ガクチカと自己PRの違いを徹底分析!【失敗しない就活】

ガクチカと自己PRはエントリーシートの要ともいえる要素ですが、違いをきちんと把握して書き分けないと似たような内容になってしまうことがあります。

エントリーシートを作成する際には両者の違いをよく踏まえ、それぞれの個性を強調すれば説得力のあるエントリーシートが出来上がります。

企業の採用担当者がエントリーシートでチェックするのはその学生が論理的に物事を考えて簡潔に説明できるかどうかということですから、ガクチカと自己PRをきちんと区別してアピール力の強い文章が書けるような勉強をしておくことが望ましいのです。

おすすめの就職サービス

ガクチカと自己PRの違いはどんなところに?

ガクチカは「学生時代に力を注いだこと」の略で、ゼミやインターンシップでの経験について語る学生が多いのが特徴です。

エントリーシートでガクチカと自己PRの2つに関して問う企業は非常に多いのですが、ということはそれぞれについて違う内容を記入することが書類選考を通るためのカギになるとも言えそうです。

企業はガクチカでどんなことを見たいか

ガクチカで企業の採用担当者が知りたがっているのは、「課題や問題に対する取り組み方」や「成長の過程」です。

学生の間は問題を処理する能力がなくてもさほどの問題はありませんが、社会人として就職すれば毎日がトラブルや課題の処理と解決に追われるようになるわけですから、学生に十分な心構えがあるかどうかを採用担当者は見極めなくてはならないわけです。

ですからゼミなり留学先でどんな難題に出会ったか、そしてどんなふうにその難題を解決したかをガクチカで説明することが大切になってきます。

ガクチカではゼミでゼミ長を務めていなくても構いません。

「問題を解決する能力があるかどうか」が判断の基準となることを踏まえて、ガクチカを作成することが重要になってきます。

企業は自己PRでどんなことを見たいか

ガクチカが「あなたは何をしたか」を見る基準であるとすれば、自己PRというのは「あなたはどんな人間か」を知るための項目です。

あなたの性格や人間性、スキルを見るのが自己PRですから、志望する会社に役立つスキルについて書くのも一案ですし、あなたの長所(粘り強い、協調性があるetc.)を説明するのもおすすめです。

ガクチカや自己PRには、何も輝かしい業績を並び立てる必要はありません。

むしろ、優れた業績を示すことのできる学生はごくわずかであることを踏まえた上で、自分らしさを強調することが大切になってきます。

自己PRとの違いを踏まえたガクチカの作成方法

先輩内定者が書いたガクチカを閲覧してみると、「ゼミではゼミ長に任命されました」とか「一年間の長期インターンシップに参加して、社会人としての心構えを育むことができました」といった文章に出会うことが多いものです。

ところが実際には、ゼミ長を務める学生は少数派ですし、在学時代から長期インターンに参加して実務を学ぶ学生というのは就職のことだけを考えている人といった印象が否めないことも確かです。

大学時代というのは「人生の夏休み」と呼ばれるほどに自由で、どんな過ごし方をしても誰にもとやかく言われないというメリットがありますが、その大半を就活のためだけに過ごしてしまうのは考えものです。

ガクチカで採用担当者が見たいのは、その学生の問題処理能力、「自社でどのような役に立ってくれるか」ということですから、学生生活を謳歌せずに就活のことだけを考えて行動してきた学生に必ずしもメリットがあるわけではないということを頭に入れておきましょう。

ガクチカでは何でもあり

ガクチカというとゼミで得られた貴重な体験やインターンシップで得た就活スキル、留学先での体験などを中心にまとめる人が多いのですが、それほど気を張らなくても中身の濃いガクチカを書くことは可能です。

アルバイトでのささいな体験や、サークル活動で得た教訓なども立派なガクチカの内容となり得ます。

逆に言えば、どんなに立派なゼミやインターンシップに参加しても、学生本人の主体性や行動力がうかがわれない文章であればいいガクチカには仕上がらないということです。

ガクチカにはSTAR法を用いるのが有効

ガクチカを書く際に要求される字数は400〜700字が一般的ですが、闇雲に書き始めるよりも、既成の文章フレームを使った方がまとまりやすくなります。

ガクチカにおすすめなのは「STAR法」という文章フレームで、枠組みに沿って書いていけば700字でも「短い」と感じるほどです。

STAR法を用いればメリハリのついた文章展開ができますし、構成に苦労することもありませんので、ぜひ活用することをおすすめします。

STAR法は「Situation(概要・状況)」「Target&Task(目標と課題)」「Action(行動)」、そして「Result(結果)」の頭文字を取った文章作成方法で、就活ではよく使われる手法です。

ガクチカを記入するエントリーシートというのは、採用担当者が数十秒、長くてもせいぜい2分間ほど目を通す書類ですから、簡潔でしかもアピール力のある文章でなければいけません。

この点、STAR法を遵守すれば、文章構成に苦心しなくてもわかりやすいガクチカを作成することができます。

次にSTAR法を駆使したガクチカの例文を掲載してみましたので、自分のケースと照らし合わせて参考にしてください。

STAR法を基にしたガクチカ【例文】

ーーーーー
私が学生時代に最も力を注いだのは、バスケットボールサークルの再興です。

私が2年生の頃、せっかく新人がサークルに入部しても途中から来なくなること、そしてバスケットボールの上達が思ったほど見られないという問題があることに気づきました。

そこで、私は副部長に任命された副部長の時にサークル会員の1人1人と面談を行い、学内の大会で3位入賞という目標を掲げる約束を取り付けました。
同時に初心者にも丁寧に指導を行うという同意を取り付けました。
これと同時に誰もが出場できる練習試合を増やし、
後輩の育成に力を注ぐことに専念しました。

その結果、3年次の大会では2位入賞の目標を見事達成し、一体感と目的意識のあるサークルとして再興させることに成功しました。
ーーーーー

サークルのような地味な活動でも成果を得られること、ガクチカに書くにふさわしいネタとなり得ることを再確認しましょう。

ガクチカとの違いを踏まえた自己PRの作成方法

自己PRはガクチカとは違い、本人の強みやメリットをストレートに伝えることができます。

本人の強みといっても文章の構成を間違えると嫌味になることがありますから、論理的な文章フレームに当てはめてすっきりと仕上げることが大切です。

自己PRにはPREP法を用いるのが有効

ガクチカではSTAR法を使用しましたが、自己PRではPREP法を用いると明快な文章を構成することができます。

PREP法というのは「Point(結論)」「Reason(根拠)」「Example(具体例・事例)」「Point(結果)」の頭文字から構成されており、最初に結論を述べることによって採用担当者に強いアピールができる点がメリットです。

最初のPointで「私の長所(強み)は◯◯です」と言い切ってしまえば、採用担当者はあなたに対するイメージを思い浮かべることができます。

次のReasonでは、なぜそれが自分の強みだと思ったのか、その理由を説明します。

「粘り強いこと」が強みだとPointで述べた場合には長期インターンシップで1年間、1日も休まずにがんばれたことがReasonになります。

Exampleでは問題に出会った時にどのように対処したかが問題になりますが、トラブルに遭遇しても負けないあなたの性格が評価されますので、他の項目よりもスペースを多めに取って詳しく説明するとより説得力のある自己PRになります。

最後のPointでは「この結果から◯◯であることを学びました」とまとめ、自分の経験が企業にどのように貢献できるかで締めくくります。

PREP法を基にした自己PR【例文】

ーーーーー
私の強みは真面目なことです。

1年生の時からコンビニでアルバイトをしており、店長からは真面目さを買われて新人アルバイトの研修なども任されるようになりました。

私は勤務時間の30分前に出社することをモットーとしているのですが、こうすると新人の仕事を手伝う余裕もできます。

お客様からのクレームに対しても率先して自分で受け付けるように心がけているせいか、私の担当するストアは常に平均以上の売上をキープしています。

働きやすい環境を作ること、お客様が利用しやすいお店づくりを心がけるためには自分のモチベーションを絶やさないことが大切だということも働くうちに学ぶことができました。
ーーーーー

日本では古来、謙遜が美徳とされてきましたから、自己PRを作成するのは苦手という学生も多いのですが、先輩内定者のエントリーシートに記載されている自己PRなどを参考にすれば自然な自己PRを書くことができます。

まとめ

文章を書くのが苦手な学生にとって、エントリーシートの作成は憂鬱なものですが、一度文章をしっかりと組み立ててしまえばエントリーシートは何回でも使い回しをすることができます。

ですから、就活が始まったら気合を入れてエントリーシートの作成を準備し、選考に通りやすいガクチカや自己PRの雛形を作成してしまうことをおすすめします。

どんな文豪でも一度書いた文章は何度も何度も推敲することが当たり前ですから、ガクチカや自己PRを書いたら入念に読み直して完成度の高い文章を作り上げることが大切です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。