取得しやすい傾向があり、海外のような仕事のあり方で女性にも対等に出世の可能性や仕事がしやすい環境が作られています。

外資系に就職するためのエージェント利用の心得

外資系企業に内定を決めるための心得をご紹介していきます。外資系企業だけに関わらず、全ての企業にも共通する心得なので、この3つを踏まえて転職エージェント選びを行いましょう。

必ず複数のエージェントを利用する

転職エージェントは、複数の登録をして掛け持ちをした方が、内定をもらう可能性が高くなります。1社のエージェントのみを利用していた時よりも、スケジューリングや求人の管理が大変になってしまうかもしれませんが、あなたが得ることができる求人情報や外資系企業への知識は、より大きくなります。

様々な転職エージェントを利用することで、タイプの違うサポートを受けることができ、あなたにとっての勉強にもなるはずです。転職を希望している方は、掛け持ちで登録している方が多く、登録している転職エージェントの平均は3社だと言われています。

外資系に特化したエージェントに登録する

外資系は、総合型エージェントでも求人はあるかもしれませんが、企業との繋がりやサポートの手厚さを考慮すると、外資系向きの転職エージェントを利用することをおすすめします。

外資系に特化しているので、外資系のやり方や働き方を熟知している転職エージェントを利用しましょう。

アドバイザーとの相性を確かめる

アドバイザーに関しては、個人個人の性格があるようにアドバイザーの性格も違いがあります。なかには、アドバイザーと相性が悪く、転職が思うように進まなかったケースも存在します。なるべく、相性がよいアドバイザーを探して双方が気持ちよく転職活動できるようにしましょう。

登録を複数して、その中から相性がよいアドバイザーを探す方法もありますが、転職エージェント自体を気に入っている場合は、直接アドバイザーに他の方を紹介してもらう方法もあります。しっかりとお願いをすれば、失礼なことではないので相性が悪いと感じた場合は実践してみましょう。

外資系におすすめの転職エージェント5選!

外資系におすすめの転職エージェントを5社ご紹介していきます。少しハイクラスの求人を取り扱っている企業から、外資系のなかでも専門的な職業を取り扱っている企業など5社のなかでもタイプが分かれます。あなたの希望業種に合わせて転職エージェントを選びましょう。

キャリアカーバーbyリクルート

「キャリアカーバーbyリクルート」は、国内最大のハイクラス・エグゼグティブ向け転職エージェントです。自分がヘッドハンターと呼ばれているキャリアコンサルタントを選ぶことができるのが大きな特徴で、希望であればスカウトをしてもらうことも可能です。

高収入や外資系の企業への転職情報を多く持っている優秀なコンサルタントが多く在籍しているので、外資系企業に転職を考えている方は登録だけでもしておいた方がよいでしょう。

ランスタッド

「ランスタッド」は、世界39ヶ所に人材派遣を行っている転職エージェントです。世界に直接繋がっている企業だからこそ得られる情報や求人を取り扱っていることが特徴です。海外転職や外資系転職が強みで、内定の獲得率は高いです。

ランスタッドのみが保有している求人も多く存在するので、他の転職エージェントでは見ることのできなかった求人なども紹介してもらえる可能性が高いです。

レバテックキャリア

「レバテックキャリア」は、エンジニアやクリエイターに特化した転職エージェントです。IT業界のなかではトップクラスの実績と認知度を誇る転職エージェントで、希望業種がIT関係の場合は必ず登録がおすすめです。

流行や時代に敏感な業界のため、在籍しているアドバイザーも最新の専門知識を持っている方が多いです。関東地区の求人が多く取り扱われており、自分を客観的に徹底的に洗い出してサポートしてほしい方や、今の業績や転職に有効な情報が知りたい方におすすめのエージェントです。

JACリクルートメント

「JACリクルートメント」は、外資系企業への転職が国内ではNo.1の実績を持っている転職エージェントです。ハイキャリアの求人も多く取り扱っており、転職エージェント業界でもハイクラスの求人取り扱い数はトップとされています。

外資系に転職したい方だけでなく、キャリアやスキルに自信がある方は登録がおすすめ。注意点としては、今現在の年収が600万円以下の場合は、紹介を断られる可能性もあります。

ムービンストラテジックキャリアファンド・M&A金融転職

「ムービンストラテジックキャリアファンド」は、外資系金融に特化した転職エージェントです。外資系金融で実際に働いていたアドバイザーに、実際の経験や現実を踏まえた対策やサポートを行ってもらうことができます。

在籍しているキャリアコンサルタントは、レベルが高い方が多いと言われており、プロのコンサルティングを求めている方も登録がおすすめです。

自分にあった転職エージェントで外資系企業に入社しよう!

外資系に限られることではありませんが、転職はあなたに合った転職エージェントを利用することが大切です。できれば、あなたの希望する職業・年齢・年収・性格がすべてエージェントの対象やアドバイザーの性格にぴったりならばストレスなく転職活動が可能です。

外資系と聞くだけで少し気を張ってしまう方もいますが、転職自体は日本の企業への転職と変わりません。しっかりと外資系企業には特化しているエージェントを利用して、よりよい企業に入社できるように努力しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。