エントリーシートで企業に評価される志望動機とは?志望動機の書き方を解説

エントリーシートで最も重要な項目だと言われている「志望動機」。エントリーシート上で唯一、企業について記述することができる項目であり、企業への思いをダイレクトに伝えなくてはならない項目です。

いかに、志望動機で企業の心を掴むかが、あなたに興味を沸かせるポイントでもあります。この記事では、周りの学生に差をつける志望動機の書き方やコツを解説していきます。ポイントを理解して、説得力のある志望動機を完成させましょう。

おすすめの就職サービス

エントリーシートの志望動機で企業が見るポイント

志望動機は100%質問される項目です。理由は、「なぜこの企業を志望しているのか」を聞くため。単純な質問ですが、ありきたりな答えやみんなと同じ答えは、企業受けしません。

企業は志望動機を聞くことで、あなたと企業の相性を判断しています。企業との相性が悪ければ、働いてもメリットは少ないですし、雇っている企業側にもメリットはありません。また、志望動機であなたが会社に抱いている思いややる気を感じとることもできます。本気さを伝えるのなら、志望動機を完璧にすることが効果的です。

志望している企業を理解しているのか。ありきたりなどの企業にも通じるような理由で、エントリーしていないのかはっきりと判断されるのが「志望動機」です。

エントリーシートの志望動機であなたがアピールしておきたいポイント

志望動機であなたがアピールすることができるポイントをピックアップしていきます。ご紹介するポイントと、企業の情報などを盛り込んだ特別感のある志望動機で、企業に思いを伝えましょう。

熱意とモチベーション

企業に対する熱意や仕事に対するモチベーションを、強くアピールできるのは志望動機だけです。他の項目では、自分の性格や人間性・強みをアピールしていきます。志望動機では企業の目線になって、仕事や企業への思いを客観的にアピールしましょう。

企業に対する気持ちがあまりない場合、自然と志望動機も薄い印象になってしまいます。私たちは気づかなくても、何人ものエントリーシートを見てきた採用担当者にはお見通しです。志望動機こそ、本気で悩んで妥協せず記入しましょう。

企業への理解

企業は、あなたと企業の相性を志望動機で確認していますが、企業をどれぐらい理解しているのか。調べているのかを確認している企業もあります。企業の経営理念など、理解してほしい部分や企業説明会で説明したことを、理解していない学生だった場合は悪い印象を持たれてしまう可能性が高いです。

自分本意な志望動機では、企業の気持ちになれていないので、企業を理解することはできていません。企業のことを事前に調べたり、働いている先輩から話を聞くなどの行動が大切です。

志望企業でなくてはならない理由

企業は、どこにでも通じるようなありきたりの理由では、内定を即決できません。この企業でなくてはならない絶対的な理由を見つけましょう。志望企業にしかない特徴や仕事などを理解することで、自然とこの企業特有の理由が生まれるのではないでしょうか?

説得力が高く、採用担当者を納得させることができれば、志望動機であなたへの興味が湧き、採用に近づくことも可能です。

エントリーシートに志望動機を記入する前にやるべきこと

エントリーシートの志望動機を考える前に、事前にやるべきことをまとめました。今回ご紹介するやるべきことを事前に行うことで、さらに志望動機が書きやすくなります。内容も質の高い志望動機ができるので、実践してみましょう。

志望企業の研究

事前に、あなたが志望する企業のことを調べたり、研究してみましょう。志望企業を深く理解することが、志望動機を書くために必要なことです。企業のことを全く知らない状態で、志望動機を考えることは難しいですし、思い付いた理由もありきたりなものになってしまいがちです。

あなただけの理由を見つけるためには、経営理念や企業の特徴、企業から販売・製造・研究している商品の特徴などをリサーチするようにしましょう。

自己分析

自己分析は、客観的にあなたを分析することがポイントです。志望動機では、企業側の気持ちになってあなたが採用にふさわしい人材なのかを、自分で確認することをおすすめします。自分本意な志望動機では、企業からも自分勝手という印象を持たれてしまいます。企業の気持ちになって、自分を客観的に分析してみましょう。

自己分析することで、企業との共通点を見つけることもできます。志望動機では、企業との共通点は大きなプラスになるので、相性がよいことをアピールするために共通点や接点を探してみましょう。

自分が考える入社したあとの未来

志望動機の最後には、実際に自分が働いているイメージを持ってもらうために、「あなたが企業に入社できた未来にどんな風に働いているのか」記入することがおすすめです。今の現状で精一杯で想像することが難しいかもしれませんが、目先のことだけでなく将来のことを考えることができる学生は、企業からも高い評価をもらうことができます。

「どんな風に頑張りたいのか」具体的に簡潔にアピールしましょう。自己PRなど他の項目でも、学んだことや得たことを将来にどう活かすのかをアピールしてみましょう。

説得力をアップさせるためには、すべてのエントリーシート記入に役立つ「文章の順序」を活用しよう!

説得力をアップさせるためには、文章の流れを改善してみましょう。エントリーシートのテンプレートにもなっている下記の流れを参考にしてみてください。

結論→理由→エピソード→結果→結論

志望動機では、他の項目と違い「理由」に深く掘り下げて記入する必要があります。その企業を知ったきっかけや、企業に入社したいと思ったエピソードを記入しながら、理由が引き立つように文章を作成しましょう。

紹介した文章の構成通りに成り立たないケースも考えられるので、あくまで参考としてください。基本的には、上記の構成で説得力の高い文章を考えることができ、自己PRや学生時代に力を入れたことでも使用する構成なので、覚えておくと便利です。

エントリーシートに参考にしてほしい!志望動機の例文

エントリーシートに参考にしてほしい志望動機の例文をご紹介していきます。全ての記事の説得力や文章の流れの作り方に注目して、自分の志望動機と比較してみましょう。

例文①【保育園】

私が貴園を志望した理由は、預かっている児童の多さに魅力を感じたからです。私には、10歳年の離れた妹がいます。妹のお世話をすることで、子供とのふれあいに楽しさを感じ、保育士を志すようになりました。保育士になるために、ピアノを習い、私の得意はピアノになりました。私自身も、貴園の卒業生であり、貴園の雰囲気や楽しさなどに思い出があります。この地域で最も多くの児童を預かってる貴園で、私の特技であるピアノを活かしながら、お世話になった貴園に貢献したいと考えております。

例文②【営業職】

貴社は、営業業界でも取り扱っている商品の数が多く、営業する地域の広さも魅力的だと感じ、志望致しました。私が、営業職に就きたいと思った理由は、自分のコミュニケーション能力で商品の魅力を伝え、お客様により良い生活を送ってもらいたいという気持ちがあったからです。私のモットーは、「自分から挨拶をすること」です。お客様第一の気持ちで、自分から明るく挨拶し、気持ちよく商品の話をしたいと考えています。そのためには、取り扱い商品が多く、広い営業地域を営業している貴社が適していると考え、志望させていただきました。

例文③【商品開発】

私は、貴社の介護に関する開発プロジェクトに興味があり、志望致しました。私が、介護に興味を持ったのは、祖母が要介護になったことがきっかけです。在宅介護を行っていくなかで、「こんな商品があれば便利なのに…。」と思うことが沢山ありました。実際に、経験してみて介護は辛いものと感じ、在宅介護だけでなく施設で働いているスタッフにも使用してもらえる商品を開発したいと考えております。

貴社に入社した際には、私自身の経験や介護を行っている家族の実際の意見を取り入れた商品を開発して、貴社に貢献したいと考えております。実際に、貴社の○○○という製品を使用してみましたが、非常に使いやすく辛かった入浴も楽に入れることができ、大変助かっております。

例文④【宿泊施設】

私は学生時代に留学経験があり、現在は英語教室にも通っております。アメリカの文化に興味があり留学をしたのですが、英語に強く惹かれ、将来は英語を使う職業に就きたいと考えるようになりました。

貴社は、ホテル業界の中でも観光地に多く営業しています。外国人お客様も多いことに魅力を感じ、貴社で培った英語を使い、接客や対応を行いたいと思い志望しました。

以前、○○にある貴社の○○ホテルに宿泊させていただきました。お客様のニーズに応えた完璧な接客で、快適に過ごすことができたことを記憶しております。私も貴社に入社した際には、日本のお客様にも外国のお客様にも、気持ちよく過ごしてもらうことができるようにサポートし、自分の英語力を発揮したいと考えております。

エントリーシートの志望動機で周りの就活生に差をつけよう!

志望動機は、あなたの言葉で企業の話題を話すことができる項目です。企業の1番魅力だと感じる部分をアピールして、自分が将来働いているイメージも記入しましょう。アピールしたいポイントは、文字の大きさや太さ・色を変えてみるなど、さらにはっきりとわかるような工夫もしてみてもよいでしょう。

志望動機は、企業が特に注目する部分です。ここで周りの学生と比較されることも少なくありません。文章の流れとあなたの実際のエピソードを組み合わせて、説得力の高い志望動機でライバルに差をつけましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。