転職を成功させたい!今、おすすめの職種とは

転職活動をするにあたり、職種が明確である場合は、その中でおすすめされる職場環境にアプローチをかけていけば良いですが、中には「最近仕事が楽しくない」「思っていた職種と違った」など漠然とした理由から転職を検討する人もいると思います。世の中には多くの仕事があります。膨大な職種の中から何となく今より良い仕事を見つけ出す、というのはなかなか難しく、思うような転職ができない可能性も高くなってしまいます。

転職後のミスマッチで悩むことがないよう、最近人気のある職種や実情を参考に、転職の具体的なイメージをつかんでいきましょう。まずは、転職におすすめの職種から紹介していきたいと思います。

おすすめの就職サービス

転職におすすめの職種

転職に具体的なイメージがない場合は、まず、働き方で職種を検討していきましょう。

安定した職場環境を求める人には、公務員への転職がおすすめです。この職種は、若年層を特に多く募集しており、基本的に真面目な人材であれば必要とされます。ただし、30歳以上で公務員へ転職を検討する場合は、専門的な知識や能力があり、即戦力となることが条件になる可能性が高いので、検討する公務員の職種によって必要な資格や知識は何か、事前に把握しておきましょう。

残業がなく、休日が多く取れる職場環境を求める人には、製造職への転職がおすすめです。中でも、長い間売れている商品や多くのヒット商品をつくる会社の製造業は、他の職種と比べると労働条件が優れている企業が多く、長い間勤めることもできます。50年以上人気がある食品や日用品の製造業は何か、事前に市場調査しておくと良いでしょう。

また、認知度が低くても少数の企業でしか造られていないようなニッチな商品を扱う会社もおすすめです。

将来性を重視したい人には、ITエンジニアへの転職がおすすめです。この職種は、インターネットが急速に普及する中で募集が急増しています。専門的な知識や技術が必要なイメージがありますが、プログラマーやネットワークエンジニアであれば転職が可能な場合が大半です。未経験でも採用している会社もあり、入社後に研修やOJTで指導を受けながら技術を磨いていくことができます。

市場を拡大し続けているIT業界の中でも、重要しされやすく、専門的な知識もつくので今後のキャリアアップにも役立てることができるでしょう。

キャリアアップをしたい人には、営業職への転職がおすすめです。職種としてはノルマがあるなど厳しいイメージはありますが、営業職のスキルは万能性が高いというメリットもあります。営業のノウハウ以外にも、取り扱ったモノの専門知識を得ることもでき、後々の転職活動にも有利になることが多いです。営業職で一度スキルアップし、さらに上を目指していくのも可能性が広がって良いでしょう。

その他、転職がしやすく、将来性もある職種としては、看護や介護といった医療・福祉の業界があります。業界としては常に人材不足であるため、採用されやすく、少子高齢化の影響もあり当面は職がなくなることのない安定した職種となっています。

ただし、体力勝負となる場面は多く、精神的にも厳しい状況に直面する現場であることも確かです。医療・福祉の職場環境でやりがいをみつけていくことができる人でないとおすすめできません。また、看護師の場合は、国家資格を持っていないと転職することができないので、専門知識を勉強する期間も念頭に入れ、転職の時期を検討する必要があります。

職種だけでなく転職におすすめの業界も把握しよう

働いてみたい職種が具体的でない場合は、まず業界の実情を把握して全体像をつかみましょう。

インターネットの急速な拡大が進む近年、IT業界は伸びしろの多い業界として注目されています。この業界は、時代に合わせて次々とニーズが拡大し、技術も常に最新のものへと変化しています。多くの可能性を秘めている業界といえるでしょう。未経験採用も積極的におこなっているので、比較的転職しやすい職種を探している人におすすめの業界です。

ただし、この業界にはブラック企業などが多い印象を持つ人もいます。年々需要が高まっていく一方、人材は不足し、人手不足が原因して過酷な労働環境となってしまう会社があるのも確かです。職種としては、個人のスキルが非常につきやすく、広く採用してもらうことができるというメリットはありますが、転職する会社の労働環境を詳しくリサーチしておかないと、入社後に仕事量が多くて困ってしまう可能性もあります。

デジタルコンテンツを扱うよりも対人の方が得意と感じる人には、接客業への転職がおすすめです。

この業界は、マニュアルが完備されていることが多く、入社後に研修を受ければすぐに実務経験を積むことができます。職種もホテルやアミューズメント、美容、ブライダルなど幅広く、多くの選択肢の中から転職先を選びたい人におすすめの業界です。学生時代に接客のアルバイトをしていた人は、転職に有利になる傾向もあり、多くの求人が出ています。

対人を中心とする職種には、専門商社などもあります。総合商社と比べて事業領域は狭いですが、入社後に研修や指導を受ければ経験者でなくても働くことができ、業界への専門的な知識を身につけることができます。前職で営業経験をしていた人はもちろんのこと、未経験で営業職へ挑戦してみたいと思っている人にもおすすめです。

その他、最近では、IT機能を搭載した車や自動運転など開発に伴い、巨大産業メーカーも注目されています。自動車関連の業務経験がなくても、IT企業の経験者や理系大学の出身者であれば採用している企業も多く、未経験でもチャレンジできる可能性があります。幅広いバックグラウンドを生かすことができる職種を探している人におすすめの業界です。

業界全体としての実情を把握することで、転職先の職種について詳しくイメージすることができます。気になる転職先をみつけたら、その職種は業界全体としてどういった状況にあるのか把握しておくと良いでしょう。

おすすめ職種に転職する前に、見極めるポイント

おすすめ職種といっても、全てが良い労働環境であるとは限りません。転職後に「職場環境に馴染めなかった」「想像していた職種と違ったといった」という問題に直面しないように、見極めポイントをもとに事前にリサーチをしておきましょう。

まず、気になる職種を見つけたら、その業界全体としての離職率を把握しましょう。離職率が非常に高い業界は、労働環境が厳しいことが予測されます。例えば、休日の回数が少なかったり、賃金の浮き沈みが大きかったり、残業が多かったり、上下関係が厳しかったりなどのリスクが考えられます。憧れの人気企業であっても、他の職種と比べたら雇用条件が悪いという問題は多々あるということを念頭に入れておきましょう。

逆に、離職率が低い業界は、転職先の職種として注目を浴びていなくても長い目でみると安定していたり、長期雇用をしてもらうことができたりと、表立っていないが大切なメリットを持ち合わせている可能性があるのでおすすめです。

IT関連の職種のように、新たなサービスや新たに市場を拡大している職種は、将来性が期待され注目されやすい転職先となっていますが、50年、100年と長い歴史を持つ業界も優良な職種が多いとされています。

新しい業界に安定性があるのか不安に感じるという人は、柔軟性やモチベーションを持ち続け、社会の変化に対応していく術を学べるような老舗企業を選ぶのもおすすめです。

未経験から転職しやすいおすすめ職種

美容やブライダル、ホテル、アミューズメント、交通、旅行、フード、販売に携わる職種は、未経験でも採用されやすい転職先を探している人におすすめです。

その他、有効求人倍率が高い職種は、求職者に対して多くの求人がでている為、間口が広く転職しやすくなっています。中でも建築業界や自衛官・消防員・警備員といった保安の職種は、求人が多く、未経験でも採用されやすいのでおすすめです。

未経験の職種に転職を検討する場合は、入社後のミスマッチをなくすために、社風や社内の教育体制を詳しくリサーチしておきましょう。また、未経験でも採用されやすいおすすめ職種だからといって、離職率が高かったり、業績が好調でなかったりする転職先を選んでしまうと、入社後にリスクを負ってしまう可能性もあります。必ず、業界全体としての業績が好調で積極的に増員したい状況である会社を選ぶようにしましょう。

おわりに

理想的な職場へ転職するには、一般的に転職先としておすすめされている職種だけでなく、業界全体の業績や離職率、職場環境なども合わせて検討していく必要があります。自分一人の力では、なかなか職種を絞ることができない場合は、転職エージェントにおすすめを聞いたり、業界の流れを聞いたりと、第三者の力も借りていきましょう。

ポイントは以下の4つです。
・転職先に具体的なイメージがない時は、希望の働き方に合わせておすすめ職種を選択
・おすすめの職種だけでなく、転職を検討する業界全体の実情も合わせて把握する
・おすすめ職種だけでなく、転職を検討する業界の離職率や業績も合わせて検討する
・未経験におすすめ職種の中でも、業績好調で積極的に増員したい会社へ転職する

転職する人が多くなった近年、おすすめの職種といっても様々で、多くの選択肢が増えました。転職後のミスマッチで困ることがないよう、幅広い視野を持って転職活動を行いましょう。転職におすすめの職種や業界を参考に、候補を絞ることができたら、具体的なアプローチを行う前に、詳しい情報収集をすることが大切です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。