《ガクチカって何?》「学生時代に力をいれたこと」はエントリーシートにどう記入する?

ネットでエントリーシートについて調べると必ず出てくる「ガクチカ」。ガクチカってなに?と感じたことがある方は多いですよね。今回は、「ガクチカ」について詳しくご紹介していきます。

ガクチカの記入するコツや、企業が注目してるポイントを確認してみましょう。エントリーシートで参考にしてほしい例文もご紹介しているので、自分のガクチカと合わせながら参考にしてみてください。

おすすめの就職サービス

「ガクチカ」って何?エントリーシートに絶対にある。学生時代に力をいれたこととは?

「ガクチカ」とは、「学生時代に力をいれたこと」の略です。学生時代に力をいれたことは、エントリーシートでも記入するケースが多い質問ですし、面接でもほとんどの学生が聞かれる可能性が高い質問です。

学生時代に力をいれたことは、あなたが頑張ったことならば、なんでも記入しても問題ありません。説得力をアップさせるために、複数の事柄を記入することはおすすめしませんが、様々な角度から分析し、記入することができることが特徴の項目です。

例としては、アルバイト・ゼミ・学業・研究・部活動・サークルを題材に、記入している学生が多いです。

エントリーシートの「学生時代に力をいれたこと」で企業は何を判断するの?

学生時代に力をいれたことの項目で、企業が判断することや注目していることを解説してきます。何を判断しているか。何をチェックしているのかを理解した上で、直接アプローチできるような文章を考えてみると、効果的に自分をアピールすることができるでしょう。

人柄・性格

学生時代に力をいれた姿勢をイメージし、あなたの性格や人柄を確認します。頑張ってきたことをアピールするために紹介するエピソードからも、あなたの集団での立場や行動などを判断することが可能です。

人柄や性格を知ることで、企業に入社してうまくやっていけるのか。企業との相性を判断する基準にしている企業が多いです。

学生時代に何を頑張ってきたか

学生時代になんとなく時間を潰してきた学生は、企業は必要としません。何事にも真剣に取り組んできた学生は、仕事にも責任をもって真剣に取り組んでくれる人間と評価されます。

また、学生時代に力をいれたことに興味がある企業もあります。しっかりと、力をいれたことを記述できるように、日頃の生活を充実させることが大切です。

エントリーシートに「学生時代に力をいれたこと」では何を書けばいいの?

基本的には、何を記入しても問題はありません。アルバイト・ゼミ・学業・研究・部活動・サークルについて記入している方が多いですが、自分自身が他のことに力をいれたのであれば、そのことについてアピールしましょう。

珍しい体験を記入してアピールしなきゃ!と思っている方もいるかもしれませんが、多くの企業は珍しい経験には興味はありません。伝える力や物事に取り組む姿勢を重視しています。

エントリーシートに「学生時代に力をいれたこと」を記入する前にやってみよう!

学生時代に力をいれたことを考える前に、スムーズに文章を作成するコツを解説していきます。ご紹介するポイントを意識して、作成前に行うことで自己分析の時間を作ることができます。自分を見つめ直すことで客観的な視点でアピールしてみましょう。

自分の学生時代を思い出して表を作成

学生時代に力をいれたことは1つでない方がほとんど。何をアピールするか迷います。大学生活は4年間と長いです。短期大学の場合は2年間ですが、どちらも一言で表現するには難しい期間です。

すべての記憶をできる限り思い出せるように、時系列を表にして作成してみましょう。同じ期間で力をいれていたことや、深く覚えていなくても何よりも継続していたことがあるかもしれません。表を作って、自分を見つめ直してみましょう。

エピソードを掘り下げてメモに起こす

学生時代に力をいれたことのエピソードを考えて、記入してみると深く思い出せていない可能性があります。少し、エピソードの魅力をアップさせるためにエピソードを深く掘り下げてみましょう。

困難があったり、自分が行動した内容や一緒に行動した人間など、様々なキーワードが出てきます。魅力的に伝えることもこの項目の大切なポイントです。あなた自身を魅力のある人間と感じてもらうために、表面だけの文章では提出しないようにしましょう。

エントリーシートの基礎知識!「学生時代に力をいれたこと」にも共通の書き方とは?

エントリーシートのすべての項目に共通すると言われている「エントリーシートの書き方」を解説していきます。学生時代に力をいれたことにも活用して、わかりやすい文章を考えてみましょう。記入後の、確認にも意識してみてください。

分かりやすく具体的に

文章は、具体的に記入するようにしましょう。”具体的”とは、様々・等を使用せずに、名前や数を詳しく記入することです。簡単に改善することができます。抽象的な文章は、イメージが付きにくいだけでなく、印象が薄いため記憶にも残りません。採用担当者にもよいイメージは持たれない可能性が高いので、具体的に記入できるように意識しましょう。

また、面接は自分で発言したことを修正することはできません。様々や等が口癖になっていたり、詳しく知らない事柄については抽象的な発言をしてしまう可能性が高いです。事前に詳しく調べたり追求して、具体的に口頭でもアピールできるように対策をしていきましょう。

誤字脱字・専門用語はNG

誤字脱字は、エントリーシートでない方がよいです。多くの企業は、少しの誤字脱字にはマイナス評価はつけませんが、完璧な状態で提出するエントリーシートなので、誰かと比較されたときにマイナスになってしまう可能性があります。誤字脱字をすることでメリットは1つもないんで、チェックをしっかりしましょう。

専門用語は、ゼミや研究を頑張った方が自然と使用してしまうケースが多いです。専門用語は、同じ仕事を行っている方々の用語であり、選考で使用するのは不適切です。専門用語が伝わらなかった場合、あなたの本当にアピールしたかったことは伝わっていませんし、印象も悪くなってしまいます。誰が読んでも100%理解できる文章を記入しましょう。

文章の作り方に注意する

文章には「説得力」も重要です。説得力を文章のみで表現するには、文章の構成に注目してみましょう。下記の流れで記入することで、伝えたいことのインパクトが大きく、最後に将来性もイメージできるので参考にしてください。

①結論《伝えたいことをアピール》
②エピソード《結論を理由付けるエピソードを紹介》
③結果《エピソードで何を学んだのか。自分がどう行動して何が変わったのか。》
④結論《得たことを入社後にどう活かしていくのか。》

《エントリーシート例文》学生時代に力をいれたことの例文を紹介

エントリーシートに参考にしてほしい「学生時代に力をいれたこと」の例文をご紹介していきます。文章の構成に注目していましょう。

例文①

学生時代に力をいれたことは部活動です。私は、吹奏楽部に所属しており、部活動でチームワークの大切さを学びました。吹奏楽部では、パートリーダーを務めており、パート練習中の指導などを行っておりました。

先輩が卒業したあと、6人のパートをまとめていましたが、なかなか呼吸が合いませんでした。私は、合わない原因を考え、チームワークが乱れていると感じ、必ずアイコンタクトをすることとチームワークを高めるために休日に登山をしました。

登山後の練習では、距離も縮まり呼吸がぴったりと合うように改善されました。チームワークの大切さや経緯を感じ、入社後もチームワークと連携を大切に、協力しあいながら働いていきたいと感じています。

例文②

私が学生時代に力をいれたことはアルバイトです。大学在学中4年間、カフェで接客業のアルバイトを行っていました。接客業の世界で働きたいと考えていたので、カフェで接客を学びたいと思い、この仕事を選びました。

私は、アルバイトでお客様の気持ちになって働くことを学びました。最初は、業務内容を覚えるために自分視点の接客しか行えていませんでした。お客様が欲することを提供できずに、お客様を不快な気持ちにさせてしまったこともあります。

辞めようと思った時期もありましたが、私に足りないものを考えた時に、お客様の立場になっていないことがわかり、次の日からお客様の気持ちで客観的に接客を行うように意識しました。自然と、仕事が楽しくなりお客様の笑顔にも気づくことができました。

今では、「あなたのいるカフェだから安心する」と言ってもらえるようになりました。貴社でも、お客様の立場になって接客することを大切に、お客様の喜ぶ顔や素敵な気持ちになれるような接客を心がけていきたいと考えております。

学生時代に力をいれたことは、エントリーシートを通してあなたの性格や考え方が表現される

学生時代に力をいれたことは、普通のエピソードで構いません。通常の生活から何を学んだのかだけでなく、どのように日々を過ごしてきたのか。あなたの性格や人柄。物事への価値観や考え方など、人を見るプロの採用担当者は判断できます。

1つの項目で1つのことをアピールしていますが、判断できることは沢山あります。あなたの魅力をアップさせて、ぜひ入社してほしい!と思ってもらえるように、あなたの頑張ったことをアピールしましょう。文章だけで伝えるのは難しいですが、具体性と客観性を意識して完璧な文章を作成してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。