人事はここをチェックする?エントリーシートの【趣味・特技欄】を埋めるテクニック

エントリーシートは自分の情報を企業の人事担当者に伝える大切な書類です。
多くの場合は面接の導入に使用をされることが多く、就職活動を行う上でまずチャレンジをするものになるでしょう。
基本的な項目の書き方は比較的進めやすいですが、「趣味・特技は何ですか?」といった質問には戸惑ってしまう方もいるはずです。

一見大事に思えないかもしれない「趣味・特技」の欄ですが、実は人事担当者の多くはこの欄をチェックしています。
この記事では、エントリーシートの趣味特技欄の書き方について詳しく解説をするので是非参考にしてください。

きっと記事を読めば、人事担当者が好印象を抱く趣味・特技欄を書くことができるでしょう。

おすすめの就職サービス

人事がエントリーシートで趣味・特技を知りたい理由

まず、皆さんにはどうして人事担当者がエントリーシートで趣味・特技を知りたいと感じているのかを紹介します。
就職活動の書類と聞けば、大事なのは「志望動機」や「自己PR」になると感じている方もいるのではないでしょうか?

しかし、趣味・特技欄は人事担当者がちゃんとチェックをする場所です。
どうして企業はこの欄を見るのでしょうか?そして書かれている内容のどの部分を評価をするのかが気になる方も多いでしょう。

まずは「どうしてエントリーシートに趣味・特技を書くのか」を知ってください。
理由を知ると「書く意味」が理解でき、きっと評価の高いエントリーシートの記入を意識できるようになるはずです。

就活生の人間性を確かめるため

趣味・特技欄にはその人の「個性」が現れます。
皆さんにも経験があるかもしれませんが、その人がどんな人であるのかを知るために「趣味は何?」と聞くこともあるでしょう。
その答えからは自分が思っていもいなかった趣味を知れることもあり、その人に抱く印象が変わることもあるはずです。

エントリーシートは「あなたの第一印象」を決める機会となるため、人事担当者は趣味・特技の欄に書かれた内容から「この人はどんな人だろう」と想像をします。
そのため、この欄を書くことは「第一印象」に深く関わることを覚えておきましょう。

就活生がどのようなスキルを持っているのか、経験をしているのかを確かめるため

趣味からはその人の人間性がどのようなものであるのかを知ることができます。
特技欄から分かるのは、その人がこれまでどのような道を歩んできたのか…という「経験」の部分です。
また、特技は「スキル」に繋がるのでスキルを量ることもできるでしょう。

特技というのは「努力をしたからこそできるようになったこと」ではないでしょうか?
きっとたくさんの時間や労力を費やし、自信になるレベルまで追い求めることができたからこそ特技になるはずです。
したがって、特技からはその人がどのような人生を歩み、どのような経験をしたのかを知ることができるのでしょう。

エントリーシートの趣味・特技欄はちゃんと埋めた方が良い理由

上述をしたように「趣味・特技欄」は人事担当者が意識をして読んでいることが多いです。
あなたの人間性やこれまでの人生経験を知ることができる欄になります。
そのため、できるだけしっかり埋めることを意識してください。

どうしてちゃんと書く方が良いのかは上述をした2点のポイントから分かりますが、埋めることができていないと人事担当者に「自分のことを客観的に見ることができていない」と思われてしまうことや「自信が無い」と思われる可能性があります。

趣味がない人は「楽しいこと」や「やりたいこと」を自分の力で見つけることができない人だと思われやすいです。
自発的な行動が苦手だと思われてしまうかもしれません。
また、特技が無い人は「自分に自信が無い人」とか「経験をしていない人」と思われる可能性が高いです。

人事担当者は趣味・特技欄からその人が企業の色とマッチするのかを見ているため、空欄や具体的なエピソードを述べられないことは印象が悪くなるキッカケになるでしょう。
したがって、趣味・特技欄はちゃんと埋めることを意識してください。

実はあなたにもたくさんの特技があるかも!使いやすい「特技」紹介

ここまで、エントリーシートの「趣味・特技欄」はきっちりと埋めることを意識すべきと紹介をしました。
しかし、中には「自分の特技が分からない」と悩んでいる方もいるかもしれません。

ここからは、就活で使える「特技」をいくつか紹介します。
パッと思い浮かばないことが多い特技ですが、言葉で見ると「あ、これは自分の特技かも」と思えることもでるでしょう。
是非チェックしてください。

習い事は特技に活かせる

特技の考え方として一番分かりやすいのが「習い事」です。
やはり幼少期から習ってきたこと、学生時代から部活で携わってきたことなどには努力をしているでしょう。
特に、スポーツをしている人は特技にしやすい傾向があります。

例えば、サッカーや野球などの「集団で行うスポーツ」は集団行動ができることを伝えられる特技でしょう。
また、ピアノやギターといった文化的な特技は「上手くなる努力」を1人で行うため、個人の力を伝えられる機会になるはずです。

せっかくなら仕事に活かせられる特技を伝える

上述をしたスポーツや文化的な特技を書くことは大事ですが、やはりエントリーシートは就活の書類なので仕事を行う上で強みになるような特技を書くことが大事になります。
例えば「英語力」や「整理整頓」といった仕事に直結しそうな特技を伝えることはオススメです。

整理整頓は事務職をされる方にオススメで、具体的なエピソードを書くことができると良い印象を抱いてもらうことができるでしょう。
このように、自分が志望をする企業に合うような特技を書くことがオススメです。

書き方には注意が必要!エントリーシートの趣味・特技欄の書き方

趣味・特技欄の書き方にはコツが必要になります。
例えば上述をした「野球」という特技がある方がいたとしましょう。
聞かれている質問に答えるだけであれば「野球」と単語だけで答えれば良いのですが、そうとはいきません。
必要になるのは人事担当者の印象に残る「分かりやすくて読みやすい」趣味・特技欄を書くことです。

読みやすくするためには「シンプルに書く」と言うことが大事になるでしょう。
例えば「野球」とタイトルをつけ、その下に具体的なエピソードを示すと読みやすくなります。
ただし、エピソードが長すぎると読みにくくなるのでその点にも注意をしてください。

また、複数枚のエントリーシートを書く際全て同じ特技を書くのは良いですが、できれば具体的なエピソードーは「企業に合わせて書く」ことを意識してください。
例えば、自発的な行動ができる人を重視しているような企業であれば「キャプテンを務めていた」という経験を書くことも大事でしょう。
もちろん、嘘のエピソードはNGですが、自分の経験のどこを切り取るのかが大事になります。

【どう頑張っても特技が見当たらない】と悩んでいる方向け!特技を探す方法

ここまでエントリーシートの趣味・特技欄を記入する際に大事になることを紹介しました。
趣味は比較的見つけやすいかもしれませんが、やはり特技は見つけにくい点があります。
「自分には特技が無い」と感じている人もいるでしょう。
そんな方のために「特技の見つけ方」を紹介します。
エントリーシートを空白で提出をしないためにも、覚えておきましょう。

知り合いに尋ねてみる

特技は長所探しと似ています。
自分で分からない場合は、人に尋ねてみることも見つけるきっかけになるでしょう。
やはり客観的な意見は自分では考えもしなかったような出来事に気付かされることになるかもしれません。

例えば、仲が良い友達や家族に尋ねることで見つかる特技があるでしょう。

特技は一言で表せないものもある

特技の欄は「タイトル」と「文章」で簡潔に構成させることが大事になります。
そう考えると、特技として思い浮かべるものは「一言で表すことができるもの」だと感じる方は多いでしょう。
例えば上述をした「野球」や「英会話」など、単語で思い出せる特技です。

しかし、特技というのはたったの一言で表せるものだけではありません。
「物事を前向きに捉えることができること」や「計画性があること」も特技です。
少し視野を広げて考えてみると、自分の特技を思い出せることもあるでしょう。

エントリーシートに書くと印象が悪くなる特技もチェック

ここまで、エントリーシートの特技の探し方を紹介しました。
自分で見つけるのではなく、時には周りの人の力を借りる必要もあるでしょう。
そんな特技の中には「書くと印象が悪くなるもの」があります。
最後に紹介をするので、ここまで書いてきたことと併せて覚えておいてください。

嘘の特技は書かない

当たり前の話ではありますが、企業に合わせようとしすぎて嘘を書くことはNGです。
かならず面接で話題を振られてしまいますし、嘘に嘘を重ねる結果になりかねません。
また、特技欄から「合う企業」を探されることも多く、配属先は自分には全くあっていなかった…なんてケースにもなる可能性があります。

宗教的な考え方を持つ特技は書かない

宗教の信仰は自由ですが、就職活動を行う際に書いてしまうと省かれる可能性が高いです。
企業側は「面倒」と思うのではなく、人とは違う考えを持つ人を企業に入れると本人が苦しくなる可能性も考えるでしょう。
人それぞれ考え方や信じる者は自由ですが、やはり書くことで「自分が思ってもいないことを感じられる」というのは良くある話です。

まとめ

この記事ではエントリーシートの趣味特技欄をどのようにして埋めるのかを紹介しました。
自分の趣味や特技を見つけられないか方はこの機会に知り合いに尋ねるなどして客観的な意見を集めることも大事になります。
また、書く際は「読みやすさ」を意識するようにしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。