エントリーシートで自分をアピールすることが苦手…自分の強みの書き方を解説していきます!

エントリーシートで、あなたの長所や強みを質問される項目は多いです。ぱっと考えてみると、なかなか自分の長所を答えられない方も多いです。今回は、強みや長所をアピールするのが苦手な方に参考にしてほしい、効果的に企業に長所をアピールする方法と強みの見つけ方のコツを解説していきます。

多くの強みとアピールされている項目を見ながら、自分に当てはまるものや、自分だけの特徴的な強みを発見して、オリジナリティが溢れるエントリーシートを作成しましょう。他の学生との差別化にも効果的です。

おすすめの就職サービス

エントリーシートで企業が強みの項目から見ているものは?

企業が、強みや長所で判断しているのはなんなのでしょうか?どんな人材を求めていて、どう見極めるための質問なのかを理解してみましょう。

ポテンシャルの高さ

強みを聞くことで、「あなたが企業に入社してからどんな風に活躍していくのか」をイメージできる人間かを見極めています。将来性を感じることができるか。実は、新卒の就活の大きなポイントです。

新卒の就活の場合は、スキルや実績よりも「やる気」「ポテンシャル」も重視して、将来性に期待を込めた採用をするケースが多いです。強みを聞いたときに、働いているイメージができない学生は採用をもらうことが難しい可能性が高いです。社会で通用する強みをアピールするようにしましょう。

自己分析能力の高さ

自己分析能力はエントリーシートの記入でも重視される部分ですが、仕事をする上でも自分を客観視する力は必要です。自分の強みをしっかりと把握できていると、自分を客観視して自己分析ができていると判断されるでしょう。

人柄や人間性

強みや、その理由になるエピソードや根拠を聞いて、あなたの基本的な性格や人柄を判断します。仕事に対するやる気や考えだけでなく、物事にどのように考えて取り組んできた人間かをチェックしている方が多いです。

人柄や人間性を見ることで、企業と相性がよいのか確認することも可能です。企業が求めている人材の人間性を把握した状態で、自分の強みを分析してみてもよいでしょう。無理矢理合わせる必要はありませんが、あまりに思考が異なる場合は企業との相性が悪いと判断される可能性も少なくありません。

エントリーシートで強みを全面にアピールするためには

エントリーシートで強みをしっかりとアピールできる文章を記入するためのコツを解説していきます。自分が考えた文章と照らし合わせてみて、説得力や主張するポイントなどを確認してみましょう。具体的で分かりやすい文章を記入するように心がけてください。

文章の流れをつくる

エントリーシートのすべての項目に共通して参考にしてほしい「文章の構成」をご紹介していきます。下記の構成で記入することのメリットは、「説得力がある文章になる」「伝えたいことが伝わりやすい」「文章にメリハリがつき、読みやすく理解しやすい」ことです。個人で強みやエピソードが違えば、構成にも工夫が必要な場合もありますが、基本的な構成として活用してみましょう。

結論

結論は、「私の強みは、~~~です。」の文章です。質問されたことの答えを最初に述べることで、何を伝えたいのかダイレクトに相手に伝えることができます。すると、自然と何を伝えたいのか、エピソードへの理解も高まります。一目で説得力を高めることも可能な書き方です。

エピソード

結論を根拠付ける「エピソード」や「理由」を記入しましょう。「何を学んだことで強みになった。」「経験したこと」「目標」などを記入しましょう。

結果

結果は、エピソードの項目に記入したことで最終的にどういう結果になったのか記入します。「目標」を記入したなら「達成」できたのか。「エピソード」ならば、「どんな風にして学ぶことができたのか」「どういう行動で困難を乗り越えて状況はどうなったのか」記入しましょう。

結論

最後に、もう一度冒頭でお話しした「結論」を記入しましょう。「将来どのように活かしていきたいのか」「企業でどのように発揮したいのか」入社後の将来と結びつけてアピールすることで、より働いているあなたをイメージしやすくしましょう。最後に、結論で締めることで文章にメリハリが生まれ、説得力が高まります。

どんなエピソードでも最後はポジティブな方向にもっていこう

強みの根拠を説明するために、個人で経験したエピソードを記入するケースが多いです。多くの方は、困難にぶつかってしまった経験や失敗から学んだことなど、最初からポジティブな状況ではなかったエピソードの方が多いです。

紹介するエピソードは、どんなエピソードでも構いません。ネガティブなエピソードの方が、改善するために考えたことや行動したことをアピールしやすいメリットもあります。注意点は、必ずポジティブな内容で説明を終わらせること。

結果的に、目標や困難を絶対に超えなきゃいけないという訳ではありません。何を学んで成長することができたのか。自分の強みでどんな風に状況を変えようと努力したのか。プラス思考の文章で記入するように意識しましょう。

学んだことや得たものをこれからどう活かしていきたいか具体的に記入する

最後に再度記入する「結論」では、自分の強みを「今後どのように活かしていきたいのか」など、将来のことに繋がるような文章でアピールするとよいでしょう。「強みを活かして働くことができるのか」「強みをどんな形で企業で発揮していく人間なのか」をイメージできるように、将来の目標やイメージを具体的に記入しましょう。

企業に入社してからのことが想像できない方は「強みを活かしてどんな社会人になりたいか」を想像してみてください。

参考にしてほしい!エントリーシートで強みになるアピールポイント

エントリーシートでアピールできる「強み」は沢山あります。下記にまとめた強みを参考にしてみてください。

・リーダーシップがある
・行動力
・客観的に判断できる
・洞察力
・献身的
・忍耐力
・考える力
・実行力
・チームワーク(協調性)
・コミュニケーション能力
・負けず嫌い
・向上心
・責任感
・気配り
・継続力

例文を見ながら感じる印象を分析!エントリーシートでいい印象を受ける強みの書き方

エントリーシートに参考にしてほしい「強み」の例文をご紹介していきます。例文の構成や相手によい印象をうけるイメージを参考にしていてください。

例文①

私の強みは、物事を同時進行できることです。高校時代、私は所属していた吹奏楽部を辞めてしまいました。退部後に、成績が下がってしまい、大学入学後もう一度吹奏楽のサークルに入りました。結果、成績は上位をキープすることもでき、サークルと同時にアルバイトも行い、充実した毎日を送っています。

1つのことに集中的に力がつぎ込めないことは短所ですが、同時に複数の物事を同時に進行することで全ての成績やレベルを上げることができることが私の長所だと考えています。入社後も、複数の仕事を完璧にこなせるような社員になり貴社に貢献していきたいと考えています。

例文②

計画的に行動できることが、私の強みだと感じています。私は大学時代、学費を支払うためにアルバイトを3つ掛け持ちしていました。アルバイトをしながら、大学での授業もおろそかにしたくなかったため、計画性の大切さを学びました。

重要度を見極めて優先順位を決めること。時間を調整し、時間単位で毎日を計画して過ごしていくことを4年間続けました。結果、大学での単位は落としたことはなく、アルバイトでも安定した収入を得ることができ、全てを中途半端にすることなく過ごすことができました。

貴社では、仕事を担当するにあたって、強みである計画性を武器に、全てを計画的にスケジューリングを行い、効率よく仕事をしていきたいと考えております。

エントリーシートに強みを記入する前に意識してほしいポイント

強みの文章を考える前に、意識してほしいことがあります。まずは、強みを大きなイメージで捉えるよりも、ポイントで絞って完成度の高いアピールをしていきましょう。

短期間で得た性格や考えよりも長期間で得たものを探す

強みを探すときに、ぱっと思い付いた長所が短期間で習得した強みであれば、アピールすることはおすすめではありません。できれば、長い期間で形成された強みを探してみましょう。信頼性がアップするだけでなく、あなたの人間性や成長過程を深くアピールすることができます。説得力の高いアピールをすることができるでしょう。

珍しい経験よりも平凡な経験のなかでも自分が何を学んだのか分析できる力が大切

珍しい経験で学んだことをアピールする方も多いですが、珍しい経験でいつもと異なる感情を感じたり何かを学ぶことは珍しくはありません。企業に入社しても、珍しい経験でしか何かを学ぶことができない人間は、成長面では低く評価される可能性があります。

普段と変わらない日常的な経験のなかで何かを学ぶことができる人は、自分で吸収しようという意識を持っている方です。自己分析能力の高さもアピールすることができるので、日常のなかで身に付いたあなたの強みをアピールしましょう。

必ず本当にあった真実を記入する

記入する強みは必ず「真実」であることが大切です。絶対にエントリーシートでは虚偽の記入はしないでください。嘘を書いてしまうと、入社できたとしても企業からよく思われることもありません。面接などで、深く質問された時もばれてしまうケースが多いです。

強みを見つけられる経験は誰でも絶対に経験しています!自分を見つめ直して想いが伝わるエントリーシートを完成させましょう

謙虚な方が多いと言われている日本人は、自分に自信がない方が多いです。長所を考えてみても、思い浮かばない方も多いでしょう。しかし、必ず毎日の生活でもあなたは何かを学んで生きているはずです。エントリーシートは、本当の自分を上手にアピールするためにも、自己分析が重要です。

急いで探す必要はありません。ゆっくりと自己分析の時間を作って、あなたの「強み」を深く分析してみましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。