未経験転職は26歳までがメド【押さえておきたいポイント】

25歳といえばお肌の曲がり角ですが、26歳はある意味で転職の曲がり角とも言える年代です。

新卒で就職をしてから3年以内に転職する、いわゆる第二新卒の人は年々増加する傾向にありますが、26歳で第二新卒を逃してしまった人でも、転職をするのに遅すぎるということはありません。

就職して3〜4年、一つの企業で勤めてきたということは、会社の仕事も一通り覚え、ビジネスマナーを身につけているわけですから、新卒社員のように一から社員研修を行わなくても、一通りの知識とスキルは身につけているのが26歳の強みです。

ある意味、20代後半というのは転職の好機でもありますから、「自分には無理」とあきらめないで、上手に転職をしてほしいものです。

26歳でも転職して成功できるのはどのような業界か、転職する際にはどのような点に注意したらいいかなどについて、具体的に見ていきましょう。

おすすめの就職サービス

26歳でも転職で成功できる業界

26歳で、現在の仕事とは全く別の業界に転職したいと考えている人も多いかもしれませんが、業界によっては転職して成功できるところと、他業界からの転職では活躍が難しい企業とがあります。

26歳で真剣に転職を考えているのであれば、未経験でも成功できる業界を選ぶことが重要なポイントとなります。

では、どのような業界であれば失敗せずに転職できるのでしょうか。

ここでは具体的におすすめの業界を見てきたいと思います。

「ポテンシャル採用」を積極的に行っているIT業界

インターネットの分野は年々、加速的に拡大していますが、これに合わせてIT境界は深刻な人手不足の状態に陥っています。

このため、全くの未経験でもポテンシャル採用を積極的に行っているという点で、条件の良い求人を見つけやすいのがIT業界です。

企業の中途採用というのは、経験者を募集するための即戦力枠と未経験者でもかまわないから、潜在力を重視して募集するポテンシャル枠の2つのタイプがあるのですが、ポテンシャル採用の枠が特に大きいのがIT業界の特徴となっています。

ただし、いくらポテンシャル採用と言ってもITに興味が持てない人では転職しても長続きしないということは心得ておきましょう。

未経験でも仕事に溶け込みやすい製造業界

製造業界も、26歳という年齢がネックになりにくい業界の一つです。

特に工場でのライン業務は特殊なスキルや経験を必要としないため、他分野からの転職でもストレスなく仕事に溶け込むことができる点が製造業界のメリットです。

仕事も安定していて残業も少ない企業が多いので、自分の生活を大切にしたい人にはピッタリの業界ということができます。

マニュアルが完備している接客業もおすすめ

接客業も26歳の転職先としてはかなりおすすめです。

接客業というのはマニュアルが完備している企業がほとんどで、それに従っていけば迷わず業務を果たすことができるようになっています。

人とのコミュニケーションが好きな人、対人の仕事が好きな人は接客業を中心に転職先を探してみるのも悪くないかもしれません。

需要が拡大の傾向にある運輸業

インターネットショッピングをする人が増えてきたこともあり、それに伴って運輸業の市場が大きく拡大しています。

業務内容はシンプルなので、運転免許証を所有していて運転することが好きな人であれば、積極的に運輸業界で転職先を探してみることをおすすめします。

勤務中は一人で作業することが多いので、同僚の多い職場だと気疲れしてしまう人、現在の職場で人間関係に悩まされてストレスが溜まっている人などには向いているかもしれません。

26歳の転職で押さえておきたいポイント

「今の職場では自分の能力を発揮できない」「嫌な上司がいてストレスが溜まっている」といった理由から転職を考える人も多いかもしれませんが、安易に転職してしまっても、また同じ問題に悩まされてしまう可能性も十分にあります。

ですから、「なぜ転職したいのか」「転職することで自分の人生は本当に良くなるのか」について考え抜いた上で、転職を決意することが大切です。

年収がアップする企業を選ぶ

現在の職場は残業が多いけれど、年収が低くて働きがいがないから転職したいと言うのであれば、年収が確実にアップする企業を選ばなければなりません。

労働条件に不満があったから転職したのに、新しい企業に移ったら年収が下がってしまったというのでは転職した甲斐がないというものです。

年収の高い低いが人生の幸福に直結するわけではありませんが、同じ時間働いて年収が低い職場よりも、高い方が仕事を続けていく原動力にもなります。

仕事を続けながら転職活動をするのはなかなか難しいものですが、年収アップを主眼に置いた転職エージェントに登録しておけば、希望にかなった転職先を紹介してくれますので、上手に活用することをおすすめします。

将来性のある企業を選ぶ

せっかく転職するのですから、将来性・成長性のある企業を選んだ方が何かと安心です。

将来性のある企業であればリストラの心配もありませんし、定年まで勤め上げることが可能です。

将来性のある企業に関しては「東洋経済」が発表している「成長性・将来性がある会社ランキング」などを参考にするといいでしょう。

東洋経済では「有給休暇の取得率が高い会社ランキング」や「30歳年収全国トップ最新ランキング」なども発表していますので、転職先を調べるには非常に役に立ちます。

平均勤続年数にも着目することが大切

もうひとつ、忘れてはいけないのが各企業の「平均勤続年数」です。

平均勤続年数が長い企業というのは、福利厚生が充実している、あるいは育休が取りやすかったり教育制度が整っていることが多いものです。

ですから、女性で転職を考えているのであれば、平均勤続年数に着目して企業を選ぶようにするのがおすすめです。

平均勤続年数に関しては「会社四季報」などで確認することができます。

鉄道会社や電力会社、製造業などは平均勤続年数が長い傾向がありますが、それだけ転職志望者も多いので、スキルに磨きをかけて書類選考に臨む必要があります。

26歳で転職するならこのエージェントがおすすめ!

転職の求人情報は、転職サイトで検索する人がほとんどですが、ただ単に情報を提供する転職サイトよりも、キャリアコンサルタントが親身になってフォローしてくれる転職エージェントの方がメリットがたくさんあります。

転職エージェントのほとんどはもちろん無料で利用できますから、「転職しよう」と思い立ったら、いくつかの転職エージェントに登録しておくといいでしょう。

それぞれの転職エージェントには得意な業界があったり、条件の良い非公開求人を多く扱っていたりなどというメリットがありますから、自分の転職のニーズに合わせて選ぶことが大切です。

年収アップを狙う人におすすめなのが「JACリクルートメント」

年収アップが転職の最大の動機だという人におすすめなのが、高年収の求人を多数扱っているJACリクルートメントです。

JACリクルートメントは利用者の満足度が91.9%と非常に高いのが特徴で、取引のある約12,300社の企業のうち、約60%が非公開求人となっています。

ロンドン発祥の日系転職エージェントということもあり、高年収の外資系企業の求人案件も多いのがこの転職エージェントの特徴です。

各業界出身のコンサルタントを約800名擁しており、業界に関する専門的な知識に精通していますから、転職の業界選びや企業選びで迷っている場合にも適切なアドバイスをしてくれます。

女性におすすめの転職エージェント「リブズキャリア」

転職を考えている26歳の女性におすすめなのが、女性のライフスタイルを見据えた提案を行っている「リブズキャリア」です。

リブズキャリアでは、業界や年収などで案件を検索できる他、「子どもを預けている保育園の最寄り駅に18:00までに着ける仕事」いったような細やかな検索もすることができます。

登録しておけば経験豊かなプロのコンサルタントによるアドバイスを受けられるばかりではなく、スカウトメールを受ける機能も充実しています。

プロフィールを登録しておくことで、500名ものキャリアコンサルタントや求人企業からのスカウトメールを直接受け取れるチャンスがありますから、できるだけ早く転職したい女性には便利な転職エージェントです。

20代向けの求人案件が多い「ハタラクティブ」

数ある人気転職エージェントの中でも、特に20代向けの求人案件が多いことで有名なのがハタラクティブです。

未経験者歓迎の関係も常時多数扱っていますので、別の業界に転職したいと考えている人はぜひ登録しておきたいところです。

キャリア相談はもちろんのこと、職務経歴書の添削や面接対策も徹底してサポートしてくれます。

まとめ

新卒で就活をした際には、自分の向き不向きや企業の条件などをよく考えて職場を選んだはずなのに、転職をするに至ったということは、「選択が間違っていた」ということです。

ですから、これから転職をしようと考えている人は、同じ過ちを繰り返さないように気を付けなければなりません。

そうしないとせっかく転職したのにまた次の転職先を探すような羽目になりかねません。

転職をしたいと思っているのは自分の単なる身勝手なのではないか、現在の職場を辞めずにより良い形で続けていく方法はないのかを塾講師た上で本格的な転職活動に入ることをおすすめします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。