保険会社に転職する前に知っておきたい重要ポイント

比較的安定しているイメージのある保険会社、転職市場では保険会社へ転職を希望する女性も多いという話も耳にします。一方、業界としては離職率が非常に高いのも確か、本当に保険会社へ転職して良いのだろうかと迷いを感じる人もいると思います。

転職して後悔をすることがないよう、保険会社の実情をしっかり把握し、転職活動に挑みましょう。

おすすめの就職サービス

保険会社に転職して大丈夫?業界のメリットデメリットとは

保険業界、中でも生命保険業界は厳しいノルマがある会社が大半です。このノルマが心配で転職に踏み切ることができない人やノルマが達成できず離職を検討する人もいれば、高い成果を収め高額な報酬を得ている人もいます。

一概に保険会社といっても、業種は様々、求められるスキルや仕事内容も会社によって異なります。

保険会社に転職してよかったと答える人の中には、「勤務時間が柔軟で調整しやすい」「頑張った分だけ見返りがある」「スキルがつくので将来的にキャリアアップも期待できる」「福利厚生が充実している」と安定している労働環境に良い印象を持っている人が多くいます。

対して、保険会社に転職して後悔したと答える人の中には、「成果をあげるために休日も返上で働かなければいけない」「保険以外のスキルが身につかない」「ノルマへのプレッシャーが常にあり気が休まらない」など保険会社の仕事自体がストレスとなってしまっている人もいるようです。

保険会社は、良い面でも悪い面でも実力主義です。営業が苦手な人やノルマがあることがプレッシャーになってしまう人には、元々向いていない業界と考えることができるでしょう。

会社によっては入社後にきちんと研修を行い、成果を出しやすい環境を整えてくれるところもあります。最初の2年間のうちに顧客を掴むことができるようベースの給料が比較的高い水準に設定されている会社もあります。未経験も積極的に採用している会社も多いので転職活動のしやすい業界であることは確かです。

転職をして良かったと思うか、後悔するかは、自分がどの保険会社を選ぶかによっても大きく左右するでしょう。

自分にあった仕事内容であるのか、ノルマはどの程度のものなのか、入社後の研修制度や評価基準は充実しているのか、詳しくリサーチしてから転職を検討することが大切です。

離職率8割、保険会社から転職する理由とは

保険会社への転職を検討するにあたって、会社のことや仕事内容について詳しく把握することは大切ですが、離職の原因を知ることでもどのような会社であるか把握することができます。

保険会社をやめた人は、どのような理由があったのでしょうか。

中でも目立つのが、「交通費やお礼、差し入れが自腹だから」という理由です。
ノルマは、達成すれば報酬が上がるので頑張ることができたとしても顧客のもとへいく交通費や付き合いでの会食、差し入れなど全て自分のポケットマネーから出さないといけないとなると苦しいと感じる人も多いでしょう。

一つ一つがそこまで大きな金額ではなくても、数が増えれば負担は重くなってしまいます。しかし、差し入れは義務ではないので、その方が顧客を掴みやすいと思うのであれば個人の判断で行って下さいという会社は意外と多いのも確かです。最近は保険業界も改善が進み、交通費や交際費の一部を会社が負担してくれるところも出てきているようなので、あらかじめ経費関連の確認を済ませてから転職を検討するようにしましょう。

保険会社の離職を検討する人は入社して2年以上経過した人が多いといわれています。その理由は、3年目より完全歩合制となる制度にあると考えられます。

前章で入社当初は2年間固定給でその間に顧客を掴めるようにしてくれる会社があるとお話しましたが、逆に考えるとその2年が終われば個人の実力にかかっているということになります。固定給で補償されているうちに営業スキルをあげておくことができなかった人は、歩合制となった途端に給与が激減し、生活が苦しくなってしまう場合もあります。突然不安定な労働環境になったと感じ離職する人も少なくありません。

そして離職の原因にはやはり、ノルマの影響が大きいと考えられます。

保険会社によってはノルマをなしとする会社もありますが、目標というかたちで成績を厳しく追求されるケースもあります。ノルマはないという言葉に安心して入社したものの、社内目標は高く、報酬として評価される基準をなかなかクリアできなかったという人もいます。

ノルマはなく担当職域をまわって信頼関係を築いていくという営業方針であっても、保険会社の営業は保険に加入することを第一目標としています。営業という職業で成果をあげるには、設定された基準をいかに超えていくかが大前提となってしまうのも確かです。

根本的に営業という職業に会社は何を求めるのかをしっかりと把握した上で、保険会社への転職を検討する必要があります。転職をする保険会社を選ぶ際は、ノルマの有無だけでなく、会社の方針や営業目標もリサーチするようにしておくと良いでしょう。

保険会社へ転職して成功する人とは

保険会社のメリットやデメリット、離職理由などを把握したら、保険会社に転職して成功するイメージも掴んでおきましょう。

保険会社は、自分の力でお金を稼ぎたいと思う人に向いている転職先といわれています。
評価基準や会社目標や福利厚生などは保険会社ごとに異なりますが、一貫していえるのが、実力主義であるということです。成果をあげればその分だけ年収も増えます。

足並み揃えて会社に貢献するというよりかは、フリーランスの感覚に近い働き方をしたいと思う人は、比較的保険会社への転職に向いているといえるでしょう。

また、保険会社は商品内容が頻繁に変化します。新しいサービスを積極的に提案しながら、学ぶことができる向上心のある人は日々成長をすることができるので、長く勤めるほど結果が身についていきます。

そして何より、保険会社はやはり営業職が中心、コミュニケーション能力が高い人も保険会社へ転職すると成果をあげやすいでしょう。

保険会社で成功をしている人は、自己管理能力も優れています。なぜなら、保険会社は顧客情報や契約書などの重要な情報を個人で管理する場合が多いからです。

保険会社の業務では複数の顧客とやりとりし、それぞれの契約状況を正しく把握しながら、状況に合わせて異なる提案書や契約書を自分で用意します。書類の管理や計画を細かくたてて行動することが苦手な人にとっては非常にリスクの高い業務内容といえるでしょう。

保険以外のスキルが身につかないからという理由から離職をする人もいますが、保険会社で成果をだし、自らの実力で成功した人には、営業以外に必要な個人のスキルを磨いていく能力も身についていると考えることもできます。

業務内容が自分に向いていると感じる人は、キャリアアップのために、一度保険会社への転職を検討してみるのも良いでしょう。

女性の働きやすさから考える保険会社への転職

保険会社は従来から女性の働き手が多いですが、最近は、女性が働きやすい福利厚生を整えてくれると、出産や育児に携わる女性達からも注目を集めています。

一般的に営業職は時間や休日の融通が利かないイメージがありますが、保険会社の営業なら出産や育児にまつわる休暇のケアがあるので安心して働くことができるとの意見も多いです。

もちろん福利厚生の内容は、各保険会社によって異なりますが、業界全体として女性の労働環境に理解があると思うと、ライフスタイルの変化による影響が大きい女性にとっては安心して転職できる職場の1つといえるでしょう。

女性の平均年収は300万円程といわれていますが、保険会社の平均年収は一番低くて平均394万円です。中には平均651万円の会社もあります。年収の面でみても、女性にとっては魅力的な職場となるでしょう。

ただし、ノルマの厳しさや会社目標、評価基準などは、保険会社によって大きく異なります。手厚い福利厚生があっても、業務で成果をあげるために働いていたらあまり活用する機会がなかったという声もあることは確かです。せっかくのメリットを利用することができなければ無駄になってしまいます。どの程度の労働環境であれば自分に負担にならないのか、詳しく検討した上で転職する保険会社を選ぶ必要があるでしょう。

おわりに

保険会社の仕事が気になっているけれど、離職率が心配でなかなか踏み出せずにいるという人は、まず、転職したい会社の評判や労働環境、福利厚生など詳しくリサーチしてみましょう。一人で情報を集めるのが難しいと感じる場合は、保険会社に詳しい担当者がいる転職エージェントなどを活用するのもおすすめです。だいたいのイメージで転職先を決めるのではなく、良い点悪い点含め、細かくリサーチすることが大切です。

ポイントは以下の4つです。
・実力主義の保険会社へ転職を検討する場合は、メリットデメリット両方に目を向ける
・転職する保険会社を選ぶときは、ノルマだけでなく会社目標や経費関連の確認もする
・実力で評価されたい人や個人のスキルを高い人は保険会社の転職に向いている
・女性が働きやすい福利厚生のある転職先を探している人は保険会社がおすすめ

保険会社への転職を検討する際は、第一に営業という仕事が自分に向いているのかどうか考える必要があります。自分個人の力でモノを売るということが苦手な人は、後々歩合制になったときに苦労をするリスクが高くなり、離職の原因となります。転職せずに後悔、転職して後悔、どちらもすることのないよう、自分に向いている働き方とはどのようなものか明確にしておきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。