起業が見ているポイントはどこ?エントリーシートの【性格欄】の書き方を徹底解説

就職活動を始めるとエントリーシートを書く機会が多くなるでしょう。
様々な項目欄がありますが、ふと「自覚している性格」を尋ねられると「なんて答えるのが正解なんだろうか」と感じることもあるはずです。
自分の性格を改めて見つめる機会が必要になるのですが、その性格をどのように言葉にすれば就職活動に有利になるのかが気になる方もいるでしょう。

この記事ではエントリーシートに記入する際に大事になる「性格欄」の書き方を解説するので是非参考にしてください。
きっと記事を読めば性格欄の記入方法が分かるようになるでしょう。

おすすめの就職サービス

【性格欄】を埋める前に!エントリーシートを提出する意味をチェック

まず知ってほしいのが「どうしてエントリーシートを提出するのか」の意味についてです。
就職活動を始めると必然的に「エントリーシート」という名前を聞く機会は増えるでしょう。
今では提出をすることが当たり前になり、いつの間にか「就職活動には欠かせないもの」とという認識で、どうして出す必要があるのか…という根本的な理由を知らない人は多いです。

しかし、根本的な理由を知らないより知っている方がエントリーシートに対する「やる気」は出てくるでしょう。
ここから紹介をする理由を知ってから、性格欄など「応用」を学ぶようにしてください。

エントリーシートというのは、企業の人事担当者が目を通す書類です。
これから共に働く人が一体どんな人であるのかを確認する書類になり、「第一印象を決めるもの」」になります。
封筒に記入されている文字や書き方、そしてエントリーシートの中身など…詳しく見ることで、その人の「人となり」が分かるものです。

第一印象は人と人が直接知り合う上でも大事になるでしょう。
そのため、エントリーシートは就職活動の入口であると考えることができ、丁寧に自分のことを伝える必要があります。

「エントリーシートは何枚も書くから適当で良い」などという考え方では、書類選考に通らない可能性もあるでしょう。

エントリーシートで【性格】を問われる理由は何?人事はどこをみる?

エントリーシートを書く意味が分かった今、本題でもある「性格欄」の記入方法を知っていきましょう。
まずは人事担当者が「性格欄」のどこに着目をするのかを知ってください。
このポイントを抑えることができるだけで、「何を書けば良いのか」が見えてくるでしょう。

まず、人事担当者が一番知りたいと感じているのは「自分のことを客観的に見ることができているのか」という部分です。
社会に出ると、主観だけで仕事を進めることはできません。
自分のことを客観視できていないとチームで仕事を行えないことが多く、人事担当者は「この人はどれだけ人間関係を築ける力があるのか…」とエントリーシートを読んでいます。

基本的に「性格欄」には「自覚している性格を教えてください」などの記述があることが多いです。
この言葉をあえて書くことで「あなたは自分のことをどのように感じていますか?」と客観視してくださいと伝えていることになります。

また、自分自身のことを客観視できている人は「弱み」も「強み」も理解することができているでしょう。
こういう人は組織に所属をすると、良い意味で流されることが無く自分を大切に動くことができます。

エントリーシートの性格欄は「あなたの性格が知りたい」と人事担当者は思っていません。
あなたが自分自身を客観的にみることができているのかをチェックしているのです。
この事柄が知れると、どのように記入をすべきかが少し見えてきたのではないでしょうか?

【重要】エントリーシートの性格欄の書くと印象がアップすること

人事担当者が性格欄のどこに着目をするのかを知れたからこそ好印象を与えることができる「書き方」を学びましょう。
書き方を知ることができるだけで「書けない」という悩みは軽減されるでしょう。
エントリーシートはあなたの「第一印象」を決めるものになるので、適当に書くのだけはやめてください。

志望をする企業が求めている人物像と自分を照らし合せて書くこと

企業のリクルートページや、募集要項には「求める人物像」の記載がされていることもあります。
一度自分が志望をする企業のリクルートページを確認しましょう。
もしそこに求める人物像が乗っている場合は「アピールできるヒント」がかくされていると考えることができます。

例えば「何事にも全力で取り組むことができる人」を求めている企業があったとしましょう。
あなたは自分の性格を客観視した時に「どんな時でも前向きで行動ができる」と考えました。
企業が求める人物像と自身が客観視して見えてきた性格に「マッチ」する点が無いかを考えてみると、「前向きだから物事に取り組むことにひるまない点」がみえてくるでしょう。

このように企業が求める人物像と自分の性格がマッチするのかどうかを考えてみてください。
それを書くことができるだけで、好印象を抱いてもらうことができるでしょう。

「魅力的な部分」を記入する

これは凄く大事なことですが、エントリーシートは人事担当者が読んだときに「好印象」になることを書く必要があります。
もちろん、嘘を書くことはいけませんが「気に入られる努力をすること」は大事です。
特に、エントリーシートは就活で大事な「第一印象」を決めるものになります。

例えば、初対面でムスッとした顔の人と笑顔でニコッとした人が目の前にいると、話しかけたいと感じるのは後者でしょう。
エントリーシートからはそんな表情も読み取ることができるのです。
だからこそ、まずは自分のことを客観的に見て「性格」を書き出してください。

マイナスな性格が思い浮かんだとしても、それは傍から見れば「プラス」になるのではないかと考えることも大事です。
例えば「熱しやすくて冷めやすい性格」と感じている人がいたとします。
この性格は「新しいことが好きですぐに行動ができる」と考えることもできるでしょう。
素直さは大事ですが、素直すぎると書類選考に通ら無い可能性もあります。

そうならないためにも、まずは自分の性格を改めて見つめなおしてみましょう。
そして「魅力的に見えるにはどう解釈するか」を考えてください。

【順番が肝心】エントリーシートの性格欄の書き方


エントリーシートに「自覚する性格」を書く際、とても大事になるのが「書き方」です。
ただ自覚をした性格を書くだけでは他の人と同じになってしまい、良い印象を与えることができません。


いかに「読みやすく」そして「興味を持ってもらえるのか」が大事になるのがエントリーシートです。 ここからは順番を追ってせつめいをするので是非参考にしてください。

①まずは性格を述べる

どの項目欄でもそうですが、まずは結論から書くようにしてください。
質問をされている以上「答え」を提示することは大事です。
ダラダラと説明をしてから「だから私の性格は~」と書いてしまわないようにしましょう。

例としては「私の性格は〇〇です」と簡潔に伝えることです。
このスタートをきることができないと、周囲との差が出てしまいます。
まずは質問の答えを述べることを意識してください。

②具体的なエピソードを示す

先ほど述べた結論に対して「どうしてそう述べたのか」が分かる具体的なエピソードを示しましょう。
エントリーシートは簡潔に読みやすいことが肝心になりますが、具体的なことを省いて良いというわけではありません。
伝えるべきポイントで具体的なエピソードを述べることは大事になります。

特に性格欄では「どうしてその結論が出たのか」を相手に知ってもらうことで、あなたへの興味が深まること、そして「どんな人物であるのか」の興味が進みやすくなるでしょう。
ここを疎かにすると人事担当者はあなたのことをさほど理解できないまま「印象がつかない」可能性があります。

すると、残念ではありますが「書類落ち」という形になってしまうかもしれません。
いくつかエピソードがある場合は、一度メモに書きだすなどして「選別」をするようにしましょう。

③述べてきた性格が企業に活かせる理由を伝える

あくまでも今回記入をしているのは「エントリーシート」です。
あなたが自分の魅力を企業にアピールする書類になります。
自分の性格を客観視し、具体的なエピソードを述べたのであれば「ここからが本題」と考えても良いでしょう。

どうしてその性格を述べたのかを伝える番です。
企業の求める人物像にマッチしている部分や、自分の性格がその企業に入社をすることでどのように活かせるのかを伝えましょう。
ここまで書くことができると、完璧や性格欄になるでしょう。

自分の性格が分からないと悩んでいるのなら【まずは自己分析】

記事を読み進める中で「自分の性格が分からない」と悩んだ方もいるかもしれません。
いざ自分と向き合うことには勇気がいりますし、どのようにすれば良いのかが分からないこともあるでしょう。
そんな時は是非とも「自己分析」をしてください。

最近ではネットで心理テストに答えるだけであなたの本質を診断してもらえます。
つい「面倒」と感じがちなことですが、この機会に行うことで必ず就職活動はより良いものになるでしょう。

まとめ

今回はエントリーシートの「性格欄」に記入をする際のポイントを解説しました。
性格欄は、自分のことを客観視する必要があります。
是非この機会に自己分析など、自分を見つめなおす機会を取ってみてはいかがでしょうか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。