【エントリーシートの資格アピール】正しい書き方やコツを解説していきます!

エントリーシートでアピールすることのできる「資格」。特に、長い文章を考えて記入する必要はありません。正しい記入の方法が存在します。難しい項目ではない分、気を抜いて記入しがちですが、ミスをしないように確認しながら記入しましょう。

一般常識ともされている誰にも聞けない小さな常識やマナーもご紹介していきます。資格を頑張って沢山取得した方は、正しくアピールできるように参考にしてみましょう。資格を取得していない方も、まだ遅くはないアピールの仕方を解説していきます。

おすすめの就職サービス

資格をエントリーシートでアピールすることの大切さ

資格に関しては、国家資格でも検定でも自分が取得したものは記入することが可能です。記入された資格をみて、採用担当者はあなたが大学までの学校生活で、資格をとる意欲があった学生だということを知ることができます。

専門分野で資格が必要な場合は、必ず資格を取得して記入できるような状態にしておくことが大切です。また、専門分野においてはできるだけ高い資格を取得しておくことで、さらに企業への本気度が示されるケースが多いです。

見ただけでは資格の数や種類などで、自分のスキルをアピールするための項目ですが、より深く確認するとやる気や他の分野にも挑戦しようとする意識などが発見できる大切な項目です。

エントリーシートに資格を記載する時の注意点

エントリーシートで資格を記入する時の注意点を解説していきます。エントリーシートの志望動機や自己PRの完成度が高くできたら、資格の欄もミスなく完璧に記入しましょう。選考に関係する大きなミスではないかもしれませんが、一般常識と判断されることもあるので、ミスがないように確認も徹底して行ってください。

年号は統一して記入

資格には、取得した年号と月を記入します。注意点は、年号の書き方です。基本的には、和暦で記入する方が、処理を行うスタッフも確認がしやすく、手間を減らすことができると言われています。ですが、和暦・西暦どちらも間違いではないので、統一して記入するように注意しましょう。

資格の記入欄だけでなく、生年月日や記入日・他の年号を使用している項目とも統一させることが大切です。和暦で記入するときは、「H」「R」などと略した使い方ではなく、平成・令和と記入することが常識です。

取得が必要とされている資格の書き忘れはしない

企業によっては、運転免許を始めとする各企業での専門的な資格が必要なケースがあります。必ず、エントリーシートの提出日までに習得し、記入できる状況を作っておくようにしましょう。資格が必ず必要だった場合は、記入していないことで採用されない可能性が高くなってしまいます。

もし、提出する日に試験を受験したまま、合否が届いていない場合は、下記のように記入して提出しましょう。

例)令和3年 1月 普通自動車第一種運転免許 取得予定

書く順番は取得した順番で記入する

複数の資格を有している場合は、取得した順番で記入するようにしましょう。順番を間違えることで、不採用になってしまうことはありませんが、一目みただけでわかりやすいように、時系列を追って、資格の名前が記入されていた方が採用担当者にもわかりやすいです。

当たり前のことではありますが、基本的な思いやりを忘れずに記入してください。資格をとってから、時間が経っているものは時系列が忘れがちですが、なるべくメモをして記憶しておくとスムーズに記入することができます。

資格の名称は正式名称で記入できるようにする

資格の名称は、意外と略された名前で知られているものが多いです。エントリーシートは重要書類でもあるため、必ずすべての名前は正式名称で記入しましょう。多くの方が有している資格の正式名称をご紹介していきます。

普通免許→普通自動車第一種運転免許
漢字検定→日本漢字能力検定
英語検定→実用英語技能検定
簿記検定→日本商工会議所簿記検定
宅建→宅地建物取引主任者
秘書検定→秘書技能検定
MOS→Microsoft Office Specialist
TOEIC→TOEIC公開テスト

資格の名前だけでなく、「パソコン→パーソナルコンピューター」「コンサル→コンサルティング」などのエントリーシート上で使用する言葉も注意してください。

取得していない資格もエントリーシートに記入できるの?

基本的には、取得していない資格は記載することは不可能です。資格が必要だった企業をエントリーする場合に、評価を得るために嘘の記述をしても入社後に発覚したり、免許の場合は提示をお願いされる可能性が高いので、すぐにばれてしまいます。

エントリーシートでは絶対に嘘はついてはいけません。資格を取得していない場合は、記載しないことが常識でしょう。ただし、免許や資格の試験をうけて合否を待っている状態の場合、記入することで取得予定としてアピールすることが可能です。

先程もご紹介しましたが、取得予定である日にちと正式名称を記入して、必ず「取得予定」という言葉を記入しましょう。

エントリーシートの資格の欄に書ききれない場合は?

エントリーシートの資格の欄には、制限があり記入できない数の資格を有している方もいるかもしれません。資格をすべて記入しきれない場合は、記入する資格を選別して、企業で必要とされている資格・企業で役立つ資格・自分をアピールするためにメリットになる可能性の高い資格を記入しましょう。

例えば、パソコンを使用する企業でも「タイピング検定」は、資格の期間に制限がある資格です。タイピングの資格よりは、もっとアピールできる資格があるはず。記入しない資格を理解しておくことも大切です。

ペーパードライバーでも資格の欄に記入してもよい?

ペーパードライバーでも、通常通り記入して構いません。しかし、面接で「ペーパードライバーですか?」などと、運転免許に触れられる質問があった場合は、申告するようにしましょう。「入社までにしっかりと運転できるように練習しておきます」などフォローをいれることも忘れずに行いましょう。

質問されなかった場合は、自分からペーパードライバーであると申告する必要はありませんが、入社後に運転を任された場合に申告することで会社に損失を与えてしまう可能性を減らすことができるでしょう。

運転免許の場合は、AT限定の免許の場合に申告する必要があります。

エントリーシートに記入する必要がない資格はどうする?

エントリーシートに記入する必要がないと自分で判断した資格は、特にアピールする必要はないでしょう。もし、資格の欄がすべて埋まっていることで面接官から「他に資格は持っていますか」などと、掘り下げられた場合は、マイナスな方向にはならないのでアピールしてもよいでしょう。

一般的には、下記の資格は記入する必要性は少ないとされており、資格の欄が空いていても記入する必要はないかもしれません。

・個人的な趣味やスポーツに関する資格
エントリーシートは、自分をアピールするシートではあるものの、私生活をアピールすることでプラスな評価は得ることはできないでしょう。資格も、学業で行ってきたことや企業で役に立つ資格を提示する箇所であるため、個人的な趣味やスポーツで取得した資格は記入する必要はありません。

・大学生レベルではない階級の資格
英語検定や漢字検定では「3級」であれば、記入する必要はないとされています。大学生であれば、3級以上の取得が望まれるでしょう。TOEICに関しては、TOEIC500は記入する必要はありません。記入することで、レベルが低いと思われマイナスな評価を受けてしまう可能性が大きいです。

・原付免許・二輪免許
企業で、バイクを必要とする場合は、記入する必要があります。しかし、多くの場合は車の運転免許を記入する必要がある場合が多いので、バイクの免許は記入する必要はないでしょう。

エントリーシートに記入する資格がない場合は?

資格を1つも持っていない場合は「特になし」と記入しましょう。企業は、これからの伸び代に期待しているので、資格を持っていなくても大きなマイナスに感じることはありません。企業で多くのことを学び、資格を企業に入社いてから取得することを目的としている企業も多く存在します。

ただ、その文章だけでは意欲がない印象を強く持ってしまう可能性がある企業があるのも事実。すべてのエントリーシートの項目で自分をアピールできるために、勉強はしておくべきです。資格を取るために勉強を行っている場合には、以下のように記入することが可能です。

例)令和○○年○○月の○○○取得に向けて勉強中

この文章が加わるだけで、前向きに物事に取り組める人間で、仕事への姿勢をアピールすることもできます。

エントリーシートで資格は、過去の頑張りや自分をアピールすることができるが、将来のやる気などもアピールして周りに差をつけよう!

資格の記入の仕方は、基本的には時系列に沿って正しい正式名称で記入すれば、間違いなく記入することが可能です。資格を書ききれない方だけでなく、本当にエントリーシートに記入する必要のある資格なのか、一度整理してみることも大切です。

資格を持っていない方も、持っていなくてもマイナス評価になる可能性は低いです。ですが、内定に響かないから勉強しなくてもよい訳ではありません。努力していることを伝えられるように、資格の取得に向けて頑張ってみましょう。できれば、就活で忙しくなる前に資格を取得するために努力をしておくことがおすすめです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。