《説得力アップ》エントリーシートで勝ち抜くための自己PRの書き方とは!?

エントリーシートで必ず記入する項目「自己PR」。記入する内容で深く悩むことが多い難しい項目です。エントリーシートで自分の性格や人柄を直接言葉でアピールできる分、自己満足な文章になっていませんか?客観的視点で自分を自己分析することがエントリーシートには大切です。

今回は、エントリーシートの自己PRがどんな項目なのかを解説していきます。また、自己PRに大切な説得力をアップさせる方法や参考にしてほしい例文もご紹介しているので、参考にしてみてください。

おすすめの就職サービス

企業はエントリーシートの自己PRで何を見ているの?

企業は、エントリーシートの自己PRで何を判断しているのでしょうか?判断している内容は、企業があなたに求めている内容でもあります。判断内容を理解して、ピンポイントでその部分にアプローチできる文章を考えてみましょう。

あなたの長所

自己PRでは、あなたの長所を判断することができます。身に付けたことや自分の強みをアピールする自己PRでは、記入している内容があなたの長所とも捉えることが可能です。どんな経緯で学んだことなのか。また、入社後どのような形で活かしていきたいのか。具体的に記入することで、伝えたいことが伝わる文章になります。

企業で活躍できる長所は、企業ごとに違いがあるため、志望企業にあった長所をアピールできるようにしましょう。長所を知ることで、あなたが企業で活躍できる人間なのかを判断しています。

あなたの人柄

あなたの人柄を判断する材料は、記入しているエピソードから強く判断することができます。エピソード中には、あなたが経験したことや起こした行動、感じた思いを読み取ることができます。

読み取った印象から、こんな性格・人間性なのだろうと企業は、あなたのイメージを持つでしょう。そのイメージから、仕事や物事への考え方や取り組む姿勢を感じとり、採用に大きく関係してくるポイントとして評価します。

人柄も、企業の求めている人間像に大きく関係する部分なので、企業との相性を確認されます。

あなたの能力

能力とは、スキルや経験してきたことで培った実力です。企業が求めている能力を持っていれば、入社後に即戦力として働くことができ、企業にとってのメリットが大きいです。長所と同じく、企業が求めている能力をアピールできなければ、必要な人材ではないと判断される可能性もあるため、事前に調べて企業に通ずる能力を調べてみましょう。

エントリーシートに実践!自己PRの説得力をあげるためには?

エントリーシートでは、印象の薄い自己PRは埋もれてしまいます。多くの志願者がいるなかで、あなたが強く印象に残るためには「説得力」が必要。説得力をアップさせるための文章の書き方を解説していきます。

文章の構成に注意!

説得力を上げるためには、効果的な文章の流れを活用しましょう。まずは、質問されたことに答えることだけで説得力を上げることができます。そして、最後にもアピールしたい部分を活用しながら、今後の目標や将来への考えなどを記述しましょう。下記の構成を参考にして見てください。

①結論《質問の答えを記入しましょう。》
②根拠《結論の理由や次のエピソードに繋がるような文章を記入します。》
③エピソード《結論を学んだ・身に付けたエピソードを具体的に記述。》
④結果《最終的にどうなったのか。を説明します。》
⑤結論《再度、アピールしたい結論を記入し、将来にどう活かしてくのか。企業での活かす方法を具体的にアピールしましょう。》

伝えたいこと・文章はすべて分かりやすく簡潔に!

伝えたいことは必ず1つに絞ってアピールすることがおすすめです。理由は、2つ以上アピールしたい項目があると、文章のまとまりがなくなり理解しにくい構成になってしまうから。もし、2つアピールしたい場合は、同時に得ることができることや共通する内容でアピールしましょう。1つのことをアピールした方が、限られた文字数で強くアピールできるメリットがあります。

文章は、分かりやすく簡潔に記入することが基本です。エントリーシートは、誰でも理解できる内容で記入することが一般的。難しい単語や専門用語で自分の能力や知識をアピールすることは逆効果です。エントリーシートの文章の基本でもある、1文を短くすることも忘れないようにしましょう。読んでいる方がすんなりと読めるように、3文続けて同じ語尾で終わらないようにすることも文章を記入するポイントです。

エントリーシートの基礎的な知識!自己PRの記入で注意すべきこととは?

自己PRの基本的な知識として、分かりやすい文章を書くためのポイントを解説していきます。特別な知識がなくても、意識するだけであなたの文章が生まれ変わるポイントです。ぜひ、実践してみてください。

学生時代に頑張ったこととは違うことをアピール!

学生時代に頑張ったこともあなたの自己PRの一種ではありますが、違う内容で記入するようにいしましょう。なぜなら、企業が聞いている内容が違うから。自己PRと学生時代に頑張ったことの特徴を解説していきます。

《自己PR》
あなたの長所と人柄を見分ける。会社で働いてメリットがある人間なのかを判断する。
《学生時代に頑張ったこと》
あなたの物事への取り組む姿勢、考え方を見られる。成長過程や困難があったときに対処できる力があるのかを判断する。

以上の特徴で分かるように、企業が質問することで得たい情報は異なります。どう書くのが正解ということはありませんが、質問の意図を理解してそれに合った回答ができるように注意しましょう。

文章の長さや誤字脱字など、初歩的なミスは注意!

自己PRだけでなく、エントリーシート全体で誤字脱字はNGです。多くの企業が、採用には影響しないとアンケートで回答してはいますが、エントリーシートは完璧な状態で提出するのが一般的。誤字脱字で他の学生と比較されることもあるかもしれません。ニアミスは絶対に内容に最終確認を行いましょう。

文章を長く、「や」「など」「なので」を多用して記入することも意識して辞めましょう。分かりやすい文章を記入するためには、簡潔で短い文章が必要です。言葉遣いにも失礼がないように気をつけて、相手が読みやすい文章を記入するように意識しましょう。

必ずどういう形で今後活かしていくのかを記入する

自分の長所だけをアピールして終わり。では、将来性がないため、十分な自己PRにはなっていません。アピールした項目を総括して、採用された場合にどのように長所を活かして働きたいのかを記入しましょう。

企業は、「期待できる人間」を求めています。将来性がなく、未来のことを考える力のない学生は、必要としていない企業もあります。必ず、長所を「どんな形で」活かして働きたいと考えているのか。長所を「どのような仕事」で発揮したいのか。具体的な文章でアピールしましょう。

就活生のなかには、「現状でいっぱいいっぱいで将来のことは想像できない」と感じている方も多いのが事実…。うまく想像できない場合は、「こんな社会人になって貴社に貢献したい」という観点から将来性をアピールしていきましょう。

実際にエントリーシートに記入された自己PR例文紹介!

エントリーシートに参考にしてほしい自己PRの例文をご紹介していきます。自分の考えている内容とは違うかもしれませんが、文章の構成や作り方を参考にして、いいと思った部分を真似してみましょう。

コミュニケーション能力をアピール

私は、2年間飲食店で働いて、コミュニケーション能力を高めることができました。飲食店では、お客様のお席への案内と会計を担当しました。最初は、仕事を全うすることに精一杯で、お客様の顔を見て笑顔で挨拶することも精一杯でした。会計のスタッフが笑顔がないと指摘されたときに、私がお店の印象を落としていると感じ、改善策として自分から話しかける意識を持つことに決めました。

挨拶を必ず笑顔で行い、お待たせしてしまったお客様にはお席に再度伺い、挨拶することを徹底しました。次第に、名前を覚えてくれるお客様も増え、自分自身も柔らかい表情で仕事ができ、ちょうどよい余裕を持つこともできました。

アルバイトで学んだコミュニケーション能力の大切さを貴社でも活かし、必ずお帰りのお客様には素敵な気持ちや笑顔になってもらえるように努力したいと思っています。

協調性をアピール

私は、3年間家電量販店でアルバイトをしています。接客を担当しており、チームワークの大切さを学びました。私の働いていた店は、スタッフ間の連携がうまく、売り上げが高い店舗でした。私は、お店に置いてある商品の特徴をすべて記憶し、担当ではない商品を質問されても、すぐに答えることができる能力と、担当のスタッフに引き継げる連携の力を学びました。

案内をする前に、内線でスタッフに報告をすること。そして、自分だけで情報を保持せずに、新人や先輩関わらず、全体に報告することを徹底することでチームワークがなりたったと感じています。

貴社では、チームワークの大切さをより感じながら、報告・連絡は怠らないこと。自分だけの感覚で仕事をするのではなく、会社全体を見ながら協力できるように働いていきたいと考えております。

自己PRはエントリーシートであなたのことを最大限に表すポイント

自己PRは、あなたの言葉で自分の性格をアピールできる項目です。「魅力」を企業に伝えなければなりません。中途半端な内容や自分の長所ではないことを適当に記入してしまっては、面接ですべてばれてしまいます。必ず嘘はつかずに、正直に記入するようにしましょう。

自分の魅力を相手にプレゼンテーションするときは、必ず自己顕示欲が高くならないような、謙虚な姿勢の言い回しになるように注意しましょう。自己PRは、自分目線になってしまいがちな項目なので、多くの方に添削してもらうことをおすすめします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。