大学在学中に研究経験がある方必見!エントリーシートに有利になる研究内容書き方とは

大学では学科によって、研究を行っている科もあります。しかし、研究を行ったことと同類の職種や類似職種に希望する方がすべてではありません。なかには、全く研究内容とは異なる職業にエントリーシートを提出する方もいるでしょう。

ですが、せっかく大学生活のなかで打ち込んだ研究をアピールできないのは勿体ないことです。エントリーシートには、研究内容を記入してもいいのでしょうか?また、どんな書き方で記入すれば自分を積極的にアピールできるのか解説していきます。

おすすめの就職サービス

志望企業と研究内容が一致しない。エントリーシートには記入する?

研究を行っているすべての学生が、研究内容と同じような仕事をしている企業に志望するとは限りません。ほとんどの方が、全く違う企業に就職するのではないでしょうか?大学生活のなかで行ってきたことは、すべてエントリーシートでアピールすることができます。

もし、研究内容と自分の志望企業の業種が違う場合でも、自分が頑張ったことや困難を乗り越えた方法をアピールするために、エントリーシートへの記入がおすすめです。

研究内容は自分の意思で行う方が多く、あなたの熱意ややる気・人柄などをアピールすることができます。

研究内容を記入することで、企業はエントリーシートから何を判断するの?

研究内容を記入することで、企業はあなたをどのように判断するのでしょうかエントリーシートへの記入から、企業が学生に求める人材や判断する項目をまとめました。

学生時代に行ってきた成果

企業は、学生時代に行ってきたことを素直に知りたいケースもあります。確かに、自分をアピールするためには、「困難をどのような方法で乗り越えたのか」「自分がたてた目標と結果」などを主にして、文章を構成します。

企業が自分の会社で働く人間として、「なんとなく大学に通っていた学生」は必要としません。自分の意思で学ぶことができる人間なのか。しっかりとやりがいを見いだして、学業(仕事)に没頭できる人間なのか。大学時代の行ってきたことによって、あなたの人間性を判断します。

特に企業との関連性が高い研究内容だった場合は、選考に大きく影響

企業と研究内容の関係性が薄い場合でも、エントリーシートに記入することができますが、企業と研究内容に関係性がある場合や類似している場合は、選考に大きく関係してくるでしょう。

行っている業務や業界のことを理解することにも繋がりますし、自分が研究していたことを企業でも活かすことができるので、自分をアピールすることで大きなメリットになります。企業とあなたとの共通点をアピールすることは、企業からもよい印象を受けることに繋がるので、共通点や類似点をアピールしましょう。

志望する企業によってエントリーシートでの研究内容アピール方法は変わる

自分が志望する企業によっては、研究内容からアピールするポイントが変わってきます。企業ごとにどんなポイントをアピールするのか、参考にしてみてください。

研究内容と関連性が高い企業の場合

研究内容が企業と関係性が高い場合、実際にあなたが行った研究内容に興味があるケースが多いです。仕事に通ずるものがあるので、実際に企業に貢献してくれる人間なのか。企業に合っている人間なのかを見極めることができます。

研究内容にプラスして、今回の研究の成果を企業でどのように発揮して、貢献していきたいのかをアピールしましょう。

少し似ている部分があり、業種的にも接する可能性がある場合

少し研究内容との関係性がある企業では、研究内容と研究中のエピソードで自分の人間性をアピールすることも忘れないでください。研究内容によっては、面接で掘り下げて質問される可能性が高いので、会話の入り口になるケースも多いです。

しかし、絶対に研究内容すべてが一致するとは限らないので、研究において経験したことで学んだことや活かしたいことを記入しましょう。

まったく研究内容が無関係の企業の場合

企業と研究内容に関係性がない場合は、研究内容よりもどのような困難をどんな方法で解決したか。あなたの研究チームでの立場や役割などをアピールすると良いでしょう。研究内容を細かく記入するより、自分の人間性をアピールすることに項目の文字数を活用してください。

もし、研究内容もアピールしたい場合は、面接の口頭で話すことができる機会でアピールしましょう。

研究内容をエントリーシートに記入する時の注意点

研究内容をエントリーシートに記入する時の注意点をご紹介していきます。誰にでもできることのない研究経験だからこそ、少しのミスで悪い印象を受けないように注意しましょう。特に、研究を真面目に行って内容をアピールしたい方は、自分が注意点に当てはまっていないか警戒してください。

専門用語は使用しない

研究テーマに企業との共通点がある場合は、少しの専門用語であれば悪い印象は持たれません。さらに深い内容を話し合うことができるかもしれません。しかし、基本的には研究内容を記述する際の専門用語は使用しない方がよいでしょう。

専門用語が多い場合は、内容が頭に入ってきにくくなり、あなたがアピールしたいことを十分に伝えられない可能性が高まります。専門用語は、同じ仕事や業種の人間と会話をするときに使用するものです。

専門用語は使用せず、できるだけ誰でも理解できる文章を記入する方が、エントリーシート上では好まれるでしょう。さらに、専門用語はあなたの知識をアピールすることができますが、人を見下しているような印象も与えかねません。

研究内容ばかりに注目しすぎない

研究内容をアピールすることも大切ですが、企業との関係性が薄い研究だった場合は、企業は研究よりも「あなた」に興味があるでしょう。研究期間であった困難やエピソードなどを話すことで、よりあなたの人間性や仕事に対する考え方を理解してもらうことが可能です。

研究内容との関係性が高い企業だった場合は、研究内容を実績としてアピールしてもよいですが、ただの研究テーマと結論の記述にならないように注意してください。

エントリーシートに研究内容を書く時のポイントは?

エントリーシートに記入するときのポイントをご紹介していきます。エントリーシートを記入する基本的な注意点を踏まえながら、さらによい文章になるように参考にしてみてください。

学んだことを具体的に記入し、将来にどう活かすのか記入する

研究内容をアピールして、さらにあなたの印象をアップさせるためには「実際にどのような形で企業に貢献してくれる人材なのか」をアピールする必要があります。研究内容とは別に、あなたが感じる、「学んだことを将来にどのような形で活かすのか」を必ず最後に記述しましょう。

将来のことをアピールすることで、働いているあなたの姿をイメージできるだけでなく、目先のことだけでなく将来設計も行える人間だとアピールすることができます。

自分の役割や姿勢をアピール

研究中は1人ではなく、グループで行っている方が多いです。その場合に、自分の立場や役割などが発生します。実は、この役割をアピールすることで集団のなかでどんな人間性を持った人なのかををアピールすることができます。

できれば、その役割を行ってきたなかでの困難やエピソードを記述しましょう。どう工夫したのか。どう考えて行動したのか。「協調性」「リーダーシップ」「行動力」「洞察力」をアピールすることができるでしょう。

実際にエントリーシートに参考にしてほしい!研究内容の記入例をご紹介!

実際にエントリーシートに参考にしてほしい例文をご紹介していきます。

例文①《IT企業》

私は情報工学を専攻しています。ソフトウェアに興味があったことから、ソフトウェア開発について研究を行いました。

近年は、着実に日々IT化が進んでおり、様々な場面でハイテクノロジーな機器やソフトが使用されています。今よりもさらに精度の高い技術が求められており、開発の技術だけでなく、情報・通信・理論などすべての研究を行いました。

様々な知識や技術を知ることができ、理論を理解することでさらに高い技術力を習得することができました。貴社で開発職として働くことができましたら、時代が求めるさらにクオリティーの高いソフトウェアを作り出していきたいと考えております。

例文②

私は紛争解決手続における交渉論を学んでいます。「紛争解決手続」とは、離婚調停や遺産相続など、法律が関係することを指します。ここで、交渉論とは「和解」を意味しますが、私自身は「和解」とは、相手よりも有利に利益を得て、問題を解決することだと思っていました。

しかし交渉は、相手と利益を奪うことなく、協力してお互いの利益を大きくしていくことが重要だと学びました。自分の考えを改め、自分が誰かの紛争解決手続に関与する場合には、お互いの利益が失われないような、交渉を進められるように努力したいと感じました。

研究内容の説得力をアップさせるために、エントリーシートでは文章の流れに気をつける

研究して学んだことや企業で活かしたいことの説得力をあげるためには、文章の流れにも注意しましょう。エントリーシートの記述の共通して、文章を作成するときは極力以下の流れで作成しましょう。

《結論→理由→エピソード→結果→結論》

必ず最初と最後に結論を記入することで、説得力をアップさせることができます。記入する内容によっては、中の順序が変わってきますが、結論と自分が将来にどう活かしていきたいのかを記入することを忘れないでください。

エントリーシートでは自分の志望企業に合ったアピールの仕方で、研究内容を有効的に活用しよう!

エントリーシートは、自分が大学時代に行ってきたことすべてを記入してもよいシートです。研究内容もせっかく一生懸命打ち込んできたあなたの学校生活なので、自分をアピールするために有効活用しましょう。

しっかりと伝えたいことやアピールしたいことを伝えるためにも、企業に合ったアピール方法や正しい文章の作り方を学んでみることも大切です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。