エントリーシートの学歴の書き方は?正しい書き方や特殊な書き方までご紹介!

企業へ提出するエントリーシートには、学歴を記入する項目があります。学歴をただ記入するだけなので、難しい項目ではありません。しかし、企業の担当者の方は何気ない項目にも注目しています。

学歴の正しい書き方やポイント、学歴の記入方法で注意するポイントを解説していきます。正しく記入することで、真面目で一般常識が備わっているという印象を企業に与えましょう!言葉でアピールする項目ではありませんが、自分の人間性が問われる項目として、細かいところまで集中して記入してください。

おすすめの就職サービス

エントリーシートの基本的な学歴の書き方

まずは、一般的とされている学歴の書き方をご紹介していきます。書き方を見てから、下記の学歴の記入ポイントなどを確認してみましょう。

学歴
平成○○年 3月 東京都新宿区立○○中学校 卒業
平成○○年 4月 東京都立○○高等学校 入学
平成○○年 3月 東京都立○○高等学校 卒業
平成○○年 4月 ○○大学○○学部○○学科 入学
平成○○年 3月 ○○大学○○学部○○学科 卒業見込み

職歴
なし

以上

エントリーシートの学歴を記入するポイント

学歴を記入するときのポイントを確認してみましょう。上記でご紹介した一般的な基本の書き方を参考にしながら、正しい学歴の記入方法をみてみましょう。

中学以降の学歴を記入する

新卒のエントリーシートには義務教育終了の「中学校」から記入するのが一般的です。入学は必要ないので、「卒業」の年数から記入しましょう。エントリーシートの年号の基本ですが、年号を使用する場合(学歴・資格)の記入では、記入する順番は古い順に記入していきます。

中学卒業から、高校、大学までを記入しましょう。

記入する学校名・学部は正しい名称で記入

記入する学校名や学部・学科はすべて正しい名称で記入しましょう。誤字にもなりますが、基本的にはエントリーシート上で間違えた字を使用していることがないように、記入時も確認時もしっかりとチェックしましょう。

自分自身が卒業・在学している学校名を間違えてしまうと、恥ずかしい思いをしてしまうケースもあるので注意しましょう。

在学中の場合は「卒業見込み」と記入するのが常識

大学入学までは、中学・高校と同じ書き方で記入できますが、就活中は大学に在学中のため、「大学 卒業」とは記入できませんよね。その場合は、「大学 卒業見込み」で記入します。資格の「取得予定」と同じ考え方ではありますが、「在学中」という言葉はエントリーシートには一般的に使用しません。

大学院の場合は「卒業見込み」ではなく「修了見込み」を使用しましょう。

最後は「以上」という言葉で締める

学歴・職歴という2つに分けて必ず記入します。その最後は、「これ以上記入するものはありません」という意味で「以上」で締めましょう。書き方としては、最後の行に一行追加して右寄せで記入します。右寄せで記入することはマナーでもあり、一行開けることで見映えがよく、全体のバランスがとれた印象になります。

一般常識の有無が問われる部分でもあるため、左寄せ・一行開けずに記入はしないように意識しましょう。

エントリーシートの学歴記入で注意するポイント

学歴を記入する際の注意点について解説していきます。誰でもやってしまう可能性があるミスや意識して覚えておかなければならないポイントがあります。自分は大丈夫と過信せずに、常に意識することを忘れずにしてください。

年号は統一する

記入する年号は西暦・和暦どちらでも構わないとされています。しかし、基本的にはエントリーシートには「和暦」を使用した方が、採用担当者は読み取りやすかったり、情報をまとめやすい声も挙がっています。

どちらを使用したとしても、エントリーシート内ですべて統一して使用することが大切です。他の項目では、資格・生年月日・記念日が年号を記入する項目です。エントリーシート上で2つの書き方にならないように注意しましょう。

入学・卒業した年は間違えないように計算する

入学した年、卒業した年は昔に遡れば遡る分、記憶が曖昧になっている可能性が高いです。逆算する計算方法も、間違いがある可能性があるので、正しい入学・卒業の年号を事前にまとめておくようにしましょう。

近年では、ネットで情報がなんでも手にはいるようになったので「○○○○年生まれ 学歴 年号」と調べると、まとめられているサイトが多く表示されます。一目ですべての年号を確認できるため簡単ですが、記入の前に今一度合っているのか確認を怠らないようにしましょう。

国立や県立など学校の正式名称を記入する

学校名は、必ず「国立」「○○県立」の正式名称を最初から最後まで、誤字することなく記入しましょう。エントリーシートでは、学歴に問わず、単語も省略することは許されていません。すべて正式名称で記入することが常識です。一般常識がなく、マナーがなっていないと判断されることもあるので注意しましょう。

忘れやすいのが「高校」。正しくは、「高等学校」です。正式名称で記入することで一行に収まらない場合は、切れてもよい部分を見極めて二行で記入しましょう。

例)平成○○年 3月 ○○○大学文学部
人文学部研究家 卒業見込み

自分の学歴がイレギュラーの場合…エントリーシートにはどう記入する?

卒業をせずに途中で退学をしてしまったケースや、留学に行っていて一般的な記入とは異なるケースの学生も多いです。種類別に対処法を紹介しているので、自分が特別な例の場合や記入方法に不安がある場合は参考にしてみてください。

学校の名称が変わった

在学中に大学の名称が変わってしまった場合は、現在と過去のどちらの名称を記入することが正しいのでしょうか?書き方の例を参考にしてみてください。

例)平成○○年 3月 ○○○大学文学部 人文学部研究会
(現××大学)     卒業見込み

一般的には、入学時(変更前)の名称を先に記入し、今現在(変更)の名称を括弧をつけて後ろに記入します。変更した名前の認知度が低い場合もありますし、必ず両方の名称を記入しましょう。

大学の名称に関しては、変更前のもの・変更後のものを記入しますが、中学や高校の場合は、名称の変更・廃校になった場合も同様の方法で記入しましょう。廃校・学科が無くなってしまった場合も、自分の入学時の名称を記入して構いません。

例)平成○○年 3月 ○○県立○○中学校 (現○○県立○○中学校) 卒業

学部・学科を途中で変更した

入部した学部・学科を在学中に変更した場合は、「転学部」「転学科」という言葉を使用しましょう。「編入学」と記入して、まとめても問題はありません。

例)平成○○年 ○月 ○○大学○○学部○○学科 転学部
例)平成○○年 ○月 ××大学××学科××学部 転学科

浪人・留年をしてしまった

浪人・留学は、特に学歴に記入する必要はありません。卒業した年、入学した年が現役の学生とずれることから、採用担当者はエントリーシートの記述のみで、判断することが可能です。浪人・留年してしまったことは、採用に大きなマイナス評価にはならないので、年齢や学歴をごまかさずに正直に記入しましょう。

留学・編入をした

留学の期間によって、記入の有無が変わりますが、1年未満の留学だった場合は記入する必要はありません。しかし、自分のとっては大きな経験である留学。自分をアピールするための材料にしたいと考えるのが当然です。自己PRや学生時代に頑張ったことでアピールすることは可能です。

1年以上の留学だった場合は、下記のように記入しましょう。

例)平成○○年 4月 ○○大学○○学部○○学科 入学
平成○○年○月~平成○○年○月 アメリカ合衆国 ○○大学に留学

大学名や期間だけでなく、正しい名称で留学した国の名前も記入しましょう。

編入した場合は、学部を途中で変えてしまったケースと同じく記入しましょう。言葉は、「編入学」を使用します。

例)平成○○年 ○月 ××大学××学科××学部 途中退学
平成○○年 4月 ○○大学○○学部○○学科 編入学

編入ではなく、途中退学し1年生から入学した場合は、下記の記入方法が適切です。

例)平成○○年 ○月 ××大学××学科××学部 途中退学
平成○○年 4月 ○○大学○○学部○○学科 入学

休学をしていた

休学の場合は、期間と理由をエントリーシートに記入しましょう。休学だけでなく、途中退学が最終学歴で終わっている場合は、同じく理由を記載しましょう。

例)平成○○年 ○月 ××大学××学科××学部 途中退学
親の介護のため

例)平成○○年 4月 ○○大学○○学部○○学科 入学
(2年次に、病気療養のため1年間の休学。現在は完治。)

アルバイト経験はエントリーシートの学歴に記入する?

学歴の欄には、職歴も存在します。新卒の場合は、働いた経験はアルバイトのみのはずです。職歴にアルバイト経験は記入しません。職歴部分は「なし」と記入しましょう。大学を卒業後他の企業で働いた経験がある場合は、記入する必要があります。

アルバイト経験も自分をアピールできる材料です。職歴の項目には記入できませんが、自己PRや学生時代に力をいれたことでアピールしてみましょう。

エントリーシートのきれいにさにも通じる学歴の欄。間違いなくできるだけ整えて記入しよう!

エントリーシートの丁寧さやきれいさにも大きく関係してくるのが「学歴」の記入方法です。正しい書き方も大切ですが、文字の縦横を揃えてきれいに見えるように工夫しましょう。深く考えることが少ない項目なので、きれいさを追求してエントリーシートのイメージアップを狙ってみましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。