エントリーシートって何?エントリーシートの基礎から細かく解説!

就活が近づいてきた皆さん。「エントリーシート」という言葉をよく耳にしませんか?文字からも連想できるように、企業の選考にエントリーするときに必要な書類です。しかし、エントリーシートについて理解していることはそれだけではありませんか?

今回は、エントリーシートについて解説していきます。履歴書との違いや、記入することで見られるポイントなどを一緒に学習してみましょう。エントリーシートを理解することで、できるだけ早くエントリーシートを攻略してみましょう。

おすすめの就職サービス

エントリーシートとは?

エントリーシートとは、就職活動において、就活生が記入するシートです。企業に提出する応募書類で、面接・書類審査で使用されます。企業によって、エントリーシートの記入方法や提出方法が異なります。

すべての企業がエントリーシートの提出を必要としているわけではなく、履歴書のみで就職活動を行うことができる企業も存在しています。一般的に、エントリーシートの提出があるのは選考です。履歴書は内定をいただいた後に提出するケースが多いでしょう。

履歴書とエントリーシートとは違うの?

エントリーシートも履歴書も企業の選考・就職試験を行うために必要な書類ですが、この2つは違いがあります。

エントリーシート

エントリーシートは、「選考に必要な書類」です。記入する項目は、志望動機・学生時代に頑張ったこと・自己PRが主です。エントリーシートでは、「あなたの人間性」を企業側がみます。どんな人物で、どんな性格をしているのか。企業に合っている人間性なのかを重視するのがエントリーシートの記入事項です。

履歴書

履歴書は、基本的には人事データーで扱われる書類です。選考や試験でしようする用途は同じですが、面接官はあなたの「資格やスキル」をみて、合否を判断します。履歴書には、個人情報が記載されており、エントリーシートにも個人情報の記載はあるものもありますが、情報として企業に保管・使用される情報は履歴書から使用されます。

エントリーシートとは?見られているポイント

エントリーシートで、「あなたの性格や人柄」が見られていると伝えましたが、より細かくどんな風に見られているのかご紹介していきます。見られるポイントを理解することで、エントリーシートの記入する視点にも客観性が出てくるのではないでしょうか。

自己分析ができているか

自己分析は、「自己PR」の記入で見られることが多いです。自分を客観的に分析して、どんな人間であるとアピールすることができるのか。アピールは、自分目線に注目しすぎておらず、自信かになっていないか。分析力が試されます。

自己分析は、就活において大切なポイントともされており、自己分析を高めるサイトやアプリが就活生にはおすすめされています。どんな方法でも構わないので、自己分析を高めるトレーニングは必要です。

人柄

人柄は、あなたの性格や人間性を見て判断します。自分勝手な意見はないか。少し社会とずれている思考はないのか。または、企業で採用して問題を起こさないような人間なのか。あなたの人柄を判断します。

学校生活や在学中で学んだことを、これからの人生や仕事にどう活かしていくのかという、将来設計の力もここで注目されています。

企業とあなたとの合致点

企業とあなたとの合致点を企業はエントリーシートの記入から照らし合わせます。大学で行ったゼミや経験してきたバイトのエピソードを踏まえながら、似たような収穫・仕事の内容があったのか。性格が企業と合致しているのか判断します。

自分の魅力やアピールするポイントが、企業に活かすことができるのか。企業にこの人間を採用してプラスになるのかを共通点として判断します。共通点は、できるだけアピールできるようにしましょう。

エントリーシートとは?履歴書は同じ内容があってもいいの?

エントリーシートと履歴書には「志望動機」「自己PR」など、重複している記入項目があります。同じ項目では、記入する内容に同じ内容があっても問題ありません。気を付けなければならないのは、主張していることに食い違いがでないようにすることです。

文字数がどちらも限られていますが、エントリーシートを提出する企業では選考で注目してもらえるのは「エントリーシート」です。できる限り、エントリーシートで伝えたいことを主張できるように、文章の作り方にも意識してみましょう。履歴書は、内定後に提出する企業がこのケースの企業では多いです。エントリーシートで記入した内容の要約の記入で十分です。

数あるエントリーシートで注目されるためには第一印象が大切!

書類選考の企業では、直接顔を合わせて話すことができません。従って、選考に大切なのは「エントリーシートの第一印象」となります。第一印象といっても、顔の容姿を写真で判断するわけではありません。

エントリーシートを人目見たときの「丁寧さ」「整理され書かれているのか」「間違いの有無」でエントリーシートの読みたい気持ちが左右されます。

注目を引けるようなエントリーシートを提出できるように以下の点に意識してみましょう。
・文字は下手くそでも構わない。丁寧に記入されているかが重要!
・主張したい部分は、太字にしたり可能であれば色を変えてみる。
・記入に誤字脱字がないようにする

エントリーシートを作成するときの注意点

エントリーシートを記入するための、基本的な注意点をご紹介していきます。丁寧なエントリーシートを記入するには、基本的な注意点を忠実に守りながら記入してみましょう。この項目を無視しているエントリーシートは、不備があるとされて見てもらえないケースや人目で不採用になる可能性が高まります。

誤字脱字に気をつける

誤字脱字は、問題外です。確認したり、添削してもらうことを怠らなければ、確実に防ぐことができるミスです。また、簡単なミスかもしれませんが、「仕事をする」という意識から注目すると、小さなミスに気づけずに、簡単なミスを予防できない・確認できない人間という印象を与えてしまうでしょう。

誤字脱字は十分自分で気づいて対策できるミスです。添削をお願いする前にも、事前に必ず確認するようにしましょう。

消せるペンは使用しない(書類だった場合)

エントリーシートがパソコンでの作成ではなく、紙媒体でボールペンで記入する際は、消せるボールペンは使用しないようにしましょう。しっかりとボールペンで記入して、間違えた場合は他の紙で書き直します。

もちろん、修正テープ・修正液は問題外です。エントリーシートを提出したら、修正用具を使用していれば、すぐに気づかれます。会社に対して、「消せるボールペン、修正テープ、修正液」は失礼にもあたるので、絶対に使用しないでください。

空欄は作らない

空欄は、不備があると認識されても仕方がありません。しっかりと空欄を作らないように、決められた文字数を記入するようにしましょう。

例外としては、空欄ではなく「改行」が該当します。パソコンの場合は、表示が同じようにされるか不安があるので、できるだけ改行しないことがおすすめです。ですが、ボールペンで記入する場合は、改行を上手に使用して見やすいエントリーシートにする効果も期待できます。

改行を使用するときの注意点は、文字数をしっかりとクリアできるように計算することです。分かりやすく見やすいエントリーシートは、読みたい気持ちを高めることができます。ですが、文字数を達成していないと確実に不備とされてしまうので注意しましょう。

期日を守って提出する

期日を守ることは、社会人の常識です。エントリーシートの提出が1日でも遅れれば、選考にエントリーする資格はありません。問答無用でエントリーシートは見てもらうことはできませんし、選考では確実に不採用になるでしょう。

エントリーシートの出来がよかったとしても、見てもらうことはほぼ不可能でしょう。期日だけは絶対に守るように意識して、完成させましょう。

必ずエントリーシートとは添削してもらうもの

エントリーシートを提出する前に、必ず添削してもらうことが常識です。添削してもらう
人は、企業に勤めてる先輩でも構いませんが、失礼の内容に頼むことを忘れないようにしてください。

大学によっては、先生や就活の担当の方がいる場合もあるかもしれません。また、今は就活エージェントが一般的になっており、沢山の就活生が登録・使用しています。エージェントでは、添削をしてくれ、面接などの対策も行ってくれるところが多いです。

自分で簡単に登録して使用できるため、気軽に使用することが出来ます。エージェントによって、過去に採用をいただいた方のエントリーシートを参考として、掲示しているので登録して見てみましょう。

エントリーシートで受けた印象は面接まで作用することも!エントリーシートを甘くみないようにしよう!

エントリーシートは、選考にエントリーするために大切な書類です。たかがエントリーシートと思って、適当に作成すると痛い目をみますよ。エントリーシートでアピールできずに、書類選考で落とされてしまう方も多いです。

面接で、話したいことを話せばと思ってる方は、エントリーシートにまずは力を入れて記入するように考えをシフトしてみましょう。エントリーシートの内容が評価されれば、面接でも面接官と有意義な時間を過ごすことが出来るでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。