転職するならこの業界がおすすめ!ポイントを徹底解説

新卒で一旦就職はしたけれども、実際に仕事を始めてみたら、自分の考えていた業種とは全く違っていたということはよくあるものです。

就職はしたけれども、現在勤めている職場が自分の適性にしっくり来ない、あるいは選ぶ業界を間違えてしまったという場合には、あっさりと転職してしまうの悪いアイディアはではありません。

転職をする際には、現在の職場よりも条件のいい勤務先を選ぶことが大切です。

以外に、転職におすすめの業界を選ぶポイントなどについて解説していますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

おすすめの就職サービス

転職におすすめの業界を選ぶポイント

せっかく就職したけれども、勤務先が自分の希望している形態とは全く違っていた、あるいは選択の仕方を間違っていたという場合には、できるだけ早めに転職することが大切です。

ひところまでは、一旦就職したら退職まで勤め上げるのが日本社会の美徳でしたが、昨今の事情から言うと、自分のスキルや利点を最大限に生かすためには、何回か転職をすることが肝心になってきています。

以下に転職の業界を選ぶのにおすすめのポイントを挙げてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

企業の規模が大きく、拡大中の業界を選ぶ

どうせ転職をするのであれば、現在勤めている企業よりも規模が大きく、しかも拡大中の業界を選ぶことが重要なポイントです。

「転職をしたい」と考えている人のほとんどは、「今の仕事がきつ過ぎて続けていけない」「激務で体力がついていかない」あるいは「もっと好条件の職場で働きたい」ケースがほとんどですから、転職する際には労働条件が緩やかで、働きやすい職場を探すのは自然なことです。

自分の可能性を試すためにベンチャー企業に転職してみたいと考えている人もいますが、ベンチャー企業は安定性の点で不安が多く、残業が多いなど、現在の職場よりも必ずしも条件が良いとは言えません。

離職率の低い業界を選ぶ

失敗のない転職をするには、離職率の低い業界を選ぶことも大切です。

離職率が低いということは、仕事や待遇に対する不満が少ないということですから、転職先としては理想的です。

離職率に関しては公表していない企業もたくさんありますが、「四季報」などを見ると離職率が掲載されている企業もありますので、参考にするといいでしょう。

「四季報ONLINE」ならインターネットでいつでも閲覧することができます。

具体的に離職率の低い業界としては、電気・ガス・水道業や鉱業・採石業、製造業などのいわゆる硬い業界が挙げられます。

マスコミや広告代理店などのような派手さはありませんが、安定していて着実に仕事の実績を積み重ねられる点が人気となっています。

未経験者でも転職しやすい業界を選ぶ

もう一つ、転職をする際に重要なポイントは、未経験者でも転職しやすい業界かどうかということです。

現在勤めている職場と同じ業界の中でワンランク上の企業を狙いたいという人もいるかもしれませんが、まったく違う業界で活躍してみたいと考えている場合には、「未経験でも可」の業界を選ぶ必要があります。

転職におすすめの業界6選

では実際に、どんな業界が転職に向いているのかを具体的に見ていきましょう。

転職に有利な業界でなければ、せっかく今の職場を辞めて新しい企業に移っても、転職のメリットを享受することができませんから、下調べは十二分にしておくことが大切です。

人手不足のIT業界は転職におすすめ

インターネットの拡大は年々加速していますが、それに伴ってIT業界は慢性的な人手不足の状態です。

今後の需要も高まることはあっても、縮小していくことはまずありえない業界なので、将来を見越して安定性の高い企業に転職したいと思うのであれば、IT業界はおすすめです。

IT業界の仕事は未経験でも、「勉強してスキルを身につけたい」という意欲のある人であれば、特にハンデになることはありません。

IT業界の求人案件は数も多く、他の業界と比較すると内定が得やすいというメリットもありますから、数十社もの企業にエントリーしてことごとく振られるといったダメージを避けたい人はIT業界を選ぶのが得策でしょう。

着実な製造業界

製造業界の中でも、特に工場でのライン業務は特別なスキルを必要としないので、比較的年齢の高い未経験者でも難なく転職をすることができます。

残業も少ないところが多く、しかも待遇や給与がいいのが製造業界の特徴ですから、プライベートの時間を大切にしたい人には理想的です。

需要の増えている運輸業

運輸業も、近頃とみに需要が増えている業界のひとつです。

インターネット通販を利用してショッピングをする人の数は増加の一途をたどっていますが、これと並行して運輸業の求人も年々増えています。

基本的には運転免許証を持っていて、運転が好きな人であれば特別な知識などは必要ないので、転職しやすい業界ということができます。

マニュアルが整っている接客業

人と接するのが好きなタイプであれば、接客業も人気のある転職先です。

これまで接客業に就いたことのない人は、「難しそう」と思い込んでしまうかもしれませんが、接客業界のほとんどはマニュアルがしっかりしており、未経験でも無理なく仕事に溶け込むことができます。

求人案件数は多く、勤務地もかなりバラエティに富んでいるので、希望通りの勤務地で働くことが可能なのが接客業のメリットです。

転職先としての人気が上昇しつつある公務員

最近、民間企業から公務員に転職する人が増えてきています。

「公務員になるには新卒でなければダメ」という風潮が以前は強かったのですが、民間企業で働いた経験のある「経験者枠」の募集が近年、非常に増えてきています。

転職して公務員になれば倒産などの心配がなく、安定性は抜群ですし、残業で悩まされることもまずありません。

ただし、公務員に転職するためには所定の資格が必要な場合もありますから、受験要項は事前によくチェックしておきたいものです。

求人案件が豊富な介護業界

介護業界も求人案件が多く、転職しやすい業界の一つです。

現在でも人手不足の介護業界ですが、今後は社会の高齢化が進むにつれてますます求人が増えることが予想されます。

介護職のエキスパートとして活躍するためには資格を取ることが重要ですが、とりあえず転職してしまった後、働きながら資格を取ることもできます。

業界ごとのおすすめ転職エージェント

転職エージェントには、幅広い業界の求人を数多く扱う総合タイプと、特定の業界に特化したタイプの2種類があります。

ここでは特定の業界に特化したおすすめ転職エージェントをいくつか見ていきましょう。

IT業界をはじめ、エンジニアの求人に強い「メイテックネクスト」

台東区上野に本社を構えるメイテックネクストは、1974年に設立されて以来、数千にも及ぶメーカーにエンジニアを派遣してきた実績のあるメイテックグループの一員です。

IT業界の求人がずば抜けて多く、しかも求人の約80%は非公開ですから、メイテックネクストに登録しておけば有利な条件で転職活動を進めていくことができます。

メイテックネクストは製造業のエンジニアに転職したい人向けの求人も多い他、地方都市の求人も数多く扱っているので、首都圏で就職したけれども地元に戻って仕事をしたいという人にもおすすめの転職エージェントです。

製造業の求人数が約10万件と格段に多い「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは求人数が多いことで知られていますが、製造業の求人だけでも約10万件扱っていますから、ここに登録しておけば必ず気に入った転職先が見つかるはずです。

求人を数多く扱っているだけではなく、先に応募した人たちの状況や情報なども提供してくれるので、何かと役に立ちます。

しかも、転職者の60%以上が年収アップに成功しているので、現在の職場の給与が不満な人はぜひ登録しておくことをおすすめします。

接客業に転職したいのであれば「Spring転職エージェント」がおすすめ

世界最大級の総合人材サービス企業「アデコ」の一員であるSpring転職エージェントは、外資系チェーン店などの人気求人が多く、やりがいのある仕事に就きたい人にはぴったりです。

転職者の年収アップ率も59.0%と高めですから、給与の良い仕事を探している人はSpring転職エージェントに登録しておきましょう。

年収を100万円以上アップさせることも決して夢ではありません。

飲食業界に特化した「フーズラボ」

数ある転職エージェントの中でも、飲食・外食業界に特化したユニークなサイトが「フーズラボ」です。

公開求人はそれほど多くないのですが、紹介先企業とのきめの細かい調整を行ってくれるという大きなメリットがありますから、接客業の中でも特に飲食業界に興味のある人は一度サイトを覗いてみるといいでしょう。

まとめ

希望の企業に新卒で入社することができたけれども、実際に仕事を始めてみたら想像していたのとはかなり違った、自分には合わないと実感したという人は多いのではないでしょうか。

自分の適性というのは、意外と自分自身ではわからないものです。

ですから転職を考えているのであれば、経験豊かなコンサルタントのいるエージェントで的確なアドバイスを受けることが重要です。

転職で失敗しないためには、複数の転職エージェントに登録して、それぞれの意見を聞きながら転職活動を進めていくのが一番です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。