エントリーシートで記入する傾向が高い項目は?

就活生には避けては通れない就職試験。就職試験で内定を勝ち取るためには「エントリーシート」が重要なポイントです。エントリーシートは、企業によって指定されているシートの場合もありますが、基本的には聞かれる項目は一緒の傾向があります。

就活を本格的に始める前にチェックしてほしい「エントリーシートでよく聞かれる項目」をご紹介していきます。学生時代から積み重ねておかなければ、記入できない項目も存在するので後悔しないように充実した生活を送ることが大切です。エントリーシートの材料になるように、現在の日常と照らし合わせてみましょう。

おすすめの就職サービス

エントリーシートとは?記入する項目で企業は何を判断するの?

「エントリーシート」とは、自分が志望する企業の選考にエントリーするために、提出する書類です。「履歴書」も存在しますが、基本的には「エントリーシート」は自分の人柄や性格をアピールするために記入します。「履歴書」はスキルや資格などをアピールするために必要とされています。

エントリーシートは、選考だけでなくインターンシップにも必要になるケースもあります。また、書類審査の場合はエントリーシートで合否が判断されるので、エントリーシートは就活にとって重要な書類です。

絶対にはずせない!エントリーシートで確実に記入する項目

基本的に必ず聞かれる項目をご紹介していきます。絶対に、どの企業でも記入が必要になる項目なので、各項目の特徴やポイントを理解して、採用担当者を納得・感心させるような文章を記入できるようにしましょう。

個人情報

名前・住所・性別・生年月日は、必ず記入する項目です。個人情報は、内定をもらう際や書類審査を合格した時に、通知が間違いなく自宅に届けるためにも、正確に記入しなければなりません。

考えて記入しなければならない項目ではないですが、丁寧に記入しましょう。

志望動機

志望動機は、なぜあなたがこの企業に入りたいと思ったのかを聞いている項目です。エントリーシート上で、企業に関する内容を記述する項目でもあるので、1番企業からの注目が集まる可能性が高いです。

志望動機のポイントは、この企業でなければならない理由をアピールすること。どこの企業にも通じるような万能な記述はインパクトも薄く、熱意が伝わりづらいため、採用担当者を納得させることは難しいでしょう。

さらに、志望動機は自分をアピールする項目ではありません。企業の立場になって記入することが必要とされ、企業の経営方針や考え方などを理解することが大切です。事前に、企業のホームページや働いている先輩と交流して、企業を深く知ることが大切です。

自己PR

自己PRは、あなたの人間性をアピールする項目です。人間性をアピールするために、様々なエピソードや材料がありますが、明確に具体的に分かりやすい文章が必要です。「結論→根拠→エピソード→結果→結論」の全ての項目に役立つ、「説得力のある文章の構成」を参考に、簡潔かつインパクトのある文章を作成しましょう。

基本的に、書きやすい項目です。話がごちゃまぜにならないように注意して、自分の性格を企業でどのように発揮していきたいのかという将来の目標をいれながら、アピールしてみましょう。

学生時代に力をいれたこと

「ガクチカ」とも言われている「学生時代に力をいれたこと」は、今までなにを頑張ってきたのかをアピールする部分です。企業は、将来の目標やビジョンも重視しますが、過去に頑張ってきた成果も重視します。

学生時代になにを学んだのか。具体的に記入しましょう。この項目では、自分の頑張ってきたことがまとまらず、まとまりのない文章になる傾向が高いです。「力をいれたこと」から考えると文章がまとまりにくい方は、学んだことやアピールしたいことにフォーカスして、文章を構成してみましょう。

こんな項目も?エントリーシート記入時に悩まないように対策がおすすめ

比較的、記入する可能性が高い項目です。上記で紹介した項目よりも、1つ1つの項目の質問の視野が狭まっており、より他の学生との比較がされる部分です。エントリーシートだけでなく、面接で質問される可能性もあるのですぐに返答できるように、準備しておきましょう。

乗り越えた困難

今までにどんな困難を、どんな方法で乗り越えてきたのか。あなたの「ストレス耐性」をチェックするための質問です。企業は、一緒に働くなかで困難に立ち向かえない人材、すぐに辞めてしまう人材は必要ではありません。

忍耐力があり、自分で考え行動できる人材が必要とされ、その可能性を判断するために、今まで乗り越えてきた困難のエピソードが必要です。どんな内容でも構わないので、自分で乗り越えた方法と結果をアピールしましょう。

ゼミや学業で頑張ったこと

ゼミでの研究や学業で頑張ったことは、自分が行ってきたことを記入しましょう。企業に関連性がない研究内容でも構いません。ただし、この分野は自分が学んでいる専門の分野をアピールすることができます。注意点として、専門用語は使用しないようにしましょう。

専門用語が多発している文章は、読みにくく理解しにくい可能性があります。エントリーシートでは、誰が読んでも理解できる内容が好まれます。難しい印象にする必要はないので、具体的に分かりやすく記入しましょう。

ゼミの内容や学業で頑張ったことが、志望企業と関連性がある場合は、関連性や将来どんな形で活かしたいのかをアピールするとプラス評価です。

アルバイト経験

アルバイト経験は、社会経験の有無が判断される項目です。アルバイトをしていると、社会経験があると見なされ、社会のルールや「働く」ということに理解があると判断されます。特に、社会人のマナーやモラルを知っていると判断されるでしょう。

働く楽しさや仕事上で大変だった困難など、自分が経験してきたことを記入しましょう。アルバイト経験がない場合は、理由と共になぜ経験がないことを記入します。空白にならないように、アルバイトをせずに自分が頑張ってきたことをアピールして、プラスに活用しましょう。

サークル・部活動

自分が好きで行っていることですが、熱中できることがある人材は企業からの感心も高いです。面接でも、サークルや部活で行っていたことを深く質問されるケースもあるでしょう。

この項目では、1つの団体のなかでどんなポジションでどんな働きをしていたのかアピールしましょう。役職や中心のメンバーでなかったとしても、「協調性」や「客観的に全体をみる力」をアピールすることができます。

1つの団体を企業として、あなたがどんな人間性を持っているのか、判断する基準にもなるでしょう。

最近のニュースについて

世界で起こっていることに興味があるのか。または、経済や世界情勢、日本での事件やニュースをみている人間なのかを判断します。志望企業がマスコミや流行に敏感な企業、金融や外資系企業の場合は、よりニュースを見て世界や日本の出来事に興味をもっている学生の方が求められる傾向があります。

ニュースを見て、気になった出来事から自分の意見をのべ、考え方をアピールしましょう。新聞や朝にしっかりとニュースをみることができない方は、携帯のネットニュースでも多くの情報を取り入れることができるので、毎日チェックして常に自分のなかの情報を更新していくようにしましょう。

エントリーシートには企業に関する記述を求める項目も

エントリーシートで少なからず聞かれるかもしれない項目です。必ず聞かれる項目ではないですが、ちょっと記入に悩んでしまうような項目。自分の意見が主になってくる項目なので、しっかりとした考えをアピールしましょう。

当社の長所と短所は?

企業の長所と短所を聞かれると、答えにくい…。ですが、しっかりと短所を答えることができれば、企業を深く調査している印象やはっきりと意見が言える人間と判断される可能性が高いです。マイナスすぎる言い回しや、相手を不快にしてしまう言い方に気を付けながら、客観的に考えをまとめてみましょう。

入社してから3年後までのキャリアプラン

入社してから3年でどうなっていたいか。将来設計をできる能力は大切です。目先のことだけでなく、将来のことを考えて働くことで前向きに仕事ができるでしょう。思い付かない方は、「理想の社会人」について記入してみましょう。取りたい資格や目標などをアピールすると具体的です。

やってみたい仕事

やってみたい仕事は、より企業に深い質問です。企業を知っていないと答えることができません。自分のビジョンを企業に示すために必要な質問で、「やりたい仕事・一緒に働きたい方・仕事の大きさ」などを記入すると分かりやすく、自信のある回答になるでしょう。

勤務地の確認

企業がすべて同じ地域にある場合は、あまりされない質問ですが、地方に転勤がある企業や、様々な店舗が日本全国にある場合は質問されることが多いです。質問に正解はありません。今の場所を離れたくない。もしくは、どこでも頑張って働きたい。自分の気持ちに正直に回答しましょう。

あなたが記入するエントリーシートには他の項目も存在する可能性が高いです

今回ご紹介した項目が必ず質問される訳ではありません。ご紹介していない質問を記入しなければならない可能性も高いです。すべての質問に自分の言葉で自信をもって答えることができるように、日頃から充実した学生生活を送って、様々な経験をしてみましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。