エントリーシートの健康状態の欄には何を書くの?書き方やポイントを徹底解説!

エントリーシートには、あなたの健康状態を記入する欄があります。企業は、選考の際に何を確認しているのでしょうか?健康状態が問題のない場合は、特に心配することもないですが、持病を持っている方は不安になってしまいますよね。

エントリーシートの健康状態の書き方やポイント、企業が注目しているポイントなど徹底解説していきます。健康状態の欄は、難しく考えることが必要ない欄でもあるため、ポイントを抑えて完璧に記入できるように対策しましょう。特に、記述する必要がない項目と思われがちですが、健康状態の項目を上手に使って自分の強さをアピールしましょう!

おすすめの就職サービス

エントリーシートの健康状態で企業は何を見ているの?

企業が、エントリーシートの健康状態で注目しているポイントを解説していきます。健康だからこそできるアピールできることや強みを参考にしてください。

健康管理は仕事の一部だから

健康管理は、社会人の仕事の一部ともされています。そして、企業も社員の健康状態を把握することは大切な業務の一部です。勤務した際の責任を企業が負うように、あなたの健康状態を把握して、安心して働くことができる環境を作っていくことが企業の仕事でもあります。エントリーシートで健康状態を聞かれることは、安全に働くことのために大切なことです。

健康な方を採用することで体のトラブルを回避する

健康な方を採用することで、すぐに退社をする人材を見極めていることもあります。すぐに退社してしまっては、会社の損失にもなるのでリスクを減らす必要があります。仕事をお願いする立場である企業は、1人1人の健康状態を見極めて適切な仕事量を配分することも大切です。

さらに、病気のことを知らないまま無理をさせていたのであれば、企業の責任が問われ、大きな問題に発展する可能性もあります。新人社員を採用するに当たっても、できれば健康な社員を企業は求めています。

エントリーシートで健康状態がよくないことが判明したら不採用なの?

エントリーシートで、健康状態が不良であることを伝えたことで採用に大きく関係する可能性は低いです。ただし、同じスキルを持った人材がいて企業があなたと悩んでいる場合に、比較する材料にされてしまう可能性は高いでしょう。

近年では、病気と共に仕事をしている方は多くいらっしゃいます。嘘をついて申告をする方がマイナスなイメージがついてしまうので、正直に記入するようにしましょう。嘘をついてしまった場合は、内定取り消しの可能性が非常に高くなります。嘘をついて得をすることは絶対にないので、絶対に嘘はつかないようにしましょう。

怪我やアレルギーも記入する?

怪我が完治している場合は、病気同様記載する必要はありません。しかし、怪我のせいで業務に支障をきたしてしまう可能性が高い場合は、申告するようにしましょう。

今現在、怪我の治療で病院の通院を行っている方は、働きながらの通院も視野にいれて、病院へ通う頻度や怪我の状態も記載しましょう。

アレルギーは、アレルギーになる可能性がある成分を扱っている企業は、特別にアレルギーの項目を準備するほど、申告の必要性が高い事項です。アレルギーはどの企業でも、申告しておくことが大切です。

アレルギーに関しては、花粉症やハウスダストアレルギーなどで、症状が重症化しない場合は記入する必要はないとされています。

【健康状態が良好な方】エントリーシートの健康状態の書き方

健康状態が良好な方の記入方法を解説していきます。多くの方は、この項目に当てはまるのではないでしょうか?正しく記入できるように覚えておきましょう。

「良好」の記入

体に怪我や病気がなく、アレルギーも持っていない方は「良好」と記入しましょう。過去に病気や怪我があった場合でも、完治している場合・業務に支障がない場合は「良好」の記入で問題ありません。

【応用】無遅刻無欠席やアルバイトの無欠勤などのアピールポイントもここで記入しよう

せっかくの健康状態をアピールできる欄だからこそ、学生生活での無遅刻無欠席・アルバイトが無欠勤の場合は、記入してアピールしましょう。「良好」と記入するだけでなく、健康をアピールすることができるエピソードなどを記入しても構いません。

話題になるエピソードや一言を添えることで自分をアピール

面接では、健康状態を確認した面接官の目に留まるように、ここでもアピールを忘れないようにしましょう。ただ、無遅刻無欠席ではない場合、記入することがないと思う方も多いはず…。体力に自信がある方は、過去の学校生活で行ってきた部活動のことを記入してもよいでしょう。

そんな場合は、印象を深く焼き付けるために「風邪をひいたことがありません。」「インフルエンザにかかったことがありません。」「熱を出したことはありません。」など、会話の入り口になるような追記をしましょう。会話が生まれ、コミュニケーションを取ることができれば、相手の印象にも残りやすくなります。

例)「体力に自信があり、小学校から現在までバスケットボールを行っています。バスケットボールを始めてから現在まで風邪にかかったことがなく、体の丈夫さには自信があります。この健康な体で、貴社のために精一杯全力で働きます。」

【健康状態に問題がある方】エントリーシートの健康状態の書き方

健康状態に問題がある方の記入方法を解説していきます。少しでも、「良好」と記入することに不安がある方も、チェックをする意味で参考してみてください。健康状態に問題があっても、選考に不利なる理由にはなりません。自分の健康状態を逆手にとって、上手にあなた自信をアピールしましょう!

具体的に症状や病名を記入するが、業務に差し支えがない場合は「良好」と記入する

具体的な症状があり、病院で病名も伝えられている場合は、詳しく記載しましょう。ただし、業務に差し支えがない場合は「良好」と記入しても構いません。

例としては、偏頭痛や緊張性頭痛などは症状の重さにもよりますが、頻度が少ない場合は記入する必要はないでしょう。

病院に通院中の場合や配慮が必要な場合はここで記入する

今現在、病院に通院している場合は、通院している頻度や今の状況などを記載して、配慮が必要な場合は協力をお願いできるように連携をとる必要があります。病院に通院している申告を行うことで、通院と仕事の両立を図りましょう。

仕事の配慮を行う企業側にとっても、通院の頻度や有無を知っておくことは重要です。必ず申告するようにしてください。

病名だけでなく、ポジティブな一言で明るく締める

病名や状況を記載するだけでは、マイナスな雰囲気で「健康状態」の項目が締められてしまいます。健康状態が悪い場合でも、アピールをすることは可能。必ず最後にポジティブな発言を記入して前向きな性格だとアピールしましょう。

例)「今は週に1回、通院をすることで健康管理をしています。数年前と比較しても格段に症状は回復しており、定期的に通院することで業務に支障はきたしません。仕事と共に病気を克服してきたいと考えております。」

エントリーシートの健康状態には記入すべき?健康診断で異常値が出てしまった場合

エントリーシートを記入する前に受けた健康診断で異常値が…。健康診断の結果には、病院を受診するようにと記入されている場合があります。そこで、内臓の調子が悪いと話をされるケースも珍しくありません。この場合は、エントリーシートに記入すべきでしょうか?

結論は、健康診断で悪い数値や再検査が出た場合は、エントリーシートに記入する必要はありません。業務に支障がない場合は記入する必要もなく、健康診断の通知は可能性を通知するものでもあります。

内臓の環境が少し悪い場合や血液検査の結果が悪かった場合も、業務に支障はきたさないので、申告する必要はありません。入社してからも企業ごとに健康診断は行われます。健康診断で特に大きな病気が見つからなかった方は、毎年の健康診断を基準にして健康管理を徹底して行いましょう。

婦人科の病気など書きたくない病気も…

女性特有の病気「婦人科」の病気は、女性が最も書きたくない病気で、記入しない方もいます。特に、採用担当者に男性が多い傾向がある企業では、女性の中でも軽視している現状から特に理解されにくい病名や知られたくない病気が多いです。

しかし、あなたの「恥ずかしさ」を優先したことで、あなたが入社後、病気と向き合えなくなってしまうようでは最適な仕事環境とは言えません。双方が気持ちよく、万全な環境で仕事ができるように、恥ずかしさを少し我慢して記入するようにしましょう。

企業から守ってもらうためにも、病名をすべて記入することは大切です。もしもの時のために、しっかりと記入しましょう。

正直に自分の健康状態を伝えることはマイナス要因ではなく、志望している企業のために、自分のために大切なこと

健康状態を正直に記入することは、マイナスなイメージではありません。確かに、病気を抱えている人材と考えてしまうとネガティブなイメージを持ってしまう方も少なくはないのが現状です。しかし、今の社会では仕事をしながら通院することはおかしなことではありません。

エントリーシートで素晴らしい記述をしていれば、病気を患っていても関係なく採用が決定するでしょう。あなたの魅力は病気の有無で左右されません。志望している企業に迷惑をかけないため。そして、あなた自身の健康をさらに高めるため・維持するために健康状態を正しく記入しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。