エントリーシートと履歴書の違いとは。作成時に注意をすべき点をチェック

就職活動を始めると、エントリーシートや履歴書を通して自分のことを伝える機会が多くなります。
では皆さんはそんなエントリーシートを履歴書の違いを言葉で表すことはできますか?
なんとなく区別をつけているつもりでも、実際理解できていなかった…なんて方はとても多いです。

就職活動を行うのであれば、エントリーシートと履歴書の違いはしっかりと理解しておくことが大事になります。
書類によって「書くべき内容」が違ってくるからです。

この記事では、エントリーシートと履歴書の違いを詳しく解説します。
また、作成をするうえで注意をすべきポイントも紹介するので是非参考にしてください。

エントリーシートと履歴書の違いなんて、なんとなく分かっていれば良いのでは?と感じている方もいるかもしれません。
しかし、知ることは「内定率」が上がるエントリーシートや履歴書を書くためには必要になるのです。

おすすめの就職サービス

エントリーシートと履歴書の違いを詳しくチェック

まず紹介をするのが記事の本題でもある「エントリーシートと履歴書の違い」についてです。
冒頭でも説明をしているように、この違いが分かってないと「アピールをする場を間違えてしまう可能性」があります。
本来であればエントリーシートに書くべき想いを履歴書に書いてしまう人は結構多いです。

どの書類にどんな役割があるのかを知ってください。
知っているのといないのとでは、就活の進め方も変わってくるでしょう。

エントリーシートとは

エントリーシートというのは、志望企業にまず送る書類になります。
皆さんの「第一印象」が決まる大事な書類です。
しかし、就職活動を行う上では公的な書類ではありません。

一般的には人事担当者が「差出人の人間性や性格、企業へのマッチ度」などを知るための書類になっています。
あくまでも利用するのは「選考のため」といえるでしょう。
したがって、用意をされている設問には「自己PR」や「自由記述」また企業によっては「無人島に一つだけ持っていけるものがあるとすれば何を持っていく?」などのユニークな設問が用意されていることがあります。

企業が「知りたい」と思う設問が用意されており、ここで興味を持ってもらえると面接に呼ばれることが多いです。
いわば「第一関門」と呼べるでしょう。

履歴書とは

履歴書はエントリーシートのような「採用の際に参考にする書類」ではありません。
人事がデータ保管をしておく「公的な書類」です。
例えば、氏名や住所・生年月日といった個人情報は履歴書に書いたものが入社後も保管されることになります。
そのため、ここで嘘の申告をすることは解雇に直結するのです。

よくあるのが、学歴詐称や資格詐称になります。
どうしても受かりたい企業には、嘘をついて自分を大きく見せたくなる気持ちも分かるのですが、万が一それで受かった場合辛い思いをするのはあなたです。
嘘と向き合う日々は緊張と同居することになるはず。

また、必ず嘘の申告はバレる日が来るので気を付けてください。
一気に信用を失うことになるでしょう。

エントリーシートと履歴書は【記入方法】にも違いがある!内定を貰うために覚えよう

エントリーシートと履歴書の違いを紹介してきました。
大きく分けるとエントリーシートは「選考に使用をする書類」で履歴書は「今後人事データとして保管される公的な書類」であると覚えておきましょう。

この違いを知ったからこそ、皆さんに紹介したいのが「記入方法の違い」です。
ここからは、エントリーシートと履歴書を書く際に気を付けてほしい記入方法を紹介します。

まず、エントリーシートの記入をする際は「自己開示ができる書類」だということを意識してください。
つまり、その書類からあなたの性格や人間性を企業に読み取ってもらう必要があります。
したがって、決められたルールの中で自分の色を出していくことは重要です。

また、記入欄が履歴書よりも広く用意されていることも多く、設問に対しての回答はなるべく具体的に記入をする必要があるでしょう。
「自由記述」といったものが用意されている確率が高いのもエントリーシートの特徴です。
中には絵や図を使って表現をすることを求められるケースもあります。

自分と企業の思考がマッチしていること、その企業で働くことで活躍できるということを伝える必要があるのがエントリーシートの記入方法で重要になると覚えておいてください。

次いで履歴書の記入はとにかくシンプルにすることを意識しましょう。
イメージとしては問われた質問に淡々と答えることが大事になります。
履歴書はあくまでも「データ保管」をされるような公的な書類であることを覚えておきましょう。

基本的に記入欄も狭いので、自分の想いを伝えたいと思っても枠が足りないはずです。
しかし、人によっては「何とか想いを伝えたい」と、小さな文字で精一杯の記入をしてしまう人が居ます。
エントリーシートも履歴書もそうですが、とにかく「読みにくい」ということは一番避けるべきポイントです。

履歴書は公的な書類であり必要な情報をシンプルに伝える書類であると改めて覚えておいてください。

同じ企業に提出をする際、エントリーシートと履歴書の内容が被るのはOK?

エントリーシートと履歴書どちらの提出を求められた場合、心配になるのが「内容が被ること」ではないでしょうか?
少なからず履歴書には志望動機の欄が用意されていることが多く、全く同じことを書くことになると不安を感じている方もいるはずです。
「被らないように違うことを書けば良いの?」と悩んでいる方もいるかもしれません。

結論からお伝えをすると、エントリーシートと履歴書の内容に重複があるのは良いとされています。
まず、二つの書類は「違う書類」であり、利用される機会も違うのです。
そのため、同じ内容が被ることには問題ありません。

同時に提出を求められた際に一番悩むのが「志望動機」になるでしょう。
高確率でどちらにも記入をしないといけないからです。
同じ企業に提出をする場合、一言一句同じで進めるというわけにはいきません。
工夫をすることが大事になります。

例えば、エントリーシートには具体的なエピソードを記入し、履歴書には大まかな枠組みの部分だけを伝えるのも良いでしょう。
要約をする感覚で記入ができると、より良いと言えます。

ポイントを抑えて人事担当者に好印象を抱いてもらおう

ここまで、エントリーシートと履歴書の違いについて紹介をしました。
エントリーシートは「選考に使用をする書類」で、履歴書は「公的な書類」であることを覚えておいてください。
また、違いを知ったうえで「どのような記入をするのか」を改めて覚えると、人事担当者に好印象を抱いてもらえる確率が上がるでしょう。

ここからは、エントリーシートと履歴書を書く際に気を付けてほしいポイントを解説するので是非参考にしてください。

【改めてチェック】エントリーシートを書く際に大事なポイント

記事の中でも触れているようにエントリーシートは、自分の人間性を見せることができるものです。
就職活動をする際、一番最初に提出をする書類でもあるため「第一印象を決める書類」になると考えることができるでしょう。
したがって、エントリーシートを書く際は「自分のことを伝える」必要があります。

ただ、自分語りをすれば良いというわけではありません。
大事なのは、あなたの人間性やこれまでの経験がエントリーシートを提出する企業でどのように活かせるのかを伝えることです。

例えば、趣味やユニークな設問にどれだけ具体的なエピソードを用いて答えることができるのかも大事になります。
アピールをできる最大の機会だと思って、意識をしながら記入を進めてください。

エントリーシートは読みやすくて印象に残ることが大事になります。
きっとこの2つをクリアできるエントリーシートを書くことができれば内定率も上がることでしょう。

履歴書を書く際に大事なポイント3つ

あくまでも履歴書は「公的な書類でること」を理解することが何より大事です。
自己アピールをする場所ではありません。
また、誤字脱字なども許されないので再三の確認が必要になるでしょう。

履歴書はエントリーシートに比べると、やはり固い印象を抱くことが多くなります。
「情報を開示する書類」になるので、住所や氏名を間違わずに記入をすることが重要です。
また、記入をする際に「略称」を使ってしまう人が多いのですが、これもNG行為になると覚えておきましょう。

履歴書は型にはめられた書類であるため書き方のルールが決まっています。
少し難しそうに感じる方もいるかもしれませんが、ルール通りに記入をすることができればクリアできると考える方が良いでしょう。

また、ビジネスマナーも必要になるのが履歴書の特徴です。
先ほど伝えた「略称を使わないこと」や「書き方のルールを守る」というのも、ビジネスマナーになります。
これができないと「事前に調べることができない人」という印象を抱かれてしまうかもしれません。

履歴書は忠実に書くことこそ大事になるので、再三のチェックを怠らないようにしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。