エントリーシートにアルバイトでの経験は必要?プラスな印象になる経験の書き方をご紹介!

エントリーシートで自分をアピールするために、アルバイトの経歴の記入を求められている場合があります。アルバイトの経歴で企業が判断することや、自分のアピールできるポイントをご紹介していきます。

面接官からプラスな印象になるように、正しい文章の作り方を参考にしてみてください。例文もご紹介しているので、エントリーシートの記入の参考にしてみましょう。

おすすめの就職サービス

エントリーシートにアルバイト経験を書くことで何を見られる?

エントリーシートに記入するアルバイトのエピソードで、企業は何を判断しているのでしょうか?たかがアルバイトと感じている方もいるかもしれませんが、アルバイトの経験や仕事への考え方は社会人となっても、会社の中の業務に大きく関係する場合があります。

判断されることの傾向を理解して、アピールポイントや自己PRの文章作りに活用してみましょう。

社会経験

アルバイトでの仕事は、社会経験として見なされます。従って、全くアルバイトをしていない学生とアルバイト歴のある学生では、社会の常識やマナー、働く上での礼儀やモラルを理解していると判断されることがあります。

企業で採用する場合も、大学卒業の年齢であれば、ある程度社会のマナーや常識が理解できている人材を求めています。アルバイトをすることで、働くことだけでなく会社・仕事に対する考え方や社会の常識などが自然と身に付くでしょう。

アルバイトで得たもの

アルバイトで何を得たのか。さらに、学んだことをこれからどのように活用していきたいのか。得たことを企業でどのように活かして働いていくのかを企業はアルバイトのエピソードから知りたいです。

ここで、しっかりと将来どんな形で働いていきたいのか。学んだことや得たことをはっきりと面接官に伝えることができれば、しっかりと企業でも貢献してくれる人間だと判断してくれるでしょう。アルバイトの仕事に対する考え方や熱意なども、これから自分の企業の仕事に向けられる気持ちとして判断されるケースも多いですよ。

会社に通ずるものはあるのか

アルバイトの業種のなかにも、希望している企業の職種や業務と似ている仕事があるかもしれません。企業に勤めることを目標に、練習としてアルバイトで同じような職種を選んでいるかもしれませんが、大きなアピールポイントになります。

同じような仕事であれば、仕事の内容に対する理解もあります。企業側も経験者として判断し、仕事を教えやすくなります。また、会社の考え方とあなたのアルバイトへの考え方が似ているなど、少し業種が違う場合でも企業との相互点を見つけてアピールすることが大切です。

アルバイトの経験をエントリーシートを書く

アルバイトの経験とは、具体的にどんなことを記入すればよいのでしょうか?フォーマットとされている順序に従いながら、文章の作り方として参考にしてください。文章を作る前に、引き出しを増やすために、箇条書きで3つの項目の話題を出してみることもおすすめです。

体験したエピソード

アルバイトのなかで体験したエピソードを必ずいれて、エピソードの中から学んだことを話すと、説得力のある文章になります。細かく記入する必要はなく、大まかな系列とあなたが努力したこと、結果などが記入されていれば十分伝わります。

エピソードが思いつかない場合は、目標にしたものや悩んだことなど、さらに具体的なものでも構いません。学んだことや得たことを伝えるために、エピソードが大切です。

エピソードは簡単かつ分かりやすい文章が求められます。数字を使うとさらに具体的になり、結果への変化が分かりやすくなるのでおすすめです。

なぜそのアルバイトを選んだのか

アルバイトを選んだ理由を記入するアピール方法もあります。多くの場合は、「企業と同じ職種だったので、アルバイトでも事前に経験して理解を深めておきたかった。など、企業と通ずるものがあるケースが多いです。

基本的な、学んだものやエピソードをアピールしたい場合には、記入する必要はありませんが、同じ業種の会社を希望している場合には、覚えておいた方がよいアピール方法です。

アルバイトからアピールしたいこと

アルバイトを経て、アピールしたいことは必ず記入するべき項目です。アルバイトからは次のアピールポイントが生まれます。アピールすることでどんな印象を受けるのかも参考にしながら、アピールする項目を探してみましょう。

・アルバイトを続けた年数(やる気や忍耐力)
・アルバイトで学んだこと(会社で活かしていきたいことなど)
・アルバイトで自分が起こして企業にプラスになった行動(行動力・考える力・洞察力)  など

自分がアルバイトから何を企業にアピールしたいのか、1つに絞って、具体的に記入してきましょう。2つ以上の項目でアピールしてしまうと、文章が支離滅裂になってしまったり、分かりにくく長い文章になってしまうのでおすすめしません。

エントリーシートに記入するアルバイト経験での注意点

エントリーシートにアルバイト経験を記入する際の注意点をご紹介していきます。

職種や働いていた企業・店名は書かない

働いていた業種は記入しても構いませんが、細かい企業名や店名は伏せるようにしてください。店名などは記入する必要はありません。書いてはいけない決まりはありませんが、書く必要はないと判断されています。面接で細かく質問された場合には、話の輪が広がる可能性もあるので、答えても構いません。

アルバイトは、職歴の欄には記入しなくてもよいため、基本的に自己PRの欄でのアピールになります。職種と継続年数だけを記入して、本文を記入するようにしてください。

企業名や店名を記入することをおすすめしない理由は、会社のライバル企業やライバル店だった場合に、悪い印象を与えてしまうからです。さらに、会社の守秘義務を守る意識としても判断されるケースが多く、簡単に企業名を記入することはあまり好ましくありません。

「飲食店の接客部門」「コンビニエンスストア店員」など分かりやすく記入しますが、「ファミレス」「スーパー」「コンビニ」など略した名前は使わないようにしましょう。

アルバイトをしていなかった場合でも正直に書く

アルバイトをしていなかった場合は、正直にアルバイト経験がないことを記入しましょう。もし、エントリーシートにアルバイトの記入が義務付けられていない場合は、記入する必要はありません。

「経験がない」だけで終わりにせず、その代わりに学業やゼミなど、他のことに時間や力を使ったことをアピールしましょう。そして、そのなかで何を学んだのか。エピソードや目標を踏まえながら、アルバイト同様にアピールしてみてください。

短期バイトで長く働いていなかった場合は?エントリーシートに記入してもいいの?

短期バイトや単発のバイトを行っていた方は、記入してもよいですが、複数の仕事をすることでどんなことを学んだのか。何を身に付けたかったのか。を記入すると悪い印象になりません。

短期バイトの例としては、「株式会社○○ 派遣登録 チラシ配り・ポスティング・交通整備・試験監督・イベントスタッフ」です。これだけでは、1つのことを続けられない印象が与えられてしまうので、必ずプラスの印象が得られるようなアピールポイントを記入してください。

【参考にしてほしい】エントリーシートで良い印象を与えるアルバイト経験の例文

参考にしてほしい例文をご紹介していきます。順序やアピールしていること、エピソードから結論への運び方などを参考にしてみてください。

コンビニエンスストア店員の場合

私は、アルバイトで提案力と行動力を身に付けることができました。私は、コンビニエンスストアで5年間アルバイトをしています。

私が勤務している店舗は、廃棄になってしまう弁当の数が多く、1日の廃棄量が14kgと店長も悩んでいました。私自身も、廃棄される多くの弁当に勿体なさを感じていました。

そこで、消費期限が近づいており、廃棄される可能性がある弁当の近くにPOPをつける方法を考えて、POP作成し、提案してみました。「ガッツリ食べたい方におすすめ!」「ダイエット中の方に大人気!」など、シンプルなPOPを提案したところ、店長にも褒められ、実際にPOPを営業中に貼りだしました。

結果、1日の廃棄量は6kgまで減少し、店の売り上げだけでなく、フードロスにも貢献することができました。

この経験で学ぶことができた提案力と行動力を発揮し、貴社に貢献していきたいと考えております。

居酒屋店員の場合

私は、3年間居酒屋の接客担当のアルバイトをしています。私は、アルバイトの経験やチームワークの大切さと周りを見て考える力を学ぶことができました。

私の勤務する居酒屋は、週末だけでなく平日でも1日70組ほどが入店する店でした。忙しくても接客担当は3人で、任せられていましたが、人数不足でお食事・飲み物が届けられなかったり、呼び出しにもすぐに応えられない状況が続きました。

そこで、私は3人が担当するポジションや行う業務を決め、手が回っていない担当には必ず1人が手伝いにいくシステムを考えました。

結果、以前までは混雑していてバタバタしていた9時以降も、スムーズにお店を回すことができるようになりました。食事やドリンクをすぐに届けられるようになったことで、お客様の回転率も上がり、店の売り上げ向上にも繋がっています。

私は、チームワークの大切さと周りを見て考えることのできる力を、貴社でも発揮していきたいと考えています。

自分らしさをエントリーシートで表現するにはアルバイトエピソードはおすすめ

アルバイトのエピソードは、自分らしさや人間性をアピールするためにもおすすめです。順序や分かりやすい文章であれば、自分の魅力や企業に伝えたいことがダイレクトに、伝わる項目ではないでしょうか?

自分が経験してきたことや今まで働いてきた環境をイメージしながら、アルバイトの欄や自己PRなどに悩んでいる方は、参考にしてみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。