エントリーシートの記入に使用するボールペンは重要!?おすすめのボールペンをご紹介してきます!

エントリーシートへの記入で、企業側が意外と注目していることのなかに、記入している文字の丁寧さや、シートの綺麗さなどがあります。理由は、エントリーシートを綺麗に仕上げられる人は、仕事も丁寧で綺麗に仕上げてくれる可能性が高いから…。

選考にエントリーするために必要な書類ではありますが、勝負のためにおすすめのボールペンをご紹介していきます。エントリーシートの完成度が高い方は、使用するボールペンにもこだわりがある方が多いですよ。

記入にストレスを感じている方は、ストレス軽減にも繋がるかもしれません。自分に合ったボールペンを見つけてみましょう。

おすすめの就職サービス

なぜエントリーシートはボールペンで記入することが一般的なの!?

そもそもなぜ、エントリーシートはボールペンで記入しなければならないのでしょうか?一般常識では、大切な書類は必ず消すことのできないボールペンで記入します。そして、上司や大切な方送る書類の場合は、絶対に修正テープや修正液を使用してはいけません。

エントリーシートも、企業にエントリーをお願いするようなシートですが、なぜボールペンで記入する必要があるのでしょうか?

見映えをよくするため

理由は「見映えをよくするため」です。鉛筆を使用すれば、何度も書き直すこともでき、やり直しで無駄な紙を使用する回数も減るでしょう。しかし、鉛筆では未完成とみなされ、目上の方に送る書類の場合は、失礼にあたります。

やり直しの効かないボールペンで集中して書くことで、企業への思いも伝わります。見映えをよく、読みやすいシートを完成させることで受けとる側も読みたくなるようなエントリーシートが出来上がるでしょう。

見映えをよくするために・大切な書類だからボールペンを使用しますが、《滲む・かすれる・線が太すぎる・線が細すぎる》ものは避けることが無難です。

エントリーシートに消せるタイプのボールペンは使ってもいいの?

エントリーシートに消せるボールペンは、使用してはいけません。確かに、ボールペンではあるものの、消せるタイプのボールペンでは消した部分が汚くなってしまう可能性も高いですし、水っぽい仕上がりになってしまうので、エントリーシートには向きません。

もし、エントリーシートに消せるボールペンを使用したら、高い確率で不合格になるでしょう。企業をバカにしているような印象に受け取られてしまっても仕方がないレベルの行為とも見られます。

誠心誠意・企業に敬意をはらい、入社を希望するのであれば、消せないボールペンで記入するのが常識です。

エントリーシートをボールペンで記入するときのポイント

エントリーシートの記入が慣れないボールペンで、ストレスに感じている方も少なくありません。ボールペンに慣れている方でも、記入するときは緊張してミスをしてしまいます。綺麗に見映えよく書くことができるポイントをご紹介していきます。

下書きとして一度練習してみるのもおすすめ

緊張感をほぐすために、下書きとしてボールペンで1枚、楽な気持ちで記入してみましょう。間違えても、下書きという気持ちがあるのでストレスに感じる度合いが変化します。一度、実際に紙にボールペンで記入してみることで、間違えやすい部分を見つけることもできます。

間違えずに綺麗に書くことができれば、何枚か記入した後、実際に提出するエントリーシートとして選ぶ候補入れることもできます。

下書きは無駄になると感じる方も多いかもしれませんが、この方法ならば失敗しても成功しても無駄になりません。下書きだけども、100%集中して綺麗に仕上がるように練習することが大切です。

志望動機や自己PRなど文字が多い部分から記入する

エントリーシートの記入で1番間違えやすいのは、志望動機と自己PRの欄ではありませんか?文字数が多い文、失敗する確率も高くなってしまいます。ストレスや記入する手が疲れないようにするために、書く順番を変えてみましょう。

《インクの乾きによっては、書く位置は大切になってきますが、エントリーシート用としておすすめされているボールペンは速乾のタイプが多いので、ご紹介させていただきます。》

1番始めに記入する部分を、志望動機と自己PRにしてみましょう。できれば、いつも間違えてしまう方を先に記入してみてください。もし、間違えてしまっても他の記入がされていないので、精神的にも体力的にもダメージが少なくすみます。

名前や住所、連絡先の間違えにくい部分は、1番最後に記入しましょう。

エントリーシートの記入におすすめされているボールペンの特徴は?

エントリーシート用のボールペンとしておすすめされている商品の特徴を、ご紹介していきます。実際に、このあとご紹介する商品のなかに、購入したい商品や使用している商品が入っていない可能性があります。下記の特徴をクリアしている商品であれば、エントリーシートに使用しても問題ないボールペンと言えるでしょう。

インクが滲まない

インクが滲むタイプのボールペンは、「乾きにくい」という特徴があるため、エントリーシートにはおすすめしません。乾きにくいことが原因で、書いている途中に知らないうちに小指の側面で擦ってしまっているケースが多いです。

文字が延びてしまったり、インクが汚れとして付着してしまった場合は、記入中のエントリーシートは使い物にならないので、やり直しになってしまいます。

インクが乾きやすく、滲まない「速乾」のボールペンがおすすめです。

ゲルインク

ボールペンに使用されているインクは3種類に分かれます。
・水性(サラサラと書きやすいが、滲みやすい)
・油性(比較的乾きは水性よりも早いが、だまになりやすい)
・ゲルインク(水性と油性を合わせたようなもの)

水性のボールペンでは、ほぼ確実に滲んでしまう機会が多くなってしまいます。油性のボールペンは、比較的乾きやすく、水性よりもしっかりと記入することができますが、インクがだまになって出てしまった部分は、擦れやすくエントリーシートにも不向きです。

水性と油性の特徴を併せ持った「ゲルインク」は、サラサラと水性のように記入することができ、滲みにくさと速乾性が特徴です。エントリーシートにはゲルインクのボールペンを使用しましょう。

太さは0.5~0.7mmのもの

エントリーシートの記入におすすめの太さは「0.5mm~0.7mm」のボールペンです。印象にも繋がりますが、細すぎるペンの場合は、意思の弱さや気持ちの弱さなどを感じてしまう印象があるため、エントリーシート上では不向きです。

1.0mmなどの太いボールペンでは、記入しなけばならない文字数を記入欄に記入できない可能性が高くなるのでおすすめしません。また、見映えから見ても太すぎることでスマートに見栄ず、読みたくなるようなエントリーシートにはならないでしょう。

疲れにくいもの

エントリーシートは、完璧なものができるまで何度も書き直します。実際、ボールペンは鉛筆やシャープペンシルを使用するよりも疲れにくい文房具です。ですが、指に合わないものを使用すれば、すぐに疲れてしまいます。

できれば試し書きをして、自分にあった太さのものを購入しましょう。

エントリーシートに使ってほしいおすすめボールペン4選!

実際に、就活生たちがエントリーシートの記入に使用したおすすめのボールペンをご紹介していきます。

サラサクリップ

多数なカラーバリエーションで人気が高い「SARASA」ですが、サラサラ書くことができ、疲れにくいことが特徴です。発色の良さもSARASAの特徴です。ゲルインクを使用しており、記入した瞬間に、乾ききっているので文字が延びてしまう心配もありません。書き味が滑らかすぎて、筆圧の強い方は使いにくい傾向が高いようなので、必ず試し書きをするようにしましょう。

ジェットストリーム

就活生人気No.1はジェットストリームです。なめらかな書き味が持ち味ですが、インクの性能の高さも人気の理由です。油性インクを使用しており、速乾性に優れているだけでなく、インクの直流・逆流が防止されているため、ボールペントラブルが発生しません。油性インクではあるものの、油性の特徴であるだまになってしまうことを防いでくれるボールペンです。

エナージェルユーロ

エナージェルユーロは、就活のために考案されたボールペンです。インクが早く乾くことが特徴のボールペンです。左利きの方にも人気が高い商品で、使用感のよさや疲れにくいに定評があります。インクの発色の良さだけでなく、艶感が素晴らしいと口コミでも高い支持を得ている商品です。

ユニボールシグノ

ユニボールシグノは、油性インクを使用しており、速乾性に優れています。比較的、太めに書くことができるペンですが、均一にインクが出て、文字を書くのが苦手な方でも、上手に綺麗に見えるようになっています。油性インクのだまもできないように開発されており、サラサラと記入することが可能です。

エントリーシートの記入はストレスの大きな壁になる方も…。少しでもマイナス要素を減らすボールペン選びを!

ボールペンの選び方によっては、エントリーシートを記入しているストレスが変わってくることがわかりました。何度も、同じ文章を記入することは誰しもストレスに感じてしまうでしょう。集中力や丁寧さが欠けてしまわないように、自分に合ったボールペンで記入することで完璧なエントリーシートを仕上げることができます。

第一印象と一緒で、数あるエントリーシートの中から興味を引くものは、一瞬で決まります。エントリーシートの第一印象は文字で決まる!ボールペン選びにも慎重になってみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。