手書きとパソコンどっちで書く?エントリーシートの書き方と注意点を紹介

就職活動を始めると、気になる企業にインターンに行くこともあれば、面接に応募をすることもあるでしょう。
その際に必要になるのが「エントリーシートの提出」です。
就活生であれば必ずと言って良いほど通る道で、ここをクリアできなければ面談に進めないこともあります。

そんなエントリーシートを書くことになった場合、皆さんはどんな方法で記入をしますか?
「企業に出すものなら手書きが当たり前」と感じる方もいれば「時代的にパソコンで記入しても良いんじゃない?」と感じる方もいるでしょう。
実はこの点に悩んでしまう人はとても多いです。

この記事では、エントリーシートを書くことになった場合「手書き」が良いのか、その他の方法で良いのかを徹底解説します。
「どっちが良いんだろう」と悩んでいる方は、是非この機会にどちらで書くべきかを知っておきましょう。

おすすめの就職サービス

【気になる】手書きとパソコンのエントリーシートウケが良いのはどっち?

結論のようにもなってしまいますが、人事担当者はそこまで手書きかどうかは気にしていません。
ただし、企業によっては「手書きが当たり前」と感じている担当者がいるのも現実です。
そういった点を考えると、やはり手書きの方が「一般的」と考えることができるでしょう。

特に、手書きのエントリーシートは想いを伝えやすい傾向があります。
皆さんも客観的に考えてみてほしいのですが、同じような志望動機や学歴を持った学生から自分の元にエントリーシートが届いた場合、手書きとパソコンであれば「熱意」が伝わるのは前者の方に感じるでしょう。

やはり、それだけ「ミスをしないように時間をかけた」と考えることができるからです。
そのため、人事担当者のウケを考えてエントリーシートを書きたいと思うのであれば「手書き」を選ぶべきでしょう。

ただし、最近はWEBでエントリーシートを送る機会も増えているため「パソコン記入が必然的」になるエントリーシートもあります。
その場合は、わざわざペンタブレットで手書きのエントリーシートを作り上げる必要はありません。
想いを伝えたい気持ちは分かるのですが、一般的な書き方をすることも就活では大事になります。

エントリーシートを手書きで書いた方が良い理由2選

上述をしたように、エントリーシートは手書きで書いた方がウケは良いです。
それが一般的であることから担当者によっては「手書きが当たり前」と感じられることもあるので、どちらか悩んだのであれば迷わず手書きを選びましょう。
ただ、手書きは時間も労力も使うため「出来れば避けたい」と感じている人もいるかもしれません。

ここからはエントリーシートを手書きで書いた方が良い理由を2つ紹介するので是非チェックしてください。
理由を知ると「手書きで書くか」と決心ができることもあるでしょう。

入社をしたい意欲が伝わる

パソコン記入のエントリーシートだと入社意欲が伝わらないわけではありませんが、目の前に手書きとパソコンのエントリーシートが2枚置かれていたら、やはり手書きの方が熱意が伝わると感じる方は多いです。
どうしてもパソコンの文字からは熱量が読み取れないと感じてしまう方もいるため、本当に入社をしたいと感じる企業であれば手書きで書くことをオススメします。

時間と労力をかけて丁寧に書いたエントリーシートは手に取っただけでその人からの熱量が伝わるものです。
項目欄がびっしりと手書きの文字で埋められているのをみると「本当にうちの企業に入りたいんだな」と感じてくれる担当者も多いでしょう。
やはり、時間をかけて書いたというのが伝わるのが手書きのエントリーシートの魅力かもしれません。

あなたがどんな人であるかを人事担当が理解しやすい

学生の時に友人が書くノートを見て「個性が出ているな」と感じたことはありませんか?
手書きの文字にはその人の性格が現れるものです。
特に多くの文字数を書くエントリーシートであれば、より性格が伝わるでしょう。

例えば、最初から最後まで丁寧に書かれたエントリーシートを見れば「真面目な人」とか「繊細なタイプ」と思われるはず。
志望動機を記入する欄だけ筆圧が強くなっているエントリーシートは「熱い想い」が相手に伝わるかもしれません。
もちろん、やりすぎはNGですが、手書きには手書きの魅力というものがあります。

そもそもエントリーシートを書く目的は?

この記事ではエントリーシートを書くときは「手書きが良いのか」それとも「パソコン」が良いのかを解説しています。
少し話しが逸れますが、そもそも「どうしてエントリーシートを書かなくてはいけないのか」を皆さんは知っていますか?
なんとなく「書くことが当たり前だから」と記入を進めているかもしれませんが、意図を知ると「書きたい」と思うこともあるでしょう。

まず、エントリーシートは履歴書とは違い公的な書類ではありません。
学歴やその人の人柄を知ることができる書類であり、面接の導入に使用されることも多いです。
履歴書は公的な書類なので自由記述などの欄はありませんが、エントリーシートは自由記述の欄が準備されていることも多く、その人にどのぐらいの志望動機があるのかを見ることもできます。

エントリーシートは履歴書に比べて「個人差」が凄くでやすいです。
本気であるほどぎっちりと埋まったエントリーシートの提出をする人も多いでしょう。
就職活動で提出をする書類の中で唯一自分をアピールできるのが「エントリーシート」であると考えると、しっかりと向き合って書きたい気持ちが湧いてくるのではないでしょうか?

エントリーシートを手書きで書くデメリットはある?

エントリーシートのウケを考えると、やはり手書きで書く方が良いと紹介をしました。
手書きのメリットを2つ紹介したので、より手書きで書く理由が鮮明になったはずです。
しかし、場合によっては「手書き」で書くことがデメリットになるケースもあります。
ここからは、どんな場合に手書きのエントリーシートがNGになるのかを知っておきましょう。

手書き不可と書かれている場合

当たり前のようにも思えるかもしれませんが、就活をしている方の中には「エントリーシートは手書きで書くのが当たり前」だと思い込みすぎて、「手書き不可」の注意書きに気付けなかったケースがあるのです。
実は最近「手書き不可」の指定をする企業も増えています。

やはりパソコンを使用する機会が多い世の中なので、ある程度の文字入力ができるのかをチェックしたい企業は多いのでしょう。
予め注意書きが無いかを確認することは大事です。

WEB関係の会社の場合はNGになる可能性あり

デザイン系やWEBを構築しているような企業にエントリーシートを出す場合は、パソコンで記入をすることが当たり前になっています。
この場合「WEBでエントリーをしてWEBで提出」という流れが用意されているので、わざわざ手書きのエントリーシートを書く必要はありません。

「想いを伝えるために手書きにしよう」という気持ちは素晴らしいですが、ルールを守れない方は社会人として「共に働きたくはない」と思われる可能性が高く注意が必要です。

【人事にはパソコン派もいる?】エントリーシートをパソコンで書くメリット

人事担当者に「エントリーシートは手書きが良いか、パソコンが良いか」というアンケートを取ると、6割程の人が「気にしない」と答えています。
次いで多いのが手書き派ですが、担当者の中には「パソコン派」の人もいます。
ここからは、パソコンでエントリーシートを記入するメリットを紹介するので併せてチェックしてください。

文字がきれいで整っている

エントリーシートをパソコンで記入すると「とにかく見やすい」エントリーシートが出来上がります。
文字の羅列も綺麗ですし、字の汚さが気になることはないでしょう。
もしかすると記事を読んでいる方の中には「自分の字は汚いからできればパソコンが良い」と感じている方もいるかもしれません。

その場合は、パソコンで書くことを選択するのも一つの道でしょう。
「手書きしかダメ」という表記が無い場合は、パソコンで書くことで差し戻しになることはありません。
担当者が「読みやすい」と感じるエントリーシートをかくことは基本中の基本なので、パソコンで書くことを選ぶことも大事です。

ある程度のPCスキルを伝えることができる

WEBやIT関係の企業に就職を希望する場合は、入社後にパソコンを使用することは必須になるでしょう。
この場合はスキルを伝えることも考えて、パソコンで記入をすることがオススメです。
企業が求める人材がどんなものかを予め考えて記入をすることもエントリーシートを書く上では重要になります。

【必見】エントリーシートを手書きで書く際のコツを徹底解説

エントリーシートを手書きで書く際はとにかく「読みやすいこと」を意識してください。
筆圧が濃すぎたり、逆に薄すぎたりすると人事担当者に受け入れてもらえない可能性があります。
また文字の大きさがまばらすぎるのもNGです。
綺麗に整えて書くことで「丁寧に時間をかけて書いた」ということが伝わるでしょう。

まとめ

この記事ではエントリーシートは手書きで書くべきかどうかを紹介しました。
人事担当者のウケを考えると、やはりエントリーシートは一般的に手書きで書く方が好ましい傾向があります。
しかし自分が希望をする企業の色などを読み取らないと「パソコンが当たり前』である可能性もあるのが現実です。

そして大事なのは「読みやすさ」を選択することなので、過去に文字が汚いと指摘された経験がある方などはパソコンで記入をすることを選択することが大事になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。