直接応募が有利だって本当?転職についての正しい知識を把握しよう

転職には、直接応募や求人サイト経由、転職エージェント経由など、様々な応募方法があります。手段が多くて何が一番有効的なのか迷ってしまう人や極力有利な手段を選びたいと感じている人もいるでしょう。

転職活動をスムーズに進めていけるよう、今回は、応募方法について詳しくお話していきたいと思います。

おすすめの就職サービス

転職で直接応募する際のメリットデメリット

まずは直接応募のメリットデメリットについて把握していきましょう。

転職活動において、企業が自社サイトなどで募集している求人に応募することを直接応募といいます。転職サイトや転職エージェントを介さないので、連絡や条件の調整は採用側が直接行います。企業のホームページの採用項目を確認し、その指示に沿って履歴書や職務経歴書などの必要書類を郵送もしくは応募フォームから送付するのが一般的です。

直接応募をすると、志望意識が強いと好印象を持たれる場合があります。直接応募の場合は、電話やメールで担当者と直接やり取りをします。その際に熱意や意気込みが相手に伝わり好印象を持つこともあるようです。

転職サイトや転職エージェントには、企業側が求人広告費を払ったり、入社が決まると手数料を払ったりと採用コストがかかります。転職サイトや転職エージェントには求人がない会社でも、自社HPを確認してみると求人を募集していたりする場合もあります。どうしても入社したい企業がある場合は、直接応募で挑戦してみるのも良いかもしれません。

ただし、直接応募の採用率は低いといわれています。中には、何度も直接応募で挑戦してくうちに熱意が伝わったり、会社が求める人材への理解が深まったりすることで採用に至る人もいますが、自社サイトに採用情報を掲載している場合は情報が少ない場合が多く、最初の応募で採用にたどり着くのが難しいとの意見もあります。

転職サイトや転職エージェントの求人は必要な情報は揃っており、さらに聞きたいことがあればキャリアアドバイザーなどを通して情報収集することができますが、直接応募は全て自分でリサーチしなければならないという部分は直接応募で不便と感じる点でしょう。

また、直接応募の場合、不明確な部分は面接時に確認しなければいけないので、思っていた条件でない場合、それまでの時間が無駄になってしまうこともあります。

スケージュールの調整や条件の交渉も自分で行わなければならないのも不便に感じる人もいるようです。特にトラブルや交渉内容は自己責任となってしまうので、リスクを避け慎重に進めていかなければいけません。

直接応募で複数の会社へアプローチをかけるのは、スケジュール調整も複雑になり、自らの負担が大きくなってしまいます。在職中の転職活動では特に、調整が難しく負担となってしまうでしょう。

どうしても入社したい会社があるという人は、1社に集中することができるので直接応募で熱意を伝えるのも良いかもしれませんが、複数候補がある場合、直接応募はあまり効率的な手段とはいえないかもしれません。

転職で直接応募する際の注意点

直接応募の場合は、採用側と直接メールや電話のやり取りを行います。その為、メールや電話の内容やマナーも評価の対象となるので注意が必要です。なるべく迅速かつ丁寧な対応を心がけましょう。

直接応募の場合は、採用ページに記載されていることを知らなかったり、自社サイトで公開されている義業内容を把握していなかったりすると、意識が低いと判断されてしまいます。企業研究の時間をしっかり確保し、入念にリサーチを行うようにしましょう。サイトの情報だけでなく、実際に商品やサービスに触れてみたり、転職に関する口コミを見たりして情報収集するのも良いでしょう。

また、採用ページでは明記されていない情報、例えば休日や福利厚生、雇用条件などは必ず面接時に自分の希望と合うか確認をするようにしましょう。交渉をする際は、自己責任となります。トラブルを起こさないためにも、自分の市場価値を明確に認識し、明確な根拠を示すようにしましょう。希望条件の優先度をあらかじめ考えておくとスムーズです。

直接応募での転職活動でよく見落としてしまうのが、募集期間です。
長期間募集を行っている求人は、入社してもすぐやめてしまう人が多かったり、人が集まらなかったりする可能性があります。通年採用を行っていない企業が長期間求人を掲載している場合は、労働条件が良くないなどの問題を抱えている可能性が高いので注意をしましょう。

転職で直接応募する際の書類選考通過率

転職において書類選考通過率は企業によって異なりますが、一般的に直接応募の場合は通過率が低くなるといわれています。

一定規模の会社で転職者から人気のあるところの場合は、応募が殺到し、書類が埋れてしまうというリスクもあります。転職エージェントを利用していれば、推薦文も書いてもらうことができます。履歴書や職務経歴書だけでは伝えきれない魅力をプラスαとして採用側に伝えることができるので、目に止まりやすくなるでしょう。

直接応募だと書類は普遍的になりやすく、もし採用側が直接応募だけでなく転職エージェントを通して求人を出していたら、目立ちづらくなってしまいます。

直接応募に限らず、書類選考の通過率は平均で約30%といわれています。もともと、狭い窓口の可能性を広げたいと思う場合は、転職エージェントを活用する方が効率的である場合もあります。ただし、自分に合ったアドバイザーの指示でないと、思うように書類が作成できず、結局自分1人で準備した書類の方が良かったという人もいます。転職エージェントによっては推薦文の作成に対応していないところもあります。

自分に適したアドバイザーに1社目で当たるとは限らないので、転職エージェントを探すところから始めなければいけない場合もあります。自分が転職活動にかけられる時間や応募したい企業への熱意などを考慮した上で、転職エージェントを活用するか検討する必要があるでしょう。合わせて、応募する企業の規模や転職市場でどの程度人気のある職種なのかをリサーチし、直接応募が効果的であるかを判断すると良いでしょう。

転職エージェントを活用すると、自分の経歴をもとに対象となる求人を紹介してもらうことができるのですが、直接応募の場合は、採用側の対象となるか自分で見極めなければいけません。直接応募で転職活動をしている人の中で、自分が対象となっていない求人に応募してしまうことで書類選考を通過できずにいる人も少なくありません。

直接応募をする際は。採用側がどのような人材を求めているのか、しっかりとリサーチをする必要があるでしょう。また、採用側の需要に適している経験やスキルを持っていても、書類上でしっかりと伝えることができなければ採用には繋がりません。相手に伝わりやすい自己PRをすることを心がけましょう。

企業が直接応募の転職に求めるものとは

企業が転職サイトや転職エージェントを使わず、自社サイトのみで求人を出す最大のメリットは、採用コストが削減できる点です。ただし、どの企業も高いスキルや意欲、実績のある人を採用することを念頭においていますし、応募者の条件や実力をしっかりと見極めた上で採用したいと考えています。

コストがかかっても良いから、能力水準の高い人材を紹介してもらえる転職エージェントを活用するという企業が多いのも確かです。

ただし、直接応募しか求人のない業界もあります。例えば、NPOやNGO、学校法人、財団法人、JICAなどの公的企業は転職エージェントを利用していません。その他、必ずしも転職エージェントを利用していないわけではありませんが、定期採用が中心の企業、(例えば小学館、ヤマト運輸、電通など)や自社採用を重視する企業(例えば、P&G、トヨタなど)の求人は直接応募が中心となります。

飲食業や小売業界などは人の出入りが激しく、大量採用をおこなう傾向にあるため、採用コストがかからない直接応募の手段をとるところが多くなっています。

自社サイトにしか求人がない企業は、直接応募をするしかありませんが、様々な手段を活用して求人を行っている企業の場合は、どの手段を活用するのが一番有効的であるかは個人の意思次第となります。

自分の苦手と感じる部分や不安に案じる部分が転職エージェントを通すことで解決できるのであれば、積極的に活用すると良いですし、どうしてもここに入社したいという想いが強ければ、直接応募で熱意をアピールするのも良いでしょう。

肝心なのは、しっかりと自己分析しながら、採用側が求める人材をリサーチしていくことです。応募先によって適した手段を柔軟に活用して転職活動を進めていくと良いでしょう。

おわりに

直接応募の良い点と悪い点は、応募先によっても異なります。応募の手段にとらわれず、幅広い視野を持って転職活動を円滑に進めていけるようにしましょう。自分に一番適した手段を取ることが成功への近道となります。

ポイントは以下の4つです。
・直接応募での転職は、採用側に熱意が伝わりやすいが比較的採用率が低い
・直接応募での転職は、交渉やトラブルの対処を自分でしなければいけない
・直接応募の転職は書類選考通過率が低い為必要ならサポートを受けた方が効率的
・転職市場では採用コストを下げる為直接応募にするといわれているが事情は様々

転職活動を進める前に、しっかりと転職理由を明確にすることで、直接応募が良いか転職エージェントを活用した方が良いか、イメージしやすくなります。まずは、転職を検討したきっかけに向き合うところからはじめてみましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。