どんな質問にも対応できる!エントリーシートをテンプレート化して伝えよう!

エントリーシートの記入に必ず皆さん、苦戦することがあるのではないでしょうか?エントリーシートの項目で伝えたいことは決まっているのに、説得力のある文章を作れない…。そんな方は、「テンプレート」をエントリーシートに作って、効率よくエントリーシートを完成させましょう。

今回は、簡単に早くエントリーシートを完成させるためのテンプレートではなく、主張したいポイントがしっかりと相手に伝わるような説得力のある文章を作るためのテンプレートをご紹介していきます。

「テンプレート=楽できる」ではないことを理解して、素敵なエントリーシート完成のために一緒に文章の作り方を勉強してみましょう。

おすすめの就職サービス

エントリーシートに記入することをテンプレート化するメリットは?

エントリーシートをテンプレート化することのメリットをご紹介していきます。なぜ、テンプレート化することはプラスになるのか、理解しながら活用するとさらに身になるのではないでしょうか?

どんな項目でも説得力のある話ができる

エントリーシートでは、志望動機をはじめとする説得力のある文章が必要になります。企業に入社したい気持ちや自分を表現したい気持ちはどの学生も一緒…。いかに、説得力のある文章であるかが、ライバルとの差をつけるために必要です。

テンプレートで文章を作ることによって、あなたの伝えたいことが伝わる文書の流れが勝手に出来上がります。話がごちゃごちゃにならずに、伝えたいことだけを強調して伝えることができるようになるでしょう。

テンプレート化することで面接になっても強い

テンプレートは、先程お話ししたようにあなたの伝えたいことが伝わりやすい文章の流れになっています。この文章の構成を何度も繰り返して文章を考えることで、自然と面接でもこの流れを活用して受け答えが出来るようになるでしょう。

面接は、エントリーシート上よりも話がごちゃごちゃになりやすいもの。緊張や適度や圧迫感があるので仕方がありません。気持ちで解決するよりも、日頃の練習の成果を発揮した方が楽に面接を通り抜けることができるでしょう。

エントリーシートを記入しながら、面接練習も兼ねて、頭のなかにテンプレートをインプットしてみましょう。

テンプレートの前にエントリーシートでも活用してほしい!文章を書く際の注意点

文章を記入する際の、基本的な注意点をご紹介していきます。テンプレートに沿って、素敵な文章が完成しても下記の項目を守られていなければ、完璧なエントリーシートにはなりません。誰でも意識することで、防いだり守ったりすることができるので、注意しながら文章を記入・確認してみましょう。

1文は短く!つなぎの言葉も多用しない

エントリーシートでは、分かりやすく具体的な文章が求められます。従って、つなぎの単語を用いられ、長く分かりにくい文章は嫌われる傾向が高いです。どうしても長くならないと伝えられないことに関して例外です。

できるだけ、1文は短く。「○○なのですが、○○~」「○○で、○○が、○○~」と、長く続く文章は避けましょう。つなぎの単語が必要な場合は、1文で1つのみ使用する意識で記入してみてください。

同じ語尾を3回続けない


同じ語尾は3回続けないようにする。同じ語尾が続くと、不思議と人間は読みにくく感じてしまったり、説得力が薄れると感じる傾向があります。また、語尾が続くことで文章を作成することが苦手という印象を持たれる可能性も高いです。 「です。ます。でした。でしょう。ました。」は基本的に3回。できる方は、体言止めなどを使用してみてください。主張する部分を強調し、読みやすい文章にになるでしょう。

結論からのべる

志望動機・自己PRすべての項目で共通する基本的な文章の流れは「結論」から述べること。結論から述べることで、読み手側もすんなりと話の意図やあなたが伝えたいことを理解しやすくなります。

また、結論から述べて結論で最後に締めることで、さらに分かりやすい文章になるでしょう。面接でも同じく、聞かれたことの答えを必ず一言目に発するように意識してみてください。

エントリーシートで使用するテンプレート化で話の流れを決める

エントリーシートで大切なテンプレートは、すべての項目に共通して自分のなかで流れを決めることが重要です。基本的に、多くの方が参考にしているテンプレートの流れをご紹介していきます。エピソードや記入項目によっては、臨機応変にテンプレートの順番を変えても構わないでしょう。話の筋が通るようなテンプレートであれば、どんな流れでも良いです。

結論

まずは、結論を記入します。結論から記入することで、答えがストレートに受け入れられ、企業側はあなたの文章に説得力を感じます。さらに、自分自身もさきに結論を記入することで、そのあとの文章を作りやすくなる傾向が高いです。

結論をさきに話すことで、話が右往左往しないことにも繋がります。整理された文章になるでしょう。

理由・根拠

理由・根拠は、最初に記入した結論の理由を答えます。「なぜその結論になったのか」自分が感じたことを素直に記入しましょう。自己PRやアルバイト経験などの場合は、「このような経験をして学んだ・得た」など、エピソードを話すことがおすすめです。

結論をさらに決定的にするために、理由・根拠はとても大切です。さらに説得力が高くなるように、1文だけでなく企業の概念や自分のエピソードを考えてみてください。

自己PRなどで、なにかのエピソードを記入した場合は、「結果どのようになったのか」を理由・根拠の最後に述べることを忘れないでください。

結論

最後は、最初に述べた「結論」をもう一度主張します。ここで、自分の話をまとめるためではなく、さらに決定付けるために結論を繰り返します。自己PRの場合は、結論を記入しながら「企業で努力していきたい」「企業に貢献していきたい」などの感情もプラスしましょう。

自己PRならば理由の後に困難や挫折を経験したエピソードを入れよう

テンプレートの流れでも少しお話ししましたが、学んだこと・経験したことの理由にはエピソードが効果的です。できれば、困難や挫折を乗り越えたエピソードがおすすめです。ネガティブなエピソードではありますが、得たこと・学んだことを表現しやすく、その先に結果を記入することができます。

ポジティブな内容でアピールできる方もいるかもしれないので、自分が考えやすい方でアピールしましょう。ネガティブなエピソードだった場合は、必ず最後がポジティブな結果、もしくはポジティブな感情になるように終えられることが大切です。

エピソードがポジティブな内容だったら将来にどう活用していくのか掘り下げよう

アピールするエピソードがポジティブだった場合、ネガティブなエピソードよりも話す内容が少ない傾向が高いです。よって、伝えたいことが伝えきれないケースもあります。ポジティブな内容を記入する方は、学んだことの将来での活用方法や考えていることに、考えをシフトさせて記入してみましょう。

企業は、目先のことだけでなく、将来のことを考えられる人間を高く評価します。できるだけ、具体的に想像しやすい形で将来設計や、学んだことをどう活用していきたいのかアピールしましょう。

エントリーシートでテンプレートを参考にした例文【志望動機】

・私が貴社を志望する理由は、_______です。
・私は貴社で______をするために志望しました。

{貴社は、____に取り組んでおり、____が特徴的だと感じました。
{___は私も自信があり、貴社に入社した際には_______で貴社に貢献していきたいと考えております。
{学生時代は、_______に取り組んでおり、貴社に活かしていける能力だと感じています。

この____を_______にして、さらに貴社の力になりたいと考えております。

エントリーシートでテンプレートを参考にした例文【自己PR】

・私の強みは____です。
・私は、____に自信があります。

{私は、______を_年間続けています。
{私は、___のアルバイトを__年間続けています。
{私は、大学生活中に___に__年間所属していました。

《目標や課題があった場合》
___を目標にしていましたが、______という状況になってしまいました。私は、_____を改善するために、___を行いました。その結果、___は___となり、______を学ぶことが出来ました。

貴社に入社した際は、____から学んだ____を活かして、企業に貢献していきたいと考えております。

《困難や挫折があった場合》
取り組んでいく最中、_________になってしまい、私たちは困難な状況になってしまいました。そこで、私は_____を提案し、_____することを努力しました。その結果、______となり、______を学ぶことが出来ました。

貴社に入社した際は、____から学んだ____を活かして、企業に貢献していきたいと考えております。

エントリーシートにテンプレートを使用する際の注意点

エントリーシートのテンプレートは、あくまで、参考にすぎません。文章の流れや作り方に関しては、頭にインプットしておくことで様々な場面で役に立つでしょう。ですが、エントリーシートでアピールすることが決まったら、テンプレートに当てはめて使用するだけでは、完成できない文章もあるでしょう。

自分のアピールしたい点が伝わりやすくなるように、臨機応変にテンプレートを改造してみてください。

自分の話の構成に自信がない方も時間がない方もテンプレートを利用して効率よくエントリーシートを作成しよう

どの項目においても、テンプレートを準備しておくことで的確な文章を作成できることがわかりました。先程もお話したように、全ての単語を当てはめるだけでは成立しないケースも存在します。

文章の流れだけを活用して、自分で考えてみるのもスキルアップに必要です。基本的な注意事項を守って、常に分かりやすい文章を作れるように訓練しておきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。