好印象を与えたい!エントリーシートの写真を撮るうえでのポイントを紹介

エントリーシートの記入が終わると、企業への提出準備を始めることになるでしょう。
その際重要になるのが「写真」を貼ることです。
どれだけ丁寧に想いを綴ったエントリーシートであっても、貼る写真に間違いがあればそれだけで省かれる可能性があります。

人は第一印象がかなり大事になるため、写真があなたの「印象」を決めることになるでしょう。
その写真が間違っていると、どれだけ丁寧に書いたエントリーシートであっても読んでもらえない可能性すらあるのが現実です。
逆に「好印象」を与えられるような写真を準備しておくことで人事担当の目に留まる可能性もあります。

この記事ではエントリーシートに貼る写真や、写真を撮るうえでの注意点を解説するので是非参考にしてください。
エントリーシートの書き方ばかりに気を取られていると「書けたから終了!」とそこで気持ちが途切れてしまうこともあるでしょう。
しかし、エントリーシートは提出をする最後の最後まで気を抜くことができないので「写真」についても意識をする必要があります。

おすすめの就職サービス

どうして必要?エントリーシートに写真を貼る理由

エントリーシートに写真を貼る必要があるのか?と考えてしまう人もいるでしょう。
エントリーシートは履歴書とは違い、面接の入口になる「自分の情報」を提示する書類になります。
そのため、あまり写真を貼る意味は無いのではないかと感じる方も多いです。

しかし、エントリーシートは公的ではないものの「就職活動に必要な書類」になるため、本人確認をする点で写真は必要になります。
写真を貼る意味が分からないから「貼らない」という選択をする人はいないと思いますが、どうして写真を貼らなければいけないのかが分かると安心して写真を貼ることができるでしょう。

ご時世的な面を考えると、あまり個人情報を外に漏らしたくない気持ちも分かりますが、その企業に入る上での本人確認書類になるので貼るようにしてください。

スマホで撮ってもOK?エントリーシートの写真を撮る場所のオススメ

エントリーシートに貼る写真についての悩みとして一番多いのが「どこで写真を撮るか」です。
一番多いのが、専用機材を使っての証明写真を撮ることでしょう。
しかし、時間が無い方や近所に専用機材が設置されている場所が無い方にとっては「どうしよう」と悩んでしまう原因になります。

そうなると思い付くのが「スマホで撮影をすること」です。
実は最近「証明写真」が撮れるアプリが出ており、コンビニで気軽に印刷ができるようになっています。

しかし、スマホ撮影の写真はどうしても鮮明度が落ちてしまうため「さっき撮った感」が否めないのが現実です。
人事担当者は多くのエントリーシートに目を通すため、写真の雰囲気が「スマホで撮ったもの」というのはすぐに分かってしまいます。
そのため、極力スマホで撮った写真は使わないようにすることが大事です。

写真は印象を大きく変える重要なものになるので、一番は写真館などプロがいる場所で撮ってもらうことですが負担額を考えると、やはりスーパーなどに設置されている証明写真機器の利用をオススメします。

また、最近エントリーシートをWEB上で送付するケースも多く、撮った写真は「デジタル化」しておくことも忘れないようにしてください。
証明写真機器で撮影をし、プラス料金を払うことでWEBから写真を保存できるQRコードを手に入れることもできます。

写真を撮る場合は「デジタル化」できるのかどうかを予め確認してから撮るようにしましょう。

表情は大事!エントリーシートに貼る写真の写り方

エントリーシートの写真はスマホ以外で撮ることをオススメしました。
では、いざ写真を撮るとなった場合に重要になるのが「写り方」です。
人事担当の方はパッとしか目を通さないので直感で好印象を与える写真を貼ると、エントリーシートにも目がいく可能性が高くなります。

まず、何より大事になるのが「表情」です。
エントリーシートの写真は本人確認を行うために貼っているものですが、「これから一緒に働きたい」と感じる方を探すためにも使われます。
例えば、どれだけ志望動機が高い方でも写真の表情が暗すぎると「一緒に働けるかな?」と不安に感じるでしょう。
逆に歯をニカッと出した写真を貼ると「TPOを弁えられないのかも」と思われてしまう可能性もあります。

エントリーシートに貼る写真の表情としてベストなのは「微笑む程度」の表情です。
基本的に口は閉じ、口角を上げることを意識しましょう。
目線はカメラのレンズより少し下を見ることで、目線が合います。
顎は引きすぎず、肩甲骨を引き寄せるイメージで肩を後ろに持っていくと自然と姿勢は良くなるでしょう。
こうすることで好印象な写真写りになりますよ。

少しの工夫で印象は変わるので、是非意識をするようにしてください。

エントリーシートの写真を撮影するなら【髪型・メイク】には要注意

エントリーシートに貼る写真の写り方が分かったなら、もう一点大事にすべきポイントを覚えておきましょう。
それが「見た目」の問題です。
企業側から指定が無い限り、エントリーシートに貼る写真は「スーツ着用」が基本になります。
みんなが同じような格好で写真写るとなると、どうしても「できていない人」が目立ってしまうでしょう。

ここからは【男女別】にエントリーシートの写真に写る際に重要な「見た目」について紹介をするので是非参考にしてください。

男性必見!服装と髪型のポイント

スーツ着用となった場合、目立つのが「シワ」です。
写真には想像以上にシワが写ってしまうので、アイロンをかけてから着用をするようにしましょう。
小物類にも気を遣うことは大事です。
例えば、ネクタイの色味が派手すぎないかの確認や、写真を撮る際に歪んでいないかなどもチェックしましょう。

そして、髪の毛は前髪が目にかかっていると印象が下がってしまうので極力おでこを出すイメージで髪の毛をセッティングしてください。

女性必見!服装と髪型、そして重要な【メイク】のポイント

スーツの下に着るシャツは胸元が空いていないものを選んでください。
新卒の方であればリクルートスーツ着用が基本ですが、中途の場合はブラウス着用で構いません。
髪型は長ければ一つに束ね、おでこと耳は出しましょう。
ショートヘアの肩でも、耳が出るようにピンで止めるようにしてください。

メイクは派手なものは控える必要があります。
ただし、ノーメイクはNGです。
眉毛・チーク・コンシーラーなど「土台を作るイメージ」でナチュラルに仕上げていきましょう。
特にチークは「写真に写る際の肝」になり、薄くつけすぎると写らない可能性もあるので、少しだけ濃い目につけてください。

載せる場所は目元の下など流行りを意識するのではなく、頬骨辺りに優しく乗せることで血色が良く見えるでしょう。

【気になる】WEB上のエントリーシートに写真を添付する方法

最近はエントリーシートの提出がWEB上になることも多く、今までとは違うエントリーシートの提出方法を覚えなくてはなりません。
WEBからエントリーシートの写真を送る際は「企業の指定」を守ることが何より大事です。

例えば、エントリーシートに写真をドラッグして貼るようなものもあれば、別でファイルをアップロードしてほしいとお願いされるケースもあります。
そこで大事になるのが「ファイル名とファイル形式」です。

この2点は企業側から「このようにして送ってほしい」と予め伝えられていることが多いため、確認をしておきましょう。
万が一何も言われていない場合は勝手に送信をするのではなく「どのように対応をさせていただけば良いでしょうか?」と尋ねてください。

例えば「ファイル名はフルネームで、ファイル形式はPNGでお願いします」と言われている場合、その通りに行うことが大事です。
エントリーシートが上手くかけていても写真の添付が間違っていると差し戻しになる可能性があります。
せっかくの機会を台無しにしないためにも写真の提出には気を付けてください。

【重要】エントリーシートに貼る写真は半年前までに撮影すべき

エントリーシートの写真を撮る際は「見られる意識」をする必要があります。
そのため、ある程度の準備をしてから撮る必要があるでしょう。
そうなると、一度撮った写真を「使いまわしたい」と感じる気持ちは分かります。
特にWEB上で提出をする場合は、一度保存をしたものをずっと使いたくなる方もいるはずです。

しかし、エントリーシートに貼る写真は基本的に「3ヶ月前まで」の物を使用することがルールになっています。
長くても半年前までの物を使用するようにしましょう。
というのも、エントリーシートの写真は冒頭でも説明したように「本人確認書類」になります。

あまりに前のものは「本人確認ができない」とみなされることもあるので注意をしてください。
何度も撮るのが大変だという気持ちは分かるのですが、定められたルールは守ることが就職活動を行う上で大事になります。
ここが守れないと「社会のルールが守れない」とみなされてしまい、エントリーシートの時点で省かれてしまう可能性が高くなることを覚えておきましょう。

まとめ

エントリーシートに貼る写真はあなたの第一印象を決めるものになるでしょう。
そのため、身だしなみを整えることは凄く大事になります。
また、写り方にも気を付けるようにしてください。
そして、写真を使いまわしたい気持ちは分かりますが基本的には3ヶ月前までの写真を使うようにしましょう。

第一印象は凄く大事なので、写り方には注意が必要になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。