外資系希望の方は英語で記入!?エントリーシートを英語で記入してみよう!

自分の志望動機や自己PRなどを企業にアピールするための、選考で必要な書類であるエントリーシート。日本語で記入するケースがほとんどですが、職業や外資系の企業によっては、英語での記入が義務付けられている場合も存在します。

今回は、英語でエントリーシートを記入するためのポイントやコツをご紹介していきます。日本語での記入のエントリーシートの場合も、英語で記入することでアピールにもなる可能性があります。参考にしてみてください。

おすすめの就職サービス

英語でエントリーシートを提出が希望されている企業もある

冒頭でも少しお話をしたように、多くの場合は英語を使用する企業で、エントリーシートの英語記入が求められるケースが多いです。英語で記入することで、英語がどのぐらい使えるのかという部分を見ることもできますし、仕事の種類によっては自分を直接アピールすることができます。

仕事で英語を必要としている業種の方は、求められていなくても積極的に英語で記入することが望ましいです。企業に入社してから使用する英語で選考を受けることで、本気さや誠意を伝えることができます。

また、一般的な企業だった場合でも、近年はグローバル化や外国との交流や仕事での接点が増えている時代なので、英語を使える人材は重宝されるケースが多いです。英語の学科を選考している方などは、アピールとして英語を使用することもプラスな印象になるでしょう。

英語でエントリーシートを記入することは簡単!?

「英語でエントリーシートを記入するなんて難しい…」と諦めてしまう方も多いかもしれません。確かに、エントリーシートで記入する内容は、日本語での表記であっても難しい言い回しもあり、英語ともなると日常会話とはかけ離れている内容です。

しかし、実際に英語でエントリーシートを作成することは、日常会話ができる方ならば可能です。伝えたいことが伝わっていれば、難しい英文を作る必要もありません。簡単な英語で意味が通じれば、しっかりと英語でエントリーシートを完成させることができます。

英語もエントリーシートで企業が見ているものとは?

英語でエントリーシートを記入させることで、企業はあなたのどの部分を見ているのでしょうか?単純に、英語が話せるだけではなく社会人として大切な部分も注目しています。英語だけに気をとられるのではなく、選考を受ける一般の就活生として参考にしてみてください。

わかりやすい文章になっており、伝えたいことが伝わっているか

先程、お話ししたように難しい英文を使用する必要はありません。しかし、大切なのは「自分が伝えたいことがしっかりと伝わっているのか」ということです。簡単な英文で示すには限界があるため、自分が本当に伝えたいことならばしっかりと適切な英文を作成して伝えた方が、企業とあなたとの理解の違いが生まれる心配もありません。

そして、企業側も伝えたいことをしっかりと理解できるだけでなく、あなたの英語の応力や文章を作る才能などを評価してくれるでしょう。

伝えたいことの熱意や志望動機の内容

熱意や志望動機の内容は、英語で記入しても日本語での記入でも変わりはありません。あなたから伝えられた「この企業で働きたい理由」を企業側で判断して、あなたの仕事への熱量や思い、人柄などを評価するでしょう。

英語ができることはプラスにはなりますが、文章に内容が薄かったり、面接官の心を掴めないような内容であれば、エントリーシートの内容としては不合格になってしまう可能性が高いでしょう。

しっかりと自分が働きたい自由や、自分を分析したアピールポイントを理解して、文章を作成することが大切です。

英語でエントリーシートを記入するポイント

エントリーシートで英語を実際に使用して、文章を作成してみましょう。相手に自分が感じていること、伝えたいことがしっかりと伝わるように、文章の構成を意識してください。基本的なフォーマットとして、参考にしてみましょう。

どこで英語を学んだのか順序に従って説明する

企業からも自己PRなどで質問される可能性が高いのが「どのようにして英語を身に付けたのか」。順序を決めて、簡単にわかりやすく、確信をつけるような文章を作成してみましょう。

point(結論)

どのようにして英語を身に付けることができたのか。例としては「話すことによって身に付いた」「学科を選考することで身に付いた」など。長い文章にならないように簡潔に記述しましょう。

readon(理由)

理由では、最初に述べた(結論)と同じ印象になってしまう方もいるかもしれませんが、自分の経験によって臨機応変に文章にしてみましょう。英語が身に付いた理由を述べてください。話の輪を広げるために、「英語を学ぼうと思ったきっかけ」「英語を学んでいる時のエピソード」などを紹介してもよいでしょう。

examole(具体例)

具体例では、どんな流れや経験を経たのか。落ち込んだ経験や壁にぶつかったときに、どのようにして乗り越えることができたのか。試験を受けた場合は、どのような努力をして何点を取ることができたのか。など具体的な結果に基づくような記述をしましょう。

point(結論)

最後に、もう一度結論をお話しします。できれば、最初に記述した結論よりも、企業に入社することでどのように役に立ちたいのか。この英語をどのように仕事に活かしていきたいのか。将来に繋がる内容を考えてみましょう。

自分の頭で考えた文章を英語で記入する

英語の文章は、必ず自分の頭で構成した文章を記入するようにしましょう。誤字脱字は日本語同様に注意しなければならず、英語の場合や意味合いが違う単語を使用しないようにすることも意識が大切です。

ミスしたくない気持ちから、テンプレートや教科書に乗っているような例文を参考にしながら、エントリーシートを記入する方も多いです。しかし、他人が考えた文章では熱意は企業に伝わりません。

しっかりと自分が考えた文章を提示することで、本当のあなたの気持ちや経験が伝わるのではないでしょうか。正しい例文を並び替えただけでは、意味が通じにくい冷たい記述になってしまう可能性が高いです。

自分の英語レベルと会社が必要としている英語のレベルを自分で見比べてみる

自分の英語の能力をアピールするために、企業が必要としている英語の能力の目安を参考にしましょう。実際に、企業が求めている能力と自分の実力を比べて、提示することもおすすめです。

はっきりと相違点なく、伝わりやすいのが数字を使って伝えること。英語を必要とする企業にエントリーする方はTOEICを受験している方がほどんどです。TOEICの点数を述べて、自分を企業と照らし合わせながらアピールすることで、企業側にも採用した時のイメージがつきやすくなります。

英語でエントリーシートの記入が求められる最低のライン「800点以上」と言われています。
TOEICの基本的な英語能力基準は次の通りです。
・海外取引が必要な国内企業「650点以上」
・海外にも展開を広げている大手の国内企業「730点以上」
・外資系の日本法人「860点以上」
・外資系企業「900点以上」

自分の英語力をどう会社で発揮していきたいのか

あなたは、自分の英語力をどのように会社で発揮していきたいですか?この答えは、志望動機の欄や自己PRの欄にも使用することができ、自分を企業に売り込むためには最も適切な質問です。どう発揮していきたいのか想像ができていないようでは、会社にとって即戦力にならないと判断されてしまうことも…。

自分に過剰に自信を持ちすぎない謙虚さは大切ですが、将来をしっかりと考えた自己PRも大切です。謙虚すぎて、謙遜ばかりしてしまうとエントリーシートでアピール力が弱まってしまいます。自分よがりにならない会社第一の自己PR方法として、活用してみてください。

英語を使えることをエントリーシートに記入したことがゴールではない

英語を話すことができ、英語を仕事にできる能力が身に付いたということは、自分に武器があるようなものですよね。英語という武器を育てるために、あなたは沢山の努力や勉強をしたはずです。しかし、英語は身に付いたことがゴールはありません。

大学入学や内定をいただいたことがゴールなのではなく、スタートなのと一緒です。英語を使うことで初めて、身に付けた英語が意味を持ちます。せっかく、誰にでもできることではない職種で働くことができるならば、エントリーシートでゴールなのではなく、その先をさらに目指して、英語を学んでいきましょう。

英語のエントリシートも日本語のエントリーシート同様に求められている文章力やマナーや常識に関しては同じ

英語のエントリーシートも、日本語のエントリーシートも、結局はあなたの人柄や性格。企業に合っているのか。社会人としてこの企業に貢献してくれるのかを徹底的に判断されます。

英語でエントリーシートを作成することやTOEICの点数は、あなたにとってはアピールポイントや強みになるかもしれません。ですが、それ以前に基本的な文章の作り方や、エントリーシートの記入のマナーに不備がないように注意しましょう。

記入漏れがあったり、印鑑や写真に不備があると、素敵に仕上げた英語のエントリーシートも見てもらえない可能性があります。

自分の強みである英語を存分にエントリーシートに活用しよう!

基本的なマナーや書き方などを間違うことなく記入できれば、あなたが頑張って身に付けた「英語」は最大の武器になるかもしれません。外資系で働きたい方ならば、自分が持っている最大限の英語能力を使って、自分の思いがまっすぐに伝わるようなエントリーシートを作成してみましょう。

また、一般企業だ英語で記入してみたい方も、英語をアピールするチャンスです。この時代だからこそ、英語ができない方・英語ができる方は真っ二つに分かれます。自分を後押しする理由にもなるかもしれませんよ?

強みは最大限に活用して、希望の企業や部署に入社できるように、渾身の素敵なエントリーシートを完成させてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。