【徹底解説!】金融業界への転職で成功するためのポイント

金融業界といえば新卒の間でも人気の高い就職先の一つです。

金融業界は安定したイメージが強く、福利厚生が充実している企業が多いのが人気の理由ですが、新卒でなくても金融業界に転職することは不可能ではありません。

年収も他の業界と比較すると高めの傾向ですから、現在の勤め先の待遇に不満のある人、自分の才能をもっと発揮できる職場で働きたい人は、一度真剣に金融業界への転職を考えてみるのもいいかもしれません。

転職で失敗しないためには、まず金融業界についてしっかりと勉強することから始めましょう。

おすすめの就職サービス

金融業界で失敗しない転職のコツ

「金融業界」と一口で言っても、実際にはいくつかの業種があり、仕事内容も労働条件もかなり違うのが現実です。

ですから漠然と金融業界に憧れて転職しても、自分の思い描いていた職場と違ってしまう可能性もあるわけです。

金融業界への転職活動を始める前に、金融にはどのような業種があるのか、どんな職場が自分に向いているのかをきちんと把握しておくことが重要です。

銀行

大学生の希望就職先の中でも必ず上位にランクインしているのが銀行ですが、銀行は大まかに言って4つの種類に分けられます。

一つは「メガバンク」と呼ばれるもので、預金や貸出金の金額が他銀行と比較するとずば抜けて大きいという特徴があります。

これに対して「地方銀行」は特定の地域に基盤を置いて営業活動を行っています。

「信託銀行」というのは現金を扱うだけではなくて、顧客の不動産や株式などをサービスとして提供しています。

最後の一つが「信用金庫」と呼ばれるもので、海員・組合員から出資金(預金)を集めて中小企業や個人に融資を行っています。

信用金庫は、利潤の追求ではなくて相互扶助を理念としているところが他の銀行とは異なっています。

証券会社

証券会社は「直接金融」と呼ばれるビジネスモデルに該当する業種で、「引受手数料収益」「株式・投信・債権売買委託料収益」「トレーディング収益」、さらに株式口座管理手数料や投信代行手数料などで収益を上げています。

保険会社

保険会社には「生命保険会社」と「損害保険会社」の2種類があります。

いずれの場合でも、加入者からの保険料を得て保険事故が起きた際には保険金を支払うという「保険領域」、および集めた保険料を運用して収益を得る「金融領域」2本の柱で成立しています。

金融業界転職で有利な資格5選

他の業界から金融業界へ転職するのは決して不可能なことではありませんが、より良い条件の企業を狙っているのであればいくつかの資格を取得しておくのも悪くないアイディアです。

証券外務員

証券外務員というのは、金融業界の第一線で働く人たちが持っている資格のひとつです。

証券外務員には一種と二種の2種類がありますが、二種を取得すると公社債・投資信託の取引、株式の現物取引を扱えるようになります。

一種を取得すると、二種の業務範囲に加え、さらに株式の信用取引、レバレッジ投資信託、新株予約権証券、店頭デリバティブ取引に類する複雑な仕組債・複雑な投資信託も扱うことができます。

試験に関しては日本証券業協会のホームページで詳しく説明されていますので、興味のある人はチェックしておきましょう。

一種外務員の合格率は66.1〜67.6%、二種外務員の合格率は65.2%〜66.5%と、なかなかの狭き門です。

銀行業務検定試験

銀行業務検定試験は金融機関に勤務している職員の技能向上を目的に行われている試験ですが、転職前に検定を受けておけば転職では必ず有利になります。

試験は「法務」「財務」「税務」「外国為替」「年金アドバイザー」「融資管理」など36種類に細かく分かれていますので、金融業界でもどの業種で働きたいのか、的を絞った上で試験内容も選ばなければなりません。

1968年にスタートして以来、累計受験申込者数が1,021万人を超える、非常にポピュラーな検定試験です。

合格率は試験の種類によってかなり幅があり、例えば預かり資産アドバイザー3級が92.5%なのに対して預かり資産アドバイザー2級の合格率は30.6%にとどまっています。

中には年金アドバイザー2級の21.0%や財務2級の23.1%などといった難関もあります。

試験の概要や申し込み方法、試験の日程などに関しては銀行業務検定協会のホームページで確認することができます。

証券アナリスト

証券会社への転職を考えているのであれば、証券アナリストの資格も視野に入れておくといいかもしれません。

証券アナリストというのは日本証券アナリスト協会が認定している資格のことで、第1次レベルと第2次レベルがあります。

証券アナリストの資格試験を受けるためには協会が開催している通信講座を受講することが必須となっています。

一次試験の合格者は平均53%、ニ次試験では平均49%ですから、特別の難関というわけではありませんが、通信講座は第一次・二次共に5万円以上かかりますから、けっこうな出費といえば出費です。

アクチュアリー

アクチュアリーは保険会社に転職したい人にはおすすめの資格です。

数学的な知識を使って金融商品の設計を行うために役立つ資格がアクチュアリーで、「保険数理士」などと呼ばれることもありますが、この資格を持っている人材は不足しているのが現状なので、資格を持っていれば転職でかなり有利になります。

試験は第1次と第2次に分かれており、1次の合格率は10〜20%、2次の合格率はわずか2〜5%です。

試験は年1回、12月に東京と大阪で開催されますが、試験の要項は6月頃に日本アクチュアリー協会のホームページに掲載されます。

フィナンシャル・プランナー

コンサルタント系の資格であるフィナンシャル・プランナーも取得しておいて損のない資格の一つです。

フィナンシャル・プランナーの資格には、実は国家資格の「FP技能士」と民間の資格である「AFP,CFP」の2つがあります。

どちらも幅広い分野で役に立つ資格で、金融業界の他に住宅メーカーや物件仲介業などへの転職でも高く評価されます。

フィナンシャル・プランナーの資格を取るための勉強は通信講座でもできますので、現在の職場で働きながら資格取得の準備をすることができます。

資格試験に関する詳細は日本FP協会のホームページに掲載されていますので、まずは概要を把握してみましょう。

金融業界に転職するならこのエージェントがおすすめ!

転職活動は自分一人だけで行うことも不可能ではありませんが、書類選考の他に面接などをこなさなければならないので、現在働いている職場に支障をきたさないように転職活動を進めていくのは至難の技です。

そこで頼りになるのが転職エージェントですが、金融業界に的を絞って転職を考えているのであれば、金融に強いエージェントを探すのが早道です。

転職エージェントでは面接の日程調整などもすべて担当してくれますし、エージェントが優秀であれば年収2数十万円の違いが出てくることもありますので、上手に活用して悔いのない転職をしたいものです。

登録者の多い人気の「マイナビ金融Agent」

金融に特化した転職エージェントの中でも特に人気の高いのがマイナビ金融Agentです。

マイナビといえば豊富な転職求人案件を扱っていることで知られていますが、そのマイナビならではの膨大な情報量を活かしているのが金融部門に特化しているこの転職エージェントです。

専任のキャリアアドバイザーは全員が金融畑出身ですから、的確なアドバイスとサポートを受けることができます。

最初に徹底したヒアリングを行い、希望者各人に適した転職先を紹介してくれるだけではなく、応募書類の添削なども行なってくれます。

マイナビ金融Agentが扱っている案件数は公開されているものが約10万件、非公開求人も約3万件ありますから、必ず気に入った職場が見つかるのではないかと思います。

外資系金融の案件が多い「KOTORA(コトラ)」

エグゼクティブの求人を扱っているエージェントを探しているのであれば、コトラもおすすめです。

金融業界の求人は常時1,500件以上を扱っていますが、いずれも厳選された情報ばかりです。

大手金融機関出身のコンサルタントがそろっているのもコトラの特徴で、的確なキャリアコンサルティングの下に転職活動をサポートしてくれます。

内定応諾後もスタートアップを支援してくれるなど、中・長期的なサポートがコトラのメリットです。

「ムービンストラテジックキャリア ファンド・M&A 金融転職」もおすすめのエージェント

条件の良い金融系の会社に他業界から転職するのはなかなか難しいものですが、ムービンストラテジックキャリア ファンド・M&A 金融転職に登録しておけばきめの細かいサービスを受けることができます。

ムービンストラテジックキャリア ファンド・M&A 金融転職のコンサルタントのほとんどは大手金融機関の出身者ですから、業界とのコネクションも多く、魅力ある企業の最新情報を提供してくれます。

まとめ

他の業種から金融業界に転職するのは決してたやすいことではありませんが、やる気があってしかも転職に有利な資格を取得する勉強を続けていけば、いつかは達成することができます。

大切なのは、自分に最適な職場を見つけるまで努力を怠らないことにあります。

「なぜ金融業界でなければならないのか」「自分は本当に金融業界に向いているのだろうか」の2点を今一度熟考した上で、後悔しない転職をしたいものです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。