転職したけれど馴染めない、人間関係につまずいた時の対処法とは

転職において、入社後のミスマッチは極力避けたいと誰しもが思います。しかし、実際、転職後、新しい職場に馴染めないと悩む人は多いです。職場に馴染めない原因は、職場環境によっても異なりますが、環境にかかわらず共通する問題もあります。

転職後に辞めたいと思ったことのある人は、どのような問題に直面しているのでしょうか。実情をもとに、解決方法や自分でできる対策を検討してみましょう。

おすすめの就職サービス

馴染めないことが理由で転職する人の割合

リクルートのアンケートによると、転職経験者で新しい職場に馴染めなくて辞めたいと思ったことのある人は6割を占めています。

転職後に辞めたいと思ったことのある人にその理由を聞くと、75%の人が人間関係と回答し、圧倒的に多くなっています。次に仕事の進め方や社風、労働時間などの働き方が続いています。

転職して1ヶ月はわからないことも多く、ミスを繰り返してしまうこともあります。仕事の進め方が合わず、不安やストレスを感じる人もいるでしょう。その上、人間関係に馴染めず、前職ほどコミュニケーションが円滑に進まないとなるととても大きなストレスとなってしまいます。

ただし、転職後のやめたいという気持ちは約半数の人が3ヶ月で解消されています。中には、2週間や1ヶ月で解消されたという人もいます。

仕事を覚えていくうちに職場のルールを把握できるようになったり、わからないことを解消するために上司や同僚と積極的にコミュニケーションをとることで馴染めるようになってきたりなど、自ら行動を起こして悩みを解決している人もいます。

解決までに時間はかかったが、部署の移動や上司が変わったなどの環境の変化に伴い、馴染めないなどの人間関係の問題を解消できる場合もあります。

転職して馴染めないからといって、すぐに後悔をしてしまうのは少し早い判断なのかもしれません。まずは、解決するために自分にできることはないか、検討してみるようにしましょう。

転職先に馴染めない人の特徴

転職先に馴染めない人の中でも特に多いのはコミュニケーションが苦手という特徴です。例えば、挨拶をしない、返事をしない、話を聞かない、話をしない、声が小さい、などの特徴があげられます。対して職場に馴染める人は、明るい、笑顔、積極的にコミュニケーションをとる、話しかけやすい、仕事の飲み込みが早い、などの特徴があるとされています。

社会生活で基本になるのはやはり挨拶です。挨拶や返事すらできず、職場に馴染めないというのは、どこへ転職しても状況を改善することはできません。基本的な社会人としてのマナーは守るようにしましょう。

入社して新たに仕事を覚えることに手こずってしまうことは誰にでもあることです。わからないことやできないことをすぐに周囲に相談したり、聞いたりするようにしましょう。

たとえ仕事が大変でも、人間関係が良好な職場ではストレスも感じにくいといわれています。今後の職場環境をよくしていくためにも、少し意識して積極的に周囲とコミュニケーションをとるようにしていくことが大切です。会話が苦手という人も挨拶一つでも、周囲の感じ方は変わります。

仕事にはチームワークが欠かせません。1人でできる仕事には限りがあります。円滑に仕事を進めていくには、お互いのサポートが必要です。職場に馴染めないという悩みをできる限り早く解決できるよう、まずは周囲との接点を持ちましょう。自分を知ってもらうこと、そして、相手を知ることが大切です。

転職先で馴染めない原因とは

転職先で馴染めない原因は、個人的な理由である場合が多いですが、会社の職場環境が元々自らに向いていないという場合も考えられます。

例えば、新卒文化が強い会社。社員の大半が新卒採用で中途採用は補填要員という会社は、転職者にとって馴染めない可能性の高い職場といわれています。新卒採用で同じスタートラインに立っていれば何となく社内の関係性がわかりますが、途中からだと改めて社内の関係性を聞くのも難しく、うまく馴染めないことがあります。

仕事に直接的に関係のあるルールでなくでも、社内の人間関係によって業務の進め方が少し異なっていたりする場合は、知っていた方が仕事を進めやすくなることもあります。相手には悪気がなくても、転職者にとっては疎外感を抱いてしまい馴染めないと悩んでしまう人もいます。社内で人脈のある人と繋がりを持ったり、中途採用者の同期に相談してみたりすると安心できるかもしれません。

中途採用では、しっかりと交渉を行い、好条件で転職できる人もいます。そうしたキャリア採用の場合は、社内でコツコツ頑張ってきた人に、条件に見合った能力を本当に持っているのか厳しい目でみられてしまう可能性も高いです。相手の期待に応えられない場合は、否定的な目を向けられてしまうこともあります。周囲に受け入れてもらうには、即戦力として結果を出すしかなく、プレッシャーは大きくなってしまうかもしれません。

また、よくあるのが、上司や同僚と合わないという意見です。原因は性格の不一致であることが大多数ですが、あまりに意見が合わない人が多い場合は、根本的な会社方針に馴染めていない可能性もあります。転職をする前に、しっかり会社方針や社風をリサーチしておくようにしましょう。

性格の不一致で対人関係が悪くなり馴染めないと悩んでいる人は。まず、合わないと感じる上司や同僚の性格を分析してみると良いでしょう。周囲に印象を聞いたり、相談をしてみたりすることで、そのような待遇を受けるのは自分だけではないと気付き安心する人もいます。

その性格に合わせてコミュニケーションの取り方を変えていくことができればなお良いでしょう。

会社にはそれぞれ独自のカルチャーがあります。例えば服装、外資系金融に行けばかっちりとしたスーツを着こなす人が多いです。一方、IT系ベンチャー企業は、Tシャツやスニーカーでのカジュアルな服装で出勤する人も多くいます。コミュニケーションをとることが苦手でうまく馴染めないと悩んでいる人は、まずは企業独自のカルチャーに合わせて服装を変えてみるのも良いでしょう。見た目が周囲に与える影響は大きいです。

話しかけやすい雰囲気を出していれば、コミュニケーションを円滑にとることができる人から声をかけてくれる場合もあります。小さな変化でも、馴染めるようになるきっかけとなるでしょう。

転職先に馴染めない時の対処法

転職でキャリアのやり直しはできますが、履歴書に残る経歴は消せません。馴染めないという理由で3ヶ月以内にやめてしまうと、次の転職活動が困難になる可能性も高くなります。基本的に採用側は、1年以内で離職している人に対してあまり良い印象を持ちません。書類選考で不利にならないためにも、1年以上は勤務したほうが良いといわれています。

ただし、馴染めない状態で仕事を続けるのは辛いものがあります。転職経験者が職場に馴染めるように実施していることを参考に、状況を改善する努力をしてみましょう。

会話が苦手で職場に馴染めない人も、笑顔で挨拶をしたり、顔と名前を覚え業務報告をする際は名前で呼んだりすることはできると思います。馴染めないという不安は、当たり前のことを積み重ねていくだけで自然と解消されることもあります。些細なことから始めてみましょう。

また、わからないことは抱え込まず積極的に聞くようにすることが大切です。転職したばかりでわからないことが多いのは当然のことです。わからないことをそのままにしてしまうことの方が後々トラブルの原因となり兼ねません。前向きな姿勢で業務を学ぼうとすることが大切です。

そして周囲に助けてもらったら、必ず自分もできることがあれば手伝うようにしましょう。

転職したばかりは意気込みも強く、早く結果を出したい、活躍したい、と無理をしてしまう人も多いです。しかし、意気込み過ぎて業務を抱え込んでしまうと、後々自分の負担が重くなってしまったり、仕事が中途半端になってしまったり、返って効率的に仕事ができなくなってしまうこともあります。無理をし過ぎず、大変だと思ったら周囲に仕事の進め方や業務量について相談してみるようにしましょう。

相談を持ちかけて自分の状況を周囲に知ってもらうことでも、馴染めないという問題が解決できることがあります。弱みを見せると人は心を開いてくれるという側面を持っています。変に自分を誇示せずに振る舞うことで、自分も周囲も打ち解けやすくなるでしょう。

おわりに

転職後、職場に馴染めないと悩みを抱える人は多いです。馴染めない原因を探り、努力をしても解決できないこともありますが、大半の人が3ヶ月で馴染めないという問題を解決しています。解決方法は難しいことではなく、細やかな心がけ一つで状況を変化させることができる場合が大多数です。不安を抱え込み過ぎず、前向きに現実と向き合ってみましょう。

ポイントは以下の4つです。
・転職先に馴染めず辞めたいと思ったことのある人は6割を占めている
・転職先に馴染めない人は、挨拶をしないなど些細なコミュニケーションが取れない
・転職先に馴染めないのは、会社のルールや社内関係を把握できていないことが原因
・転職先に馴染めない場合は、相手の名前を覚えるなど小さなことから改善する

会社によって雰囲気が違うのは当然のことです。自分が馴染めないからといって、一概に転職先に問題があるとは限りません。同じ職場でも楽しそうに仕事をしている人もいるでしょう。馴染めないからとすぐに退職してしまうと、自らのキャリアに傷がついてしまうこともあります。まずは、馴染めない原因は何か、自分で改善できることはあるか、考えてみるようにしましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。