転職活動が職場でばれるとどうなる?!デメリットを知って上手に対策しよう

次の仕事まで空白期間ができないよう、できれば転職活動は在職中に進めておきたいものです。周囲に知られず、全てが決まった後に報告するのがベストですが、途中で転職活動がばれるケースは少なくありません。

密かにはじめていたはずの転職活動は、なぜばれてしまうのでしょうか。まずは、職場で転職活動がばれるデメリットからお伝えしていきたいと思います。

おすすめの就職サービス

在職中の転職活動がばれるデメリットとは

部下や同僚の転職活動を前向きに捉えてくれる人はそう多くはありません。実際に在職中に転職活動をしていることがばれてしまった人に話を聞くと、「職場で無視されるようになった」「普通の仕事すら任せてもらえなくなった」「嫌な仕事ばかりがまわってくるようになった」「有給が取れなくなった」「残業や休日出勤が増えた」など、あまり良い話は出てこないのも確かです。

転職先がすぐに見つかるとは限りません。人間関係や労働環境が良好ではない状態が続く中で転職活動を進めるのは、精神的にも負担が大きくなってしまいます。それどころか、やはり現職で頑張った方が良さそうだ、と感じたときに後戻りできなくなってしまうという問題も生じます。

働きながら転職活動をすること自体は、決して悪いことではありません。入念に人生計画をしていたり、目標を高く持っていたりする人は、現職で頑張りながら次のステップアップをするために転職活動を進めていくものです。しかし、実際問題、職場によっては転職活動をしているということは、今の仕事にやる気を持っていないとみなされてしまうことは少なくありません。

理想的な転職先が見つからず、今の職場で変わらず働くことになった場合、転職活動をしていたことがばれることによって、昇進や評価に響くこともあります。

近年では、転職者の割合も増え、転職活動をすること自体に悪い印象を持つ人は少なくなってきていますが、やはり日本では「転職しようとしていた人はいつ辞めるかわからない」という不安を抱く上司や会社が多いのも事実です。

退職してから転職活動をするには、リスクが伴います。失業手当を受けながら転職活動を進めるとしても、次の職場が見つかるのに時間がかかれば焦りが生じます。焦って転職先を決めてしまうことで、以前と変わらない問題に直面したり、前職よりも職場環境が悪くなったり、収入が減ってしまったりと良い転職ができない可能性も高くなってしまいます。

転職がばれるのも心配だし、退職してからの転職活動には不安があるし、とキャリアアップにチャレンジできなくなってしまう人もいるでしょう。せっかくの可能性を狭めてしまうのはとても残念なことです。

チャンスを無駄にしない為にも、ばれる心配の無い転職活動をして、仕事をしながらリスクのないキャリアアップをしていきましょう。それでは、具体的に、ばれる心配の無い転職活動をするにはどうしたら良いのでしょうか。転職活動がばれる原因から探っていきたいと思います。

会社に転職活動がばれる原因とは

自分はばれる心配の無い転職活動をしていると思っていても、思わぬところを周囲が見ていて、転職活動がばれてしまうことがあります。

例えば、服装。応募先に面接へ行く際は、スーツなど改まった服装をします。普段からカジュアルな格好で出勤している人が、急にスーツやかしこまった服装をしてくると、周囲はいつもと違うなと感じます。特にスーツに違和感を感じられてしまう場合は、面接に行っていると簡単に察知されてしまいます。

在職中に転職活動をする場合は、プライベートの時間を削って応募書類をつくったり、リサーチを行ったりしなければいけません。できる限り残業は減らし、可能であれば有給も取りたいといった思いが生じます。今まで、残業をすることが当然だった人が急に定時退社をするようになったり、有給を頻繁にとるようになったりすることで、様子が変だと思われ転職活動をしているとばれることもあります。

また、早く転職先を見つけたいという思いから、どうしても今の仕事がおろそかになってしまい、やる気の無い態度をとっているように周囲に見られてしまうこともあります。在職中に自分の時間を削って転職活動をすることでゆっくりとリッラックスする時間がなくなってしまう場合もあります。体力はもちろん精神的にも負担となり、これまでのように精力的に仕事へ取り組めなくなってしまうこともあるでしょう。

そうした体の不調による生産力の低下であっても、周囲には「最近手を抜いている」「もうこの仕事が嫌になってやめたいと思っているのではないか」と捉えられてしまうことがあります。誤解を招くようなかたちにより辛い思いをしてしまう人もいます。どんどん目の前の仕事から気持ちが離れていくと、転職活動がばれることのないよう配慮すること自体、怠ってしまうようになってしまう場合もあるでしょう。

会社の人とつながっていなくても、SNSなど発信した何気ない言葉が転職活動をしているとばれるきっかけとなることもあります。

周囲に配慮しながら転職活動をすることができるよう、無理をしないことが大切です。

転職活動がばれるのを防ぐには

転職活動は、会社にばれることのないよう、自分でコントロールすることができます。
転職活動がばれる原因に共通しているのは、普段と違う行動です。逆にいうと、普段通りに振る舞い、目の前の仕事に打ち込むことができれば、在職中の転職活動を恐れる必要はありません。

今までのように仕事に取り組んでいると、転職活動をする時間がなかなか取れない、という人は、転職エージェントを利用して応募先を探す手間を省いてみましょう。書類作成や面接準備のサポートも受けることができるので、一人で苦労よりずっとスムーズに転職活動を進めることができます。

面接に行くことで周囲に転職活動がばれることのないよう、面接の日程を調整してもらったり、服装に考慮してもらったりと直接頼みづらいようなことも、キャリアアドバイザーから採用担当者に伝えてもらうことができるので安心です。

一方、転職サイトを使う場合は注意が必要です。転職サイトによくあるスカウト機能は、企業が転職希望者の情報をある程度把握できるようになっています。転職サイトにもよりますが、応募をしなくても現職の会社名や職種、年齢、住んでいる地域などの情報は公開されてしまいます。

もし、自分が働いている会社が新たな人材を探していたらどうなるでしょう。

たまたま同じ転職サイトのスカウト機能を利用して人材を探していたら、マッチする人の候補にうちの〇〇さんが当てはまる。なんてことで転職活動がばれることもあります。在職中に転職活動をする場合は、極力スカウト機能は避けたほうが良いでしょう。

せっかくだからスカウト機能も上手く活用したいという人は、自分のレジュメを見られないよう、自社をブロックすることができる転職サイトのスカウト機能を使うことをおすすめします。

実際にあった転職活動がばれる例

ばれる心配のない転職活動の方法を事前にリサーチして、周囲に配慮していたのにばれてしまった。という人も中にはいます。
実際にあった転職活動がばれる例を参考に、自分に見落としている部分がないか検討してみましょう。

前章で転職エージェントを利用すると自分に余裕ができ、転職活動がばれることのないよう周囲に配慮しやすくなるとお話しましたが、ちょっとした見落としによってばれてしまった例があります。

転職エージェントを利用するとメールだけではなく電話でも連絡がくることがあります。電話の時間は基本的に土日あるいは平日の夕方以降と考慮をしてくれますが、残業をしていたり、会食をしていたりと身近な所に同僚がいる状態で電話がかかってくることもあるでしょう。電話に転職エージェントの名前が表記されたのを見られてしまい、転職活動をしていることがばれるという例は少なくありません。

連絡先登録や表示名は、周囲から転職エージェントとわかる名前ではなく、キャリアアドバイザーの担当者名にするなど、些細なことでばれることがないよう配慮しておきましょう。

また、転職エージェントを利用するとサイトからのメールも増えます。職場でメール確認をしている際にディスプレイ上に転職エージェントからのメールがたくさん届いていることを周囲に見られ、転職活動ばれるという例もあります。メールアドレスは転職関連のみで利用するフリーメールを作成し、職場では開く必要のない状態にしておくと良いでしょう。

転職サイトを運営している企業が開催する転職フェアで、知り合いに出くわし会社に転職活動がばれる例もあります。在職中に転職活動をする場合は、転職フェアなど多くの人が集まるところは極力避けたほうが良いでしょう。

おわりに

在職中に、ばれることなく転職活動をするには、周囲への配慮がとても大切になります。うっかりした行動からばれることのないよう、転職先が決まり、正式に退職の意思を伝えるまでは、十分注意が必要でしょう。

ポイントは以下の4つです。
・転職活動がばれると人間関係や労働環境の悪化や今後の評価基準に影響する
・普段と違う行動をすると周囲に転職活動がばれる
・無理な転職活動や自社に配慮せずスカウト機能を利用すると転職活動がばれる
・配慮しないと転職エージェントからのメールや電話で転職活動がばれる

どんなに気を配っていても転職活動がばれる可能性がゼロになるわけではありません。もし、何かのきっかけで転職活動がばれてしまっても困ることがないよう、ばれた時の対応やその後の対処方法も考えておくと安心です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。