ESの添削が無料?!無料で添削してくれるサイトをご紹介!

エントリーシートの提出前に、「添削」を行わなければなりません。添削は、基本的に志望企業に入社している大学OBや大学・ゼミの教授にお願いするケースが多いでしょう。近年では、ネット社会が主流になってきており、就活の全てをサポートしてくれるサイトも存在します。

サイトの中には、有料で会員登録して添削をお願いするケースも…。できれば、無料で添削をしてもらいたいですよね。今回は、ネットで添削を無料でお願いできるサイトやエージェントをご紹介していきます。

添削の必要性をあまり理解していなかった方は、添削することで企業に与える印象などを参考にしながら、添削の大切さを理解しましょう。

おすすめの就職サービス

❮無料でもあなたはどうする?❯ESの添削は絶対に必要?

添削は、無料でも有料でも自信がある場合はする必要はないのでしょうか?「添削は、浅い週チェックをしてもらうだけ」と思い込んでいないですか?実は、添削をしていないエントリーシートは不採用になる可能性が高いです。

一般的に、エントリーシート提出前の添削は、必然的に重要だとされています。添削することで企業にどんな印象を与えるのか確認していきましょう。

添削無しのESでは、客観的な意見がない

添削を行う理由は、自分目線で記入しているエントリーシートに客観性を加えるためです。企業側も、エントリーシートに客観性の有無を求める傾向が高いです。

客観性を取り入れることで、自分勝手な意見にならないこと。そして、伝えたいことが相手に伝わりやすい文章に改善することができます。

添削をしてあることでプラスに評価され、採用される可能性UP

先程、お話ししたように添削してないエントリーシートは不採用になってしまうケースが多いとされています。暗黙の了解であるかのように、エントリーシートには添削が求められます。

添削を、希望企業に入社している大学OBにお願いした場合は、その企業が求めている人材を理解したり、アピールするポイントを企業の傾向に合わせることができます。自分にとっても、企業を理解し、客観性の高いエントリーシートを完成させることができます。

自然と、企業との合致点が増え、企業側があなたに持つ印象もよい印象になるでしょう。

一般的にはESの添削は誰にお願いするの?無料?費用は?

一般的に、就活生がエントリーシートの添削をお願いする方々は次の通りです。

・志望企業に入社している大学OB
・大学・ゼミの教授
・就活エージェント、添削サイト
・家族

できるだけ、上記の上3つにお願いする方が、専門性があり完成度の高いエントリーシートになるでしょう。親に添削をお願いするケースは限りなく少ないかもしれませんが、ついでに読んでもらうと、客観的にあなたの内面を1番に理解している存在でもあるので、参考になることが多いかもしれません。

大学OB・大学教授・ゼミ教授の場合は、無料で引き受けてくれる方が多いです。メールでお願いする場合は、失礼のないようなメールを送信するように、文面にも注意を払ってください。

就活エージェントや添削サイトの場合は、無料で行ってくれる会社も存在しますが、一部では有料のサイトも存在します。どちらも、添削の能力や面接までサポートしてくれるエージェントが多いですが、有料の場合は特別なイベントや無料のサイトにはない情報を得ることができるかもしれません。

無料の就活エージェントでも、就職情報を得ることができます。自分の好みや経済状況に合わせて、選んで使用してみましょう。個人差はあるかもしれませんが、無料の添削サイトよりも有料の添削サイトの方が、細かいところまでチェックしてくれたり、無料サイトよりも語彙力の高いエントリーシートを作成することができるかもしれません。

おすすめ無料ES添削サイト9選

実際に、多くの就活生が使用している無料の添削サイトを9サイトご紹介いきます。添削の特徴や他に得ることができる情報をサイトごとに比較しながら、自分のお気に入りのサイトにお願いしてみましょう。

ES添削カメラ

株式会社ベネッセi-キャリアが運営している「ES添削カメラ」。doda新卒エージェントのエントリーシートの添削を主流に行っているサイトです。カメラという名前がついているように、エントリーシートをカメラで撮影したものをサイトに送るだけで、添削をお願いできます。

就活のプロが添削を行ってくれ、添削の結果もスマホに直接写真で送られてきます。移動中が外出先でも、少し暇ができれば添削結果を確認することができるため、時間を有意義に使用することにも繋がります。

エントリーシートの観点別に、細かく添削やアドバイスをもらえるため、より客観的にエントリーシートを見てほしい方におすすめです。エントリーシート上の弱み・強みを理解しやすいでしょう。

ES添削.me

株式会社LIMHAUSが運営している「ES添削.me」。添削や質問の返答スピードが早いサイトで、長くて3日以内には回答が返ってくるサイトです。エントリーシートの記入のアドバイスや質問は、早めにもらいたい方も多いはず。チャット形式でやり取りをすることができ、オンラインですぐに解決することができます。

ES添削.meも、面接の回答までサポートしてくれるサイトです。利用料は、完全無料で使用することができ、気軽に質問できることから大学生から人気が高いサイトの1つです。

キャリアチケット

レバレジーズ社が運営している「キャリアチケット」。新卒向けに開設されている就活サポートサービスです。完全無料で、手厚いサポートを受けることができます。個別で就職支援・エントリーシートの添削を、プロのアドバイザーが行ってくれます。

他にも、就活相談や面接練習など、就活に関わる全てを完全無料で使用することができます。キャリアチケットは、人材事業に特化している企業のため、信頼性も高く、多くの就活生が登録だけでも行っているサイトです。

企業にエントリーシートを提出してから、最速で1週間程度で合否がでます。内定までのスピードが早くしたい方におすすめします。

就活メンターズ

株式会社Orarioが運営する「就活メンターズ」は、就活生の内定までを手厚くサポートしてくれるサイトです。就活メンターズを利用して内定をいただいた先輩は、社会人メンターとして、就活生をサポートしてくれるので等身大の意見を聞くことができます。

連絡は、オンラインのチャットで行うため、すぐに返事を受けることもでき、スピーディな対応が就活生に人気があります。また、実際に社会人として企業に勤めている方がサポートしているので、社会人メンターが自信をもって推薦できる人材には、直接、企業の採用担当者を紹介してくれ、内定をいただけるケースもあります。

Digmee

Micoworks株式会社が運営している「Digmee」。新卒の就職をサポートしてくれるサイトです。Digmeeの大きな特徴は、全てのエントリーややり取りが「LINE」でできるところ。

出先でも簡単にスケジュールや相談事項を確認することができます。また、企業に対してのキャンセルなどもラインで送るだけで、サイト側が間を取り持ってくれ、すぐに完了することが可能です。

Digmeeの大きな特徴は、合同選考会やGDなどのイベントが豊富に行われていることです。エントリーシートだけでなく、GDや面接などその他の就活相談やサポートも充実しています。

就活SWOT

株式会社エイリストが運営している「就活SWOT」。就活情報サイトとして運営されており、エントリーシートの記入方法などの初歩的な部分から勉強することができます。就活を始める前の予習として、登録してほしいサイトです。

エントリーシートの添削はもちろん、面接対策やGD対策まで行ってくれ、親身にサポートしてくれます。添削は、機械によって行われ、自動的に文字数などもカウントしてくれ、エントリーシートの細部まで確認してもらうことが可能です。

大学OBに添削を頼む前に、誤字脱字がないかだけでも添削してもらうことをおすすめします。就活生がよくやってしまうミスなども徹底的にチェックしてくれます。

ビズリーチ・キャンパス

株式会社ビズリーチが運営する「ビズリーチ・キャンパス」は、OB・OGが訪問するサイトです。就活生は、大学別にOB・OGを探すことができ、オンラインでOBに訪問の申請を送ることができます。

料金は完全無料で、OB訪問確認後、添削をお願いする流れになっています。登録者限定にはなりますが、OB・OGと直接交流をしたり、就活対策セミナーなどのイベントが実施されています。

そのままOBから就職担当者を紹介してもらい、内定をいただいたケースもあるので、大学OBにもお願いしてみるメリットは沢山あります。

マイナビ

株式会社マイナビが運営する「マイナビ」。新卒をターゲットにした就活サイトです。テレビでもCMが放送されており、知名度は他の就活サイトと比較しても高く、安心感が高いというメリットがあります。

大手の企業も多く取り扱っており、添削を無料でお願いすることが可能です。添削の結果を送ってくれるのも早く、約3日前後で確認が可能です。注意点としては、いつでも添削をお願いすることができません。添削の可能期間が決められており、お願いしたい方は事前に確認しておきましょう。

ESの添削を無料で行うことは、無料で内定の可能性をあげることに繋がる

添削は、必ず必要なことがわかりました。そして、添削をすることで採用の可能性を高めることができます。様々なサイトや頼んだ人によっては、違うことを言われるかもしれません。ですが、その全てが客観的な意見として自分の中で整理して、しっかりとエントリーシート上で発揮しましょう。多くの意見をきくために、いくつかのサイトにお願いしてみるのもおすすめです。

有料のサイトもありますが、今回ご紹介した無料でできるサイトもあります。無料で添削をすることは可能なため、自分が記入した素敵なエントリーシートのレベルを最終確認でさらに上げることができるように、しっかりと添削をお願いしましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。