【エントリーシート】説得力のある志望動機をご紹介!例文をご紹介していきます!

エントリーシートで重要な「志望動機」。文章の作り方に悩んだあげく、みんなはどんな志望動機を記入しているのか気になりませんか?今回は、エントリーシートの記入に参考にしてほしい志望動機の例文をご紹介していきます。

志望動機の理由はあなたの言葉でアピールし、文章の作り方や言い回しなどを参考にしてみてください。志望動機の質を高めるために、事前に行ってほしいポイントやコツもご紹介していきます。志望動機の例文もご紹介しているので、志望動機に悩んでしまった方は参考にしてみてください。

おすすめの就職サービス

エントリーシートにおける「志望動機」の重大さ(例文でも確認してみよう!)

エントリーシートの中でも、最重要項目の「志望動機」は、あなたがなぜこの企業に入りたいと思ったのか。採用担当者が必ず注目する部分です。エントリーシートだけでなく、面接でも必ず質問される事項で、どの企業にでも当てはまる理由では印象に残る志望動機にはならず、1番悩んでいる学生も多い項目です。

自分のスキルや長所をアピールするエントリーシートや履歴書の中でも、「志望動機」だけが企業への理解や思いを伝えなければなりません。企業から共感を得る文章が求められているので、客観性が必要な難しい項目です。

エントリーシートに志望動機の例文を参考にする前にやっておくべきこと

志望動機を考えたり、他の方が考えた例文を参考にする前に、自分自身で事前に行ってほしいポイントを解説してきます。例文を参考にしたり、自分の考えだけでは客観性や企業の共感を得るような志望動機を考えることは難しいでしょう。

志望企業のことや業界の知識を深める

志望動機には、志望動機の情報や志望業界の知識への理解度が大きく関係します。理解していない方では、適当な言い回しやありきたりの文章しか考え付きません。より、自分だけがアピールできそうな企業の長所や企業の思想を知るためにも、情報を収集することはとても大切です。
実際に、企業が販売している商品や食品を購入してみたり、消費者側・参加者側として企業を客観的に見つめることも効果的です。そして、大学の先輩や知り合いの方がすでに内定をいただいている企業の場合は、先輩との交流を深めて内部の雰囲気などを知っておくことも大切です。

なぜこの企業・業界で働きたいのかを明確にする

まずは、なぜこの業界で働きたいのか理由を見つけましょう。企業だけでなく、最初に業界に興味を持ったきっかけから入り、そのなかでもなぜこの企業に志望したかをアピールすると、説得力が高い文章になりやすいです。

自分がこの業界を目指したきっかけやエピソードを話しながら、企業の長所や特徴に触れることで、自然な流れで記入することができます。自分自身のことだけでなく、家族や知り合いなど様々な方と関わるなかで、企業の製品を使用した・食品を食べたなどのエピソードも、深く企業の長所をアピールするために効果的です。

エントリーシートで記入してほしい!例文でも注目!志望動機のプラスな書き方

エントリーシートで参考にしてほしい、志望動機の書き方を解説していきます。今回、ご紹介する志望動機にも同じようなポイントを意識して記入している例文が存在します。同じように記入するのではなく、自分の言葉で記入しながらご紹介するポイントを活用して高い評価がもらえる志望動機を作成しましょう。

この企業でなくてはならない理由を見つける

企業は、「この企業でなくてはならない理由」が記入されている志望動機は高く評価します。志望動機のポイントは、「採用担当者を納得・感心させること」も重要です。この志望動機ならば、担当者にここでなければならないという思いが伝わるような理由を考えましょう。

どの企業でも当てはまる理由の場合は、さらによく情報収集することが大切です。書類選考の場合は、不採用になってしまう確率も高まってしまうでしょう。

自分が企業で頑張りたいことを具体的にアピールする

志望動機の最後の部分には、将来性のある文章をいれることでさらにポイントアップです。企業側も働いている先のことまで、目標がたっている人材にはやる気を感じます。企業で頑張りたいこと。どのポジションで働いていたいか。どんな仕事内容をしてみたいのか。自分の目標で構わないので、必ず将来のことを記入しましょう。

今現在のことで、頭がいっぱいで考えられない方は、「どんな社会人」になりたいか。を記入しましょう。この企業で働くことで、こんな社会人に将来はなっていたいという言葉でも、十分将来を考えている文章になります。

説得力をあげるために、エントリーシートの志望動機も文章の流れが重要(例文の流れを参考にしよう!)

説得力をあげるためには、文章の構成を工夫してみましょう。志望動機だけでなく、エントリーシートのすべての項目に活用できる、「文章の構成」を解説していきます。

①結論《質問されていることの回答を記述します。》
②根拠《結論の根拠を記述します。》
③エピソード《結論に至るまでのエピソードまたは目標や出来事を記述します。》
④結果《エピソードで何を学んだか。どう考えて行動してどうなったのか記述します。》
⑤結論《最後にもう一度、結論を記述します。》

上記でご紹介した構成は、エントリーシートのフォーマットでもある流れです。ただし、すべての記述が上記の流れに当てはまるわけではありません。上手に工夫しながら、説得力のある文章を作成してみましょう。

エントリーシートに参考にしたい志望動機の例文

エントリーシートに参考にしてほしい志望動機の例文をご紹介していきます。文章の構成やどんな志望理由で企業の特徴をアピールしているのかを確認してみましょう。個人で記入する流れや、方法は変わっていますが、伝えたいことを明確にしていることは同じです。説得力をあげてるポイントを見つけて、自分の志望動機にも活用してみましょう。

例文①

私が、貴社を志望したのは「自分らしく働ける環境の整った企業であること」「社会を支え多くの人に必要とされている企業であること」の2点が、私の企業選びの軸と一致したからです。私は、新しい価値を創造し、社会に提供し続けるためには、社会への理解やその時代のニーズを捉えて対応していく力が大切だと考えております。貴社の、幅広い事業領域と高い技術力で沢山の方々に支持されており、求められている部分に強く惹かれました。説明会や座談会でも、社員の方々が誠実かつ前向きに仕事に取り組んでおり、自分の目指す姿であると感じました。

例文②

私は、大学で専攻していた栄養学と健康学の知識を活かしたいと思い、貴社を志望しました。近年では、多くの企業が健康志向になり、健康商品を販売しています。そのなかでも、貴社は高齢社会に注目しており、若い世代だけでなく高齢者にも対応できる製品を開発していることが特徴だと感じました。

OB訪問の際には、社員の方から会社の雰囲気を聞くことができ、自分にあった「自由な働き方」で自分の知識を存分に活かすことができるんではないかと感じました。貴社に入社したら、高齢者はもちろん、すべての世代から支持される商品を、貴社が培ってきた技術と知識に加えて、自分の知識を活かしながら開発していきたいと考えております。

例文③

私が貴社を志望した理由は、貴社は実力主義の社風であること。そして、様々な大手企業のコンサルタントを行っていることです。多くのコンサルタントを行う企業のなかでも、私は企業のコンサルタントを手掛けている企業の数や、業績の大きさに惹かれました。

過去に所属してた部活動では、チーム力を向上させるために、問題を分析・解決策を模索・検討することを実践してきました。実力主義である貴社は、年齢による上下関係が他社よりも少なく、私の性格にも合ってると感じました。

これまでの経験で得た洞察力・分析力・行動力を貴社でさらに鍛え、クライアント様が安心・納得していただけるような提案ができるように努力したいと考えております。

例文④

貴社の説明会で話をうかがった社員の皆さんが、共通して「お客様を全力でサポートする」という意識に、感銘を受け、貴社を志望致しました。私は、留学生支援サークルで、留学生のサポートに参加しています。来日後は、不安が沢山の留学生ですが、なるべく自分が支えになってあげられるように、日々の不安や疑問を聞き出して支援を行ってます。

本当に求めていることや必要な支援をすることは、難しいと感じる場面もありますが、留学生が少しで快適に留学生活を過ごしてくれればいいという思いがあり、続けています。貴社の社員の方々のお客様のことを思う気持ちに感動し、貴社を志望しました。

例文を参考にして、説得力のある志望動機をエントリーシートでアピールしよう!

ネットには、参考になる例文が多数掲載されていますが、あくまで参考です。必ず、自分の考えを自分の言葉で記入するようにしてください。エントリーシートでは、説得力の高さが重要です。志望動機には、必ず理由や根拠を力強くアピールする部分を記入するように意識しながら、企業の情報を調べたりホームページで経営理念などを確認してみましょう。

必ずしも、商品や企業の情報に共感するわけではありません。企業で働いている社員の方や店舗など、自分が魅力的に感じた部分をメモに起こして、少しでも企業を納得させることができる文章になるように、何度も志望動機を練り直しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。