エントリーシートの速達の印象は?就活生必見の【郵送方法や注意点】を紹介

エントリーシートを書き終えたら、志望をする企業に郵送をすることになるでしょう。
丁寧に時間をかけて書いたエントリーシートであれば「できれば早く企業に届けたい」と感じる方もいるはずです。
そうなると「速達を使って郵送をすること」を考える人もいるかもしれません。

速達は本来貼る切手料金にプラスをして速達料金を支払うことで、早く届けて貰える方法になります。
しかし、受け取り手である企業の人事担当者は速達で送られてくるエントリーシートにどのような印象を抱くのでしょうか。
「早く届けたいという意思が伝わった!」と思われるのであれば良いですが、もしかすると「悪い印象」を与えてしまうかもしれません。

この記事では、エントリーシートを速達で送りたいと考えている方に是非知ってほしい「人事担当者の印象」や「送り方」について解説をします。

おすすめの就職サービス

エントリーシートを速達で送るのは極力避けた方が良い理由

結論のような話にはなりますが、エントリーシートを速達で送るのは基本的に避けるべきです。
もしかすると記事を読んでいる方の中には「早く届く方が良いのでは?」と感じる人もいるでしょう。
しかし、人事担当者から見た「速達」は「余裕が無いことの現れ」と捉えられてしまうこともあります。

また、期限に余裕があるのにも関わらず速達で送られてくるエントリーシートを見ても「志望度が高いんだ」と思うことはないでしょう。
自分が人事担当者側になって「速達」を捉えてみると、速達にはあまり意味がない理由が分かるはずです。

「早く届けたい」と思うのであれば、余裕を持ってエントリーシートを仕上げて普通に郵送をしたうえで早く届く方が「早い段階でエントリーシートを書いてくれたんだ」と思われることになるでしょう。

知っておきたい!エントリーシートのベストな郵送方法

エントリーシートを速達で送っても、さほど人事担当者が抱く印象は変わりません。
締切日がギリギリで速達のエントリーシートが送られてくると「余裕が無かったんだ」と思われる可能性もあるほどです。
プラスに捉えられる可能性は無いと思う方が賢明でしょう。

そんなエントリーシートを「速達」以外で提出をするとき、本当に届くかどうかが不安になってしまう方もいるのではないでしょうか?
切手の料金が間違っていないか、ちゃんと集荷をされるのかなど…。
ちゃんと仕上げたエントリーシートだからこそ不安を感じてしまう人は多いです。

そんな不安を抱えてしまう方は、近くの郵便局窓口にエントリーシートを持っていくようにしましょう。
切手を購入していなくても、窓口に持っていき「定形外郵便で発送したい」と伝えるだけで郵便局の方が適切なサイズの切手を貼ってくれますよ。
「どの切手を購入すれば良いのかが分からない」という方は、当てずっぽうで購入をするのではなく窓口から郵送をするようにしましょう。

もしもエントリーシートを速達で送らないといけない場合の注意点

期限などの都合でエントリーシートを速達で送らないといけない場合も出てくるかもしれません。
まず、速達で送ること自体に悪い印象を抱かれることはあまりないので安心をしてください。
ただ、期限日当日など…あまりにもギリギリすぎる到着になるとやはり悪い印象を抱かれてしまいます。

エントリーシートは就職活動の入口にもなる書類なので「この人と働きたい」と思わせることが大事になるでしょう。
自分が人事担当者になった気持ちで考えてみてください。
ギリギリすぎる到着のエントリーシートと余裕を持って到着をしたエントリーシートを見る際、やはり「期限を守れるのか」という社会人として必ず必要になるポイントは「有利にも振り」にもなってしまうのです。

ただ、ギリギリに届くから「印象が悪くなる」と諦めるのは勿体ないです。
間に合いそうであれば速達を使ってでも出すことは「自分を納得させるため」にも必要ではないでしょうか?

締切日を確認しておく

エントリーシート書く前の段階で確認が必要になるのが「受付の締め切り日」です。
ここを間違えて覚えていたり、なんとなく見た気になっていると後悔に繋がる原因になります。
自分のためにも「ちゃんと締切日を確認しておくことは大事」です。

また、締切日には「必着」と「消印」があります。
例えば、5月12日必着であれば「5月12日までに届くようにする必要がある」ということです。
そして5月12日消印であれば「5月12日に消印が押されていればOK」ということになります。

消印であれば「その日までに出せばよい」という印象を持つ方もいるかもしれません。
しかし、地域の集荷時間によっては出した日に消印が押されない可能性もあるので、「ギリギリでも大丈夫」という考え方は基本的にはオススメできません。

また、そういう考え方は社会に出てからも癖になってしまい、いつも仕事が締切日ギリギリになってしまうこともあるでしょう。
早い段階で癖にならないように意識をすることは今後の人生において、とても大事になります。

速達意外にも方法がある!?エントリーシートを即日で届ける方法

速達で送るほどではないけど、なるべく早く企業に届くようにしたい!と感じる方は多いのではないでしょうか?
実は「普通料金」でなるべく早く企業にエントリーシートを届ける方法があるのです。
ここではその方法を紹介します。

方法はとても簡単で、企業がある場所の近くの郵便局から提出をすることです。
その郵便局が企業のある地域の集荷担当であれば、比較的早く届けられることができます。

志望をする企業が遠方であればわざわざ企業の近くの郵便局まで行く必要はありませんが、例えば自転車で行ける範囲にあるとか、自分がよく買い物をする場所にある…などであれば、近くの郵便局から出すようにしましょう。

そうすると、凄く早く企業にエントリーシートが届くことになります。
運が良ければ即日配達になる可能性もあるので、持っていける範囲であれば是非持っていくようにしましょう。

エントリーシートの提出をする際に注意をすべき送り方

郵便局の窓口からエントリーシートを発送することになると、窓口の方に配送方法を聞かれるでしょう。
例えば記事で紹介をした「速達でお願いします」と言えば、プラス料金で早く送ってもらうことができます。

郵送の方法として聞いたことがある方も多いかもしれませんが「簡易書留」といった郵送方法があるのですが、この送り方は避けるべきです。
簡易書留というのは、郵便局が郵送物を引き受けた時間から配送状況を記録しているものです。
また、保障もついているので万が一紛失したときの心配もありません。

時間と労力をかけて書いたエントリーシートが届かないなんてことがないように、配達状況が目に見える「簡易書留」で発送をしたい気持ちは分かるのですが、この郵送方法を取ってしまうと、受け取りのサインが必要になります。

すなわち、エントリーシートを提出する企業の方がわざわざ受け取ってサインをする必要があるのです。
仕事などで忙しくしている中で、手間をかけてしまうと正直良い印象を与えることはできません。
心配な気持ちは分かりますが、簡易書留で送るのはやめておきましょう。

エントリーシートを発送する前に!改めて確認をしておくべきポイント2選

ここまでエントリーシートを発送するときは「速達」で送っていいのかについて詳しく解説をしました。
速達で送る自体が悪い印象を与えることはありません。
しかし、良い印象を与えることもないので「速達で送る必要は無い」と考える方が良いでしょう。

期限があまりにもギリギリの到着になると良い印象を持たれにくいのでなるべく余裕を持って提出をするようにしてください。

書き終えたエントリーシートを封筒の中に入れ郵送の準備が整ったのであれば、改めて「確認」をする必要があります。
ここからは送る前に再度チェックすべきポイントを3つ紹介するので参考にしてください。

コピーを取っておく

書き終えたエントリーシートは「面接の入り口」に使われることがほとんどです。
人事担当者の方はその書類を元に面接を進めることが多いので、自分自身が「何を書いたのか」を忘れてしまうと、面接の際に矛盾が生まれてしまう可能性があります。

もしかすると、エントリーシートを書いた日から面接の日までの間に心の変化が起こりうるかもしれません。
しかし、面接に呼んでもらうということは「あなたが書いたエントリーシートに興味を持ってくれた」ということになるので、極力同じような内容を言葉で伝える必要があります。

もしものことを考えてクリアファイルにいれておく

エントリーシートは就職活動を行う上でかなり重要な書類です。
履歴書のように公的な書類ではありませんが、それを元に面接を進めることになりますし、人事担当者があなたに「第一印象を抱く」書類になります。
そんな大切な書類がもし雨に濡れてしまい、文字がにじむなどの事があった場合、これまでの努力が水の泡になるでしょう。

そうならないためには「クリアファイル」に入れて郵送をすることがポイントになります。
もし、B5サイズの履歴書やエントリーシートを記入していて、封筒を角形4号サイズで準備をしていた方は、クリアファイルの大きさに合わせて角形2号の封筒を用意するようにしましょう。
クリアファイルに入れると、配達中に折れ曲がったり、破ける心配もなく、あなた自身が安心できるはずです。

まとめ

エントリーシートを速達で送っても、企業の人事担当者が抱くイメージがアップすることはありません。
大事なのは余裕を持ってエントリーシートを仕上げ、早い段階で郵送をすることです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。