なぜ最終面接の結果が遅いの?転職する際に知っておきたい重要ポイント

転職活動中、最終面接の結果が遅いと不採用になったのではないかと心配になる人もいると思います。転職活動を続ける必要があるのかの判断も早くしたいところです。できれば、面接結果は早くわかる方が良いと感じている人も多いでしょう。

しかし、転職活動において、最終面接の結果が遅いということはよくあることです。不要な不安を抱えない為にも、連絡が遅くなる理由や結果待ちをしている間にするべきことを把握しておきましょう。

おすすめの就職サービス

転職時、最終面接の結果が遅い理由

最終面接が終わったその場で結果を言い渡されることもありますが、後日結果を連絡するといった会社が大半です。2、3日経っても連絡が来ないと、不安を感じる人もいると思いますが、実は、2、3日で最終面接の結果が出るのは早い方、1週間待つことが普通といわれています。最終面接の結果を1週間以上待つことも珍しいことではありません。それでは、なぜ、最終面接の結果はすぐにでないのでしょうか。

一般的に、新卒採用より中途採用の方が企業は慎重に人材を選ぶとされています。転職者を採用する場合は、新卒を採用するよりも費用がかかり、その分だけ慎重に協議をする必要があるからです。

複数の応募者がいた場合、有力な候補者を比較検討し、その上で採用をするか考えたいという会社が多いのも確かです。全員の面接が終わるまでに1週間かかり、そこから有力な人材を検討するとまたさらに時間がかかります。最終的に候補者を絞った上で、採用費用なども検討するとなると、また結果を出すまでに時間がかかり、最終的に面接結果を連絡するのに2週間程度かかってしまった、ということはよくあります。

中途採用は新卒採用と違い、転職希望者が応募してくる日にちもバラバラになります。同じ職種の募集でも、応募日時が前後する為、面接日が1週間以上ずれることも珍しくありません。はじめに面接を受けた人は、最後に面接をする人を待つことになると考えておきましょう。

その上、大きい企業になる程、多数の役職者の承認が必要となり、何段階にも承認を得なければいけません。応募者が多い上、社内で最終決定をするのにも時間がかかるので、大企業は特に結果が遅いことが予測されます。

最終面接の場合は、当初予定していたポジションとは別のポジションでも検討をする場合もでてきます。違うポジションで採用を検討する場合は転職者本人に連絡をする前に、一度人事担当者と現場担当者で採用を検討します。通常一段階で結果をだせるところが二段階になるので、結果を連絡するのが遅くなってしまいます。

基本的に、転職の場合は、最終面接の結果が遅いと思っていた方が良いかもしれません。応募する会社の規模や職種の多様性なども考慮し、最終面接の結果にどの程度時間がかかるか予測しておくと安心でしょう。

最終面接の結果が遅い、転職エージェント側の理由

転職活動を進める上で、転職エージェントを活用する人もいると思います。最終面接の結果が遅い時、転職エージェント側にも理由はあるのでしょうか。

転職エージェントに紹介された企業に応募した場合、先行結果の連絡は転職エージェントの担当者から伝えられます。担当者によっては、面接の不合格を合格に変わるよう交渉をする人もいます。

例えば、転勤ができないことが理由で最終面接が不合格となった場合、担当者は関東圏なら転勤できると聞いていた為、関東圏の転勤のみという条件で合格に変更できないか交渉をすることがあります。採用側が一度出した結果を再度検討し直す事になるので、通常よりも最終面接結果を連絡するのが遅くなってしまいます。

また、転職エージェントによってはノルマがある場合もあります。単に、不合格であることだけを伝えるのではなく、同時に別の応募案件も案内したいと考える担当者もいます。不合格の連絡を受けてから、案件を探す必要があったので、転職者に最終面接の結果を伝えるのが遅くなってしまったという例もあることは確かです。

転職エージェントが大きな原因となり最終面接結果が遅い、ということはそう多くはありませんが、1人間に入っているその分だけ、結果が伝わるまでに時間がかかると想定できます。連絡が遅いと不安になる人は、こまめに状況確認をしてくれるような担当者に依頼すると良いでしょう。

転職時、最終面接の結果が遅い場合の対処法

最終面接の結果が出るのは1社とは限りません。基本的に結果が遅いことはわかっていたとしても、他で採用の結果がでている時は、明確な期日を知っておきたいと思う人もいるでしょう。

最終面接の結果が遅いと、先行状況だけでも知りたいと感じる人もいると思います。

基本的に1週間待っても最終面接の結果が返ってこない場合は、問い合わせをしても問題ありません。ただし、会社によっても採用状況は様々です。大企業の最終面接結果は遅いとわかっていながら1週間で結果を問い合わせるのは気がひけるという人もいるでしょう。あらかじめ、面接時にいつまでに結果連絡をするか聞いておき、その期日が過ぎても連絡がなかった場合は問い合わせるようにすると安心です。

企業に直接面接結果を問い合わせる際は、印象を悪くするポイントをつくらないようにすることが大切です。

面接結果が遅いからといって、「早く結果をだしてほしい」「いつ結果がでますか」といった催促をするような問い合わせではなく、「いつ頃までお待ちすればよろしいでしょうか」と相手が返答に余裕をもてる尋ね方をするようにしましょう。

ビジネスの場であっても、結果を問い合わせるということは悪いことではありません。商談で提案先の企業に「一度持ち帰って検討します」と言われ、しばらく返答がない場合は「その後どうなりましたか」と確認の連絡をするのは当然とされるコミュニケーションです。

相手に嫌な印象を与え、自らの評価を下げてしまうような尋ね方をしなければ、面接結果を問い合わせても問題ないので、気になる場合は状況確認をしてみましょう。

転職、遅い最終面接結果を待っている間にできること

転職の最終面接結果は遅いものとはいえ、その間何もせずにただ連絡を待つのは時間を無駄にしてしまいます。遅い、最終面接結果を待っている間にやっておくと良いことを把握し、時間を有意義に使うようにしましょう。

最終面接に合格した場合、内定のオフォーから回答期限が短いことが大半です。どのような条件であればすぐに返事を出すことができるのか、あらかじめ自分の判断基準や絶対必要とする条件を明確にしておきましょう。

当初予定していた条件とは異なる内容であれば採用となる場合もあります。希望していた職種以外でも対応可能であるのか、勤務地はどこまでなら対応できるのか、詳しい自身の対応基準を設けると同時に、想定していた福利厚生と相違がないかも必ず確認するようにしましょう。

また、合わせて、最終面接の結果が不採用であった場合も考えておきましょう。遅い結果を待つ上、不採用となりその間何も準備をしていなかったとなると、また振り出しに戻って転職活動をしなければいけません。極力時間をかけずにスムーズな転職をするためにも、あらゆる可能性を含めて準備をしておきましょう。

まず、最終面接の結果を待つ間に、現在の転職活動状況や脂肪順位の整理をしておきます。第一希望の最終面接の結果を待っている間に、第二志望の第一面接を受けたり、第三志望に応募し書類を作成したりするなど、段階を重ねながら転職活動を進めていくと、時間を有効活用することができます。

最終面接の結果が遅い場合は、さらに今まで検討してこなかった職種や業界のリサーチを行うのも良いでしょう。自分の希望する労働環境にあう会社を見落としていたことに気がついたり、他の職種に興味を持つことで視野を広げたりすることができます。他の選択肢を用意しておけば、採用されたけれど絶対外せない条件が含まれていなかった間合いも、迷うことなく判断することができます。

また、採用にあたって新しい職場で働き始める際の準備は何が必要なのかもシミュレーションしておくと、余裕を持つことができます。現職を退職するにあたり必要な手続きは何か把握しておくのも良いでしょう。

内定の回答期限に迫られ、他の最終面接の結果を待っていられないということのないよう、応募の段階であらかじめ細かくスケジュールを組んでおくことも大切です。一人でスケジュール管理をすることが難しい場合は、転職エージェントなどを活用し、第三者の力も借りてスケジュール管理をしてみましょう。焦らず、精神的な余裕を持っておくことも転職活動にとって欠かせません。

おわりに

最終面接の結果が遅いと、不採用になったのではないかと心配になる人もいると思いますが、結果が遅いからといって不合格には直結しません。転職の場合は、新卒の就職活動よりも時間がかかるということを念頭に入れ、時間を無駄にしないようにしましょう。

ポイントは以下の4つです。
・転職の場合は、中途採用となり応募のタイミングが異なるため採取面接の結果が遅い
・転職エージェントの最終面接結果連絡が遅い場合は交渉をしている可能性がある
・転職は最終面接の結果が遅いが、予定の期日をすぎている場合は問い合わせてもよい
・最終面接の結果は基本的に遅いことが多いのでその期間を有効的に使うようにする

企業が中途採用をする場合は、調整や手配に時間がかかります。面接結果が遅いのは応募者に要因があるとは限らないことを理解し、焦らず面接結果を待つようにしましょう。しっかりと計画的な転職活動をしておけば、結果が遅いからといって困ることもなくなります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。