転職は当たり前になる?時代と共に変化する考え方とは

転職者の数は年々増加し、仕事を変えるのは当たり前という考え方を持つ人も多くなりました。

できれば一つの会社で働き続けたいと考えている人も、時代の変化に伴い事業方針が変わるなど、転職を余儀無くされる場合もあります。実際に転職活動へ進まないにしても、転職が当たり前となる時代にうまく適応できるよう準備をしておくと安心です。

転職活動の実情を把握しながら、今後の転職について考えてみましょう。

おすすめの就職サービス

転職を当たり前とする考え方とは

近年日本では、新卒から3年以内に3割以上の人が転職をしているといわれています。職を変えるのは、若者に限らず、厚生労働省の就業構造基本調査によれば、40代以上の転職者も増えているとされています。

考え方も様々で、キャリアアップをする為に転職を繰り返す人もいれば、1つの職場に勤め続ける予定でいたが、IT化やインターネットの普及で事業規模が縮小したことにより転職をしなければいけなくなった、という人もいます。

企業が時代の流れに合わせて事業内容を変えていくように、働く側も自分のキャリアプランやライフスタイル、希望する労働条件に合わせて職場を変えています。

実際に転職活動をしない人でも、どんな状況でも対応できるよう万能的に活用できるスキルや経験を積んでおいたり、社外の人脈をつくったり、資金を貯めておいたり、と今後を踏まえて準備を進めている人もいるでしょう。

今の仕事に満足している人は、転職のことは滅多に考えないかもしれません。しかし、未払いや遅延している給与や残業代がある場合、事業縮小で人が減ってきた、業界衰退による労働環境の悪化、勤務地が変わってしまった、成果を出したが給与に反映されない、現状より待遇の良い会社から声があった、など好きな仕事であっても会社の業績や労働環境を理由に転職をする場合もあります。

転職者が年々増えている今、突然の転職活動にも困らないよう、幅広い視野を持って準備をしておくと良いでしょう。

転職を決断する為の考え方

転職することが当たり前となりつつある今でも、新しい環境や人間関係の中で、新たに仕事を覚えていくことは、容易なことではありません。転職活動に前向きな考え方ができない人もいるでしょう。転職活動をしたからといって、スムーズに希望通りの職場へ転職できるとも限りません。給与が下がることを懸念し、現状に不満があってもなかなか行動に移せない人もいると思います。

職場環境や労働環境を改善したいが転職を決断できない人は、仕事で得られる給与以外の価値に視点を絞ってみましょう。

給与が下がったり、職場環境が新しくなり一から関係性を築かなければいけなくなったりしたとしても、それ以上に得られるものが大きければ前向きな転職となります。

「やりがいのある仕事をしたい」「スキルアップをしたい」「残業がなくなる」「働き方に融通が効く」人それぞれ考え方は異なります。自分にとって今、一番大事にしたいことは何かを考えてみましょう。

中には、希望の転職先があるが自分の何をアピールしたら良いか分からず転職を決断できないという人もいます。そういう場合は、「過去」「現在」「未来」に分けて考え方を整理してみましょう。

例えば、これまでの仕事で乗り越えてきた苦労やピンチは何か、それによって何を得て現在に至るのか、そしてその経験を次の会社でどう活かすことができるのか、具体的なエピソードを交えながら考えてみると、アピールポイントが明確になっていきます。

また、希望する転職先が求めている人材を詳しくリサーチして、相手の需要に適したアピールをすることが大切です。どんなに能力や経験があっても、相手の需要に適していなければ採用されることはありません。相手が求めることに対して、自分に何ができるか考えていくと良いでしょう。

自分では自信がなく、上手くスキルや経験をもとに自己アピールができないという人は、転職エージェントを活用して、キャリアアドバイザーから客観的な視点で自分のスキルや経験を整理してもらうとスムーズです。

転職に成功する考え方とは

転職に成功している人は、退職理由をハッキリと理解しています。退職理由は次の職場を選ぶ上でとても重要な判断基準になります。理想的な職場へ転職する為にも、転職を検討するきっかけとなった理由は明確にしておきましょう。

理由はプラスマイナス関係なく、どんなことでも構いません。次の職場を検討するに当たり、絶対譲れない条件は何か見つかれば良いのです。ただし、面接で退職理由を聞かれた場合はキャリアアップを目指す為など、前向きな意見を伝えましょう。マイナスな意見を理由として採用側に伝えると自分本位な人材とらえられてしまう可能性もあります。どんな理由でも良しとするのは、あくまでも自分のリサーチを円滑にする為です。

理由を明確にすることができ、ある程度希望の職場を絞ることができたら、転職先に求める項目の優先順位をつけていきましょう。絶対譲れない条件と場合によっては妥協できる条件、どちらも必ず明確にしておくと転職先が見つかりやすくなります。希望の職種1つに限定して転職活動をするのではなく、様々な可能性を考えて複数の求人に応募するようにしましょう。

転職活動に成功する人は、内定に至るまでの期間を長期化させません。長くかかっても3ヶ月が最大という人が大半です。そして、必要とされる職場へ転職をしています。

採用側はやみくもに求人を出しているのではなく、明確なニーズを持っています。転職先の業務内容や職場環境などをリサーチするだけでなく、なぜこの企業は求人を出しているのかも考えるようにしましょう。書類や面接対策も、各企業の考え方に合わせて、それぞれ別のものを用意すると有効的です。

現職と両立しながら転職活動をしている人は、会社ごとにリサーチする時間がない場合もあります。しかし、リサーチ不足は、転職に良い結果をもたらしません。転職エージェントを活用してキャリアアドバイザーに業界の情報を聞くなど、他者の力も借りて時間短縮をしてみましょう。

転職活動に成功する人は柔軟な考え方を持っています。
幅広い視野を持って相手のニーズに適した自己PRを考えるだけでなく、自分に足りてない部分や弱い部分も把握しています。中には、希望の職種への転職が失敗してしまっても、その反省を活かして対策することで、さらに良い条件で転職をした人もいます。

こだわった考え方を持って可能性を狭めてしまうのではなく、柔軟に自己分析をして転職への意欲を明確にしていくことが大切です。

転職活動における離職回数の考え方

転職が当然と考える世の中の流れだとしても、離職が多いことは問題にならないのか不安に感じている人もいると思います。

基本的に転職自体には、悪い印象がつくなどのデメリットはありませんが、明確な考え方がなく、無目的に転職をしていると判断される経歴は、評価が下がる可能性があるので注意が必要です。

例えば、在籍期間が短い、キャリアに一貫性がない、転職の目的がステップアップでない、などの場合は採用側にあまり良い印象を与えない可能性があります。

転職を3回以上繰り返している場合は、在籍期間を確認されることが大半です。特に、在籍期間が1年未満の場合は、マイナスの印象を与える可能性が高いとされています。在籍期間はどれも1年以上となっており、キャリアに一貫性がある場合は、転職を繰り返していてもマイナスとなることはありません。むしろ、前職でどのようなスキルがつき、それをどのように活かして転職したのかしっかり説明できるとプラスになります。

転職活動において、重要視されるのは離職回数ではなく、どのような考え方を持って働き、どのような考え方でスッテップアップしたのかということです。自分の考え方が不安定な人は、採用側にあまり良い印象を与えません。また、転職理由が「同じ会社にいても満足感が得られない」「人間関係が良くない」などの曖昧な理由のまま転職をしてしまうと、また同じ問題に直面してしまう可能性もあります。

何故人間関係が悪いのか、何故満足感がないのか、「何故」を明確にしてから転職活動に挑むようにすることが大切です。そして、自分が将来どうなりたいか詳しくイメージしてみましょう。

仕事とプライベートの両立も重要です。キャリアプランは仕事のことだけでなく、「結婚」や「子育て」といった人生プランも合わせて組み立てるとより具体性が出てきます。具体性が出てくると、会社の福利厚生などにも目がいきやすくなり、転職して働らき始めてから後悔するといくことが少なくなります。生活環境の影響で1年未満で転職をしてしまう、ということも避けることができます。

自分や会社にとって有益な転職であれば、離職回数でキャリアに傷が付くということはありません。安心してチャレンジしていきましょう。

おわりに

今後仕事を変える予定のない人も、転職を意識した考え方を持つことでキャリアの幅が広がっていきます。キャリアの考え方が柔軟になってきた今だからこそ、将来を見据えた準備をしておきましょう。

ポイントは以下の4つです。
・時代の変化に伴い転職を当然とする考え方を持つ人が増えている
・転職を決断できない人は仕事で得られる給与以外に価値をおく考え方に変える
・転職に成功している人は柔軟な考え方を持ち転職理由や自分の強みを明確にする
・転職は離職回数よりもどのような考え方を持って働きステップアップしたか重視

転職活動に柔軟な考え方を持つ人が増えた今、スキルアップのチャンスが沢山広がるようになりました。前向きな気持ちでキャリアプランを立てていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。