インターンシップにも必要?エントリーシート記入のコツやポイントを徹底解説!

就活生の方が必ず記入しなければならない「エントリーシート」。多くの方は、エントリーシートは企業の本選考などを受けるために必要なシートだという認識です。しかし、実はエントリーシートは「インターンシップ」でも記入と提出が求められる可能性があります。

インターンシップの印象は、選考を受けるためにも良い印象でいた方がいいように、エントリーシートも本番同様、真剣に記入する必要があります。今回は、インターンシップにエントリーシートが必要な方に参考にしてほしい、記入のポイントやコツをまとめました。

おすすめの就職サービス

選考に必要なエントリーシートはインターシップにも必要なの?

冒頭でもお話ししたように、インターンシップにもエントリーシートが必要なケースがあります。基本的に、エントリーシートの提出を義務付けている企業の方が多いのではないでしょうか?

学生側は、「インターンシップだから」と選考よりも気軽に考えている生徒が多い傾向がありますが、企業は違います。特に、人気が高い企業や上場企業の場合は、選考の時に多くのエントリーを受けます。できるだけ、早く採用する人間を選ぶために、インターンシップの時点である程度の「落とす人間」を決めるために、エントリーシートをみています。

インターンシップのエントリーシートでも侮れない!各項目の記入ポイントをご紹介!

インターンシップのエントリーシートで記入する可能性が高い項目をご紹介していきます。

志望動機

なぜこの企業のインターンシップを希望するのか。志望動機として記入します。インターンシップではあるのもも、本選考のエントリーシート同様、とても重要な項目です。この企業ではなくてはならない理由を記入しましょう。

自己PR

自己PRは、自分の強みや人間性をアピールする項目です。アピールするためのエピソードや材料は自由ですが、自己PRこそ、面接官に伝えられる上手さに差がでる項目です。具体的なエピソードを活用して、自分の伝えたいことが伝わるような文章を作りましょう。

自己PRで記入する内容は、ネガティブなエピソードが多いです。しかし、最終的にポジティブな環境に変えられたことや自分にとってプラスに働いたことにエピソードをもっていき、何を学んだのか決定付けることが大切です。

インターンで学びたいこと

インターンシップで学びたいことは、自分がインターンシップで学びたいことを正直に記入しましょう。個人差で、学びたいことが薄すぎる場合は、1つに絞らずに複数の学びたいことを主張しても構わないでしょう。

ですが、複数を学びたいことで、1つ1つが中途半端にならないように意識することを記入すると印象はよくなる可能性が高いです。必ず明確な理由をもって、学ぶことを記入しましょう。

学校生活で学んだこと

学校生活で学んだことは、どんな目標をもって何に取り組んだのか。そしてその結果から学んだことを記入しましょう。学業だけに関わらず、ゼミで行った研究やサークル活動でもアピールすることができます。

ゼミやサークルに参加せずに、アルバイトを頑張っていた方は、学業と両立をアピールしても良いでしょう。学んだことをどんな形で将来に活かしていきたいのか。企業にどのようにして活かしていきたいのか。この2点を記入することで印象アップです。

資格・趣味・特技

「資格」は、できるだけ企業で必要としている資格をアピールすることが良いでしょう。資格の欄には、自分が取得した資格の名前と取得した年しか記載されないことが多いですよね。しかし、資格を必要としていたり、入社後に取得する必要がある企業の場合は、資格の有無を重視している可能性も高いです。企業で必要な資格の取得も、学校生活中に調査しておきましょう。

「趣味・特技」は、自分の人柄をアピールできます。運動や読書、映画鑑賞など好きなことを記入して、会話のきっかけにすることができます。

エントリーシートでインターンシップに応募するあなたのここが見られている!

エントリーシートで企業側が知りたいことをまとめてみました。自分が求められている人材と少しでも多くリンクするために、自分のアピールポイントと照らし合わせてみましょう。

経験やスキル

経験やスキルは、資格や学歴・アルバイトの有無などから判断されることが多いです。アルバイトの記入欄は、インターンシップのエントリーシートにはないことが多いです。資格の多さで自分をアピールしましょう。

学歴に関しては、大学名や卒業した高校名のみしか記入しないので、そこまで判断基準にならないケースもあります。企業の求めるスキルや資格の取得を少しでも多く頑張った方は、存分にアピールすることが可能です。

人柄

人間性を確かめるために、企業側は「人柄」をみています。企業側も採用するために、インターンシップである程度を理解して、採用する人材と落とす人材を見極めている可能性が高いです。

エントリーシート上だけでなく、人柄はインターンシップ中にも見られていると思って、本気で参加するように意識しましょう。人柄を見極めるプロである採用担当者や面接官たちは、「繕ったいい人」はすぐに見破るでしょう。常に、常識やマナーのある人間として、日頃から行動するようにしましょう。

意欲・やる気

エントリーシートの「志望動機」の記入では、特に企業に入りたいやる気や理由を面接官が読み取ります。インターンシップで、本選考ではないとはいえ、印象がよかった方は有利になるため、選考同様に本気で記入しましょう。

他にも、「インターンシップで学びたいこと」の欄では、ダイレクトに「この企業でなければ経験できないことや学びたいこと」を伝えることができます。自分の魅力をアピールすることも大切ですが、「この企業でなくてはならない理由」を見いだすのも重要なポイントです。

将来設計

まだ就活生とはいえ、企業はあなたを「社会人」「大人」になるべく人として判断します。エントリーシートでは、将来どうなりたいのかをアピールすることで、目先のことだけでなく将来のことも考えている人間という印象を与えることができます。

将来設計として、自己PRや志望動機、インターンシップで学びたいことに追記してほしいことをご紹介していきます。
・将来はこの企業でどのように働いていたいのか。
・将来はどんな大人になりたいのか。
・インターンシップで学んだことを将来どのような形で活かしていくのか。
・仕事に関する人生の中で大まかな「○○歳までにこのようなポジションで働けるようにどんな努力をするのか」など

インターンシップに受かるエントリーシートを書きたいなら!各企業の内定者を参考にしてみよう

インターンシップのエントリーシートも、自分が選考を希望するのであれば、適当には記入できない書類だということが理解できましたか?

エントリーシート同様に、就活エージェントや先輩、大学の講師・先生に助言や添削をしてもらうのも大切です。必ず提出する前に添削してもらい、完璧なエントリーシートを提出しましょう。

また、就活エージェントには、過去に企業に内定をいただけた先輩のエントリーシートを公開しているエージェントが多いです。会員登録など条件はありますが、企業から良い印象をもらうために参考にすることをおすすめします。

インターンシップで良い印象を与えるエントリーシートの書き方

企業から良い印象をもらえるように、エントリーシートの記入ポイントをご紹介していきます。基本的なことですが、書き終わってみると意外とポイントからずれていることが多いです。記入中だけでなく、自分で読み返したときに、面接官の立場になり、ポイントが守られているのか客観的にチェックしてみてください。

結論からの記入で伝えたいことが分かりやすいエントリーシート

全ての項目に共通するポイントですが、志望動機・自己PR・インターンシップで学びたいことには、結論になることを先に記入しましょう。「○○と感じたからです。」「強みは○○です。」「○○を学びたいです。」という文面を結論とまとめます。

結論を先に記入することで、次に説明になる経緯や理由などをさらに説得力のあるものにすることができます。そして、必ず最後の締めにも結論を記入しましょう。

結論→理由→結果→結論の順番を意識して、文章を考えてみてください。

企業の方針や企業のことを理解する

自分がインターンシップを希望している企業は、少なくとも選考を受けようか迷っている企業でもありますよね?もしくは、ほぼ選考を受けたいからインターンシップを希望している方が多いはずです。

そこで、企業の仕事内容や社員との交流を体験して、企業に対しての理解を深めることが目的です。しかし、インターンシップを希望する前に企業の方針や主にどんなことをしている場所なのか。そして、関わりをもっているのはどんな業種の方なのか。など企業に関することで調べられることは理解しておく必要があります。

その部分の理解の深さこそ、志望動機の説得力の高さやインターンシップで学びたいことの本気さに繋がるでしょう。

インターン志望の企業にエントリーシートを送付する方法は?

インターン志望の企業にエントリーシートを送る方法は、大きく分けて2つあります。直接持参する企業もあるかもしれませんが、近年では以下の方法での提出が多く見られます。

メール

メールは、企業の採用担当者やエントリーシートの送付担当者に、直接メールを記入してエントリーシートを添付します。メールの本文にも、失礼のないように注意しましょう。メールは、企業に入社後も取引先とのやり取りで使用する機会が増えます。相手側に失礼のないように、学生のうちから勉強しておいても遅くはありません。

郵便

郵便局・ポスト投函で郵送する方法です。企業によって、簡易書留などの指定がある場合は、指定にしたがって提出しましょう。提出期限に遅れないように早めに投函することが大切ですが、ぎりぎりの場合はエントリーシートの「記入日」に間違いがないように注意しましょう。

インターンシップだけじゃなく本採用にも影響するエントリーシート!本番同様しっかり記入しよう!

インターンシップで必要なエントリーシートも、選考まで影響する可能性があることがわかりました。自分の入社したい気持ちやアピールポイントをしっかりと伝えられるような文章を作る練習をしてみましょう。シートの記入だけでなく、これからの人生でアピールする機会に役立つかもしれませんよ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。