エントリーシートに改行はプラス評価?改行の重要性を解説!

エントリーシートでは、丁寧さや分かりやすさが求められますが「改行」はした方がよいのでしょうか?改行の有無に悩んだ経験がある方も多いはず。実は、記入方法によって改行必要性が変わってしまいます。

どんな場合に、改行は認められるのか。また、改行を行うときの注意点を解説していきます。

おすすめの就職サービス

エントリーシートは紙とWebで改行の必要性も変わる?

記入のケースの違いというのは、パソコンやWebを使用してキーボードで入力するエントリーシートと紙媒体でボールペンで記入するエントリーシートに分けられます。結論、改行が認められるのは、ボールペンで記入する紙のエントリーシートです。パソコン上のエントリーシートは、改行の必要性が低く使用することはほぼないでしょう。

エントリーシートで改行をする重要性

改行をすることで起こるメリットや改行の重要性を理解していきましょう。ただ、闇雲に文字数を少なくするために改行をするのであれば、それは間違った使い方です。今現在の、あなたのエントリーシートが、よりきれいに見えるように改行を活用していきましょう。

びっしりと文字が詰まりすぎないのでまとまりがある

改行を入れることの大きな目的でもあります。改行がない文章では、文章と文章の間に空間がなく、項目内にびっしりと文字が連ねられている状態になってしまいます。基本的なエントリーシートや履歴書は、改行をしない方も多いです。

しかし、文字で埋め尽くされているエントリーシートは読みにくさ倍増するだけでなく、読みたいと思う気持ちにならない可能性も高いです。改行を適切に使用することで、文章にまとまりを作ることが可能になります。

綺麗な字で項目を埋め尽くせば、完成の達成感は大きいかもしれません。しかし、企業は達成感や記入に使用した労力は評価してくれません。企業が読みやすいエントリーシート作りが大切です。

内容を区切りやすい

自分が記入したい内容は1つであっても、経験やエピソードを記入して、結論を記入するまでに区切りをつけたいポイントが必ずあるはずです。改行をすることで、区切りがつき、文章の整理整頓をすることができます。

自分自身も記入しながら、区切りをつけられるだけでなく、読み手側も分かりやすい文章の流れになります。また、内容が区切られることで自分自身も記入の抜けやミスに注意することができます。

文字が詰め込まれたエントリーシートでは、部分的に読んで理解することが難しいです。改行が使用されていると、どの部分から読んでも内容が理解しやすく、自然と企業側もあなたが伝えたくて記入した文章を理解しているでしょう。

なぜWebのエントリーシートで改行は必要ないの?

なぜ、パソコンをしようしたエントリーシートで改行が不要なのかというと、パソコンでの記入の場合は、読みにくさを感じにくいためです。さらに、個人の文字の特徴もないため、パッと見た印象も特に変化はありません。

パソコン上でのエントリーシートは、決められている文字数に近い数字が、項目内に設定されている可能性も高く、改行してしまうことで決められている文字数をクリアできないケースがあるため、改行の必要性は低いと考えられています。基本的には、パソコン上のエントリーシートを記入している方で、改行を使用している方は少ない傾向があります。

例外として、エントリーシートが企業から指定されたものでない場合は、自分の好きなようにスペースを使用することができる可能性が高いため、紙でのエントリーシートと共通の注意点を守ることができれば、改行は使用してもよいでしょう。

エントリーシートで改行を用いるときの注意点

改行を、エントリーシートで使用するときの注意点をご紹介していきます。改行は、文章にまとまりや区切りを生み出すために効果的な方法ですが、注意点を守らない場合にはマイナスな方向に効果が発揮されてしまうこともあります。

改行を使用しても、規定に沿っていないエントリーシートは、不備扱いになってしまう可能性も高いため注意しましょう。

文字数はしっかりと8割を超えるようにする

エントリーシートで記入する項目の文字数は8割を必ず超えるように調整しましょう。文字数を指定されている企業もありますが、一般的なマナーとして少なすぎる文章のエントリーシートは失礼や不備に当たります。

改行のデメリットは、文字数が計算しにくくなることです。改行を使用して、文字数がクリアできないのなら、改行は使用しない方が良いでしょう。

逆のエースで指定されている場合も注意が必要です。「○○文字以内」で使用をしている企業も多く、その場合は8割以上の文字数よりシビアに文字数を数える必要があります。改行をすることで、文字が数えにくくなるので事前に記入する文字数を確認しておき、改行しても問題のないように工夫してみましょう。

いい加減な行で改行しない

改行は、文章の内容で区切りをつける部分に改行を行います。注意点は、1文1文改行したり、変な部分で改行を挟まないようにすること。せっかく、改行を使用して読みやすい文章にしようとしているのに、適当な部分で改行を使用してしまうと、より内容がごちゃごちゃになり、分かりにくい文章になってしまいます。

多くても、改行を文章内で使用する回数は、4回ほどではないでしょうか?個数の制限などはありませんが、4回以上改行を使用している場合は、おかしな部分で改行を行っていないか、確認した方が良いでしょう。

❮Webのエントリーシートでも読みやすくしたい!❯改行無しで読みやすくなるポイントとは?

改行を使うことができないWebのエントリーシートや、紙のエントリーシートでも改行なしで、アピールポイントを強調させたり分かりやすい文書を記入することが可能です。文字に対しての加工や文字以外の記入が認められている場合は、参考にしてみてください。

強調したい文字を加工する

強調したい単語部分を、加工することでより強くアピールすることができます。文字の色を変えてみたり、文字を太く大きく記入してみるのもおすすめです。紙の場合は、好きなように加工することが可能ですが、パソコンで加工できない場合は強調したい単語の前後に空欄を設けることで、目を引くことができるでしょう。

例)私の強みは、 行動力 と 忍耐力 です。
例 私の強いは、行 動 力 と 忍 耐 力 です。

好きな間隔で記入してみましょう。前者の方が単語にまとまりが見えますが、後者の方がインパクトがあります。どちらも間隔を多く開けすぎたり、併用しすぎたりするとエントリーシートに違和感を生んでしまうので、少ない回数で有意義に活用してみてください。

文字を太くしたい場合は、通常の文字は0.5mmのボールペンで記入し、強調したい文字を0.7など、少し太めのボールペンを選んで記入しましょう。赤いボールペンを使用したい場合も、通常の文字を記入しているボールペンよりも、少し太めを選ぶとさらに強調されて伝わるでしょう。

強調したい文字に下線を引く

強調したい部分の加工と同じように、下線を引くことでアピールを強めていきましょう。文字の色を変えることが難しいかったり、大きく太く書くことも好まれない場合におすすめです。

企業では、上記の加工は好まれない場合もあります。ですが、仕事上でも重要な部分を強調させるために使用する下線は、抵抗がなく受け入れられる可能性がもっとも高いです。

近年では、先程ご紹介した文字の加工と併用して行うケースも多いです。少し控えたい場合は下線だけでもアピールは可能ですが、より前に強調したい場合は使うことができる加工やアイディアをフル活用してみましょう。やりすぎには注意です。

「」を利用して強調する

全ての加工が難しい場合は、強調したい単語に「」を使用して、他の文章との差別化をしましょう。「」は、使用してもおかしくないですし、違和感もありません。

従来のエントリーシートでは、加工や下線を引くことも主流とはなっていなかったのが現状です。近年、Webなどのエントリーシートや個性をよりアピールする方法として、行う方が増えましたが、今でも真面目な文章のエントリーシートを主流と考えている企業は多いです。

その場合は、「」を使用することで、アピール力を高めていきましょう。

例)私の強みは、「行動力」と「忍耐力」です。

その他の強調させる方法は?

他にも、強調したい部分を強くアピールする方法はあります。上記の方法を好まない方は参考にしてみてください。

・句読点のあとに、スペースをいれることで適度な項目内の空間を保つ。
・1文の長さは100文字以内にする。
・記入する文字の大きさは、大きすぎると圧迫感があり、小さすぎると気持ちの弱さや自信のなさを感じさせる。適度な文字の大きさでの記入を心がける。
・箇条書き・①…などを使用して、ピンポイントに具体性を追求する。

改行以前に、紙・Webどちらのエントリーシートにも企業に気持ちを伝えたいという思いやりが大切

改行を使用する段階は、最終段階で見た目が気になった時と考えましょう。まずは、相手の気持ちを揺さぶる志望動機や、企業に対してのあなたの思いがつまったエントリーシートを完成させることが重要です。

改行して見やすいシートができたとしても、内容がイマイチだった場合、見た目は評価されず不採用になってしまうでしょう。まずは、エントリーシートの完成度を高めることに集中しましょう。

どれだけあなたの魅力や企業に対する気持ちを伝えたいのかという気持ちが、選考に勝つために大切になってきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。