エントリーシートで「御社」は使用してもいいの?正しい使い方や意味を解説!

就活を始めるとよく耳にする「御社」。この言葉は、エントリーシートに使用しても良い言葉なのでしょうか?実際に、使用している方もいるかもしれませんが、一般的にエントリーシート上の常識やマナーも踏まえながら「御社」について解説していきます。

さらに、「御社」と同じ意味合いで使用されることが多い「貴社」。この2つの言葉の違いを知っていますか?小さなことかもしれませんが、就活生が以外と知らない知識を知って、周りに大きな差をつけましょう!エントリーシートや就活では、難しい言葉や言葉遣いの常識が出てきますが、社会人と見られるように正しい知識を身に付けましょう。

おすすめの就職サービス

エントリーシートで企業を表す言葉は「御社」?「貴社」?

エントリーシートで使用するべきとされている言葉は「貴社」です。両方とも同じ「相手の会社」を表します。ですが、「御社」を使用しても問題ない企業もありますが、正しい言葉を使用するような企業や、マナーや常識に厳しい企業では「御社」を使用してることにマイナスの意見を持っていることも確かなので注意が必要です。

「御社」を使用したことで、不採用になってしまうケースでは、エントリーシートの内容に問題があるケースがほとんどです。

エントリーシート以外で「御社」を使用する場合は?

「御社」は「話し言葉」で使用する言葉です。主には、面接やGDの面接官と対面した状況で使用するようにしてください。

もし、エントリーシートで御社を使用してしまっている場合は、最後まで「御社」「貴社」を混合しないように、1つに絞って使用しましょう。

例)【面接】私が御社を志望した理由は、○○○だからです。

エントリーシートなどで「貴社」を使用する場合は?御社との違いは?

「貴社」は書き言葉で使用する言葉なので、通常はエントリーシートで使用されるべき言葉です。他には、メールや履歴書などの書類でも使用します。「御社」とは、意味の違いはありませんが話し言葉である「御社」をしっかりと会話のなかで使用する癖をつけましょう。

エントリーシートで「貴社」を意識して使っていると、面接でも「貴社」と使用してしまう可能性が高いです。常識のある人間だとアピールするために、正しい使い分けを習得しておきましょう。

例)【エントリーシート】学生生活で学んだ行動力を、貴社でも発揮して仕事に取り組んでいきたいと考えております。

エントリーシートに間違えて「御社」と記入してしまった!選考に影響は?!

エントリーシートで間違えて「御社」と記入してしまった場合は、大きな影響はないとされています。しかし、マナーや常識に厳しい企業や、正しい言葉遣いを求める職業では少しマイナスな評価を受ける可能性があります。

全体の企業のうち、約3割は「御社」と記入されているエントリーシートで内定に影響があります。さらに全体の5割は、マイナスな印象を受けるという統計もあるので、なるべく間違わないようにしましょう。

もし、「御社」と記入してしまった場合でも、採用に直接関係しているケースが少ないので、最後まで「御社」「貴社」を混ぜて使用しないように注意してください。

もしエントリーシートに「御社」と記入したあとにミスに気づいたら…。

記入漏れや大きな間違いがあった場合は、間違いに気づいた時点で企業に電話をして、正しいエントリーシートを再提出させてもらうという方法もあります。受け取ってもらえない可能性もありますが、誠心誠意を表すための方法です。

もし、エントリーシートに「御社」と記入していることに、エントリーシート提出後に気づいたらどうしたらいいのでしょうか?結論は、「伝える必要はない」です。一般的に、エントリーシートはミスがない状態で提出することが当たり前であること。そして、御社と貴社の違いは大きなミスとして判断しない企業が多いからです。

御社の記入のまま書類選考や一時審査に合格した場合も、面接で伝える必要はありません。

難しい言葉が多いエントリーシートの言葉。「弊社」は?「御社」と同じ?

「御社」「貴社」のお話をしてきましたが、「弊社」という言葉を聞いたこともあるはずです。「弊社」とは、「御社」「貴社」と同じように、企業を意味する言葉ですが、「弊社」の場合は、自分がその企業で働いているときに使用する言葉です。

エントリーシートや面接では使用しない言葉なので、注意しましょう。

エントリーシートで「御社」「貴社」と表さないケースも

株式会社を志望する場合は「御社」「貴社」で記入しますが、志望する業種によっては「御社」「貴社」と表さない場合があります。特別な書き方を必要とする業種をまとめたので、自分の志望する業種の書き方を確認して間違わないように注意しましょう。

省庁

話し言葉:御省、御庁
書き言葉:貴省、貴庁
または「御局、貴局」
【話し言葉の「御省、御庁」は実際に使用しないケースが多く、省・庁の具体名省を使用する】

学校

話し言葉:御校
書き言葉:貴校

金融機関

銀行・信用金庫など、お金を扱う業種。
話し言葉:御行
書き言葉:貴行

法人

話し言葉:御法人
書き言葉:貴法人
【話し言葉は「御法人」を使用するケースは少なく、実際の法人名称を使用する】

病院

話し言葉:御院
書き言葉:貴院

エントリーシートは「御社」などの話し言葉ではなく「書き言葉」で記入する

なぜ、話し言葉はエントリーシートに適切ではないのかというと「言葉遣いが汚い」という印象を与えてしまうからです。日本語には、書き言葉と話し言葉が存在し、難しい線引きのものもあるかもしれません。目上の人に話す言葉としても適切な言葉があるように、エントリーシートにも適切な言葉が存在します。

正しい言葉を記入することができると、教養のある人間で、一般常識が備わっているという評価を受けることができるため、内定にも近づくことができます。エントリーシートの内容が素晴らしいものでも、言葉遣いが適切でなければ評価されないので注意して記入しましょう。

当たり前に使用しているその言葉は話し言葉かも!注意してほしい言葉

・私は○○”っていう”テーマで研究を行いました。→私は○○”という”テーマで研究を行いました。
・私の強みは○○です。”あと”、○○にも自信があります。→”また”、○○にも自信があります。
・○○が好き”なので”エントリーしました。→○○が好き”だったため”、エントリーしました。
・○○がありました。”でも”、○○でした。→”しかし”、○○でした。

若い世代が正しい日本語だと思って使用している言葉も注意!

若者が使用している言葉は、略して使用されているものや就活には向かない言葉が多いです。間違えて使用してしまって、大きなマイナスにならないように事前に確認しておきましょう。

《自分》エントリーシートや面接では適切ではありません。男性に使用してしまう方が多いですが、正しくは「私(わたくし・わたし)」です。

《バイト》バイトが正しいことばだと勘違いしている方も以外と多いです。正しくは「アルバイト」。

《ら抜き言葉》「食べれる」「見れる」は正しい日本語に感じますが、「ら」が抜けています。正しくは、「食べ”ら”れる」「見”ら”れる」。

《高校》○○高校と記入しがちですが、正しくは○○「高等学校」です。

《運転免許・漢字検定など》検定や資格の名前は正式名称で記入しましょう。「普通自動車第一種運転免許」「漢字能力検定」など。

エントリーシートで「御社」を使用してしまった場合も統一することが大切

何度もお話ししていますが、数字の記入同様、同じ紙の上で複数の記入方法があることは、望ましくありません。間違えて記入してしまっている場合でも、最後まで統一して同じ表記で記入するようにしましょう。

途中で間違えたと気付いても、途中で表記を変更する必要はありません。「貴社」「御社」を繰り返して使用してしまうと、意味がわかっていないという判断をされてしまい、別の企業を指しているのではないかという考えにもなってしまいます。

「御社」と記入して直したい時は?

エントリーシートに「御社」と記入してしまい、どうしても気になる場合はそのまま提出するのではなく、書き直すようにしましょう。注意点としては、「修正液・修正テープ」は使用しないでください。エントリーシートの基本ともなる、修正できるものや消せるボールペンは使用しないでください。

「御社」と間違えて記入しないように、下書きをしたり、間違えてもいいように多めにコピーを準備しておくことをおすすめします。

エントリーシート上で「御社」は使用しないと覚えておくことが大切です

エントリーシートでは、「貴社」を使用しますが、「御社」を使用しても採用に大きな影響はないことがわかりました。ですが、一般常識としてエントリーシートには「貴社」を使用するということを理解しておくことが1番大切です。

まずは、正しい書き言葉を使用するよりも、自分をしっかりとアピールすることができる文章を考えて、面接官とコミュニケーションをしっかりと取れることが大切です。

知識がなく間違った意識のないまま使用しているよりも、自分がミスを理解していれば、次に正しい方法で記入することができますし、自分の力で改善することも可能です。まずは、知識として小さなことですが覚えておくようにしましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。